NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「やり過ぎだ」火、逆さ吊り..過酷すぎるキーパー練習に世界が驚愕!(動画あり)

ネタ系

アルゼンチン4部のスポルティボ・ドック・スッドの異色の練習メニューに脚光

 “南米の雄”と呼ばれるアルゼンチンは、いわずと知れた世界的なサッカー強豪国だ。英雄ディエゴ・マラドーナに始まり、FWガブリエル・バティストゥータ、MFフアン・ロマン・リケルメ、そして現代ではFWリオネル・メッシと数々の名選手を輩出してきたが、同国のあるクラブで行われている衝撃の練習に、「サーカスのようだ」「信じられない」と驚きの声が上がっている。

アルゼンチンの地元テレビ局「デポルTV」が紹介したのは、首都ブエノスアイレスのドック・スッド地区に拠点を置くサッカークラブ「スポルティボ・ドック・スッド」(4部相当)のGKトレーニングだ。

 映像は、炎が燃え盛る柵越しにボールを投げ、選手が左右に横っ飛びを決めてセーブする衝撃のシーンからスタート。続けて、ロープで逆さ吊りにされた状態のままキャッチングを行うと、今度は小さな自転車をこいだ後に飛んでくるボールをキャッチする流れとなっている。

 さらに、ゴール前に設置されたバランスボールのように不安定な筒の上に膝をつきながら、バーの上にシュートを弾くパンチング練習や、水たまりの中に設置された台に人が横たわり、その上を飛び越えるセービング練習、最後は廃車となった汽車の車両からジャンプ一番ハイボールを処理するという奇抜な内容となっている。
「俺にはできない」「信じられない」と反響

「デポルTV」公式ツイッターは、「の壁、クロスバーからの吊り下げ、自転車コース、そして列車からのジャンプ。クレイジーだ!」と動画を公開すると、返信欄には「俺にはできない」「信じられない」「大爆笑」「フットボール工場」「サーカスのようだ」と様々な驚きの声が並んでいる。

 地元メディアの「Minutouno」が「ドック・スッドは奇妙な方法で若いGKを訓練する」と報じると、海外メディアも反応。英紙「ザ・サン」は「スポルティボ・ドックの最も過酷なトレーニングセッション~、列車、逆さ吊り~」と見出しを打ち、「GKであることは本当にタフだ。あなたはピッチで常に一人なのだから」と強いメンタルが求められるポジションの特殊性について触れている。

 アルゼンチン代表の歴史においては、名立たる歴代のアタッカー陣に比べると、世界的な守護神は少ない。スポルティボ・ドックの“最も過酷練習”を耐え抜いた選手の中から世界的なGKが誕生するだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010021-soccermzw-socc

Argentine soccer team puts keepers through batshit insane training regimen

   

【海外の反応】「川島に脱帽だ」日本代表戦でのネイマールのPK失敗が話題に!

川島永嗣



英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました

※拾ってない反応が結構あったのでまとめました

<ユナイテッドサポ>
・大袈裟な助走して、なんて弱いシュートなんだ



<レアル・マドリーサポ>
・あのような助走はネイマールがいつもやる
 ああいうのは本当に嫌いだが、彼のPK成功率は高いので
 俺ごときにどうこう言う資格はない



ブラジル
ネイマールの成功率79%はPKにしたらとても高い
 メッシと同じぐらいで、Cロナウドよりも少し低いだけだ
 (Cロナウドは指折りのPKキッカーだ)



 <PSGサポ>
 ・その数字はあまり高くない
  Cロナウドは85%、ズラタンは87%、ファビーニョは94%
  (ファビーニョが蹴っている数は少ないけども)
   これがとても上手いと見なせる成功率だと思う


   

【海外の反応】「予想外だ」ドルトムント、批判集まるGKビュルキとの契約延長を発表

ドルトムント

ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(26)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。

▽2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、これまで公式戦95試合に出場。2017年にはDFBポカールで優勝を果たしていた。

▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦では2度の大きなミスにより失点を許し、厳しい批判にさらされているビュルキは、クラブの公式サイトで契約延長について次のように語った。

ドルトムントがこの厳しい時期に示してくれたこの信頼をとてもうれしく思う。この素晴らしいクラブのゴールマウスに立てることを嬉しく、そして誇りにも思っているよ」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っている。

「ロマンはプレーの面でも人間性でも、ドルトムントにとてもマッチしている。我々は彼のプレースタイルを好んでいるし、大きな伸び代をもっていると考えているよ。そしてまたコンスタントにパフォーマンスを発揮するはずだ」
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=291064
Roman Bürki extends BVB contract until 2021


   

【海外の反応】「何だこれ..」日本代表戦でも見せたシリア代表GKのあの珍技が話題に!(動画あり)

ネタ系

※今更あのプレーが話題になっていました
シリア代表GKイブラヒム・アルメが注目を集めている。前半10分、ボールをキャッチしたアルメは前線にボールを送る。普通、GKであればロングキックでボールを送るが、アルメは何と、バレーボールのサーブのようにしてパントしたのだ。ボールは意外にも飛び、ハーフウェーラインを越えていった。

 発想豊かなプレー!?でスタジアムの歓声を集めたアルメだが、前半17分の日本の先制点の場面では、CKのクロスボールを弾きに行くと、パンチングしたボールが目の前にいた味方の顔面を直撃。オウンゴールになるという“オチ”がついた。-ゲキサカ

Syrian goalkeeper Ibrahim Alma shapes up as though taking routine punt

   

【海外の反応】「やらせだ」5部の巨漢GKがアーセナル戦ベンチでパイを食らう←疑惑が浮上

ネタ系

FA杯5回戦の試合が行われ、イングランド5部サットン・ユナイテッドはアーセナルと対戦。巨漢っぷりが様々な海外メディアで取り上げられたサットンの46歳GKウェイン・ショーが試合中にベンチでパイを食べているのが話題になっていました。
Sutton United sub goalkeeper Wayne Shaw eating a pie during the game


   

サッカーゲームキング 2018年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
Number(ナンバー)954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。 WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 月刊フットボリスタ 2018年7月号
Number(ナンバー)953号 日本代表、全力で闘え! WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 解説者の流儀
詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください サッカー新しい攻撃の教科書
footballista 2018 RUSSIA WORLD CUP GUIDEBOOK (月刊フットボリスタ 2018年7月号増刊) 2018FIFAワールドカップ放送をぜんぶみる! (NHKウイークリーステラ臨時増刊7月9日号)
最新記事
【海外の反応】「日本に驚かされた」日本代表、コロンビアに勝利!世界が絶賛!
【海外の反応】日本代表戦をコロンビア人はどう見ているのか?
【海外の反応】「ヒーローだ」イングランド、“エース”ケインの劇的ゴールでチュニジアに勝利!
【海外の反応】韓国、VARに泣く..痛恨PK献上でスウェーデンに敗戦
【海外の反応】「また波乱だ」ブラジル、豪快ミドルで先制もスイスと痛恨ドロー
【海外の反応】「なんて番狂わせだ」王者ドイツが敗れる大波乱!メキシコが歴史的勝利!
外国人「日本代表のスタメンを予想してみた」【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

イニエスタ赤白ハートワイン2本セット(750ml×2)

【PS4】Detroit: Become Human
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR