NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本がアジア最強のようだが..」日本代表はアジアカップで優勝できるのか?

アジアカップ

2019_ASIAN_CUP_GROUPS.png

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<インドネシア>
・ああ、日本は優勝できる



<エジプト>
・賛同できないな



<スウェーデン>
・決勝は日本対イランになると思う。オーストラリア韓国もあり得るね!



<マレーシア>
・決勝は韓国対日本だよ


   

【海外の反応】「やっとだ」日本代表メンバー発表!鈴木優磨初招集に歓喜する外国人!アジア杯に向け最終テストに臨む

日本代表

日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーを発表した。

 今回のキリンチャレンジカップは来年1月に開催されるアジアカップ前最後のテストマッチで、16日にベネズエラ代表、20日にキルギス代表と対戦する。

 発表されたメンバーは以下の通り。

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

■MF
青山敏弘(サンフレッチェ広島)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)

■FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
北川航也(清水エスパルス)
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20181107/859145.html
SAMURAI BLUE squad Venezuela and Kyrgyzstan

コメント欄などから海外の反応をまとめました

※日本サッカーに詳しい外国人の反応です

<フランス>
・極めて良いメンバーだ



<インドネシアの鹿島アントラーズサポ>
・やっとだ、優磨が日本代表に初招集されたよ



<ブラジル>
・ついに鈴木優磨の出番だ


   

【海外の反応】「日本か豪州が優勝しそう」アジアカップはどこを応援する?

アジアカップ

2019_ASIAN_CUP_GROUPS.png

英語のフォーラムから海外の反応をまとめました

<アイルランド>
・俺はオーストラリアだな



<ロシア>
・俺は日本



<アメリカ>
・俺は日本と豪州だね



<スペイン>
中国、俺は下馬評が低い挑戦者が好きなんだ



<ドイツ>
・俺は北朝鮮


   

外国人「日本にとって良い抽選だ」アジア杯2019組み合わせ決定!!【海外の反応】

アジアカップ

アジアサッカー連盟(AFC)は日本時間5日に来年1月からアラブ首長国連邦(UAE)で行われる、アジアカップ(アジア杯)の組み合わせ抽選会を行った。

 アジア杯は来年1月5日から2月1日にかけて行われる予定で、出場国が前回大会の16ヶ国から24ヶ国に増えている。4ヶ国が6グループに分かれ、ポッド1、ポッド2、ポッド3、ポッド4から各1チームがグループを構成する。

 ポッド1に振り分けられた日本はグループFを戦うことが決まり、同グループにはウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンの3ヶ国が同居することとなった。

グループA
UAE、タイ、インド、バーレーン

グループB
オーストラリア、シリア、パレスチナ、ヨルダン

グループC
韓国、中国、キルギス、フィリピン

グループD
イラン、イラク、ベトナム、イエメン

グループE
サウジアラビア、カタール、レバノン、北朝鮮

グループF
日本、ウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタン
https://football-tribe.com/japan/2018/05/05/47016/

2019_ASIAN_CUP_GROUPS.png

   

【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!

なでしこジャパン

※追記しました
なでしこアジア連覇!!20日、女子アジア杯の決勝が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)がオーストラリア女子代表を1-0で下した。なでしこジャパンは14年大会に続く2連覇を達成した。

 決勝の組み合わせは2大会連続で同じ、新ライバル対決となっている日本対オーストラリアになった。オーストラリアは3大会連続の決勝。ただし2大会連続決勝進出のなでしこジャパンが連覇を目指すことになる。

 立ち上がりからなでしこは押し込まれた。前半15分にはエリア内でDF熊谷紗希がハンドを取られてPKを献上。しかしGK山下杏也加が見事な反応でMFケロンド・ナイトのシュートを弾き出し、先制点を与えない。

 粘り強く戦うなでしこは、カウンターからチャンスをうかがう。前半35分にはFW岩渕真奈のキープから斜めに走り込んだMF長谷川唯がシュート。力強いシュートが飛んだが、GKにわずかに触れられ、枠をとらえることはなかった。

 スコアレスで折り返した後半もなでしこは我慢強く耐える。1点勝負の雰囲気が漂う中で、なでしこは後半27分から準決勝の中国戦で2ゴールを決めたFW横山久美を投入。切り札を投入し、流れに変化を求める。

 すると歓喜の瞬間は後半39分にやってくる。左サイドからボールを持ち込んだ長谷川のパスを反転しながら受けた横山がディフィンだ―1人を外して右足を振り抜く。スーパーシュートがゴール右隅をとらえ、先制点になった。

 グループリーグ第3戦で対戦した際には終盤に追いつかれて引き分けに終わっていたなでしこ。決勝ではしっかり守り抜き、リベンジも果たした。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242755-242755-fl

Japan 1-0 Australia (AFC Women’s Asian Cup 2018 Final)

   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
【海外の反応】「待ちきれない」中島翔哉のウルブス移籍が80%完了!ポルティモネンセ会長が証言!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR