NO FOOTY NO LIFE



イタリア人「10番本田が見所だった」本田圭佑が17試合ぶり出場で存在感!ミランサポから上々の評価【海外の反応】

本田圭佑

ミラン本田圭佑が、現地時間4月23日のエンポリ戦(セリエA33節)で87分から途中出場。セリエAでは昨年12月12日のローマ戦以来、公式戦では1月25日のユベントス戦(コッパ・イタリア)以来の出番となった。
 
 1点ビハインドのため実質3-2-1-4のような布陣にシフトしていたミランにあって、本田は交代したスソが担っていたトップ下へ入った。
 
 すると92分、積極的なプレスから敵陣ペナルティーエリア手前でボール奪取に成功し、キープの後にマリオ・パシャリッチにスルーパス。惜しくもシュートはブロックされたが、好機を演出した。さらに94分には右サイドでタメを作ってカウンターの起点に。しかし、こちらもゴールには繋がらなかった。
 
 結局、ミランはこのまま1-2で敗戦。とはいえ本田は、セリエAで17試合ぶりの出場にしてはまずまずの存在感を見せた。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も試合後、『ミランTV』で次のようにコメントしている。
 
「ケイスケは素晴らしいプロフェッショナルだ。最後はスソが疲れていた。そのポジションで本田は危険な存在になった。ボールを奪ってパシャリッチのチャンスを作った。数分でも自分自身を証明してくれた」
 
 今シーズンは完全にベンチ要員に甘んじ、契約満了を迎える今夏の退団が決定的と見られる本田。このエンポリ戦でも先にカルロス・バッカやルーカス・オカンポスが投入されるなど、相変わらず攻撃陣の序列で最下層という立ち位置だが、この日の好パフォーマンスで残り5試合でもチャンスを得られる可能性は僅かながら高まったと言っていいだろう。
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=24928

Honda MILAN vs Empoli 1_2 2017

   

【海外の反応】「神だ」メッシの劇的ゴールでバルサが勝利!マドリーとのクラシコ制して首位浮上

ラ・リーガ

リーガ・エスパニョーラ第33節3日目が23日に行われ、消化試合が1試合少ないながらも首位に立つレアル・マドリーと勝ち点3差で追うバルセロナによる「クラシコ」が開催された。前半28分にMFカゼミーロの得点でレアルが先制するも、同33分にFWリオネル・メッシがネットを揺らしてバルセロナが同点に追い付く。後半に入って1点ずつを奪い合うと、後半アディショナルタイムにメッシが決勝点を記録してバルセロナが3-2の劇的な勝利を収めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01639056-gekisaka-socc

Messi was booked for removing his shirt and showing it to the Real Madrid fans after his brilliant match-winner on Sunday

   

【海外の反応】「天才だ」中村俊輔のスーパーゴールを現地セルティックサポが絶賛!

中村俊輔

明治安田生命J1第8節は22日に残りの7試合が行われ、磐田はアウェーで鹿島と対戦し3―0で快勝した。MF中村俊輔(38)が前半15分に先制点をお膳立てすれば、同21分にJ1通算70得点目となる左足ミドルを叩き込んだ。FK以外での得点は3年ぶり。エースの活躍でチームもカシマスタジアムで7年ぶりの勝利を飾った。

 カシマスタジアムが“俊輔劇場”と化した。前半15分、右サイドに展開して川又の得点を演出し、迎えた同21分。中村俊が入れた前方へのクロスのこぼれ球が再び目の前に転がってくると、ダイレクトで左足を振り抜きゴール右上に突き刺した。「打った瞬間入ったと思った」。右手を突き上げ、ベンチ前まで走ると名波監督と抱き合い喜びを爆発させた。1分前にGKカミンスキーが左腕の裂傷で退場するアクシデント。その中で3月11日の大宮戦以来となる今季2得点目でチームをさらに勢いづけた。

 「今年は流れの中で取りたい」。今季横浜から電撃移籍し、目標の一つに掲げていたのが、FK以外でのゴール。流れの中での得点は、14年7月27日の名古屋戦以来、実に3年ぶり。それを、チームが10年11月以来勝っていなかった鬼門で、約25メートルの芸術ミドルを決めてみせた。さらにJ1通算70ゴールの“おまけ”まで付いた。

 先制点でも卓越した技術と一瞬の状況判断が光った。前半15分、ピッチ状態を考慮し「膝下のパスを出して」と話していたボランチ・川辺から注文通りの縦パスを受け、素早い反転で前方にドリブル。寄せてきた4選手をあざ笑うかのようなパスをフリーだった右サイドバックの桜内に出し、その桜内のクロスを最後は川又が頭で決めた。「引きつけた分、川又がDFと1対1となった」。まさに狙い通りの先制弾だった。

 鹿島―磐田戦は名波監督が現役時代に激しい優勝争いを繰り広げたかつての黄金カード。磐田はJ2降格を味わうなど低迷期を経験し、復活を期して獲得したのが中村俊だった。完璧な戦術で7年ぶりに敵地で宿敵を破った名波監督は「このカシマスタジアムでアントラーズの心を折ったかな」とエースにけん引されたチームに最大級の賛辞を贈った。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/04/23/kiji/20170422s00002000341000c.html

Shunsuke Nakamura great goal (Júbilo Iwata v Kashima)

   

【海外の反応】「なんて試合だ」香川温存のドルトムント、ボルシアMGとの激闘を制す

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは22日、第30節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルシアMGと対戦し、3-2で逆転勝ちした。公式戦3試合連続フル出場中だった香川はベンチスタートとなり、最後まで出番がなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01639026-gekisaka-socc

AUSWÄRTSSIEG bmgbvb 2_3 FT

   

【海外の反応】「未来のスターだ」久保、2試合連続ゴール!日本人欧州最多ゴール更新もヘントは引き分け

久保裕也

サッカー日本代表FW久保裕也(23)が所属するヘントは21日、ベルギーリーグ優勝決定プレーオフでオーステンデとホームで対戦。後半28分に久保が同点ゴールを決めて1―1で引き分けた。

 久保は1月の移籍加入後、リーグ戦11試合で7得点目。ヤングボーイズ時代を含めると今季公式戦19点目となり、欧州1部リーグでは15―16年のハーフナー・マイクが記録した日本人選手のシーズン最多得点を更新した。

 試合は前半を0―0で折り返し。後半21分にベリエールのゴールでオーステンデに先制を許したものの、その7分後、右サイドからの低いクロスにゴール前の久保が左足でキッチリと合わせてゴール左に決めた。

 その後は攻めながらも追加点が奪えずドロー。久保は「勝ちたかったです。2点目が取れたと思います。ちょっと残念です」と悔しさを募らせていた。

Kubo zorgde voor de gelijkmaker, maar verder kwam Gent niet

   

サッカーゲームキング 2017年 06月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 06 月号 [雑誌]






Ads by amazon
月刊サッカーマガジン 2017年 06 月号 [雑誌] J LEAGUE SOCCER KING(Jリーグサッカーキング) 2017年 06 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 5/4 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング)【アーセナル特集】2017年 05 月号 [雑誌]
グアルディオラ総論 サッカーで日本一、勉強で東大現役合格~國學院久我山サッカー部の挑戦
月刊フットボリスタ 2017年5月号 超「個」の教科書 -風間サッカーノート-
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

【PS4対応】ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR