NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「英雄になった」大迫、1G1Aでベストイレブン選出!25年ぶり欧州へ導き現地ケルンサポから賞賛の嵐!

大迫勇也

ブンデスリーガ最終節が20日にドイツ各地で行われ、日本代表FW大迫勇也所属の7位ケルンは、FW武藤嘉紀所属の13位マインツとホームで対戦。2-0で勝利し、ともに敗れた5位ヘルタ・ベルリンと6位フライブルクを抜いて5位に滑り込み、来シーズンの欧ヨーロッパリーグ出場権を獲得した。一方、マインツは15位に後退したものの、ほぼ決まっていた残留を確定させた。

 ケルンの勝利の立役者となったのが、4試合ぶりにスタメン出場した大迫だった。43分に左サイドからのスローインをヘディングでつないでドイツ代表DFヨナス・ヘクターの先制点をアシストすると、87分には勝負を決定づける今シーズン7点目でダメを押し、チームを四半世紀ぶりに欧州の舞台に導いた。

 地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』は、「ずば抜けていたハインツと大迫」との見出しで試合後の採点と寸評を掲載。ドイツ人DFドミニク・ハインツに「1」、大迫に「1.5」をつけた。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 寸評では「幾度となくボールを前線に運ぶと、いわゆる“キラーパス”で数多くのチャンスを作った。いくつかの判断ミスもあったが、後頭部でヘクターの先制点をアシストすると、自ら試合を決めるゴールを奪った」と、チャンスメーク、アシストゴールと、攻撃のあらゆる面で申し分なかったと称えた。-サッカーキング

Kölns Stürmer-Star So wurde Osako beim FC vom Pechvogel zum Euro-Helden

   

【ドイツの反応】「ワールドクラスだ」香川、躍動し絶妙アシスト!現地ドルトムントサポが絶賛!(ブレーメン戦)

香川真司

※試合後の反応を追記しました※タイトル変更しました
ブンデスリーガは20日、第34節を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、4-3で競り勝った。香川は3-5-2の左インサイドハーフで2試合連続の先発出場を果たし、0-1の前半32分に同点ゴールアシスト。2試合連続今季6アシスト目を記録すると、その後は逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームを制し、来季のUEFAチャンピオンズリーグにストレートインで出場できる3位を確保した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-01639914-gekisaka-socc

THATS IT! Thats the CHAMPIONS LEAGUE BVB 4_3 Bremen

   

【ベルギーの反応】「フェノメノだ」久保裕也、3戦連続ゴールを含む1G2Aの大活躍!16試合11得点でヘントの年間MVP2位に!

久保裕也

ベルギーリーグは18日、優勝を懸けて戦うプレーオフ1の第9節を行った。FW久保裕也の所属する3位のゲントは、ホームで6位のズルテ・ワレヘムと対戦。5-2で快勝し、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)国内上位予選に進める2位入りへ望みをつないだ。4-2-3-1のトップ下で先発フル出場した久保は、1ゴール2アシストの活躍。3試合連続となる移籍後11得点目を記録し、4試合ぶりの白星に貢献している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-01639861-gekisaka-socc

kubo yuya 11th goal 2017

   

アメリカ人「アシスト女王だ」元なでしこ川澄が米NWSLの歴史に名を刻んだ!1試合4アシストの金字塔!リーグ週間MVPに選出!【海外の反応】

なでしこジャパン

川澄が今季初ゴールを決め、1試合4アシストの金字塔
 シアトル・レインの元なでしこジャパンFW川澄奈穂美が偉業を成し遂げた。現地時間13日の本拠地ワシントン・スピリッツ戦で先発すると、1ゴール4アシストの活躍を見せて6-2の勝利に貢献した。クラブ公式サイトでは「ナホの1試合4アシストはNWSL(米女子サッカーリーグ)最多記録」と金字塔を報じている。

 この日はまさに「川澄劇場」だった。前半20分、相手のパスを奪った川澄がワンツーで相手エリア内に侵入すると、MFネアーンに丁寧なパスを落として先制点をお膳立て。同35分には右サイドから川澄がクロスを供給し、中央でFWヤネズが合わせて追加点を奪う。後半14分にPKで1点を返されて嫌なムードが漂ったが、これを払拭したのも川澄だった。

 同23分、MFラピノーからのパスをファーサイドに走り込んだ川澄が今季初ゴールを決めて再び3-1と突き放す。3分後には、ラピノーが最終ラインの裏へ抜け出して川澄にパスを通し、再びラピノーにパスを戻して4点目。さらに1点を追加したシアトルは同34分、左サイドからのクロスを川澄が落とし、MFエルストンが冷静に決め、これが川澄にとって4アシスト目となった。

 先制点を決めたアメリカ代表のネアーンは、「ナホは本当にハードワークして、ダイレクトで打てる場所に完璧なパスをくれた」と称賛。また同代表のラピノーも「(ナホは)世界屈指のパサーだと思う。良い走りをすれば、そこにボールが来ることを私たちはいつだって分かっている」と絶大な信頼を寄せている。

輝き放つ31歳になでしこ復帰のチャンスは?
 1試合4アシストという偉業を達成した川澄だが、自身はブログで初ゴールを喜びながらも淡々と課題を振り返っている。

「失点は課題として残りますが、次節もホームなのでしっかりと勝てるようにまた良い準備をしたいと思います。個人的には、今季初ゴールをあげることができ素直に嬉しく思います。シーズン通してチームの力になれるようにまだまだ頑張ります」

 かつて澤穂希らとともに2011年ドイツ女子ワールドカップを制して世界女王に輝いた経験を持つ川澄だが、現在のなでしこジャパンは高倉麻子監督の下で世代交代を推し進めており、いまだ声がかかっていない。高倉監督は以前「年齢では区切らない」とコメントしているが、今季シアトルで輝きを放つ31歳に、16年3月以来となる代表招集のチャンスは訪れるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010026-soccermzw-socc

Naho Kawasumi had a record four assists in Reign FCs win over the Spirit

   

【海外の反応】「希望の光だ」香川が同点弾アシスト!ドルトムント、アウクスブルクと痛恨ドロー

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間13日にブンデスリーガ第33節の試合が行われ、ドルトムントはアウグスブルクと対戦。先制されるも同点に追いつき、ドルトムントとアウグスブルクは1-1の引き分けに終わっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010000-footballc-socc

kagawa assists agaist Augsburg 2017 1-1

   

サッカーゲームキング 2017年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 6/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 07 月号 [雑誌]
ゲームの支配者 ヨハン・クライフ ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌]
フットボール批評issue16 伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法 (教育単行本)
月刊フットボリスタ 2017年6月号 グアルディオラ総論
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR