NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】日本代表の“侍デザイン”が堂々4位!英紙選定W杯ユニフォームベスト20

ユニフォーム・胸スポ・エンブレム

ロシアワールドカップ(W杯)開幕が約4カ月後に迫っている。出場32カ国の登録メンバーの行方も気になるところだが、本大会で選手たちが着用する新たなユニフォームも続々と発表され、関心を集めている。

 英紙「デイリー・ミラー」では、現時点で発表されている20カ国のW杯仕様のホームユニフォームのデザインを独自にランキング化して発表。母国イングランドが8位に位置するなか、サムライブルーの日本代表は4位と上位に付けている。そして、トップに立ったのは、鮮やかなデザインが際立つアフリカの雄だった。

 今ランキングの最下位に位置する20位はモロッコ。赤が基調となり、首周りから肩にかけて緑が配色されている。肩の位置にサプライヤーのアディダス社お馴染みの三本ラインがデザインされているが、記事では「BOOOORING!(退屈だ)」と寸評されている。

 シンプルなデザインは好き嫌いが分かれにくい一方で、インパクトに欠けるものが多く評価につながらない傾向のようだ。19位の開催国ロシア、18位フランス、17位ポルトガル、16位スイス、15位スウェーデンと下位はいずれもチームカラーをベースにしたフラットなデザインのものが名を連ねている。
栄えあるナンバーワンは?

 そこから上位にいくにつれ、水色と白のストライプ柄でお馴染みの12位アルゼンチンや、赤白のチェック模様が印象的な10位クロアチアのように、見た目に鮮やかなデザインが並ぶ。

 伝統のホワイトカラーで首元にワンポイントで赤があしらわれたイングランドは、襟の部分のデザインと選手のナンバーが右胸のブランドロゴの下に配置される珍しいデザイン性が、全体のシンプルさに合っていると評価されて8位にランクインした。

 上位では日本が4位にランクイン。「勝色」というコンセプトで深い藍色をベースに作られた侍ジャパンの新ユニフォームは、全体にあしらわれた刺し子柄も目を引くもので英メディアからの評価は高い。「素敵なスタイル」「流行に敏感なファンも喜ぶ」と絶賛されている。

 3位はロゴマークがユニフォームの中心部に配されたインパクト大のベルギー。日本とグループステージで戦うコロンビアは、鮮やかな黄色に赤と青の特徴的なラインが入ったユニフォームで2位にランクインした。

 そして堂々の1位はナイジェリアだ。緑と白をベースとしながら、肩から袖にかけては白と黒のカラーリングに切り替わっている。そしてユニフォーム全体的には“スーパーイーグルス”の愛称にあるように鷲(わし)の羽をイメージしたVの字型の模様が並ぶ大胆なデザインとなっている。

Adidas goes retro with their WC kits (Argentina, Belgium, Colombia, Germany, Russia, Mexico, Japan Spain)

   

【海外の反応】「激安だ」井手口陽介、リーズ移籍で合意!英紙が報道!移籍金の安さが現地サポの間で話題に

井手口陽介

日本代表の主力に定着しつつある新進気鋭の若手が、1月に海を渡る可能性が高くなった。

 英紙『ヨークシャー・イブニング・ポスト』は、ガンバ大阪所属のMF井手口陽介のイングランド2部リーズへの移籍で合意に至ったと報じた。

『ヨークシャー・イブニング・ポスト』紙は、リーズの地元の新聞である。同紙によれば、リーズはG大阪に移籍金50万ポンド(約7600万円)を支払い、1月に井手口を獲得する見込みだという。昨年夏から追い続けていたターゲットであり、先週の取締役会を経て獲得にゴーサインが出たと伝えられている。

 しかし、21歳の井手口はA代表デビューが2017年6月と最近で、EU圏外選手の労働許可証発行に過去2年間で3分の2以上の国際Aマッチに出場していることを条件としているイングランドでは、すぐに労働許可が下りない可能性が高い。

 そのためリーズは井手口を来年夏の今季終了までイングランド国外のクラブにレンタル移籍させ、夏に戦力として呼び戻すか改めて検討する方針とのこと。ロシアW杯後の新シーズン開幕に合わせて獲得するプランもあったが、1月に獲得して半年間欧州で経験を積ませた方がイギリスの労働許可証を取得しやすいとの判断もあったようだ。

 井手口は9日のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会の北朝鮮戦で、後半アディショナルタイムに決勝ゴールを奪って日本を勝利に導いた。G大阪では今季30試合に出場して4得点という成績を残した。

 今月7日には欧州移籍について「行けばよりいろんな刺激をもらえて、少しでも成長できる場所だと思う。未来に関して話すんやったら、少しでも早く行きたいです」と語っていた。「自分が思ったことを突き通してやっていければ一番いい」とも述べており、本人の欧州志向も早期の移籍合意に影響したのかもしれない。

 また、リーズには元日本代表で、昨季までオランダのVVVフェンロでコーチを務めていた藤田俊哉氏が在籍している。日本人の大先輩の存在は欧州初挑戦の井手口にとって大きな助けとなりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00246169-footballc-socc

ideguchi goal against north korea 2017

   

【海外の反応】「日本のカンテか?」井手口陽介、1月リーズ移籍情報で盛り上がる現地サポーター

井手口陽介

Yosuke Ideguchi transfer, Ekuban vs Lasogga and other January plan

リーズのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<スレ主>
◆もちろん具体的な情報源ではないのは分かっているが
「J Soccer Magazine」の編集者が井手口は1月にリーズへ行くと言っている

 ※J Soccer Magazine・・・日本語と英語を併記した情報誌


・おおおおおお、やったああああああ
 最高うううううううううううう



・彼は誰?使えるの?



・彼はリーズ、特にチャンピオンシップでどれだけ成功すると思う?



 <J Soccer Magazineの編集者>
 ・きっと活躍するだろう、彼は賢いよ(サッカーに関して)



・それじゃ~あと6週間で
 彼の名前の入ったチャントを完成させないといけないのか!


   

【海外の反応】「イングランドは日本と同組」W杯抽選会の予行練習結果をリネカーが明かす

ワールドカップ

W杯の組み合わせ抽選会が12月1日に行われる。このセレモニーで司会進行を務める元Jリーガーのリネカー氏が、予行練習で日本イングランドと同組になったことを明かした。

12月1日、2018年ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行われる。
この試合ではディエゴ・マラドーナ、ゴードン・バンクス、ローラン・ブラン、カフー、ディエゴ・フォルランといったレジェンドがプレゼンターとして登場することが決まっており、司会進行はかつてJリーグでもプレーした元イングランド代表FWガリー・リネカーが務める。
そのリネカー氏が、現地時間23日に自身の『twitter』で、組み合わせ抽選会の予行練習で日本イングランドと同組になったことを明かしている。

「組み合わせ抽選会の予行練習を行ったよ。イングランドベルギーセネガル日本と同組の結果になった」
リネカー氏によると、予行練習での組み合わせでは、ポッド1であるベルギーの組に、ポッド2イングランド、ポッド3セネガルと、ポッド4の日本が入ったようだ。
また、リネカー氏は他のユーザーからによる「メキシコはどの組?」という質問に対し、「(メキシコは)アルゼンチン、フランス、ナイジェリアと同組だった。ここは“死の組”だね」と述べている。
12月1日の組み合わせ抽選会では果たして日本はどの組に分けられるのか。リネカー氏の明かした予行練習による組み合わせが実現する可能性も十分にあるが、いずれにしろポッド4の日本にとって厳しい組み合わせになることは間違いなさそうだ。-goal.com-

Gary Lineker to conduct FIFA World Cup Final draw

   

【海外の反応】日本代表の観客動員数は世界屈指だった!

ワールドカップ

チーム名    平均観客動員   メインスタジアム - 収容率
World Cup Qualifying Average Attendance
World Cup Qualifying Average Attendance 2


   

Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集 Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2018年 3/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2018年 04 月号 [雑誌]
Number(ナンバー)946号 EUROPEAN FOOTBALL MANIACS2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) J1&J2&J3選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊) 中村俊輔 サッカー覚書
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) ワールドサッカーダイジェスト 2018年 3/1 号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「信じられない」香川欠場のドルトムント、大苦戦も起死回生のゴールでベスト16進出決定!
【海外の反応】「公平なトレードか?」ドルトムント、バチュアイの完全移籍希望でプリシッチがチェルシーへ?
【海外の反応】「日本人で初めてUEFAの大会で優勝したのは誰?」
【海外の反応】「鹿島が上だった」鹿島アントラーズ、敵地韓国で水原三星を撃破!(ACL)
【海外の反応】「失敗だ」サウジ選手9人がスペインへ集団移籍するも出場/ベンチ入りゼロの事態に!
【海外の反応】「九度目の正直だ」バルサを救ったメッシの初ゴール!チェルシーホームの第1戦はドロー決着
【海外の反応】「最初から怪しかった」ミランの中国人オーナーが破産か..資産も差し押さえへ
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR