NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「ジョーカーだ」武藤嘉紀、今季7ゴール目!巧みなダイレクトボレーで同点弾

武藤嘉紀

マインツは現地時間23日に行われたブンデスリーガ第24節でヴォルフスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。FW武藤嘉紀は途中出場で1ゴールを記録している。

 武藤は7試合ぶりの先発落ちとなった前節に続いてベンチスタートとなった。

 マインツは残留争いのライバルとの直接対決で立ち上がりにつまずく。開始6分、ブレカロにゴールを許して追いかける立場となった。

 前半の終盤には、アクシデントが発生。ベルグレーンが負傷で交代となり、武藤に声がかかる。ただ、40分からピッチに立った武藤はすぐに結果を出した。44分、左からホルトマンが上げたクロスに武藤が左足のボレーで合わせ、ゴール右隅に決める。

 武藤の5試合ぶり今季7点目となる得点で同点としたマインツだが、後半もなかなか攻めきれない厳しい展開。ヴォルフスブルクに決定機をつくられる場面もあったが、相手の決定力不足にも助けられ、1-1を維持する。

 結局、後半はどちらもゴールを決められず、試合は1-1のまま終了。勝ち点1を加えたマインツは、暫定ではあるが残留圏内の15位に浮上している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00257734-footballc-socc

Mainz_[1]-1_Wolfsburg_-_Muto_goal

   

【ドイツの反応】「目の保養だ」宇佐美、1ゴール1アシストの大活躍!大逆転負けも現地サポが称賛!

宇佐美貴史

※タイトルを変更しました
フォルトゥナデュッセルドルフは0-3からの大逆転負けを喫したものの、宇佐美貴史は実に9試合ぶりに掴んだ先発出場のチャンスで、1ゴール・1アシストとしっかり結果を残した。
 
 現地時間2月23日に行なわれたブンデスリーガ2部の24節、レーゲンスブルク戦。開始3分に幸先良く先制したデュッセルドルフは、13分に追加点を奪う。右サイドで相手DFのクリアボールをカットした宇佐美が、すかさず中央へクロス。これをベニト・ラマンがきっちり押し込んだ。さらにその2分後、今度はフロリアン・ノイハウスのロングスルーパスに呼応した宇佐美が相手選手にボールを当てながらも抜け出し、GKの頭上を越すループショットを蹴り込む。今シーズン初の2戦連続弾を決め、チームメイトの手洗い祝福を受けた。
 
 痛恨だったのは、31分のシュートミスだ。ラマンのパスを受けてふたたびGKと1対1の絶好機を迎えるもブロックされ、2点目はならず。このあとチームが不甲斐なくも4失点を献上して大逆転負けした結果を考えれば、宇佐美が引導を渡し損ねたとも言えるだろう。
 
 それでも、地元メディアの評価はすこぶる高い。デュッセルドルフの地元紙『Westdeutsche Zeitung』は5段階評価(5が最低、1が最高)の選手採点で、宇佐美にチーム内最高の「2」を付けた。「ウサミはその能力がいかほどのものであるのかを示してみせた。彼に翻弄されたマルセル・ホフラートはわずか23分で交代させられてしまったのだから。2得点に絡んだあとの失敗は手痛かったが、それでも彼がこの日のフォルトゥナでベストだったのは疑いようがない」と評した。
 
 さらにサッカー専門誌『KICKER』は「2点目のアシストに繋がったクロスは見事だった。グングンと球足が伸び、ラマンにピタリと合わせた。ゴールも冷静にシュートを浮かせ、鮮烈なパフォーマンスを披露した」と称え、スポーツ紙『BILD』は「(ゴールは)よくキーパーの位置を見極めて決めた。(フリードヘルム・)フンケル監督の(先発させた)選択は正しかったようだ」と記している。
 
 貴重な同点ゴールを挙げながらも、前節終了後には指揮官から「もっと努力しなければならない」とまさかの注文を付けられた。今節もヒーローになり切れなかったが、湿りがちなフォルトゥナの攻撃を活性化させていたのは確かだろう。入団後初のフル出場と各メディアの高評価が、それを証明している。
 
 敗れたものの、フォルトゥナは自動昇格圏内の2位をキープ。ここにきて調子が上向きの宇佐美が、チームを終盤戦のラストスパートに導くか。俄然、面白くなってきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00036046-sdigestw-socc

Regensburg 4-3 Dusseldorf Takashi Usami goal

   

【海外の反応】「面白そうだ」香川VS南野の日本人対決が実現!!決勝T2回戦でアーセナルはミランと対戦

ヨーロッパリーグ

UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦の組み合わせ抽選会が23日に行われた。

 MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はFW南野拓実所属のザルツブルク(オーストリア)との対戦が決まり、日本人対決が実現。DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)はビルバオ(スペイン)と対戦するほか、優勝候補のアーセナル(イングランド)はミラン(イタリア)と激突する。

 決勝トーナメント2回戦は第1戦が3月8日、第2戦が15日にホーム&アウェーで行われる。

組み合わせは以下の通り(※左が第1戦ホーム)

ラツィオ(イタリア) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ライプツィヒ(ドイツ) vs ゼニト(ロシア)
アトレティコ・マドリー(スペイン) vs ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
CSKAモスクワ(ロシア) vs リヨン(フランス)
マルセイユ(フランス) vs ビルバオ(スペイン)
スポルティング・リスボン(ポルトガル) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
ドルトムント(ドイツ) vs ザルツブルク(オーストリア)
ミラン(イタリア) vs アーセナル(イングランド)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-01650839-gekisaka-socc

The_official_result_of_the_Round_of_16_#UELdraw_2018

   

【海外の反応】「超ラッキーだ」香川欠場のドルトムント、大苦戦も起死回生のゴールでベスト16進出決定!

ドルトムント

※追記しました
ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグが現地時間22日に行われ、ボルシア・ドルトムントアタランタと対戦し1-1で引き分けた。2試合合計で4-3としベスト16進出を決めた。ドルトムントの日本代表のMF香川真司は欠場した。

 試合は開始11分、アタランタが左CKのチャンスを得るとファーサイドでトロイが合わせ先制点を挙げる。その後もアタランタドルトムントゴールに襲い掛かり31分にはローンがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもこれはビュルキが好セーブで防ぐ。なかなかチャンスを作れないドルトムントは33分にシュールレのパスからゲッツェがゴールを決めたかと思われたがオフサイドと判定され同点ゴールとはならなかった。

 同点ゴールが欲しいドルトムントは59分にロイスを投入し攻撃的に出ると81分にシュールレがペナルティーエリア内でフリーの状況からシュートを打つもGKの正面に蹴ってしまい得点ならず。しかし83分にロイスのシュートをGKが弾きこぼれ球をシュメルツァーが押し込み同点に追いつく。

 このまま試合は終了、ドルトムントは1-1で引き分けたものの1stレグとの合計で4-3と勝利しベスト16進出を決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180223-00257592-footballc-socc

Atalanta_1-[1]_Borussia_Dortmund_-_Schmelzer

   

【海外の反応】「公平なトレードか?」ドルトムント、バチュアイの完全移籍希望でプリシッチがチェルシーへ?

ドルトムント

ドルトムントは今冬にFWピエール・エメリク・オバメヤンの後釜にチェルシーからFWミッチー・バチュアイをレンタルで獲得したが、そのバチュアイはここまで3試合で5得点を挙げるなど絶好調だ。すでにドルトムントが今季終了後のバチュアイ完全移籍を目指していると言われており、僅か3試合で存在感は絶大なものとなっている。

チェルシーは当初バチュアイを完全移籍させる考えはなかったようだが、英『Daily Mail』はここへきて考えが変わる可能性があると指摘している。同メディアによればチェルシーの狙いはドルトムントFWクリスティアン・プリシッチを交渉のカードに加えることにある。バチュアイを完全移籍で譲渡することを交渉に加え、プリシッチ獲得のアドバンテージにしようとの考えだ。

プリシッチにはマンチェスター・ユナイテッドも興味を示していると言われており、パリ・サンジェルマンFWキリアム・ムバッペと並んで世界で最も評価されている10代アタッカーだ。ドルトムントは当然高額な移籍金を求めるだろうが、バチュアイを交渉に加えることでチェルシープリシッチ獲得レースをリードできるかもしれない。
https://www.theworldmagazine.jp/20180218/01world/england/197309

fc2blog_201802222139527ec.jpg

   

Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集 Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集






Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2018年 3/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2018年 04 月号 [雑誌]
Number(ナンバー)946号 EUROPEAN FOOTBALL MANIACS2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) J1&J2&J3選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊) 中村俊輔 サッカー覚書
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) ワールドサッカーダイジェスト 2018年 3/1 号 [雑誌]
最新記事
【ドイツの反応】「ジョーカーだ」武藤嘉紀、今季7ゴール目!巧みなダイレクトボレーで同点弾
【ドイツの反応】「目の保養だ」宇佐美、1ゴール1アシストの大活躍!大逆転負けも現地サポが称賛!
【海外の反応】「面白そうだ」香川VS南野の日本人対決が実現!!決勝T2回戦でアーセナルはミランと対戦
【海外の反応】「超ラッキーだ」香川欠場のドルトムント、大苦戦も起死回生のゴールでベスト16進出決定!
【海外の反応】「公平なトレードか?」ドルトムント、バチュアイの完全移籍希望でプリシッチがチェルシーへ?
【海外の反応】「日本人で初めてUEFAの大会で優勝したのは誰?」
【海外の反応】「鹿島が上だった」鹿島アントラーズ、敵地韓国で水原三星を撃破!(ACL)
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR