NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「12歳なはずがない」ドルトムントに新たな神童!?U17で2ゴールした12歳の年齢詐称を疑う声が相次ぐ(画像あり)

ドルトムント

ボルシア・ドルトムントの下部組織に所属する12歳のFWユズファ・ムココは、U-17チームの公式戦で2ゴールを挙げた。“飛び級”での活躍にドイツメディアが注目している。

13日に行われたU-17ブンデスリーガ開幕節でドルトムントはウンテラートと対戦。昨季までU-15チームでプレーしていたムココが2ゴールを挙げ、アウェーのドルトムントが3-0の勝利を収めている。

試合はスコアレスで前半を折り返すと、後半開始直後にドルトムントのエミル・テルチが決めて先制。そして、50分にはムココが魅せる。相手選手を浮き球でかわした少年は持ち味のスピードで3人のDFを抜き去りにしながらペナルティーエリアに侵入。相手GKと1対1になったところ、冷静にシュートを流し込んでいる。またその数分後には相手ペナルティーエリアで4人を相手に仕掛け、最後は倒されてPKを獲得。それを自ら沈め、2ゴールの鮮烈なデビューを飾った。

なお昨夏にザンクト・パウリからドルトムントに渡ったムココは昨シーズンU-15チームで21試合に出場し33ゴールをマーク。ドイツ『シュポルト1』によれば、すでにDFB(ドイツサッカー連盟)から声がかかっているカメルーン生まれのタレントが実際にU-15ドイツ代表の試合に出場するのも時間の問題だという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000018-goal-socc

Dortmunds U17 Youssoufa Moukoko scored two goals Twelve years

   

【海外の反応】「真司が入ってすぐに違いが..」香川がついに復帰!ドルトムント、オバメヤンのハットでアーレンに快勝!(ポカール)

香川真司

※追記しました
DFBポカール(ドイツ国内杯)は12日、1回戦を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でリーラジンゲン・アーレン(6部)と対戦し、4-0で快勝した。左肩脱臼で離脱していたMF香川真司もベンチ入りを果たし、後半16分から途中出場した。

 ドルトムントは前半12分、右CKのセカンドボールをつないでMFヌリ・サヒンが前線に放り込むと、PA内右のスペースに抜け出した18歳のDFヤン・ニクラス・ベステがゴール前に折り返し、DFマルク・バルトラが左足で流し込んだ。

 立ち上がりの先制点でその後もゲームを支配すると、前半40分には自陣からのDFソクラティス・パパスタソプロスのロングフィードをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがワンタッチで落とし、PA内に抜け出したMFマクシミリアン・フィリップがGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが決めて追加点を奪った。

 2-0で折り返した後半10分、MFマフムード・ダフードの縦パスを受けたオーバメヤンがスピードで2人を振り切ってゴール前に抜け出し、左足で自身2得点目。3-0とリードを広げると、後半16分からはMFアンドレ・シュールレに代わって香川がピッチに入った。

 左肩を脱臼した6月7日のシリア戦以来、約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした香川は中盤のインサイドハーフに入り、積極的にボールに絡んだ。後半35分にはダフードのミドルシュートがディフェンスに当たってゴール前に浮き上がったこぼれ球をオーバメヤンがおさめてシュート。ハットトリック達成でダメ押しの4点目を奪い、チームを初戦突破に導いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01642781-gekisaka-socc

Das erste Pokaltor der Saison! #fcrbvb 0-1 Bartra

   

【海外の反応】「影のヒーローだ」岡崎、開幕戦でいきなりゴール!!世界のファンが絶賛!(アーセナル戦)

岡崎慎司

※追記しました
プレミアリーグの2017-18シーズンが11日に開幕した。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でアーセナルと対戦し、3-4で敗れた。開幕スタメンを勝ち取った岡崎は、前半5分に今季初ゴールを記録。後半27分までプレーしたが、その後チームは逆転を許した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-01642746-gekisaka-socc

Arsenal 1-[1] Leicester - Okazaki 2017

   

【ドイツの反応】「前途有望だ」鎌田大地、1ゴール3アシストの大活躍!現地サポの期待も高まる

鎌田大地

フランクフルトに所属するMF鎌田大地が初ゴールの喜びを語ってくれた。
フランクフルトは6日、練習試合で4部のFSVフランクフルトと対戦。テストマッチでありながら、4万人がホームスタジアムに詰めかけ、チームを後押しした。先発出場した鎌田はゴールを挙げるなど1ゴール3アシストの活躍で、5-2の勝利に大きく貢献している。
鎌田は試合後、初ゴールについて「僕自身すごく欲しかったので」と待望の瞬間であったことを認める。一方で、4ゴールに絡みながらまだまだ反省材料があったことも明かした。

「ミスも最後は多々あったので、もう少し修正できたらと思います。チームとして流れが悪いタイミングで、前へ急いで、ボールを裏に出して取られたりだとか、イージーなものでしたね。試合の流れも読みながらやっていかないとダメだなと思いました」
大きな結果を残しながら、まだまだ上を見据える鎌田。まもなく開幕するブンデスリーガで結果を残せるか注目が集まるところだ。-goal.com-

KAMADA SHOW Match report of #Eintracht 5-2 @fsv_frankfurt

   

【ベルギーの反応】「ワールドクラスだ」森岡亮太、2ゴールの衝撃ホームデビュー!現地サポが絶賛!

未分類

ベルギーのワースラント・ヴェフェレンに所属するMF森岡亮太が、5日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第2節のメヘレン戦で移籍後初ゴールを決めた。

 2試合連続の先発出場でトップ下に入った森岡は33分、ペナルティエリア内で右サイドのローレン・ヤンからのクロスに反応。ボールがわずかに後方にずれて難しい体勢だったが、頭で合わせると、競り合ったDFに当たってゴール右隅に吸い込まれた。

 直後の35分に同点とされたが、後半開始直後の46分に再び見せ場が訪れる。森岡からパスを受けたオポク・アンポマーがエリア内左に進入し、深い位置からマイナスの折り返し。それに反応した森岡がエリア内中央で右足をダイレクトで振り抜き、勝ち越しゴールを奪った。

 しかし、チームは75分にFKから失点。その後、森岡もゴールを狙うが、試合は2-2のままタイムアップを迎え、ワースラント・ヴェフェレンは2戦連続ドローで今シーズン初白星を逃した。

 今夏にポーランドのシロンスク・ヴロツワフから移籍した森岡は、前節のゲンクとの開幕戦で先発出場し、ベルギーデビューを飾ると、さっそくスルーパスで先制点を演出。ここまで2試合にフル出場し、2ゴール1アシストを記録している。-サッカーキング-

Ryota Morioka De Japanner liep achteruit en knikte perfect binnen

   

サッカーゲームキング 2017年 09月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 09 月号 [雑誌]




Ads by amazon
レアル・マドリード専属バス運転手が語る知られざる素顔 日本代表を撮り続けてきた男 サッカーカメラマン 六川則夫 (ELGOLAZO BOOKS)
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 9/7 号 [雑誌] 壁を越えろ 走り続ける才能たち
サッカーダイジェスト 2017年 8/24 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 09 月号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年9月号 2017-2018 ヨーロッパ サッカー選手名鑑 2017年 9/18 号 [雑誌]: ワールドサッカダイジェスト 増刊
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18 RONALDO EDITION 【限定版同梱物】・STANDARD EDITION(通常版)より最大3日間の早期アクセス ・5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo ・ジャンボプレミアムゴールドパック20個(1 × 20週間) ・スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】A4クリアファイル 付

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR