NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「吉田を戻せ!」吉田麻也のスタメン復帰待望論が続出!サウサンプトンは降格圏転落..

吉田麻也

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也がロシア・ワールドカップ(W杯)開幕を控え、悪い流れに飲み込まれている。11日の本拠地リバプール戦でリーグ戦5試合連続の出番なしに終わり、チームも0-2で敗戦、2部降格圏の18位に転落した。

 サウサンプトンはあっさり先制された。前半6分、カウンターからエジプト代表FWモハメド・サラーにペナルティーエリア内に侵入されると、最後はブラジル代表FWロベルト・フィルミーノに左足で合わせられると、同42分にも二人のホットラインが炸裂。サラーのパスをフィルミーノがダイレクトのヒールパスを送ると、サウサンプトンの最終ラインをあっさりと破ったサラーが追加点を決めた。

 この敗戦で降格圏に転落したチームで、吉田はまたもや出番なしとなった。日本代表の守備の要だが、W杯イヤーに入ってから出場したリーグ戦は1月2日のクリスタル・パレス戦(1-2)のみで、その後5試合連続で不出場と試合勘を失う危機的状況となっている。

 一方、チームを率いるマウリシオ・ペジェグリーノ監督は降格圏転落について自らの非を認めている。英紙「デイリー・メール」によると、指揮官は「この状況でこれ以上のサポートを求めるのは難しい。試合終了までのファンの反応に感謝している。今は私たちも同じ気分だ。我々に責任がある。私に真っ先の責任がある」と敗北後のブーイングを受け入れた。

「我々の自信はどん底だ。これがサッカーで最悪なところだ。この状況ではもっと勇敢にならなければいけない。3-0で負けるかもしれないが、挑戦し、逆転する気合いを見せなければいけない。最後までトライしなければ」

 降格圏に足を踏み入れたチームの自信喪失を認めた指揮官。出番を失った吉田はDF陣の序列を再び覆し、浮上のキーマンとなれるのだろうか。
http://www.football-zone.net/archives/90493

yoshida earned penalty against westham 2017

   

【海外の反応】「ネスタだ」吉田麻也、マンU完封で現地サポから称賛殺到!

吉田麻也

現地時間30日、イングランド・プレミアリーグ第21節が行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦しスコアレスドローに終わった。吉田はキャプテンとしてフル出場を果たし、クリーンシートに貢献している。

レスター・シティ、バーンリー相手に2試合連続でドローに終わり、首位を独走するマンチェスター・シティとの勝ち点差は「15」にまで開いてしまったユナイテッド。一方のサウサンプトンも7試合白星に見放され、吉田も「危機的状況」と評するほど、長いトンネルから脱することができずにいる。

ともに浮上のキッカケとしたい両者の一戦は、立ち上がりから球際で激しい攻防を見せたものの、7分に負傷者を出してしまう。ロメル・ルカクがヴェスレイ・フートとの競り合いで頭部を打ち、倒れたまま起き上がれず。約5分間の治療の末、14分に担架に運ばれてピッチを後にし、代わってマーカス・ラッシュフォードが投入される。

試合再開後はユナイテッドが攻勢に試合を進めるが、サウサンプトンも粘り強い守備で応対。33分には、ジェシー・リンガードがペナルティーエリア内で浮き球をコントロールしたところを戻った吉田がブロック。リンガードは手に当たったとアピールするが、笛は吹かれなかった。

アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、互いに決め手を欠き、膠着した展開のままスコアレスで後半へ。ユナイテッドは投入されたラッシュフォードが気を吐いて前線で起点となるが、左サイドに入ったヘンリフ・ムヒタリャンがクロスの精度を著しく欠き、決定的な場面を作るには至らなかった。

後半に入ると、前半よりもサウサンプトンがカウンターのチャンスを増やしていく。50分、カウンターからドゥシャン・タディッチが右に展開し、ピエール=エミル・ホイビュアの折り返しをゴール前でシェイン・ロングが合わせるも、GKダヴィド・デ・ヘアが足に当ててゴール上へと外れた。

攻撃に変化を加えたいユナイテッドは65分、ムヒタリアンを諦めてアントニー・マルシャルを投入。左サイドからの打開が期待された。

しかし、70分を過ぎたあたりから、サウサンプトンユナイテッドゴールへと徐々に近づいていく。80分には、前線で存在感を放っていたロングに代えてマノーロ・ガッビアディーニを投入する。

ユナイテッドも81分、右サイドからのFKがゴール前で混戦となり、最後はポール・ポグバが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定。触らなくても入ったように見えたが、ボールに関わってしまいオフサイドを取られてしまった。

サウサンプトンは82分、タディッチに代えてマリオ・レミナ、85分にはソフィアン・ブファルに代えてネイザン・レドモンドを投入し、交代枠を使い切る。このまま勝ち点1を確保するだけでは満足しないという指揮官の意思が感じられた。

地力で勝るユナイテッドはサイドから執拗にクロスを放り込むが、ゴール前を固めるサウサンプトン守備陣にことごとく跳ね返される。攻撃の変化を加える役もフアン・マタくらいで、ポグバがなかなか高い位置でボールを受けられないためゴールが遠い。

結局、スコアに動きのないまま試合は終了。ともに勝利が欲しい状況だったが、痛み分けで勝ち点1を得るにとどまった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000038-goal-socc

Mata attempts a shot at goal as United built up the pressure during the opening period

   

「吉田の方が上」「新CBが必要だ」吉田の相棒ファンダイクがDF史上最高額の114億円でリバプール移籍決定!現地セインツサポは..【海外の反応】

吉田麻也

現地時間28日、リバプールは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンからDFフィルジル・ファン・ダイクを獲得した事を公式ホームページで発表した。

 移籍金は公表されていないものの、英『テレグラフ』などの複数メディアは7500万ポンド(約112億5000万円)で取引が成立したのではないかと報じている。なおこの金額はDF史上最高額である。

 ファン・ダイクは自身のインスタグラムでリバプールのユニフォームを持った写真を掲載し「世界のビッグクラブの一つであるリバプールの一員になれて今日は私と家族にとって誇らしい日です」とコメントしている。

 2015年にセルティックからサウサンプトンに加入したファン・ダイク。フィジカルとテクニックを兼ね備えた26歳は今やプレミアリーグ屈指のCBとして高く評価されるようになっている。

 リバプールファン・ダイク獲得までに至る道のりは平たんではなかった。今夏、リバプールはクラブを通さずにファン・ダイクと接触したことでサウサンプトンが激怒。リバプールは公式に謝罪をして、同選手の獲得から撤退したと見られていた。

 即戦力CB獲得に成功した事でリバプールは今後更なる注目を集めそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00248896-footballc-socc

Liverpool agree deal to sign Virgil van Dijk

   

【海外の反応】吉田麻也、今季2ゴール目!守備崩壊で批判も..ファンへの謝罪が話題に

吉田麻也

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、ホームで4失点を喫する大敗に失望を表し、ファンに謝罪している。

サウサンプトンは13日、プレミアリーグ第17節でレスター・シティと対戦。試合は岡崎慎司の2ゴールなどでレスターが4-1と勝利した。吉田はフル出場を果たし、今シーズン2ゴール目となる得点をヘディングで挙げたものの、勝ち点には結びついていない。

吉田は試合後、インタビューに応じてチームが酷いパフォーマンスを見せたことを認めている。

「前半は酷い出来で3つのゴールを許してしまいました。後半に巻き返そうとしたが、十分ではなかったですね。順位表で僕らの上を行くチームとの対戦でしたし、痛い負けですね」

さらに、ホームでの大敗にファンは途中で席を立つなど、怒りを示していた。吉田は申し訳なく感じていることを明かす。

「(前節の)アーセナル戦はいいパフォーマンスができていたし、ファンも期待してくれていたと思います。だからこそ本当に申し訳ないです。ファンは常にサポートしてくれているし、今日は謝りたいですね」

続けて、「まだ12月は多くの試合が残っているし、次はチェルシー戦で厳しい戦いになるでしょう。難しいでしょうが、チームスピリットを見せなければならない。選手だけでなく、スタッフやファン全員で動き出さないと。土曜日にチームスピリットを発揮して100%の力を出し切りたい」と前を向いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000006-goal-socc

Southampton 1 -3 Leicester City Yoshida goal

   

【海外の反応】「至宝だ」岡崎、2ゴール1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!(サウサンプトン戦)

岡崎慎司

※追記しました、タイトル変更しました
現地時間13日にプレミアリーグ第17節の試合が行われ、レスター・シティはサウサンプトンのホームに乗り込み対戦。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は共に先発出場を果たした。試合開始して11分、岡崎からパスを受けたリヤド・マフレズがペナルティーエリア外から豪快なシュートを放ち先制点を決める。20分には岡崎がシュートを放ちゴールを狙うが惜しくもゴール左に外れた。

 続く24分にも岡崎がシュート。ここも相手守備陣に防がれて得点ならず。それでも32分、コーナーキックから味方がシュートを放ち、相手が弾いたボールを岡崎が押し込み追加点。岡崎にとっては今季公式戦6得点目となった。

 38分にはハリー・マグワイアがゴール前に折り返したボールをアンディ・キングが合わせて3点目。対するサウサンプトンも61分、コーナーキックからサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がヘディングシュートを叩き込み1点を返した。吉田にとっては今季公式戦2ゴール目となっている。

 しかし69分、ジェイミー・ヴァーディがゴール前に折り返したボールに岡崎が合わせてレスター追加点。結局、岡崎の大活躍によりレスターが4-1の勝利をおさめている。監督交代によって息を吹き返したレスターは怒涛の4連勝となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00246625-footballc-socc

Southampton 0-3 Leicester City okazaki shinji goal

   

Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集 Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集




Ads by amazon
Number(ナンバー)946号 EUROPEAN FOOTBALL MANIACS2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) J1&J2&J3選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊) 中村俊輔 サッカー覚書
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 3/1 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2018年 03 月号 [雑誌]
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) 育成主義
最新記事
【オランダの反応】「真珠だ」堂安律がロッベンやスアレスに並ぶ偉業!現地サポが称賛!
【海外の反応】「おかえり」香川欠場のドルトムント、ロイスの復活ゴールでボルシアMGに勝利!
【スペイン語の反応】「怪物だ」乾貴士、バルサ相手に奮闘!バルササポが高評価!試合後インタビューも話題に
【ドイツの反応】「必見だ」大迫勇也、鮮烈ゴール!も現地サポの評価は分かれる(ハノーファー戦)
【ドイツの反応】「並外れている」宇佐美、豪快ボレーでゴール!現地サポが称賛!
【ポルトガルの反応】「日本の宝石だ」中島翔哉、圧巻の1ゴール1アシスト!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「やめてくれ」イニエスタ、中国移籍か!?年俸46億円!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR