NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「なんて試合だ」香川、ゴールの起点に!ドルトムント、レバークーゼンに6ゴール大勝!

香川真司

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第23節が4日に行われ、日本代表MF香川真司所属のドルトムントとレヴァークーゼンが対戦した。香川は6試合連続でベンチスタートとなった。

 試合は開始早々に動く。6分、ペナルティエリア手前でルーズボールを拾ったウスマン・デンベレが右足のミドルシュートをゴール左下に流し込み、ドルトムントが先制に成功した。

 その後も攻勢に出るドルトムントは26分、右からのCKがゴール前にこぼれたところをピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込み、リードを2点に広げた。

 だが、順調に試合を進めていたドルトムントをアクシデントが襲う。41分、ディフェンスラインの裏に抜け出したマルコ・ロイスがDFを振り切ってGKと一対一を迎えたが、シュートはブロックされてしまう。さらにこのプレーで左足のハムストリングを痛めたロイスは、44分にピッチを退き、代わってクリスティアン・プリシッチが投入された。

 2点を追いかけるレヴァークーゼンは後半立ち上がりの48分、左サイドをドリブルで突破したケヴィン・フォラントがそのままエリア内に侵入し、左足を一閃。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、1点差に詰め寄る。

 ドルトムントは69分、敵陣中央でFKを得ると、エリア手前左でこぼれ球を拾ったデンベレがファーサイドにクロスを供給。これをオーバメヤンが頭で叩き込み、再びリードを広げた。

 73分、ドルトムントデンベレに代えて香川を投入。しかし直後の74分、エリア手前右の好位置でFKを得たレヴァークーゼンは、キッカーのウェンデルが左足のシュートをゴール右隅に沈め、またも1点差に詰め寄った。

 それでもその3分後、ドルトムントは右サイドから攻撃を仕掛けると、エリック・ドゥルムの折り返しをプリシッチが流し込み、スコアは4-2となった。さらに85分、途中出場のアンドレ・シュールレがエリア内で倒されてドルトムントがPKを獲得。これをシュールレが自らゴール左に決め、決定的な5点目となった。

 後半アディショナル2分にはエリア内左でパスを受けたラファエル・ゲレイロにもダメ押しとなるゴールが生まれ、試合はこのままタイムアップ。ドルトムントが6-2でレヴァークーゼンを下してリーグ3連勝を達成した。なお、香川は73分から試合終了までプレーした。

 次節、ドルトムントは11日に日本代表FW原口元気所属のヘルタ・ベルリンと、レヴァークーゼンは10日にホームでブレーメンと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00558923-soccerk-socc

Verdienter BVB-Sieg im 8-Tore-Spektakel mit @bayer04fussball #bvbb04

   

【海外の反応】トゥヘルがアーセナルの監督に!?ベンゲルの後釜の最有力候補として浮上か!?英紙が報道

アーセナル

今季限りで契約満了を迎えるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督の後継者問題はイングランドサッカー界の注目トピックの一つとなっているが、英国メディアでは新たに4人の指揮官が後任候補にとして挙がっている。その中には日本代表MF香川真司所属のドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督の名前も含まれているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ベンゲルの後継者として名前が上がった4人のうち、筆頭候補と見られているのがトゥヘル監督だという。昨季からドルトムントを率いる43歳のドイツ人指揮官は、複数システムを巧みに使い分け、対戦相手に応じて戦い方を変える戦術家として知られている。若手選手の起用にも積極的だ。香川だけでなく、マインツ時代にはFW岡崎慎司(レスター・シティ)も指導した。

 その他にはユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、レバークーゼンのロジャー・シュミット監督、ASモナコのレオナルド・ジャルディム監督の名が、アーセナルの“ウィッシュリスト”に乗っているという。

 アッレグリ監督の招聘ついては、このところ英メディアでも頻繁に取り上げられている話題の一つ。イタリアの智将はこの噂について「否定もしないし、認めもしない」と明言を避けたが、ACミランやユベントスで指揮を執るなどトップレベルでの経験という点では4人の中でも頭一つ抜けている。

ジャルディム監督はモナコを率いてリーグ首位を快走中で、昨季はUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でアーセナルを撃破していた。今季もベスト16に進出し、マンチェスター・シティと対戦する。今、注目を集めている42歳の若き指揮官だ。

 また、シュミット監督はレッドブル・ザルツブルクで名を上げ、レバークーゼンへステップアップした49歳の指揮官で、記事では後継者候補に名を連ねたことを「驚き」と表現されている。だが、レバークーゼンで展開している激しいプレッシングサッカーは見る者を魅了するエンターテインメント性を備えている。

 一方、前述の4人の他にボーンマスのエディ・ハウ監督などの名前も取り沙汰されている。様々な憶測を呼ぶベンゲルの後継者問題はどのような決着を見るのだろうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00010016-soccermzw-socc
※インディペンデント紙によるとトゥヘルが最有力だそうです

Thomas Tuchel leads a four-man short list to replace Wenger if he leaves

   

【海外の反応】香川出番なし、監督の退席拒否に主審は試合中断を宣告..前代未聞の一戦をドルトムントが制す

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガは21日、第22節3日目を行い、MF香川真司の所属する2位ドルトムントは敵地で3位レバークーゼンと対戦し、1-0で競り勝った。香川は公式戦3試合ぶりのベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなかった。

 MFイルカイ・ギュンドガン、MFゴンサロ・カストロがメンバー外のドルトムントはMFスベン・ベンダー、MFマティアス・ギンター、MFモリッツ・ライトナーの中盤でスタート。17歳のMFクリスティアン・プリシッチが左ウイングで初先発となり、香川のほか、MFユリアン・バイグル、FWマルコ・ロイスもベンチスタートだった。

 レバークーゼンの激しいプレスもあり、なかなか攻撃の形をつくれない。前半37分、カウンターから左サイドを持ち上がったMFヘンリク・ムヒタリアンがサイドチェンジ。FWピエール・エメリク・オーバメヤンのラストパスにプリシッチが走り込んだが、DFにカットされた。前半アディショナルタイムにはゴール前混戦からオーバメヤンがようやく決定的なシュートを放つが、ゴール左へ。前半はスコアレスで折り返した。

 ドルトムントは後半開始からプリシッチに代えてロイスを投入。レバークーゼンも後半12分までに3枚の交代枠を使い切るなど、両チームが積極的に動いて局面の打開を図る。すると後半19分、試合は意外な方向に動き出した。

 ドルトムント陣内の競り合いでFWシュテファン・キースリンクがベンダーに対するファウルを取られ、ドルトムントが素早いリスタート。ギンターからロイスとつなぎ、スルーパスにDFエリック・デュルムが抜け出すと、デュルムの折り返しをオーバメヤンが右足で押し込み、先制点を奪った。

 ところが、キースリンクのファウルとした判定やギンターのリスタートの位置がズレていたことでレバークーゼン側が猛抗議。キースリンクが主審に詰め寄り、執拗に異議を唱えた。主審レバークーゼンのロジャー・シュミット監督に退席を命じたが、シュミット監督がこれに応じなかったため主審は試合の中断を宣告し、両チームの選手にピッチを引き上げるよう指示。自ら真っ先にピッチを離れた。まさかの試合中断。約5分後、シュミット監督が退席処分を受け入れたことで審判団、選手はピッチに戻って試合再開となった。

 再開直後の後半23分、ドルトムントはベンダーに代えてバイグルを投入。後半26分にはFWハビエル・エルナンデスのヘディングシュートがDFソクラティス・パパスタソプロスの手に当たったようにも見えたが、ホイッスルは鳴らなかった。同32分、そのパパスタソプロスが左内転筋を負傷し、DFネベン・スボティッチと交代するアクシデント。3枚の交代枠を使い切ることになった。

 結局、試合は1-0のままタイムアップを迎えたが、物議を醸す試合となった。ドルトムントは2連勝で首位バイエルンとの勝ち点8差をキープ。レバークーゼンを抜いて3位に浮上したヘルタ・ベルリンとの勝ち点差を15にまで広げている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-01624629-gekisaka-socc

Leverkusen against Dortmund halted after manager refuses to accept red card

   

GIANT KILLING(54) GIANT KILLING(54)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 4/9 号 サッカーマガジン2020年5月号 (J得点王の系譜)
ポジショナルフットボール教典 ペップ・グアルディオラが実践する支配的ゲームモデル 平畠啓史Jリーグ56クラブ巡礼2020 - 日本全国56人に会ってきた
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 4/2 号 [雑誌] フランチェスコ・トッティ自伝「キャプテン魂」
アオアシ (19) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 4-5月合併号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「全盛期のC・ロナウドとロナウド(ブラジル)はどっちが上なの?」
【海外の反応】「ホラー映画みたいだ」サッカー観戦がコロナ感染拡大の原因!?生物爆弾だったと語るベルガモ市長に海外のファンは..
【海外の反応】「信じられない」コロナの影響で移籍金バブル崩壊か!?バイエルン元会長の予想に賛否両論の声!
【海外の反応】「凄すぎる」日本人選手が海外で決めた伝説のゴール集(動画あり)
【海外の反応】「ドイツ、なんて国だ」男前GKノイアー、従業員を助けたいと給与カットも厭わず!海外のファンが称賛!
【海外の反応】「Jリーグの歴代助っ人外国人選手で一番好きなのは誰?」
【海外の反応】「アジア人だから」南野拓実の英語の上達っぷりにリバプールの同僚が驚愕!海外のファンの反応は..
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 19 (ジャンプコミックス)

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR