NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】香川、チャンス演出も途中交代、ドルトムントはケルンとドロー

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間29日にブンデスリーガ第31節の試合が行われ、ドルトムントケルンと対戦。ドルトムントは何度もチャンスを作ったがゴールを奪うことができず0-0の引き分けに終わっている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は公式戦3試合ぶりの先発出場を果たした。ケルン所属の日本代表FW大迫勇也は体調不良のため欠場している。試合開始して27分、カウンターから一気にピエール・エメリク・オーバメヤンが左サイドを駆け上がり、ゴール前に折り返したボールにマルコ・ロイスが反応したが惜しくもシュートはゴール上に外れた。

 50分にはマルセル・シュメルツァーが豪快なシュートを放つもGKティモ・ホルンにセーブされる。その後も攻め続けたドルトムントだがゴールを奪うことはできず。何度もチャンスを作り存在感を発揮していた香川だが、66分にウスマン・デンベレとの交代でピッチから退いた。試合は結局0-0の引き分けに終わっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170430-00010000-footballc-socc

BVB 0_0 Köln HT 2017

   

【海外の反応】「鹿島戦みたいになった」レアル、Cロナウドのハットでバイエルン撃破も誤審連発のレフリーに批判殺到!

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズ・リーグ(CL)準々決勝・第2レグで、バイエルンレアル・マドリーに2-4で敗れ、合計スコア3-6で敗退を余儀なくされた。

 第1レグでの1-2の逆転負けを挽回すべく敵地に乗り込んだドイツ王者は、積極的なプレーを見せて一時はタイスコアとしたものの、後半途中にMFアルトゥーロ・ビダルが退場となったことで数的不利を強いられ、延長戦で3失点を喫して力尽きた。

 クリスチアーノ・ロナウドにはハットトリックを決められたが、そのうち2点は彼がオフサイドポジションにいたという疑惑、そしてビダルの退場をめぐる判定についても議論が巻き起こっており、試合後、バイエルンの選手や指揮官たちも、この件に言及している。(『Kicker』より)

◇フィリップ・ラーム
 我々は敵地で勝とうと、勇敢なプレーを見せた。我々にとって幸運も状況も幾つかあったが、同時に審判の判定について不運もあった。

◇カルロ・アンチェロッティ監督
 審判についてはミスの連続だった。近い将来、彼らがビデオ判定システムによって“助けられる”ことを私は望んでいる。

◇カール=ハインツ・ルムメニゲCEO
 とてもエモーショナルで、スペクタクルなプレーを見せた両チームに賛辞を送りたい。彼らは偉大なプレーを見せた。しかし、ビダルの退場については……、マルコ・アセンシオへのタックルはファウルでさえなかった。あのレッドカードで、我々はとどめを刺された。

◇ジェローム・ボアテング
 これがフットボール、これが人生だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00024777-sdigestw-socc

Real reach seventh straight semi thanks to Ronaldos extra-time double against 10-man Bayern but BOTH goals were offside

   

【海外の反応】「現実に戻った」本田先発のミランはジェノアに完敗

本田圭佑

セリエAは25日、第10節1日目を行った。日本代表FW本田圭佑の所属するミランは敵地でジェノアと対戦し、0-3で敗れた。今季初先発した本田だったが、退場者が出たこともあり、後半17分で途中交代した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-01632617-gekisaka-socc

GenoaMilan 3-0

   

【海外の反応】「信じられない!」日本代表、山口蛍の劇的ゴールでイラクに勝利!

日本代表

※試合後の反応を追記しました
日本代表は6日、W杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で競り勝った。前半26分、カウンターからFW原口元気が2戦連発となる先制点。後半15分にセットプレーから失点し、同点に追いつかれたが、後半アディショナルタイムに途中出場のMF山口蛍劇的な決勝点を奪った。ハリルジャパンはホーム初白星。2勝1敗の勝ち点6とし、11日にはアウェーでオーストラリアと対戦する。-ゲキサカ

Hotaru Yamaguchi silenced critics over selection and even making the pitch scoring in additional time

   

【ドイツの反応】「バイエルンに通用した」大迫がバイエルン相手に躍動!現地ケルンサポが賞賛!

大迫勇也

ブンデスリーガ第6節が10月1日に行われ、FW大迫勇也が所属する3位ケルンは、開幕5連勝で首位に立つバイエルンとアウェーで対戦。40分に先制されるも、63分にアントニー・モデストゴールで追いつき1-1で引き分けた。大迫は5試合連続で先発し、終了間際の88分までプレーした。

 ケルンは今シーズン3勝2分けと好調のチームらしく、バイエルンの連勝を止めて勝ち点1をもぎ取ることに成功。地元紙『Koelner Stadt-Anzeiger』の試合後採点でも、GKティモ・ホルンの「1.5」を最高点に「2」が1人、「2.5」が2人と引き分けという結果にしては高い点数が並んだ。(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)

 大迫は他2選手とともに「3」という平均的な点数となったが、寸評では「GKマヌエル・ノイアーが難なく抑えたが、チーム最初のシュートを放った。この試合でも最近の好調ぶりを見せつけると、後半はその本領を発揮した。何度もボールをキープし、質の高いパス、闘争心あふれるプレーが見られた」と、3試合連続ゴールこそ逃したものの、王者バイエルン相手に堂々とプレーしたことを称えた。

 地元紙『EXPRESS』は、同点ゴールモデスト、GKホルンら4選手に「2」をつけたが、大迫は「3」と平均的な点数だった。寸評では「ロングボールを収めることに懸命だった。後半はもっと試合に参加してもよかっただろう」とし、『Koelner Stadt-Anzeiger』とは、後半のパフォーマンスに対する評価が分かれた。-サッカーキング

osako against alonso bayern

   

サッカーゲームキング 2017年 09月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 09 月号 [雑誌]




Ads by amazon
J LEAGUE SOCCER KING (Jリーグサッカーキング) 2017年 09 月号【ガンバ大阪】[雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2017年 8/3 号 [雑誌]
月刊サッカーマガジン 2017年 09 月号 [雑誌] モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力
ドルトムント ドルトムント 3Dフィギュア 1/30 香川真司 月刊フットボリスタ 2017年8月号
サッカーダイジェスト 2017年 7/27 号 [雑誌] 怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18 RONALDO EDITION 【限定版同梱物】・STANDARD EDITION(通常版)より最大3日間の早期アクセス ・5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo ・ジャンボプレミアムゴールドパック20個(1 × 20週間) ・スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】A4クリアファイル 付

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR