NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「なんて逆転劇だ」鹿島、内田篤人の劇的ゴールで韓国の水原に大逆転勝利!

アジアチャンピオンズリーグ

※追記しました
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は3日、準決勝第1戦を行い、日本勢で唯一勝ち残っている鹿島アントラーズはホームで水原三星(韓国)と対戦した。序盤に2失点を喫したが、後半アディショナルタイムにDF内田篤人の劇的な逆転ゴールが決まって3-2で勝利。クラブ史上初のACL決勝進出をかけた第2戦は24日、敵地の水原ワールドカップ競技場で行われる。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?255864-255864-fl

Uchida goal Kashima antlers Suwon Samsung 3-2

   

【海外の反応】「楽しかった」日本代表、若手が躍動!南野と伊東のゴールなどでコスタリカに快勝!

日本代表

※追記しました
日本代表は11日、森保一監督の初陣となるキリンチャレンジカップでコスタリカ代表と対戦し、3-0で快勝した。前半16分にオウンゴールで先制すると、後半21分にMF南野拓実、後半アディショナルタイムにMF伊東純也がともにA代表初ゴールとなる追加点。守備陣も最後まで無失点で締め、森保ジャパンの初陣を完封勝利で飾った。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?254213-254213-fl

Japan 2-0 Costa Rica - Takumi Minamino goal

   

【海外の反応】「なんてW杯だ」ブラジル、まさかの敗退!日本を下したベルギーがベスト4進出!

ワールドカップ

※追記しました
現地時間6日に行われたロシアワールドカップ準々決勝で、ベルギーブラジルに2-1で勝利した。

 今大会最少失点のブラジルと、最多得点のベルギー。最初のチャンスはブラジルだった。

 開始8分、ネイマールのCKでニアにミランダが飛び込んでフリックすると、このボールをチアゴ・シウバが押し込もうとしたが、ポストに当たってしまう。

 すると13分、ベルギーがCKの好機をものにした。シャドリのニアへのボールにコンパニが飛び込むと、わずかにかすめたのか、その後ろで守っていた相手MFフェルナンジーニョの肩に当たってゴールベルギーが先手を取った。

 良いスタートを切ったベルギーは、31分にカウンター発動。相手CKをしのいで前に出たボールをルカクが受けて中央をドリブル。ファウルを受けながら右前方にパスを送ると、主審はアドバンテージをみてプレーを続行させた。このパスを受けたデ・ブルイネはペナルティエリア手前から右足のシュートを叩き込み、リードを2点に広げる。

 2点を追うブラジルは、後半開始からフィルミーノを、58分にはドグラス・コスタを投入して攻撃的になった。

 ただ、ベルギーはリードしたときの戦い方も洗練されており、しっかり守ってから速攻につなげていく。

 優勝候補筆頭のブラジルはもちろん諦めない。73分に投入されたレナト・アウグストがすぐ期待に応えた。76分、中盤でボールを持ったコウチーニョがゴール前に浮き球のパスを出すと、2人のDFの間に入ったレナト・アウグストがヘディングシュート。ブラジルが1点を返す。

 これで活気づいたブラジルは、チャンスが続く。同点弾を決める機会は十分があったが、決定力を欠いた。

 試合は1-2で終了し、ブラジルが敗退。勝ったベルギーは、現地時間10日の準決勝でフランスと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00280266-footballc-socc

Belgium eliminates Brazil from World Cup to reach semifinals

   

【海外の反応】「番狂わせだ」スペイン、まさかの敗退!PK戦の末に開催国ロシアに敗れる!

ワールドカップ

※追記しました
ロシアW杯は1日に決勝トーナメント1回戦2日目を行った。スペイン代表とロシア代表の対戦は1-1のまま120分で決着がつかず。PK戦の末、4-3でロシアが勝利した。準々決勝では7日にクロアチアとデンマークの勝者と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-01655812-gekisaka-socc

Spain 1-1 (3-4p) Russia [2018 FIFA World Cup]

   

【海外の反応】「欧州勢はまだ無敗」クロアチア、ナイジェリアに快勝!

ワールドカップ

※追記しました
2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が16日に行われ、クロアチア代表とナイジェリア代表が対戦した。

 2大会連続出場のクロアチアは、主将のルカ・モドリッチやイヴァン・ラキティッチ、マリオ・マンジュキッチらが先発出場。一方、3大会連続出場のナイジェリアは、アレックス・イウォビ、ヴィクター・モーゼス、ジョン・オビ・ミケルなどがスタメンに入った。

 試合は32分に動いた。右CKでニアのアンテ・レビッチが頭ですらし、中央でマンジュキッチがダイビングヘッド。ボールは相手MFオゲネカロ・エテボの足に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールクロアチアが先制した。

 後半に入って70分、クロアチアは左CKで、マンジュキッチが相手DFウィリアム・エコングに後方から抱きつかれるように抑え込まれ、PKを獲得。これをモドリッチが冷静にGKと逆のゴール左隅に沈めて、リードを2点に広げた。

 試合は2-0で終了。勝利したクロアチアがグループD首位に立った。第2戦は、クロアチアが21日にアルゼンチン代表と、ナイジェリアが22日にアイスランド代表と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00777781-soccerk-socc

Croatia_2-0_Nigeria_Modrić_2018_World_Cup

   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「移籍は決定済み?」香川真司、モナコ戦招集外で冬の移籍を確信する現地ドルトムントサポーター
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR