NO FOOTY NO LIFE

    


【フランスの反応】「英雄だ」酒井宏樹、劇的決勝ゴールをアシスト!現地サポから称賛殺到!

酒井宏樹

マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、同代表GK川島永嗣の所属するストラスブール戦に途中出場し、試合終了間際に決勝弾のアシストをマークした。これに海外メディアも反応している。

 マルセイユは現地時間26日、リーグ・アン第7節でストラスブールと対戦し、3-2で勝利。途中出場となった酒井は劇的な決勝弾アシストで大きく貢献した。

 2-1で迎えた後半7分、左サイドバックのDFジョルダン・アマヴィが一発退場となったため、酒井はフランス代表MFディミトリ・パイェに代わり途中出場し、左サイドバックに入った。

 試合終了間際の後半44分に同点弾を許してしまい、肩を落としたマルセイユの選手たちだったが、土壇場で酒井が決定的な仕事を果たす。後半アディショナルタイム、ボックス左へのスルーパスに酒井が抜け出すと、左足のダイレクトパスをマイナス気味に供給。これを中央で構えていたFWヴァレール・ジェルマンが流し込み、劇的な決勝弾を奪った。

 フランステレビ局「RMCスポーツ」は「マルセイユに味方した試合はクレイジーな結末を迎える」と見出しを打って特集し、白熱したシーソーゲームを紹介している。また、酒井のアシストについても「前半から良質なパスに恵まれず、後半は守備に走らされていたジェルマンへノールックでラストパスを供給した」と称えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180927-00137867-soccermzw-socc

Marseille goal [3]-2 Strasbourg Germain Sakai Hiroki assist

   

【フランスの反応】「美しい」酒井宏樹、クロスでアシスト!も現地サポからの評価は厳しいものに

酒井宏樹

2月9日(現地時間)、リーグ・アン第25節が行なわれ、マルセイユは2-2でサンテティエンヌと引き分けた。

 前節に川島永嗣がゴールマウスを守るメスに対して6ゴールを叩き込んで(6-3の勝利)2位に浮上したマルセイユが、サンテティエンヌの本拠地ジョフロワ・ギシャールに乗り込んだ一戦。酒井宏樹は今節も左SBとしてスタメンに名を連ねた。
 
 雪が降りしきるなかでの試合は、開始早々に動く。4分、攻撃参加した酒井がザンボのパスを受けて左サイドを抜け出し、右足で持ち替えてからクロス。ファーサイドでこれを受けたトバンは、マーカーが滑って寄せが遅れたこともあり、迷わず左足でダイレクトボレーを放ち、ゴール左隅に突き刺した。
 
 その後もポゼッションで上回りながら試合を進めたマルセイユだが、9分、右サイドを抜け出したアムマにクロスを入れられると、ファーサイドでフリーのモネ=パケにゴールを破られる。
 
 この場面、ロランドがバンバのマークをせずにアムマを止めに行ったことで、酒井がニアのバンバをマークせざるを得ず、結果、本来マークすべきモネ=パケをフリーにすることとなった。
 
 5分しかリードを保てなかったものの、マルセイユは動じることなく再び攻めに出、20分、SBのサールが右サイドを疾走しながらクロスを入れると、これを中央でサンソンがダイレクトで合わせて、勝ち越しのゴールを叩き込んだ。
 
 再び勝ち越した後は、サンテティエンヌに幾度もゴール前に迫られ、決定機も与えたが、好守でこれを防ぐ。44分にGKマンダンダが負傷退場するというアクシデントにも見舞われたが、マルセイユはリードしたままで前半を終了した。
 
 後半、開始直後にサンテティエンヌは右サイドを攻略してクロスを入れ、アムマがゴール前で合わせたが、ボールは大きくクロスバーを越えてしまい、この決定機を活かすことができない。
 
 前半同様に序盤はマルセイユがボールを保持していたが、間もなくサンテティエンヌも攻撃を仕掛け、右サイドを突破してドゥビュシーが何度もクロスを入れる。その後は、激しく攻守が入れ替わる展開が続いていくなかで、ポゼッションはホームチームが上回るようになった。
 
 そして75分、サンテティエンヌが同点とする。バンバが入れたクロスを、ファーサイドでベリッチがジャンプしながら胸で押し込んでゴール。バンバにはCBのロランドがついていたが、簡単にゴール前に入れさせたのは痛恨だった。
 
 その後、マルセイユが三たび勝ち越しを狙って攻めるも、これに対してサンテティエンヌは効果的なカウンターを仕掛け、81分にベリッチがペナルティーエリア内に侵入して強烈なシュートを放った他、複数の好機を作り出す。
 
 対するマルセイユのビッグチャンスは85分。CKのクリアボールをサールがシュートすると、相手選手に当たってディフレクトしたボールは、本来ならオフサイドポジションのミトログルの元へ。彼は咄嗟に足を出したものの、ゴールマウスを捉えることはできなかった。
 
 さらにアディショナルタイムにも、エヌジエからのパスをエリア内でトバンがダイレクトボレー。GKリュフィエの横っ飛びセーブで浮き上がったボールをエヌジエは空振りし、さらにグスタボがダイレクトで叩いたが、ボールはクロスバーのはるか上に飛んでいった。
 
 試合はそのまま終了。マルセイユは2度のリードを守り切れずに勝点1止まり。10日にアンジェと戦う3位モナコとの勝点差は2であり、今節、2位の座を守れるかは非常に怪しくなった。
 
 なおマルセイユは来週、15日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦でブラガと、週末18日にはリーグ・アン26節でボルドーと、それぞれホームゲームを戦う。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180210-00035490-sdigestw-socc

Saint-Etienne 0-[1] Marseille Thauvin goal sakai assist

   

【海外の反応】驚きの愛情表現で選手を出迎えるクロップ監督

ドルトムント

nTiPg7H.gif

   
GIANT KILLING(55) (モーニング KC) GIANT KILLING(55) (モーニング KC)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 7/23 号 パッション 新世界を生き抜く子どもの育て方
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 7/16 号 戦術リストランテVI ストーミングvsポジショナルプレー (footballista)
フットボールクラブ哲学図鑑 (日本語) footballista(フットボリスタ) 2020年7月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) アオアシ (20) (ビッグコミックス)
最新記事
【海外の反応】「日本の未来だ」久保建英のゴールに鳴り止まない称賛の声!リーグ公式もキング久保と称える!
【海外の反応】「なんて至宝だ」久保建英、今季4ゴール目!海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「やっちまった」大迫がロシア移籍!?ロストフ公式がFC東京・橋本拳人の写真と取り違える失態!
【スペインの反応】「驚愕だ」岡崎慎司、値千金の決勝ゴール!今季11点目!現地サポが称賛!
【海外の反応】「只者ではない」鎌田大地のプレー集を見た海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「おかしいよ」ソンフンミンにロリスが激昂で一触触発!原因は怠慢な守備!?ソンを擁護する声も!
【海外の反応】「おめでとう」大迫勇也先発のブレーメン、1部残留が決定!アウェーゴール差でハイデンハイムに競り勝つ
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR