NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】香川先発のドルトムントはパーダーボルンに6発快勝(親善試合)

ドルトムント

スペイン合宿のテストマッチを含め3戦連続先発の香川は左インサイドハーフでプレー

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは17日、リーグ再開前最後のテストマッチとなるパーダーボルン戦に臨み、MFゲッツェやMFカストロ、FWシュールレのPK2発などで6-1と快勝。21日のブレーメン戦に向けて弾みの一勝を手にした。香川は左インサイドハーフとして先発出場し、64分間プレーしたが得点には絡まなかった。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00010003-soccermzw-socc

61 in Paderborn BVB feiert gelungene Generalprobe #scpbvb

   

【海外の反応】香川先発のドルトムント、ゲレイロの復帰ゴールなどでスタンダール・リエージュに快勝!(親善試合)

香川真司

hluss in Marbella Der BVB schlägt Standard_RSCL verdient mit 3_0 rsclbvb 0-3 FT

   

【海外の反応】「トップで使うべきだ」吉田麻也、豪快ヘディングゴール!サウサンプトンは土壇場に失点しドロー(FA杯)

吉田麻也

<FA杯:サウサンプトン2-2ノリッジ>◇8日◇ノーフォーク

 サウサンプトンのDF吉田麻也(28)がノリッジ戦に先発出場し一時は勝ち越しとなるゴールを決めた。

 1-1の後半22分、MFホイビュルクの右クロスにペナルティーエリア中央へ走り込み、DFとの空中戦に勝って頭で決めた。自身の今季初ゴールで2-1とした。

 チームは後半ロスタイムに失点し、2-2で試合を終えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762318-nksports-socc

Maya Yoshida celebrates his goal for Southampton They now lead Norwich 2-1

   

【海外の反応】「キレキレだ」香川、技ありゴールとPK奪取の活躍!ドルトムントはPSVに快勝!(親善試合)

香川真司

※試合終了後の反応を追記しました
ドルトムントは7日、フレンドリーマッチでPSVとスペインのマルベージャで対戦し、4-1で快勝した。ドルトムントのMF香川真司は前半のみの出場となっている。

▽ウインターブレイク中のドルトムントが冬季キャンプの初戦でオランダ王者PSVと対戦した一戦。[4-1-4-1]で臨んだドルトムントはGKにヴァイデンフェラー、4バックに右からピシュチェク、ギンター、ベンダー、シュメルツァー、中盤アンカーにヴァイグル、2列目に右からデンベレ、カストロ、香川、ロイスと並べ、トップにA・ラモスを配置した。

▽立ち上がりから仕掛けたドルトムントは17分に先制のチャンスを迎える。ドリブルを仕掛けた香川がボックス内で相手DFに倒され、PKを獲得した。しかし、キッカーのロイスが枠の左に蹴ったシュートはGKズートにセーブされてしまう。

▽それでも19分、A・ラモスのシュートのルーズボールをゴールエリア左に詰めたロイスが押し込んで先制。続く24分には細かなパス交換から最後はボックス右に侵入したピシュチェクがGKを強襲するシュートを浴びせた。

▽その後もドルトムントが攻勢に出る中、40分に香川が加点する。デンベレのパスを受けたボックス左の香川がDFを外して右足でシュート。GKのニアを抜くシュートでネットを揺らした。

▽迎えた後半、ドルトムントは全選手を変更。それでも52分、ボックス手前左のエムレ・モルのフィードをシュールレがスライディングボレーで蹴り込み、3-0とリードを広げた。

▽その後、57分にL・デ・ヨングに1点を返されたドルトムントだったが、74分にシュールレの折り返しをプリシッチが決めて4-1とし快勝。キャンプ初戦を快勝で飾ったドルトムントは12日にスタンダール・リエージュと対戦する。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=264108

PSV 0-2 Borussia Dortmund ClubFriendly ⚽️ Reus ⚽️ Kagawa

   

【海外の反応】「折り紙の鶴のようだ」ジルーが2017年最優秀ゴール候補のスーパーゴールを決めた!

スーパーゴール

元日からフットボールがあるイングランド。アーセナルは12月のエヴァートン戦、マンチェスター・シティ戦を落として首位争いから一歩後退してしまった。首位のチェルシーは連勝街道を突き進んでいるだけに、これ以上勝ち点を落とせないところ。

対するクリスタル・パレスはサム・アラダイス政権となった。もともとクリスティアン・ベンテケ、ウィルフレッド・ザハ、アンドロス・タインゼントといった攻撃のタレントが揃っているだけに、ロングボール主体の戦術を用いがちな指揮官がどのようなチョイスをしてくるのか注目された。

前半は大方の予想通りアーセナルが主導権を握っていく。ガナーズらしい細かいパス交換に加えてナチョ・モンレアルやエクトル・ベジェリンの両サイドバックを効果的に使ってパレスを攻め立てていった。

すると17分、左サイドに開いたアレクシス・サンチェスのクロスボールを、中央で待ち構えたオリヴィエ・ジルーが“スコーピオンキック”。ボールはゴールネットに吸い込まれ、アーセナルジルーの見事なシュートから先制点を奪取する。

大方の時間帯で主導権を握ったアーセナルは後半もボールを保持し続ける。すると56分、またしてもサンチェスが起点となり、左サイドのモンレアルへパス。鋭いクロスボールがゴール前に上がると、パレスの守備陣がクリアしきれずにボールは真上へ上がる。このボールをアレックス・イウォビが頭で押し込んでリードを2点に広げた。

巻き返したいパレスは60分を過ぎたあたりから何度かチャンスを作る。特にCKの流れからタウンゼントが強烈なミドルシュートを放つなど、得点が生まれそうなシーンは何度かあった。しかし、そのたびに守護神ペトル・チェフが立ちはだかり、スコアボードの「0」を守っていく。

結局、パレスの時間帯に得点を許さなかったアーセナルは終盤にかけて再びペースを握り、盤石の形で勝ち点3をゲットした。2試合連続のクリーンシートを達成し、マンチェスター・シティを抜いて3位に浮上している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000018-goal-socc

Best scorpion kick goal Olivier Giroud

   

サッカーゲームキング 2017年 02月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 01 月号 [雑誌]




Ads by amazon
夢はみるものではなく、かなえるもの 「100年インタビュー」保存版 (100年インタビュー 保存版) アジアサッカーキング 2017年 02月号 [雑誌] (Jリーグサッカーキング増刊)
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 2/2 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 03 月号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2017年 1/26 号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2017年 1/19 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年2月号 初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A (どこをどう観れば面白くなるのかがよくわかる)
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル 【Amazon.co.jp限定特典】ゲーム内で仲間にできるモンスター(プチットIII)の“プレゼントディスク
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR