FC2ブログ

NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本を見習うべきだ」なでしこジャパンがアメリカのファンにお辞儀をして話題に!

なでしこジャパン

A defeated Japan respectfully bows to the US fans at the 2018 Tour of Nations

※「2018 Tournament of Nations」の第1節が26日にカンザス州のチルドレンズ・マーシー・パークにて行われ、なでしこジャパンは、アメリカに2-4で敗れました。その試合後になでしこの選手達がアメリカファンにしたお辞儀が話題になっています。【動画

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ホンジュラス>
・日本人がまた品位と高潔さを見せている
 日本の文化をもっと探求したいわ



 <ホンジュラス>
 ・うちの国は日本を見習うべきだ



   ・ほとんどの国が(見習うべき)だね



 <アメリカ
 ・外国人が見たところだと、日本の中にはとても島国根性の文化がある
  でも、最近ではかなり前進している



   <リバプールサポ>
   ・日本人のもてなしは良くないと仄めかしているのなら、
    本当に馬鹿げているよ。俺が訪れた中でも
    一番おもてなしが手厚い国だ。


   

【海外の反応】日本代表が堂々3位タイ!欧州・南米以外のW杯ベスト16進出回数<小ネタ集>

日本代表

Japan eliminated from 2018 World Cup, Belgium advances to quarter finals

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

※欧州・南米以外のW杯ベスト16進出回数
メキシコ: 9回
(1970, 1986, 1994, 1998, 2002, 2006, 2010, 2014, 2018)

アメリカ: 5回 (1930, 1994, 2002, 2010, 2014)

日本: 3回 (2002, 2010, 2018)

ナイジェリア: 3回 (1994, 1998, 2014)

コスタリカ: 2回 (1990, 2014)

ガーナ: 2回 (2006, 2010)

韓国: 2回 (2002, 2010)

※スレッドのタイトルは「欧州と南米以外でW杯で最も成功しているチーム」でした

メキシコ
メキシコは安定していると思うが成功ではないな
 言いたいことは分かるが



アメリカ
・厳密に言えば、アメリカは1934年にもノックアウトステージに進出した
 大会そのものがノックアウト形式だったからね


   

【海外の反応】「日本、やめるんだ」日本代表新監督、クリンスマン就任が決定的に!

日本代表

W杯で16強入りした日本代表の次期監督として、前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)の就任が3日、決定的となった。日本協会は1次リーグを突破した西野朗監督(63)に続投要請する方向で調整を進めていたが、並行して外国人監督もリストアップ。1勝1分け2敗で、退場者を出した10人のコロンビアにしか勝てなかった結果を疑問視する声があり、風向きが変わった。複数の関係者によると、既に水面下で本格交渉を開始。順調に進めば、20日の技術委員会を経て内定する運びとなる。

 22年W杯カタール大会を目指す新生日本の監督として、日本協会がクリンスマン氏に白羽の矢を立てた。関係者によると、西野ジャパンの敗退を受けて、水面下での交渉を本格化。日本側が提示する年俸200万ユーロ(約2億6000万円)で、就任に前向きな姿勢を見せているという。

 現役時代に西ドイツ代表のストライカーとして、90年W杯イタリア大会優勝に貢献した英雄。現役引退後は04年にドイツ代表監督に就任し、母国開催だった06年W杯でチームを3位に導いた。ドイツの名門クラブのBミュンヘンでの指揮を経て、11年からは米国代表監督に就任。14年W杯ブラジル大会では16強入りを果たした。

 日本代表の1次リーグ突破後、日本協会は西野監督に続投要請する方向で調整に入ったが、複数の技術委員が開始早々に退場者を出した10人のコロンビアにしか勝てていない現実を疑問視。決勝トーナメント1回戦ベルギー戦で2点のリードを守り切れなかったことで、風向きが変わった。ベルギー戦直後に関塚技術委員長が技術委員宛てに送ったメールの返信にも、1勝1分け2敗の結果を良しとしない旨の内容が多かったもようだ。

 協会は並行して、ベンゲル氏、ドナドニ氏ら複数の外国人をリストアップしており、最上位にいたクリンスマン氏との交渉にかじを切った。田嶋会長はベルギー戦直後「素晴らしい手腕を発揮してくださった。監督を任せ、信じて良かった」と西野監督の手腕を評価。続投要請については「また別の話。技術委員会でしっかり話し合ってもらう」と言葉を濁した。翌日には「次の監督は白紙。日本人じゃないといけないことはない」と強調。「7月中に決めたいか?」との質問に「そうですね。安易に決めるつもりはないが」と続けた。

 クリンスマン氏は英BBC放送の日本―ベルギー戦の中継で解説を務め「日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。最後まで戦い、自分たちの強さを証明した。70分まで彼らが勝者になるように見えた」と称賛。一方で「日本は最後の2分間を後悔するだろう。FKやCK時に全てを前方に進め、後方部が少しオープンになりすぎた」と指摘した。日本人路線の継続を望む声もあり、西野続投の線もわずかに残るが、順調に進めば、9月7日の親善試合(札幌)が初陣となる。

 ◆ユルゲン・クリンスマン 1964年7月30日生まれ、旧西ドイツ・ゲッピンゲン出身の53歳。1メートル81の長身FWでシュツットガルト時代の87~88年シーズンにブンデスリーガ得点王。インテル・ミラノ、モナコ、トットナム、Bミュンヘン、サンプドリアでもプレーした。西ドイツおよびドイツ代表で90年W杯優勝など108試合47得点。03年に現役引退。ドイツ代表監督として06年W杯3位、米国代表監督では14年W杯で16強入りした。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/04/kiji/20180703s00002014379000c.html

Japan is considering hiring Jurgen Klinsmann to be their next manager

   

【海外の反応】「日本はクールだから」トーレス争奪戦からシカゴ脱落に納得するアメリカ人

フェルナンド・トーレス

ヴィッセル神戸に移籍したアンドレス・イニエスタに続いて、Jリーグへの電撃参戦が噂されるフェルナンド・トーレス。その去就もまた、中国クラブとの熾烈な獲得レースの結果次第ということになりそうだ。

 現地時間5月26日、スペイン紙『Marca』は、今シーズンいっぱいでアトレティコ・マドリーからの退団を表明しているスペイン代表FW、F・トーレスの去就について、「日本と中国に絞られた」と報じた。

 かねてより、彼については3か国のチームが獲得を狙っているとされており、『Marca』によれば、それはアメリカのシカゴ・ファイアー、日本のサガン鳥栖、そして中国の北京人和だったという。

 しかし、同紙は、MLS内での経済的ルールがより厳格となっているため、シカゴ・ファイアーは獲得レースから早々に離脱。行き先は鳥栖と北京人和に「絞られた」と綴っている。

 鳥栖の競争相手となる北京人和は、今シーズンに中国スーパーリーグ(1部)に昇格。指揮官は、かつてレバンテやヘタフェなどを率いたスペイン人のルイス・ガルシア・プラサという点も、F・トーレスにとっては大きいようだ。

 また、同クラブは中国の首都クラブとして、世界的人気を誇り、チームのアイコンとなりうるF・トーレスを引き入れることで、その知名度を上げることを画策しており、金銭面や待遇で同選手が納得するオファーを用意しているという。

『Marca』は、F・トーレスと同じ34歳のイニエスタが、先日、中国クラブからのオファーを蹴って神戸行きを決めたことについて触れ、「中国と日本のスポーツ戦争が再び始まった」とし、「ワールドカップ終了時期となる7月中旬を目途に、去就に決着がつくのではないか」と推測した。

 一部報道では、すでにF・トーレスは、2010年の南アフリカW杯で世界制覇を成し遂げた“盟友”イニエスタの加入に刺激を受け、さらに生活環境などを考慮して、鳥栖入りを決断したとも報じられている。

 イニエスタに続き、F・トーレスも加入するとなれば、ますますJリーグに対する世界からの注目度は増し、リーグ全体でポジティブな相乗効果が見込めるだろう。「中国と日本」による世界的点取り屋の獲得レースの行方から、目が離せない
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00040966-sdigestw-socc

Fernando Torres, muy cerca del Sagan Tosu japonés

   

【海外の反応】「日本は納得だ」日本代表、コパアメリカ出場が決定!南米連盟が2019年大会に招待!

コパ・アメリカ

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は4日、2019年6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカに、日本代表招待すると発表した。

コパ・アメリカはCONMEBOLに加盟する10の国に招待国を加えて行われる。今回はアジアから日本とカタール招待されることが明らかになった。

 日本は1999年にコパ・アメリカに出場した経験があり、今回が2度目の参戦となる。なお、日本は2011年アルゼンチン大会にも招待されていたが、東日本大震災の影響によるJリーグ日程変更の影響などもあり出場を辞退ていた。

 コパ・アメリカ ブラジル2019は、2019年6月から7月にかけて開催される。ブラジルでは5回目の開催。

 前回のコパ・アメリカ アメリカ2016ではチリ代表が決勝でアルゼンチン代表を破り、チャンピオンに輝いている。
https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180505/753017.html

Japan_and_Qatar_to_play_in_2019_Copa_America_in_Brazil.jpg

   

Number(ナンバー)961号 越境フットボーラー欧州戦記 Number(ナンバー)961号 越境フットボーラー欧州戦記。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 10/4 号 [雑誌] 戦術としての監督
平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 - (ヨシモトブックス) 2018 - 2019 欧州サッカー選手名鑑 - サッカー新聞 エルゴラッソ特別編集 -
サッカーダイジェスト 2018年 9/27 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2018年10月号
ヨーロッパサッカー・トゥデイシーズン開幕号 2018ー2019 シーズン開幕号 (NSK MOOK) Number PLUS 中田英寿 20年目のイタリア (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))
最新記事
【海外の反応】「日本は強すぎる」U16日本代表、タイに5ゴール逆転勝利!
【海外の反応】「日本か豪州が優勝しそう」アジアカップはどこを応援する?
【海外の反応】「理解できない」Cロナウド、涙の一発退場!不可解判定に批判殺到!
【海外の反応】「違いを作った」香川、今季初出場!ドルトムントはクラブ・ブルージュに土壇場で勝利!
【海外の反応】「日本、よくやった」鹿島アントラーズ、3ゴール快勝で初のACL準決勝進出決定!
【海外の反応】「これは反則だ」岡崎慎司がU23でゴール!対戦相手のチェルシーサポから不満の声も
【海外の反応】「なぜこんなことを..」NHKのイニエスタだけ追う革命的中継に外国人が興味津々!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱) - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR