NO FOOTY NO LIFE

    


【スペインの反応】「まだだ」久保建英が来季のレアルのスタメン入り!?現地紙予想に異論続出!

レアル・マドリー

3月28日、スペイン紙『AS』は、「失われた幻想を取り戻すチーム」として、来シーズンの“あり得る”スタメン11人を紹介。現在マジョルカにレンタル中の久保建英も名を連ねた。

 記事は、「新型コロナウイルスの危機が、マルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダにレンタル中)の帰還を加速させる恐れがある」と掲載。同紙は他にも、コロナ禍により、コンパクト化を迫られるため、新たな補強をせずにウーデゴーをレンタルバックさせる可能性があるとする記事を掲載している。

 バルセロナやユベントスでも選手のサラリーカットが行なわれる方向になったように、新型コロナウイルスの影響でクラブの収入が落ち込めば、年俸の高い選手を手放さざるをえないかもしれない。

『AS』紙が選出したのは、ウーデゴーや久保などレンタル中の若手を取り入れた、いわばコロナ禍以降の予想イレブン。その顔ぶれはこうだ。
 
 GKはティボー・クルトワで、最終ラインは右からアシュラフ・ハキミ(ドルムントにレンタル中)、ラファエル・ヴァランヌ、セルヒオ・ラモス、セルヒオ・レギロン(セビージャにレンタル中)となった。

 中盤3枚はアンカーにカゼミーロ、右インサイドハーフに久保建英、左にウーデゴー。そして3トップは右にマルコ・アセンシオ、CFはカリム・ベンゼマ、左はロドリゴかヴィニシウス・ジュニオールとしている。

 記事によると、エデン・アザールもトニ・クロースもいないこの11人の推定市場価格の合計は5億1800万ユーロ(約628億円)。これまでのマドリーでは考えられない数字だが、「コロナ禍でこれまでの“幻想”は消えてなくなった。今後は若い力に期待しよう」というメッセージを込めた11人となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00071239-sdigestw-socc
AS revamped Real Madrid XI could look like without buying anyone

コメント欄などから海外の反応をまとめました

・バルベルデがいねぇ...



・アザールは既に売却されたのか?



・久保をスタメンに入れて、バルベルデとクロースを外す?
 そしてアザールの存在を忘れてしまったのか?



・ベンゼマ??そこはヨビッチにすべきだ



アス紙のこの動画は馬鹿げている
 バルベルデ?アザール?メンディ?イスコ?クロース?
 これらの選手を外しておいて1年丸々プレーしていなくて
 前の年は役に立っていなかったアセンシオをスタメンにするとは..


   

【スペインの反応】「久保はスタメンにしないと」久保建英、惜しいシュートも..途中出場で奮闘に現地サポの評価は?

久保建英

日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、現地時間1日のリーガ・エスパニョーラ第22節でバジャドリードと対戦し、本拠地で0-1と敗れリーグ戦2連敗となった。久保は後半14分から途中出場し、果敢に攻めたがゴールを奪えずに試合終了のホイッスルを聞いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244341-soccermzw-socc
Kubo Mallorca 0_1 Valladolid

久保建英のタッチ集(YOUTUBE)

コメント欄などから海外の反応をまとめました

久保建英途中出場から

バジャドリードサポ>
・久保がボールを持つ度に怖いわ



マジョルカサポ>
・久保を拒否したチームからゴールを奪ったら詩的正義だわ



 <ヒホン>
 ・マジョルカを選んだのは久保だったと思うが



バジャドリード公式>
◆GKマシップが久保のシュートをセーブ【動画



バジャドリード公式>
◆また久保だ!彼のシュートは僅かに横に外れる【動画


   

【ポルトガルの反応】「中島は変わった」中島翔哉、ポルトで成長を見せ現地サポから称賛を受ける!

中島翔哉

ポルトガル1部のポルトに所属する日本代表MF中島翔哉は現地5日、リーグ第15節のスポルティングCP戦に先発出場した。

 1-1で迎えた66分、タッチライン際の第4審判が掲げたボードには赤い文字で「10」が示され、中島の交代が告げられた。代わって入ったのはコロンビア代表FWルイス・ディアスだった。

 しかし、比較的早い時間帯に中島をベンチに下げたのは、彼自身に原因があったわけではないという。ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督は、試合のテレビ中継を行っていたポルトガル『Sport TV』のフラッシュインタビューで自身の交代策について言及した。

「中島が守備のプロセスでリカバリーに動くことが難しくなっていると感じた。彼が悪いわけではなく、私のやりたいことを理解している選手たちの特性を考えて、オターヴィオを中に入れ、マレガを右サイドへ移し、ルイス・ディアスを左サイドの配置した。我々は素晴らしいクオリティを持ったスポルティング戦の勝者だ」

 中島の交代にともない、右サイドMFだったオターヴィオが背番号10の日本代表が担っていたトップ下へ。左サイドMFだったムサ・マレガは逆サイドへ、そしてルイス・ディアスは最も得意とする左サイドに入った。

 その後、ポルトは73分にコーナーキックからFWチキーニョ・ソアレスがヘディングシュートを突き刺して勝ち越しゴールを奪い、アウェイのスポルティング戦で11年ぶりの勝利を手にしている。首位ベンフィカとの勝ち点差も「4」でキープし、優勝戦線に生き残った。

 チーム全体のビルドアップがうまくいかない状況で広範囲に顔を出していた中島は、攻守にわたって貢献できることを証明。決して指揮官からの信頼が失われたわけではなく、戦術的な交代だったことも明らかとなっている。
https://www.footballchannel.jp/2020/01/06/post356517/
Nakajima participated for the first time in a goal Of Porto (Assistance)

スポルディング戦 中島翔哉のタッチ集(YOUTUBE)】 【試合のハイライト

ポルトのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

スポルディング戦の反応から

・セルジオ監督のまずい選手交代だ、
 交代で下がるべきなのはオタービオだ、彼は消えていたよ
 中島がうちの攻撃で数少ないポジティブな点だったのに



・うちがアルヴァラデ(スポルディングのホーム)で勝っただと、何だこれ



スポルディングの方がずっと良いサッカーして
 後ろから繋いで攻撃しようとしていた唯一のチームだった

 スポルディングにとって一番良い時間帯にポルトが先制して
 セルジオ監督がこの試合のベストプレーヤー(中島)を交代で下げて
 スポルディングは失点を喫した、スポルディングにとっては
 典型的なFIFAのゲームみたいな試合だった



・今夜の中島は本当にとてつもなかった
 彼に自由な役割を与えたら、彼の能力を一番引き出せるよ
 魔法だ


   

【海外の反応】「頼りになる」吉田麻也、スタメン復帰で完封!降格圏脱出で現地サポから称賛殺到!

吉田麻也

サッカーのイングランド・プレミアリーグは27日、各地で試合を行い、吉田麻也が所属のサウサンプトンはフラムに2─0で勝利。吉田はセンターバックでフル出場した。

サウサンプトンは前半23分と40分にゴールを奪うと、フラムを無失点に封じて勝利。勝ち点を27に伸ばし、下位3チームの降格圏から脱出して17位に順位を上げた。一方、勝ち点17の19位フラムはサウサンプトンとの勝ち点差が10に開いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000030-reut-spo
Yoshida should’ve been back in the lineup the moment he return from asian cup

サウサンプトンのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・吉田がプレー=クリーンシート(完封) 😬👊🏼



セインツ、やったぜ!スティーヴンスと吉田ではこれほど変わるのか!
 ヴァレリーとバートランドもサイドでとてつもなかったぞ



・喉から手が出るほど欲しかった勝利で相応しい内容だ
 吉田の復帰完封達成、よくやった!



吉田麻也が必要な選手だ。今夜は決定的な証拠だよ。



・スティーヴンスが外れてクリーンシート、偶然ではない
 今日の吉田はヴェスターゴーアとバートランドと共に堅実だったと思う
 ホイビュルクも極めて良かった



・吉田・エフェクトだ



・吉田は俺のマン・オブ・ザ・マッチだ


   

【海外の反応】「吉田が先発すべきだ」吉田麻也、待望論が沸騰!アジア杯から合流後2戦連続出番なしでセインツは降格圏に

吉田麻也

イングランド・プレミアリーグ第27節の試合が現地時間24日に行われ、アーセナルがサウサンプトン(愛称:セインツ)に2-0の勝利を収めた。ベンチに入ったサウサンプトンのDF吉田麻也は出場しなかったが、ファンからは吉田の起用を求める声が強まっているようだ。

 日本代表として出場したAFCアジアカップ2019での戦いを終えてクラブに戻った吉田だが、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は不在中のチームが好調なプレーを見せていたとしてメンバー変更を望まず。9日のカーディフ・シティ戦に続いてアーセナル戦でも吉田はベンチ入りにとどまった。

 だが、チームはその2試合に連敗。サウサンプトンファンの間では先発に起用されているDFジャック・スティーブンスのパフォーマンスに対する不満が強まり、吉田の先発復帰を求める声が上がっているようだ。

 英メディア『This is Futbol』はSNS上でファンが吉田の起用を熱望していると伝えた。「こういう試合には本当に吉田の先発が必要」「なぜスティーブンスを吉田に替えないのか分からない」「スティーブンスではなく吉田ならまだ0-0だった」など、アーセナル戦についてのコメントが紹介されている。

 同メディアは両者の比較について、「吉田ではなくスティーブンスが起用されるのはあり得ない。日本代表DFの方がはるかに経験豊富でミスが少ない。ラルフ・ハーゼンヒュットルが吉田ではなくスティーブンスを起用し続けるのは不可解だ」と述べている。

 前節の敗戦で降格圏に転落していたサウサンプトンは現在18位。27日に行われる次節は19位のフラムをホームに迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00310849-footballc-socc
CAPTAIN Maya Yoshida and Japan are off to a winning start to the Asian Cup

サウサンプトンのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・吉田を先発させるか4バックにしていたら、
 この試合は0-0で終わっただろうな



・今日はスティーヴンスのせいで負けた。何度か運に救われたシーンがあった。
 吉田が先発していたら結果が出ていたかは分からないが
 ここからスティーヴンスがスタメンを確保し続けることはないだろう。



・吉田を差し置いてプレーすべきではないセンターバックを
 使うという愚かな選択をしたから土曜日の試合を落としたんだ



・吉田がなぜ先発していないの?守備が明らかに脆弱だ



・絶対にこれからは吉田が先発すべきだ


   
GIANT KILLING(55) (モーニング KC) GIANT KILLING(55) (モーニング KC)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 7/16 号 戦術リストランテVI ストーミングvsポジショナルプレー (footballista)
サッカーダイジェスト 2020年 7/9 号 サッカーマガジン2020年8月号 (サイドバックJ1白書2020)
フットボールクラブ哲学図鑑 (日本語) footballista(フットボリスタ) 2020年7月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) アオアシ (20) (ビッグコミックス)
最新記事
【海外の反応】「アジア人の誇りだ」久保建英のアトレティコ戦のタッチ集を見た海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「別格だ」久保建英、圧巻プレー!世界のファンが絶賛!(アトレティコ戦)
【海外の反応】「日本が大好きだ」長友佑都、涙のガラタサライ退団!現地サポから惜別と感謝の声殺到!
【スペインの反応】「もの凄いわ」岡崎慎司が決勝ゴール!今季10点目!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「名案だとは..」久保建英争奪戦にドルトムントも参戦か!?スペイン紙が報道!海外のレアルファンの意見は分かれる
海外「Jリーグを見たい」Jリーグの海外放映国、ドイツなど9カ国追加!も海外のJリーグファンから要望続出!【海外の反応】
【海外の反応】「本物だ」久保建英、2アシストを含む4得点を演出する大活躍!海外のファンが絶賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR