NO FOOTY NO LIFE

    


【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗

中島翔哉

現地時間7日に行われたポルトガル1部リーグ第12節でポルティモネンセは敵地でポルトと対戦し、1-4で敗れた。中島翔哉はフル出場し、1アシストを記録している。

 英プレミアリーグ・ウォルバーハンプトンへの移籍が取り沙汰されている中島は、この日も先発で出場。すると、首位ポルトを相手に序盤から存在感を示した。

 9分、ペナルティエリア左手前でパスを受けた中島は、縦に仕掛けると見せかけて右足でクロス。ファーサイドでフリーとなっていたトルメナが合わせて先制点を演出する。

 16分には中島がドリブルでペナルティエリア内へ仕掛けると、切り返したところで相手の足がかかって転倒する。当然、中島はファウルを主張するも、主審の笛は鳴らず、PKにはならなかった。

 すると、ポルトが反撃を開始。23分、CKからマレガがヘディングシュートを決めて1-1となって折り返すと、後半は一気に勝負を決める。

 57分、ブライミのクロスボールをマレガがつないでチキーニョがゴール。ポルトが逆転に成功すると、59分にはドリブルを仕掛けた中島からボールを奪ってカウンターを仕掛け、ブライミがゴール。65分にはマレガが決めて、3点差となった。

 こうなるとポルティモネンセに打てる策は少なく、終盤はボールを一方的に支配される展開に。85分には中島が不要なファウルでイエローカードをもらうシーンもあり、最後まで反撃の糸口はつかめず。試合は1-4で終わった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181208-00300285-footballc-socc

Nakajima assist FC Porto 0-1 Portimonense Tormena

   

【海外の反応】「待ちきれない」中島翔哉のウルブス移籍が80%完了!ポルティモネンセ会長が証言!

中島翔哉

先日より、中島翔哉のウォルヴァーハンプトン移籍が間近に迫っていると伝えられていたが、今冬のプレミア行きの交渉は細部を詰める段階になっているようだ。クラブ幹部がその動向について言及した。

ポルトガル『Radio Renascenca』の取材で、ポルティモネンセのロドニー・サンパイオ会長が証言したと『A Bola』など複数のメディアが伝えている。

「実際に接触はあって、まだ100パーセントに至ってはいない。だが、1月に実現する可能性はあるだろう」

会長は「問題になっているのは契約解除金の部分。この点で支払いが可能かどうか、まだ合致していない。それでもウルヴスとの交渉は80パーセントの段階になっている」と発言。交渉は細部を詰めるところでまだ合意に至っていないと明かした。

「もし中島がいなくなるとしたら、我々にとって大きな損失になる」と続け、会長は中島のウォルヴァーハンプトン行きが既定路線であるかのように述べている。

一部報道によると、中島の契約解除金は4000万ユーロ(約52億円)に設定されているとも伝えられていた。今回の移籍報道では、ウルヴスの提示している金額は2000万ユーロ(約26億円)と報じられており、ポルティモネンセ移籍金の条件を引き下げて合意のサインをするのかがポイントとなりそうだ。移籍マーケットの開く1月、中島がイングランドへ新天地を求めるというシナリオは、十分に現実味を帯びている模様だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000027-goal-socc

Nakajima Shoya potential future suitors

   

【海外の反応】「日本のメッシだ」中島翔哉、プレミア移籍間近!現地紙が報道!

中島翔哉

※追記しました
中島翔哉プレミアリーグ挑戦が迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が、ウォルバーハンプトンとの交渉が最終段階に入ったと伝えている。

ポルトガルの地で輝きを見せる24歳の日本代表FWには、ポルトやベンフィカという国内の強豪だけでなく、セビージャやユヴェントスなど、欧州各国のビッグクラブが関心を示していると何度も言われてきた。現地メディアも移籍市場の注目株に上げるなど、去就に関する様々な憶測が流れている。

ポルティモネンセの副会長ロブソン・ポンテ氏も、「膨大な量の嫌がらせがある。留めることは難しいだろうが、拒否できないオファーのときだけ放出する」と語っており、移籍の可能性もあると示唆している。

そんな中島だが、新天地はプレミアリーグになるようだ。『A BOLA』によると、ウォルバーハンプトンとの交渉はすでに最終段階に入っているという。

同メディアによると、2020年まで契約を結ぶ中島の違約金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、最終的に移籍金2000万ユーロ(約26億円)で決着する見込み。正式発表はいつあってもおかしくない状況のようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000032-goal-socc
英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

ウルブスサポ>
・(ポルトガルの)「A Bola」によると、ウルブス(ウォルバーハンプトン)は
 日本人FW中島翔哉と2000万ユーロ(約25億円)で契約する最終段階に入っている
 Portimonenses Shoya Nakajima close to joining Wolves for a fee of 20 million €


<カナダ>
・ここまで他のチームが彼を獲得していないことが驚きだ



<ポルトガル>
・(ポルトガルの)ビッグ3にとってピッタリの選手だから・・・残念だ



 <ポルトガル>
 ・高すぎるよ


   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【海外の反応】「なぜだ!?」日本代表、アジアカップに挑むメンバーを発表!選考に疑問を抱く海外のファンも..
「日本とイランが決勝で対戦する可能性が高い」イランの英雄アリ・ダエイがアジアカップの優勝争いを予想【海外の反応】
【ドイツの反応】「移籍は決定済み?」香川真司、モナコ戦招集外で冬の移籍を確信する現地ドルトムントサポーター
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR