NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「Jリーグは異常だ」史上最も熾烈なJ1残留争いが話題に!勝ち点41で5チームが並ぶ未曾有の大混戦に決着!

Jリーグ

かつてこれほど熾烈で、ハイレベルな残留争いがあっただろうか。2018年のJ1リーグは1日、14時キックオフで全9試合が行われ、最終順位が確定。前節までに17位柏レイソル、18位V・ファーレン長崎の自動降格が決まっていたなか、“最後の1枠”となる16位はドラマチックな展開の末にジュビロ磐田が13位から転落し、J1参入プレーオフへと回ることになった。

 未曽有の大混戦が続いていた今季の残留争い、最終節を前に16位となる可能性があったのは5チームで、最終節のカードは以下のとおりとなっていた。

【第33節終了時点の順位】
12位 横浜FM 勝ち点41(1)
13位 磐田 勝ち点41(-12)
14位 湘南 勝ち点40(-5)
15位 鳥栖 勝ち点40(-5)
16位 名古屋 勝ち点40(-7)

【最終節の対戦カード】
鹿島 vs 鳥栖(0-0)
川崎 vs 磐田(2-1)
横浜FM vs C大阪(1-2)
名古屋 vs 湘南(2-2)

 最大の注目が同勝ち点で並ぶ14位湘南と16位名古屋の一戦となるなか、いきなり湘南が前半に2点をリードして名古屋は窮地に立たされる。だが後半22分、30分とFWジョーがPKで2ゴールを決め、2-2の同点に追いつく。勝って残留を決めたい名古屋だったが、勝ち越しゴールは生まれず同点のまま終了。両者が勝ち点1を積み上げ勝ち点「41」となり、得失点差で上回る湘南の残留が決まった。

 一方、名古屋の運命は他会場の結果に委ねられることに。横浜F・マリノスはセレッソ大阪に1-2で敗れるも得失点差で12位を維持。また名古屋と同勝ち点で並んでいたサガン鳥栖は鹿島アントラーズと0-0で引き分け、こちらも勝ち点「41」で並んだが得失点差で上回り残留を確定させた。

 そして残すは前節終了時点で13位のジュビロ磐田と、すでに優勝を決めている川崎フロンターレの一戦。試合は終盤までスコアが動かなかったが、後半33分に残留を確定させたい磐田がFW大久保嘉人のゴールで先制する。だが同38分、川崎のDF奈良竜樹に同点ゴールを奪われると、後半アディショナルタイム4分、MF家長昭博にサイドを突破され際どいクロスを入れられると、オウンゴールで決勝点を献上してしまった。

 1-2と敗れた磐田は勝ち点を伸ばせず、得失点差「-13」により土壇場で16位転落。12月8日に開催されるJ1参入プレーオフ決定戦に回ることになった。
https://www.football-zone.net/archives/151423
5 teams tried to avoid the relegation playoff and eventually Jubilo Iwata that will get extra work because of a 90_4 goal

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<FOXスポーツの司会者>
Jリーグの信じられない最終節
 
 これが残留争いの最終順位

 名古屋のランゲラック、横浜のアンジェ監督、
 サガン鳥栖のトーレスがなんとか残留を決めた



<シンガポール>
Jリーグがどれだけとんでもないか、この順位表を見れば分かる



<スペイン>
・これだからJリーグが大好きなんだ 🙌


   

【海外の反応】「カルトヒーローだ」トーレス、鳥栖を救う値千金の逆転ゴール!海外のファンも歓喜!

フェルナンド・トーレス

大激戦のJ1リーグ戦、サガン鳥栖を最大の危機から救ったのは電撃移籍で話題を呼んだFWフェルナンド・トーレスだった。今季3点目のゴールは自動降格を免れる劇的な逆転弾。試合後のインタビューでは「ゴールを決められて本当にうれしい」と満面の笑みを見せた。

「今日の試合は最後の試合だと考えて入った」。通訳はそのようにトーレスの言葉を紹介したが、本人が発したのは「ファイナル」という一言。すなわち、決勝戦という意味合いだ。勝てば自動降格を回避することができ、他会場の結果によっては残留も決まる中、ホームでの横浜FM戦に必勝を期して臨んでいた。

 背番号9には前半から多くのボールが集められたが、なかなかキックがミートせずに不発。さらにFW伊藤翔に先制ゴールを決められると、ハーフタイムの時点では残留争いのライバルが全てリードしているという状況。このままだと自動降格圏の17位と勝ち点1差で最終節を迎えるという窮地に立たされた。

 だが、後半は今夏の大型補強で加わった強力2トップが意地を見せた。26分、相手のハンドで獲得したPKを金崎が落ち着いて決めると、33分にはこの日キャプテンマークを巻いたストライカーが目覚めた。中盤でのボール奪取から金崎がワンタッチで流すと、うまく収めたF・トーレスが相手をかわして右足一閃。豪快にゴール左に突き刺した。

 このゴールが決勝点となり、鳥栖は16位以上でのフィニッシュを確定。最終節の敵地鹿島戦に向けて「もう1試合に勝たないといけないのは分かっている」と意気込んだが、他会場で14位の湘南と16位の名古屋が直接対決を迎えるため引き分け以上で残留が決定。だが、「絶対に勝たなければならない」と、この試合と同様に決勝戦の意気込みで臨むようだ。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259958-259958-fl

Fernando Torres goal to safe Sagan Tosu from direct relegation

   

【海外の反応】「なんて酷い」トーレス移籍報道を報じた伊サイトの元記事が適当だった<小ネタ集>

フェルナンド・トーレス

オーストラリア・AリーグのシドニーFCが、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)の獲得に興味を示しているようだ。伊『カルチョ・メルカート』が伝えている。

 アトレティコ・マドリーの下部組織育ちのトーレスは、アトレティコのほかリバプールやチェルシー、ミランでプレー。今年5月にアトレティコから鳥栖に加入し、ここまでリーグ戦13試合で2ゴールを挙げている。

 そんなトーレスに対して、シドニーFCが獲得に興味を示している模様。同クラブは、鳥栖やアメリカMLSのシカゴ・ファイヤーとともに、2017-18シーズン限りでアトレティコを退団すると決断したトーレスの獲得に動いていた。

 なお、トーレスの所属する鳥栖は、現在リーグ戦でプレーオフ圏内の16位につけている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-04008592-gekisaka-socc

Sydney FC nuovo assalto a Torres

   

【ベルギーの反応】「エジルだ」鎌田大地、鮮烈デビュー!2人抜きゴール!現地サポが称賛!

鎌田大地/シント・トロイデン

ベルギー・リーグ第7節が16日に行われ、DF冨安健洋、DF遠藤航、MF関根貴大、DF小池裕太、MF鎌田大地の所属する9位シントトロイデンは敵地で4位ゲントと対戦し、2-1で勝利した。後半15分に途中出場で新天地デビューを果たした鎌田は同35分に決勝ゴールを記録。また、冨安は先発フル出場、遠藤は後半アディショナルタイム3分からの途中出場となり、関根と小池はベンチ外だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-01900568-gekisaka-socc

Terrific goal from former Sagan Tosu midfielder Daichi Kamada

   

【海外の反応】「侍アシストだ」トーレス、来日初ゴール!日本人の超絶ターンを海外のファンが絶賛!

フェルナンド・トーレス

第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会は8月22日、各地で4回戦の6試合と3回戦の1試合が行なわれた。ベストアメニティスタジアムでは、サガン鳥栖ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、鳥栖が3対0で勝利した。注目の元スペイン代表のフェルナンド・トーレスとアンドレス・イニエスタの直接対決も実現した。

 試合はホームの鳥栖が先手を奪った。37分、左サイドへの展開から三丸が抜け出し、鋭いクロスを入れると、神戸の渡部のオウンゴールを誘い先制する。鳥栖はさらに50分にも高橋義からのパスに抜け出した安在が押し込み、追加点をゲット。2対0とリードを広げた。

 神戸は0-2で迎えた56分、ウェリントンに代えてイニエスタを投入。Jリーグデビュー以来、鮮烈なパフォーマンスを見せ続けてきた神戸の8番は、この日も投入直後から正確なボールタッチとパスで攻撃にアクセントを加えていく。

 すると鳥栖も64分、豊田に代えてフェルナンド・トーレスを投入。さらに田川に代えて小野を投入して二枚替えで流れを呼び込もうとする。F・トーレスは中盤でボールを受けると、身体の強さを発揮して周囲を活かすプレーを見せるが、シュートまでには至らない。

 一方、神戸はイニエスタを軸にテンポの良いパス回しで鳥栖ゴールに迫っていく。しかし、次の1点を決めたのはまたも鳥栖。そして、リーグ戦ではここまで7戦得点なしと苦しんできたF・トーレスだった。

 84分、敵陣左サイドでボールを収めた福田からタイミング良くラストパスが出ると、走り込んだF・トーレスがワンタッチでゴール右隅に流し込んだ。鳥栖が3対0とリードを広げる。

 結局、最後は鳥栖が神戸の反撃を凌ぎ切り、3対0でタイムアップ。鳥栖が勝利し、準々決勝へ駒を進めた。準々決勝の組み合わせは9月12日の抽選会で決定される。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00046092-sdigestw-socc

Fernando Torres scored his first goal for Sagan Tosu

   

中村俊輔式 サッカー観戦術 中村俊輔式 サッカー観戦術




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2019年 2/7 号 [雑誌] エル・ゴラッソ 特別編集 2019 アジアカップ 完全ガイド
GIANT KILLING(50) (モーニング KC) サッカーダイジェスト 2019年 1/24 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2019年2月号 日本サッカーを強くする観戦力
高校サッカーダイジェスト(27) 2019年 2/26 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊 第97回全国高校サッカー選手権大会 決算号 (サッカーマガジン2月号増刊)
最新記事
【海外の反応】「日本対韓国の決勝だ」アジア杯決勝トーナメントの組み合わせを見て予想する海外のファン
「日本が勝つ」「負けるかも」日本代表対サウジアラビアを海外のファンはどう見ているのか?【海外の反応】
【海外の反応】「日本が本領を発揮した」日本代表、武藤と塩谷のゴールで逆転勝利!3連勝で首位突破!
【海外の反応】「絶句だわ」中島翔哉にカタール移籍が急浮上!クラブ間で合意報道!驚きを隠せない海外のファン
【海外の反応】「レベルが違う」韓国が中国に快勝!3連勝でC組首位突破..中国は2位で決勝Tへ
【オランダの反応】「天才的だ」小野伸二のトップ10ゴール..古巣フェイエノールトサポの間で話題に!
【海外の反応】「日本は厳しい戦いになる」日本代表、決勝T初戦はイバラの道!1位で中東の強豪,2位なら豪州の可能性
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

キングダム ハーツIII - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR