NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「日本の天才だ」本田圭佑、1ゴラッソ1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!

本田圭佑

※追記しました
現地時間14日にリーガMX後期第15節でパチューカはサントス・ラグーナをホームに迎え、3-1で勝利した。本田圭佑はフル出場で1ゴール1アシストを記録している。

 前節プエブラ戦で6-2の大勝を飾ったパチューカは、2位につける好調サントス・ラグーナを相手に良いスタートを切った。

 25分、ペナルティエリア右手前で縦パスを受けた本田が中に切り込んでペナルティアークに入ったところでシュート。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さり、本田が2試合連続弾を決めた。

 本田はこれで今季リーグ戦10得点に到達。公式戦通算で13得点となっている。

 その6分後には本田にアシストもつく。31分、センターサークルを越えたところから本田がスルーパスを出すと、走り込んだアギーレがペナルティエリア左で受けてダイレクトでシュート。うまくコースを狙って2-0となった。

 その後1点を返されて折り返すと、後半はどちらもチャンスをつくりながらも得点が決まらない展開に。

 終盤に大きな追加点を決めたのはパチューカだった。86分、左サイドからサガルが中に折り返すと、ニアに入ったパラシオスがゴール。3-1として楽になると、このまま逃げ切りに成功した。

 2連勝のパチューカは、暫定で7位に順位を上げている。
https://www.footballchannel.jp/2018/04/15/post265483/

Pachuca [1]-0 Santos - Keisuke Honda goal

   

【海外の反応】「全部凄い」香川の芸術ボレーもブンデス月間最優秀ゴール候補に選出!

スーパーゴール/動画

ブンデスリーガ公式が1日、1月の「ブンデス月間トップゴール候補10」を発表。ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がフライブルク戦で決めた“芸術的ジャンピングボレー”がノミネートされている。

 現地時間1月27日に行われたブンデスリーガ第20節の試合で、香川は試合開始して10分にスーパーボレーをゴールに突き刺した。ヘルタ・ベルリン戦に続く2試合連続ゴールで今季公式戦6点目となっている。香川は昨年9月、アウクスブルク戦で決めた“芸術的ループシュート”が“月間ベストゴール”に選ばれていた。

 香川のジャンピングボレーの他、レバークーゼンに所属するレオン・ベイリーのヒールシュート、フライブルクのニルス・ペーターゼンが決めたGKロマン・ビュルキの頭上を超えるループシュートなどがノミネートされている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180202-00254261-footballc-socc



英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<バイエルンサポ>
・俺はバイエルンのファンだけどペテルセンだわ
 彼に投票しないといけない 👏🏻👏🏻



ペテルセンだな。他のゴールも全部良いけど
 ペテルセンのゴールは信じられないほど素晴らしい。



・ハメスだ。彼は技術があり素早くて賢くてブリリアントな選手だ
 彼のユニフォームが欲しい!!!



・イケているにわかファンはどこにでもいる
 ハメスのゴールは月間最優秀ゴールははもちろん
 月間最優秀フリーキックですらないわ
 ペテルセンのゴールが相応しいが、受賞しないだろうな
 彼はバイエルンやドルトムントでプレーしていないからね


   

【海外の反応】「マラドーナみたいだ」本田圭佑、4人抜きスーパーゴール!現地サポが絶賛!

本田圭佑

※追記しました
メキシコ杯:パチューカ4-0ティファナ>◇準々決勝◇8日◇パチューカ

 パチューカFW本田圭佑が公式戦通算6得点目を挙げ、チームの4強進出に貢献した。

 公式戦で7試合連続の先発出場を果たした本田は2-0とリードした前半42分、センターライン付近からドリブルで駆け上がり、マークにきた相手選手を振り切り、対峙してきた相手DF2人も巧みな足技でかわしペナルティーエリア内に進入。左へ持ち出した後、飛び出してきた相手GKを頭上をふわりと越えるループシュートを左足で鮮やかに決めた。最終的には相手選手4人を抜く、胸のすくような突破でチーム3点目を挙げた。

 本田はここまでリーグ戦で3得点を挙げ、カップ戦では10月25日の決勝トーナメント1回戦サカテペク戦では2得点を決めていた。

 本田は後半36分に退いた。

 チームは4-0でティファナに快勝し、準決勝進出を決めた。
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201711090000360.html

Qué golazo de Keisuke Honda, una pinturita goal

   

【海外の反応】「レベルが違う」本田圭佑、2試合連続ゴール!見事なコントロールシュートを現地サポが称賛!(サントス・ラグナ戦)

本田圭佑

※追記しました
MF本田圭佑の所属するパチューカは29日に行ったメキシコ1部第15節でサントス・ラグナと敵地で対戦し、2-2で引き分けた。本田は前半41分に公式戦2戦連発、リーグ戦では5試合ぶりとなる3ゴール目を奪ったが、勝利には繋がらなかった。

 調子を上げている本田が、パチューカの攻撃の中心になっている。本田の積極的なシュートなどでリズムを作ったパチューカは、前半32分にFWフランコ・ハラのゴールで先制。直後に本田のスルーパスに反応したハラのシュートはポストに嫌われたが、同41分、右クロスをハラが落とすと、走り込んだ本田が左足で流し込み、追加点を奪った。

 しかしここから流れが一転してしまう。前半42分にFWジョルジ・ジャニニーのゴールで1点を返されると、後半16分にはジャニニーに無回転ミドルと許す。GKアルフォンソ・ブランコも懸命のセーブで防いだが、ポストで跳ね返ったボールはゴール内に戻る。ブランコがすぐにかき出したが、判定はゴール。本田らも抗議したが、判定は覆らなかった。

 本田は後半41分で途中交代。試合もこのまま2-2で終了した。2点リードを追いつかれてドローに持ち込まれたパチューカは、プレーオフ進出を考えても手痛い結果になった。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?229637-229637-fl

VIDEO Golazo de Keisuke Honda contra Santos

   

【スペインの反応】「シャビのようだ」柴崎、ボランチでアシストを記録!現地テネリフェサポも高評価!

柴崎岳

6月10日(現地時間)、リーガ・エスパニョーラ2部の最終節が行なわれ、柴崎岳所属のテネリフェは2-1で、レアル・サラゴサを下した。

この敵地での勝利により、テネリフェは4位に浮上。昇格プレーオフでは5位のカディスと対戦することが決まった。

この試合、柴崎はボランチとしてプレー。大部分の時間帯を中盤の低い位置で過ごしたが、ここから縦に鋭いパスを何本も通した他、時折、ポジションを上げて決定的なプレーにも絡もうとした。75分には壁パスで抜け出してGKと1対1となるも、シュートはブロックされた。
 
 守備面でもよく動いて貢献。自身がボールを失った際には、執拗に追いかけて奪い返したりもした。危険なプレーはあったものの、総じて安定しており、またひとつ特性を示したと言えるだろう。
 
 ホセ・ルイス・マルティ監督は試合後、「ガクがこのポジションでプレーするのを見てみたかった。よりチームに貢献できると思ったからだ。特に、ボールを動かす能力を活かせると。彼は優れた選手であり、どんなポジションにも適応できている」と評価した。
 
 現地メディアも、柴崎には好意的な見方を示しており、『デポルプレス』は個人別評価の欄で以下のように記している。
 
「この日本人はMF(ボランチ)としても光り輝いていた。このポジションでどうプレーすれば良いかを理解していたからだ。彼は、これまでにも多くのポジションを経験している。ミスを犯すことは稀であり、守備においてもうまくやる方法を熟知していた」
 
 また同紙は、この記事の冒頭でこうも記している。
 
「ラ・ロマレーダ(サラゴサのホームスタジアム)でプレーしたテネリフェの選手のなかで、柴崎は最も安定したプレーを見せていた。彼はMFとしてチームに流動性をもたらした。簡単にボールをはたいて味方にチャンスを与えるプレーは傑出しており、また守備面でも貢献した」
 
 一方、『エル・ドルサル』は「MFとしても、彼はやりづらそうには見えなかった。“マルティ・スタイル”を熟知しており、よく守り、ゲームを作った」と記述。決定的なプレーがなかったせいか、採点はチーム3番目の7(他に6人)と及第点だったものの、やはり評価は高かった。
 
 テネリフェと2年間の契約延長で合意したという報道もある柴崎。1部昇格がその条件といわれているが(昇格しなくても契約延長という報道もあり)、そのための運命のプレーオフ、カディスとの準決勝は15日(アウェー)、18日(ホーム)に行なわれる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170611-00026694-sdigestw-socc

Queríamos ver cómo se desenvolvía #Gaku en el doble pivote y lo ha hecho bien

   

サッカーゲームキング 2018年 05月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 05月号 [雑誌]




Ads by amazon
2018サッカーW杯ロシア大会 SAMURAI PHOTO&戦術パーフェクトガイド (G-MOOK) 2018FIFAワールドカップロシア観戦ガイド 2018年 5/27 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
東欧サッカークロニクル 月刊フットボリスタ 2018年5月号
ロシア・ワールドカップ出場32か国「戦術&キープレーヤー」完全ガイド―選手名鑑付き (NSK MOOK) クリスティアーノ・ロナウド 生きる神話、知られざる素顔
世界のサッカー名将のイラスト戦術ガイド 吉田麻也 レジリエンス――負けない力 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
最新記事
【ドイツの反応】「日本人は一流だ」宇佐美と原口がアシスト!現地サポが称賛!
【フランスの反応】「W杯に出て欲しい」酒井宏樹、最悪の事態は回避か!?左膝負傷で数週間離脱へ
【海外の反応】「日本か?」アーセナル退任が決まった名将ヴェンゲル監督、その気になる新天地は?
【海外の反応】「強いわ」香川欠場のドルトムント、レバークーゼンに快勝!
【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!
【海外の反応】「行かないで」本田圭佑、パチューカ退団報道に現地サポから残留を懇願する声が続出!
【海外の反応】「泣いていい?」香川真司、待望のチーム練習復帰!歓喜するドルトムントサポーター
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

星のカービィ スターアライズ - Switch

DARK SOULS REMASTERED 【数量限定特典】「上級騎士バストアップフィギュア」 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR