NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「神戸で活躍してないの?」ポドルスキ、来夏移籍の可能性を示唆

ポドルスキ

ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキが12月1日のJ1リーグ34節・ベガルタ仙台戦を終えてドイツに帰国し、ケルンに向かった。ドイツ最大部数を発行する『ビルド』紙の取材に応じて、改めて古巣である1.FCケルンへの思いを語っている。

 『ビルド』紙「ポルディ『FC(ケルン)がまず昇格しないことには』」というタイトルで、ポドルスキのコメントを掲載。今季、天津権健からケルンに復帰した「アントリー・モデストのように戻ってきたいですか?」という質問に、次のように答えている。

「それは決して新しいことではなく、私はFC(ケルン)のユニフォームをもう一度着たいという望みを持っています。クラブのフロントは私のその想いや現在の立場も把握している。ただ、チームはとにかくもう一度(ブンデスリーガ1部に)昇格しなければならない」

 そのようにドイツ代表で10番をつけてワールドカップ優勝を果たしている33歳のストライカーは強調した。一方、次のような可能性についても話している。

「どこかに身分照会するつもりもないし、これまで移籍のコンタクトは一切ありません。私は2019年末まで神戸との契約を結んでいます。もしも、来年の夏に、海外のとんでもないクラブやブンデスリーガから話が来たとしたら、目を通す必要は出てくるだろうけれどね

 ケルンは現在2部2位と好調。ポドルスキは「FWは今ポジションがなく、必要がない」とチーム事情も把握していた。

 また、ポドルスキはSNSのツイッター(@Podolski10)で12月2日に、「神戸のファンの皆さんの今季の素晴らしいサポートに感謝しています。私たちはさらに強くなって、来年戻ってきます!」とメッセージを綴っている。
http://sakanowa.jp/topics/11796

Podolski Wechsel im Sommer

   

【ドイツの反応】「見事だ!」大迫勇也、反転シュートで今季2ゴール目!ブレーメンは6発許し大敗

大迫勇也

ブレーメンの日本代表FW大迫勇也が、レヴァークーゼン戦で今シーズン2点目を挙げたが、勝利に結びつけることはできなかった。

ブレーメンは28日、ブンデスリーガ第9節でレヴァークーゼンと対戦。大迫は2トップの一角として先発した。試合はアウェーのレヴァークーゼンが前半から猛攻を仕掛ける。ケビン・フォラントなどのゴールで、45分間で3-0に。それでも、後半に入ると、ブレーメンは反撃。60分にクラウディオ・ピサーロが1点を返すと、その2分後には大迫がコーナーキックの混戦から素早く反転し、左足で流し込んで1点差とする。

しかし、そこからレヴァークーゼンが再びゴールラッシュ。67分から10分間で3ゴールを挙げる。結局、試合は終わってみれば、レヴァークーゼンが6-2で大勝を収めている。

大迫のゴールは第2節フランクフルト戦以来約2カ月ぶり。しかし、チームは敗れて4位としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000028-goal-socc

Bremen 2-6 Leverkusen Yuya Osako goal

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」大迫勇也、今季初ゴール!現地サポが絶賛!(フランクフルト戦)

大迫勇也

ブンデスリーガ第2節が9月1日(現地時間)に開催され、大迫勇也が所属するブレーメンは、フランクフルトとアウェーで対戦した。

 大迫は開幕戦に続いてスタメンで出場。21分、マキシミリアン・エッゲシュタインの縦パスで抜け出した大迫は、迫ってくるGKの股を抜く冷静なシュート。一度は副審に「オフサイド」と判定されるも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により得点と認められた。

 試合はフランクフルトに1点を返されたが、アディショナルタイムにミロト・ラシチャの劇的なFKで勝ち越しに成功。ブレーメンは今シーズン初勝利を挙げ、大迫はフル出場でこれに貢献した。

ドイツのサッカー専門誌『kicker』は「M・エッゲシュタインの一級品のパスを、日本人選手はグラウンダーのシュートでゴールに流し込む。あまりにもスムーズな動き。副審が(オフサイドの)旗を上げたが、VARによりゴールと認められた」と、アシストを決めた選手ともども称賛している。

 また、ブレーメンの地元紙『Kreiszeitung』は、ゴール以外の点にも高い評価をしている。

「フロリアン・コーフェルト監督が獲得したユウヤ・オオサコが先制点を挙げ、ブレーメンをけん引した。オオサコは、味方にラストパスをプレゼントするも、得点には結びつかなかった。そんな、攻撃の閉塞感を自らの力で打破し、自由に動き、さまざまな役割を果たしたのだ。(中略)ブレーメンはPKを与えて一度は追いつかれ、GKが負傷するというトラブルに見舞われながらも、耐え切り、ラシチャのFKで勝ち切った」

 60分にルドビグ・アウグスティンソンからのクロスを胸に当てて押し込んだゴールは、今度こそオフサイドで認められなかったが、攻撃で存在感を増す大迫の姿に、チームメイトからの信頼も高まっているようだ。

 大迫は試合後のインタビューで、「満足している。最初はオフサイドの判定だったけど、ゴールになった。ゴールはゴールかなと(笑)。得点が認められた後の喜びは大きかったけど、ラシチャの決勝弾はさらに一段と嬉しかった」と語り、自らのプレーと勝利に満足している様子だ。

 独メディアの多くは、「この勝利で、ブレーメンの勢いは増すだろう」と評している。正GKのイジー・パブレンカが負傷退場したことは気掛かりだが、劇的勝利を手にしたブレーメン、そして大迫の今後の躍動に期待がふくらむ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00046640-sdigestw-socc

Frankfurt 0-1 Bremen Yuya Osako goal

   

【ドイツの反応】「ついに日本人が」大迫勇也、ブレーメン移籍が決定的に!現地サポの反応は..

大迫勇也

ケルンの日本代表FW大迫勇也はブンデスリーガ1部に残ることになるようだ。現地時間15日にブレーメンでメディカルチェックに向かっていることが分かった。

ブレーメン周囲のメディア『ダイヒシュトゥーベ』によれば、2部に降格したケルンでは2020年までの契約を残していた大迫は、ブレーメン行きが決定的になったという。シーズンを11位で終えたクラブはケルン移籍金600万ユーロ(約7億9000万円)を支払うことでクラブ間で合意に達した模様だ。

さらに『ダイヒシュトゥーベ』は、大迫が15日に現地入りし、メディカルチェックを受けるためにブレーメンの病院に向かっている姿の写真を掲載した。問題なくそれをパスすれば、近々に契約を締結する運びだと伝えられている。

2014年夏に1860ミュンヘンからケルン移籍した大迫。ハノーファーからの関心も盛んに伝えられていたが、大迫はブレーメンを新天地に選択したとみられる。ワールドカップ前に今後の去就が決定したようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000029-goal-socc

Bremen sign 27 year old forward Yuya Osaka from Köln for a reported release clause of €6 Million

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」大迫勇也、2戦連続ゴール!現地サポが絶賛!(レバークーゼン戦)

大迫勇也

※追記しました
ブンデスリーガは18日、第27節3日目を行い、FW大迫勇也が所属するケルンはホームでレバークーゼンと対戦し、2-0で勝利した。5試合連続で先発した大迫は2試合連発となる先制点を決め、今季4点目。2トップの一角でフル出場した。

 日本代表のエースストライカーが2試合連続ゴールを叩き込んだ。前半9分、左サイドを突破したMFレオナルド・ビッテンコートがクロスを入れると、大迫が巧みな左足トラップでコントロールし、強烈な左足シュートを叩き込んだ。

 前半33分にはレバークーゼンFWルーカス・アラリオが一発退場。数的優位に立ったケルンは後半24分にFWジモン・ツォラーが追加点を決め、2-0で完封勝利。3試合ぶりの勝利で勝ち点を20に伸ばしてハンブルガーSVを上回り、最下位を脱出した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-01651677-gekisaka-socc

Köln_2-0_Leverkusen_osako_goal

   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
【海外の反応】「待ちきれない」中島翔哉のウルブス移籍が80%完了!ポルティモネンセ会長が証言!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR