NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「冨安、来てくれ」冨安健洋、CBでミラン相手に奮闘!海外のファンから獲得を求める声が続出!

冨安健洋

※追記しました
現地時間9月21日に開催されたセリエA開幕節で、冨安健洋の所属するボローニャは、敵地サン・シーロでミランと対戦した。

 注目の冨安は戦前の予想通りにCBでスタメン出場。ミランの絶対的エースであるイブラヒモビッチをマークする大役を担った。

 試合は立ち上がりから両軍が激しくボールを奪い合う迫力のある攻防戦を展開。そのなかでイブラヒモビッチを起点とした攻撃を仕掛けたミランは、11分にそのスウェーデン代表FWが敵エリア内で冨安のマークを外して惜しいシュートを放ち、相手ゴールを脅かした。

 いきなり相手エースに見せ場を作られた冨安だったが、その後は落ち着いて応戦。オフ・ザ・ボールの場面では、イブラヒモビッチに顔を軽く叩かれ、駆け引きを仕掛けられたが、動じることなくプレーし続けた。

 素早いトランジションでセカンドボールをことごとく回収して、ボローニャを押し込んだミランは、チャンスを決めきれずにもどかしい時間が続いたが、34分にようやくあの男が均衡を破る。左サイドを攻め上がったテオが供給した柔らかいクロスを、イブラヒモビッチがヘディングでファーサイドへねじ込んだのだ。
 
 1点をリードして前半を終えたミランは、後半もインテンシティーの高さを保ちながら、スピーディーな攻撃を展開。果敢なフォアチェックでボローニャを抑え込むと、50分にはVAR判定の末に獲得したPKをイブラヒモビッチがゴール右上隅へ豪快に決めて、2点差とした。

 相手エースにドッピエッタ(2得点)を決められてしまったボローニャ。中盤でのプレスがハマらずにミランにボールを支配され続けたチームは、受け身になり、負担の増えた冨安をはじめとする最終ラインが疲弊する悪循環を改善できないまま、時間を浪費していった。

 70分にブラヒム、77分にトナーリと今夏に獲得した新戦力をピッチに送り出す余裕も見せたミラン。かたや追いすがるボローニャは退場者を出して数的不利となった89分に冨安がFKからヘディングで合わせたが、渾身の一撃は相手守護神ドンナルンマに止められて、万事休すとなった。

 結局、2-0と逃げ切ったミランは、中断明け12戦負けなしの圧巻のラストスパートを見せた昨シーズン終盤の勢いそのままに好スタートを切った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/250bae927db0bcbb1a0121c6eb80e7a43ef7a2bd
tomiyasu vs Zlatan Ibrahimovic 2020

冨安健洋 ミラン戦 ハイライト動画(YOUTUBE)

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

試合開始前から

<ドイツ>
ボローニャの冨安は相当なタレントだ、楽しみだ



<ローマサポ>
・スモーリング以外なら冨安がローマにとって完璧な補強だろうな。4バックのサイドバックとセンターバック、3バックでのセンターバックと5バックでのウィングバックをやれる。"インスタグラムのスター選手"を売って1500万から2000万ユーロ費やしてでも彼を獲得するわ。



 <ローマサポ>
 ・冨安は夢だ



<ポーランド>
・信頼できない冨安と鈍いダニーロはイブラにとって完璧な環境だ



<ミランサポ>
・イブラの素晴らしいプレー
 ゴールまであと少しだったが
 冨安が触りボールが枠から外れた【動画


   

【海外の反応】「嬉し涙だな」韓国の女性アイドルがズラタンに似てると言われて泣く

イブラヒモビッチ

「コスミック・ガールズ」は韓国出身者と中国出身者の計13人で構成される女性アイドルグループ。日本では「宇宙少女」という名で知られている。

メンバーは4つのグループに分かれており、ウンソさんは"Joy"の一員だ。

そんなウンソさんはかつて他のメンバーと一緒にファンとの交流会に出席したそう。そこで、こんな質問があったという。韓国『allkpop』が伝えている。

「ねぇ、ウンソ。ズラタンって知ってる?」

ズラタンとは、もちろんズラタンイブラヒモヴィッチのこと。

実はこのウンソさん、インターネット上でイブラヒモヴィッチに似ていると話題になったことがあるという。

そしてこのほどウンソさんは再びファンとの交流イベントに出席し、心無いファンから同様の質問を受けたとのこと。ウンソさんはそう呼ばれることを気にしており、その場で涙を流し、会場を後にしたそうだ。その後、このファンはウンソさんに謝罪したという。
http://qoly.jp/2017/02/22/cosmic-girls-unseo-kwm-1

eunseo-dan-zlatan-ibrahimovic_20170221_094903.jpg

   

【海外の反応】「ネスタのようだ」吉田麻也、決勝で圧巻のプレー!EFLカップ優勝を逃すも絶賛を受ける!

吉田麻也

※試合後の反応を追記しました
EFLカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッドサウサンプトンが26日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された。

ユナイテッドはEFLカップ、FAカップ、そしてヨーロッパリーグですべて勝ち上がっていて“カップトレブル”を達成する可能性を残している。まずは1冠目の獲得に挑んだ。メンバーはお馴染みの守備陣に加え、中盤の底でポール・ポグバとアンドレ・エレーラがコンビを組み、2列目にはジェシー・リンガード、フアン・マタ、アントニー・マーシャルが入った。前線はいつもの通り、ズラタン・イブラヒモビッチが構える。

対するサウサンプトンは久々にタイトルを獲得するチャンスを迎えた。新加入の絶好調男マノロ・ガッリアリーニガッビアディーニを前線に起用。最終ラインは日本代表DFの吉田麻也が統率する。

序盤はユナイテッドがボールを保持して組み立てを行い、サウサンプトンが奪ってから素早いカウンターで応戦する形で進んだ。

まずは4分、イブラヒモビッチとのワンツーからポグバが強烈なミドルシュートを放つ。これはGKフレイザー・フォースターがはじき出した。

対するセインツは11分、セドリク・ソアレスが右サイドを駆け上がると、クロスボールにガッリアリーニガッビアディーニが反応。ワンタッチで流し込み、ゴールネットを揺さぶった。しかし、オフサイドの判定で得点は認められない。もっとも、リプレイを見るとガッリアリーニガッビアディーニはオンサイドだったため、セインツとしては不運な形で1点を失う形になってしまった。

このプレーで自信をつけたのか、徐々にセインツユナイテッドを押し込むようになる。特にユナイテッドのディフェンスラインと中盤の底の間にスペースができやすくなっていたため、縦パスを入れることでジェームズ・ウォード・プラウズやドゥシャン・タディッチがうまく前を向いてチャンスにつなげていっていた。

ただし、一発で局面を打開できるのがユナイテッドの強みだ。19分、ゴール前やや左でFKのチャンスを得ると、イブラヒモビッチが直接叩き込んでウェンブリー・スタジアムを沸かせた。さらに38分にはリンガードが決めて、リードを一気に2点に広げた。

いいリズムを作りながら失点してしまったセインツだったが、前半終了間際にチャンスをものにした。ウォード・プラウズが右サイドを突破すると、グラウンダーのクロスボールを供給。鋭いボールにガッリアリーニガッビアディーニが左足で合わせ、ダビド・デ・ヘアが守るゴールを射抜いた。

ユナイテッドは中盤のスペースをケアするためか、マタに代えてマイケル・キャリックをピッチに投入した。もっとも、次にチャンスを作ったのもセインツだった。48分、ゴール前のルーズボールに反応したガッリアリーニガッビアディーニが反転して左足からシュートを放つ。デ・ヘアはタイミングを外されて対処ができず、ボールはゴールに突き刺さった。

同点になってから試合は落ち着きを見せ、激しいながらも決定機が作れない時間帯が続く。

この膠着状態を破ったのは、イブラヒモビッチだった。87分、素早いパス交換でセインツ守備陣を左右に揺さぶり、右サイドに開いたエレーラのクロスボールにイブラヒモビッチが頭で合わせた。吉田はガックリと肩を落とし、ゴールネットにもたれた。

結局、この得点が決勝点となり、ユナイテッドが3−2でセインツを下した。まずは1冠を獲得している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000040-goal-socc

Manchester United v Southampton Gabbiadini hauls underdogs back level after Ibrahimovic and Lingard rubbed salt into wounds of crucial incorrect offside call

   
アオアシ (22) アオアシ (22)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 12/10 号 サッカーマガジン2021年1月号 (不屈のチームと選手)
サッカー止める蹴る解剖図鑑 サッカープレーモデルの教科書 個を育て、チームを強くするフレームワークの作り方
GIANT KILLING公式コミックガイド フットボールダイジェスト ETU特集号 ワールドサッカーダイジェスト 2020年 11/19 号
さよなら私のクラマー(13) 組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊
最新記事
【海外の反応】「諦めないで」本田圭佑、ボタフォゴ退団も辞さない考えを公言!現地サポから賛否両論の声!
外国人「逮捕されるべきだ」FC東京、上海申花の卑劣なタックルでディエゴが負傷退場..海外のファンからも批判続出!【海外の反応】
【ドイツの反応】「夢のようだ」遠藤航、シュトゥットガルトと契約延長!現地サポから歓喜の声殺到!
【スペインの反応】「理解しがたい」久保建英、左サイドで先発も..ビジャレアルはドロー..現地サポの評価は!?
【海外の反応】「Jリーグがアジア最強だ」横浜Fマリノス、劇的ゴールで上海上港を撃破!タイ人からも関心が高く勝利に大盛りあがり!
【海外の反応】「神だった」マラドーナ氏が60歳で死去..世界のファンに衝撃が走る
【海外の反応】「先発すべきだった」南野拓実途中出場リバプール、ホームでアタランタにまさかの敗戦
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR