NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「恋しかった」吉田麻也、先発復帰で奮闘!現地サポから称賛殺到!

吉田麻也

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は、激しいポジション争いを理解しつつ、今後も戦い続ける姿勢を示している。

吉田は今シーズン、リーグ戦では2試合の出場にとどまる。それでも直近の第12節ワトフォード戦(1-1)にはフル出場し、「多くの変化があった。僕もこのチャンスを待っていました」と話して以下のように続けている。

「スターティングメンバーに戻ってこられて本当に嬉しい。今後も戦い続けるし、それは他の選手も一緒です。自分に必要なことはわかっていますし、チャンスが来ることも理解しています。常に準備していますが、勝てずクリーンシートともならず、悔しいですね」

「今日で勝ち点8。十分ではありません。3ポイントがほしいですね。次のアウェーでのフラム戦は本当に重要です。難しいですが、100%3ポイントが求められます。僕らは一歩前に進んだと感じていますが、これを続けていきたいですね」

なお、日本代表のメンバーに招集されている吉田は、インターナショナルウィークで帰国し、ベネズエラとキルギス戦に臨む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000009-goal-socc

Yoshida felt Southampton FC showed more spirit in an improved performance against Watford

   

【ドイツの反応】「香川とゲッツェを使ってくれ!」ドルトムントサポから待望論が噴出!

ドルトムント

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司は今季公式戦初出場となるのだろうか。
 ドルトムントは現地時間14日、ブンデスリーガ第3節で長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦する。試合に先立ちドルトムントの公式ホームページでは先発予想メンバ―を掲載し4-3-3のフォーメーション臨むことが想定されているなか香川の名前はマハムート・ダフートと共に掲載されている事からスタメンの可能性もある。
Pre Game Thread Eintracht Frankfurt (Buli #03)
一方、独誌『キッカー』は香川を先発から外している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00289368-footballc-socc

Possible lineup Eintracht Frankfurt (Buli #03) 2018

   

【海外の反応】「吉田を戻すんだ!」吉田麻也のスタメン復帰待望論が現地サポから続出!

吉田麻也

プレミアリーグは18日、第2節を各地で行った。DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でエバートンと対戦し、1-2で敗れた。前節ベンチ外だった吉田はベンチスタートとなったが、出番はなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01685547-gekisaka-socc

Southamptons Maya Yoshida and Pierre-Emile Hojbjerg

   

【海外の反応】「スタメンはどうなる?」ドルトムントが大型補強!ついにヴィツェル獲得が決定!

ドルトムント

ドルトムントは8月6日(現地時間)、中国・天津権健のベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルと個人合意に達し、チームにも合流したことを、公式サイト等で発表した。
 
 同日昼、ドルトムントがキャンプを行なっているスイスのバド・ラガスに入ったヴィツェルは、2022年6月までの契約に合意。天津権健に対しては日曜日に契約解除条項を行使することを表明している。ドルトムントは天津権健に移籍金を支払うことになるが、その額は『Kicker』誌によれば、2000万ユーロ(約26億円)になるという。
 
 移籍手続きは数日中に完了するということで、ドルトムントはロシア・ワールドカップで3位と大躍進を遂げたベルギーの大物MFを手に入れた。クラブのミヒャエル・ツォルクSDは、以下のようにヴィツェルを称賛するとともに、歓迎している。
 
「彼には何か月も前から関心を持っていた。ドルトムントを選んでくれたことを、非常に喜ばしく思う。国際経験も豊富で、中盤を形成するためのスキル、戦術理解度、タックルの能力、スピード、創造性、そしてメンタルと、全てが備わっている」(クラブ公式サイトより)
 
 一方、29歳で初のブンデスリーガ挑戦に臨むこととなったヴィツェルも、喜びのコメントを発した。
 
「W杯の後は、中国から欧州へ戻ろうとしていた。すぐにドルトムントでプレーできるになって、とても嬉しいし、誇らしい気分だ。最初に交渉してから、何ら迷いはなかった。ドルトムントは、欧州でもベストなクラブのひとつ。81000人(ホームスタジアム収容人数)の前でプレーするのが待ち遠しい」
 
 2006年にスタンダール・リエージュでデビューを飾り、ベンフィカ(11~12年)、ゼニト・サンクトペテルブルク(12~17年)でプレーしたヴィツェル。16年にはユベントス入りが目前に迫りながら土壇場で破談となり、17年1月に中国に渡って、ここでの約1年半では公式戦47試合出場・6得点という成績を残した。
 
 シーズン途中で去ることになった天津権建に対しては、自身のツイッターで「チームは素晴らしい経験をさせてくれた。ここで、良い思い出を作ることができた。ファン、スタッフ、チームメイトのことは忘れない」と感謝の意を示し、同時にドルトムントでの挑戦については「新しい旅の始まりに興奮している。新シーズンが楽しみだ」とも綴っている。
 
 ベンフィカを除けば、いわゆるビッグクラブには所属してこなかったにもかかわらず、ベルギー代表では中盤の不可欠存在として君臨。守備面で様々なタスクをこなしてチームに安定をもたらし、攻撃の起点ともなれるヴィツェルは、今夏のドルトムントにとって補強の目玉となった。
 
 これにより、新シーズンのチームがどのような布陣を組むのかが興味深いところだが、MFではヴィツェルと同じ役割を担うユリアン・ヴァイグルがパリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティから関心を持たれ、退団濃厚という噂もある。
 
 ヴァイグルに代わってヴィツェルが中盤の底に陣取るのか、2人がポジションを争うのか、あるいは中盤に2人が並ぶのか……。
 
 ドルトムントといえば、香川真司も厳しい定位置争いに挑むことになると思われるが、22歳の若きドイツ代表MFの動向も含め、今後のドルトムントの中盤にからは目が離せない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00045202-sdigestw-socc

Axel Witsel signs for BVB

   

【海外の反応】「4年後の日本代表メンバーを予想してくれ」

日本代表

米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』が“4年後の日本代表”に熱い期待を寄せた。
 
 臨んだのは同メディアで健筆をふるうアジア・サッカー通記者のガブリエル・タン氏。「今大会のアジア5代表チームは、日本を筆頭にそれぞれが輝きを放った。合わせて4つの勝利と3つ引き分け。過去最高の戦績だったのだ」と称え、「では4年後はどうなるのか。各チームの状況を展望してみよう」と続けた。2022年カタール・ワールドカップにおける予想スタメンを大胆予測したのだ。
 
 そのなかで、日本代表については今回のロシア・ワールドカップを戦った23名から7名が外れるだろうとした。長谷部誠、本田圭佑、長友佑都、乾貴士、酒井高徳、岡崎慎司、川島永嗣で、すでに代表引退を表明している選手に加え、その多くが年齢的に30代半ばでピークを過ぎているのでないかとジャッジしている。

導き出したのは、以下の先発陣容だ(フォーメーションは4-2―3-1)。
 
GK:中村航輔
右SB:酒井宏樹
CB:吉田麻也
CB:昌子源
左SB:遠藤航
セントラルMF:井手口陽介
セントラルMF:柴崎岳
左サイドハーフ:中島翔哉
トップ下:香川真司
右サイドハーフ:原口元気
CF:大迫勇也
 
 タン記者が説明する。
 
「日本はハセベ、ホンダという2大アイコンを失ない、ユーティリティー性の高いゴウトク・サカイも代表チームからの引退を表明した。しかし、日本フットボールにはなんら大きな問題は生じない。取って代わる新たなタレントに事欠かないからだ。きっと最高のバトンリレーが見られるはずで、(4年後は)ロシア・ワールドカップを戦ったチームとほぼ遜色ないレベルに仕上がっているのか、より強力なチームに成長を遂げているだろう」
 
 若手・中堅の台頭、現主力のさらなる進化の2点がその根拠だ。
 
「セントラルMFでは、イデグチが幅を利かせるだろう。今大会のメンバーにもなぜ選ばれなかったのかは甚だ疑問であったし、驚きでさえあった。ほかにもナカジマ、ウエダ(植田直通)、エンドウが彩りを加える。そしてキープレーヤーとなるのがオオサコ、シバサキ、ショウジの3人だ。4年後にはより多くの経験を積み、間違いなくスケールアップを果たしているだろう」
 
 そのほかでは、浅野拓磨と鈴木優磨の名も挙げている。
 
 近日中に発表される新指揮官の下で、新たな船出を切るサムライブルー。2年後の東京五輪を戦うU-21世代をも巻き込みながら、4年後のカタールに向けてどんなレギュラー争いが繰り広げられるのかが実に楽しみだ。23枠を巡るバトルは、もう始まっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-00044198-sdigestw-socc
英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ノリッジサポ>
・本田、長谷部、香川、乾、川島、長友などは
 次のW杯に出場する可能性は低いので大きな入れ替えが必要なる
 2022年W杯では中島、武藤、南野、堂安、久保のような選手が
 成長して引っ張らないといけない



<イギリス>
・向こう4年間で日本は引き続き欧州のリーグに選手を送り出すだろう

 カタール大会のメンバーに南野、久保×2、堂安、中島は入ると思う
 今の世代のほとんどの選手が外れるだろう



<インドネシア>
◆@special_jleagueによる予想スタメン
 predictions_for_your_countrys_2022_world_cup_squad.jpg


   

サッカーゲームキング 2018年 12月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 12 月号 [雑誌]




Ads by amazon
2018 J1 LEAGUE 川崎フロンターレ優勝記念号 2018年 12/28 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト増 J1 川 増刊 ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/6 号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2018年 11/22 号 [雑誌] サッカークリニック2018年12月号 特集「ドリブル強化書」
月刊フットボリスタ 2018年12月号 日本代表とMr.Children
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ 耐心力 重圧をコントロールする術がある
最新記事
【海外の反応】「こんなの見たことない」日本人カメラマンが撮った数々の貴重な写真を海外のファンが絶賛!
外国人「懐かしのサッカーゲームで一番面白いのはどれ?」【海外の反応】
FIFA「2002年の韓国はW杯史上最強のアジア代表?」←「最も恥ずべきチームだ」世界のファンから批判殺到!【海外の反応】
【海外の反応】「ラッキーだ」豪州代表、韓国相手に劇的ゴールでドロー
【海外の反応】「美しい」香川真司、3アシストの活躍!ドルトムントは逆転勝利!(ロッテ戦)
【海外の反応】「日本は勝つべきだった」日本代表、酒井宏樹のゴールもベネズエラとドロー..森保ジャパン4連勝ならず
【ドイツの反応】「陰のヒーローだ」長谷部誠、リベロで連勝に貢献!現地サポが絶賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

キングダム ハーツIII - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR