NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「一流だ」香川がゴール!全得点に絡み現地サポから称賛殺到!シュテーガー新監督の初陣飾る!

香川真司

※追記しました、タイトル変更しました
ドルトムントのMF香川真司が、マインツ戦で見事な活躍を見せてドイツメディアで高い評価を獲得している。

ドルトムントは12日、ブンデスリーガ第16節でマインツと対戦。9試合勝利なしと不振に陥っていたドルトムントはピーター・ボス監督を解任し、ペーター・シュテーガー監督を招へいして初めての試合となった。

試合は後半にソクラティス・パパスタソプロスのゴールドルトムントが先制すると、終了間際に香川のダメ押し弾が決まり、2-0で勝利。久々の勝利に貢献し、フル出場を果たした香川には賛辞が贈られている。

地元紙『ルールナハリヒテン』では、香川のパフォーマンスはソクラティス・パパスタソプロスと並び、チーム最高タイの「2.5」。評価記事を「香川が(ゲームを)整えた」と題しながら、「たくさん動き、常にボールを受けられる形をつくった。(78分)2-0を決めなければいけなかったが、幸いにも試合終了間際にそれができた」と寸評した。

そのほかほとんどの選手たちに「3」~「3.5」と及第点を与えた同紙だが、ラファエル・ゲレイロやアンドリ―・ヤルモレンコ、クリスチャン・プリシッチには最低タイとなる「4」と低めな評価を下している。

またブンデスリーガ公式ウェブサイトは香川をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。

プレーについては「香川はドルトムントが記録したシュート15本中4本に関与しており、自らチーム最多シュート数となる3本を放った。機敏な日本人選手はたくさん走り(12.6キロ)、競り合いにおいては47%とアタッカーにしては高めの勝率を記録している」と記された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000042-goal-socc

Sokratis #Kagawa hand #BVB first #Bundesliga win since September in #Stogers first game

   

【海外の反応】香川出番なしのドルトムント、大迫ケルンに大勝!

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表FW大迫勇也の所属するケルンが対戦した。香川はリーグ戦4試合連続のベンチスタート。大迫は同3試合連続の先発出場となった。

 試合は開始直後の2分に動いた。ホームのドルトムントは、アンドリー・ヤルモレンコが右サイドからクロスを送ると、ニアに飛び込んだマキシミリアン・フィリップが頭で合わせてゴールネットを揺らした。新加入のフィリップは移籍後初ゴールとなった。

 幸先よく先制したドルトムントはその後もボールを支配。3連敗中のケルンはジョン・コルドバを残し、大迫を含む中盤5枚と4バックで2重の壁を作り応戦する。それでもドルトムントは17分、ロングボールに反応したゴンサロ・カストロの落としを、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右足シュートで狙うが、相手GKティモ・ホルンのセーブに阻まれた。

 ドルトムントは前半アディショナルタイム1分、右CKでソクラティス・パパスタソプーロスがGKホルンのキャッチミスしたこぼれ球を押し込んでネットを揺らす。一度はGKへのファールでノーゴールとなったが、ビデオ判定により得点が認められ、ドルトムントのリードは2点に広がった。

 後半に入ってケルンは大迫のポジションを上げて反撃に出る。逆にドルトムントにもチャンスが増え、58分には右サイドからのクロスに中央のフィリップがヘディングシュート。これはケルンDFルーカス・クリュンターが体を張ってブロックするが、ビデオ判定によりハンドを取られ、ドルトムントにPKが与えられた。

 59分、PKキッカーを務めたオーバメヤンがGKと逆のゴール左隅に突き刺し、追加点。さらに直後の60分にも右サイドを抜け出したウカシュ・ピシュチェクからのグラウンダークロスを、中央のオーバメヤンが右足で合わせて、リードを4点に広げた。

 ケルンは64分、マルコ・ヘーガーと大迫を下げて、ミロシュ・ヨイッチとフレデリク・ソーレンセンを投入し、5バックに変更した。ドルトムントは66分、ヤルモレンコとヌリ・シャヒンに代えて、クリスティアン・プリシッチとユリアン・ヴァイグルを送り出す。ヴァイグルは右足首骨折の離脱から4カ月ぶりに復帰を果たした。

 ドルトムントは69分、エリア手前中央のマフムド・ダフードが相手選手を1人交わしてスルーパス。エリア内左に抜け出したフィリップが飛び出したGKの頭上を越すループシュートを沈め、ダメ押しゴールを奪った。試合を決めたドルトムントは85分、オーバメヤンを下げてアレクサンデル・イサクを投入。9月21日に18歳となるイサクはブンデスリーガデビューを飾った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが5-0で完勝。開幕4戦無敗で首位をキープした。敗れたケルンは泥沼の4連敗となった。なお、大迫は64分までプレー。香川には出番が回ってこず、日本人対決は実現しなかった。

 ドルトムントは次節、20日にアウェイで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ケルンは同日に同代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトをホームに迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00643777-soccerk-socc

BVB 5_0 FC Köln 2017

   

【海外の反応】「おめでとう」香川、復帰後初タイトルを獲得!ドルトムントがポカール優勝!

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間27日にドイツ杯(DFBポカール決勝の試合が行われ、ドルトムントはフランクフルトと対戦。ウスマン・デンベレなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。フランクフルトの長谷部誠は負傷による長期離脱のため欠場。試合開始して8分、右サイドからペナルティエリア内に侵入したデンベレが相手を交わし、角度のないところから先制ゴールを決めた。

 しかし29分、ショートカウンターからフランクフルトのアンテ・レビッチにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。39分にもハリス・セフェロビッチにシュートを打たれピンチを迎えるが、ポストに助けられ失点には繋がらなかった。

 反対に67分、ペナルティエリア内に侵入したクリスティアン・プリシッチがGKルーカス・フラデツキーに倒されてPKのチャンスを獲得。このPKをピエール・エメリク・オーバメヤンがしっかりと決めてドルトムントが勝ち越しに成功した。

  結局、リードを守りきったドルトムントが2-1の勝利をおさめている。この結果、ドルトムントは2011/2012シーズン以来となる、5年ぶり4回目のドイツ杯優勝となった。フル出場を果たした香川にとっては、2014年にドルトムントに復帰後初タイトルとなっている。
https://www.footballchannel.jp/2017/05/28/post212853/

UNSER GANZES LEBEN, UNSER GANZER STOLZ! #immerwiederBVB

   

【海外の反応】「おかえり」香川先発のドルトムント、ロイスの復活弾などでフランクフルトに勝利!

香川真司

※追記しました
ブンデスリーガは15日、第29節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでMF長谷部誠所属のフランクフルトと対戦し、3-1で勝った。香川は1ゴール1アシストを記録した12日のCLモナコ戦(2-3)に続いて公式戦2試合連続の先発出場。トップ下でフル出場したが、得点に絡むことはなかった。右膝を手術した長谷部は欠場している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-01638797-gekisaka-socc

A dream start for Dortmund! Reus opens the scoring after some brilliant work by Pulisic

   

【海外の反応】香川惜しいシュートも..ドルトムントはオバメヤン復活の2ゴールでフライブルクに快勝!

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第22節が25日に行われ、フライブルクと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川は5試合連続のベンチスタートとなった。

 前節、ドルトムントはヴォルフスブルク相手に公式戦3試合ぶりの白星を収めた。今後はDFBポカール準々決勝(28日)とチャンピオンズリーグのベンフィカ戦(3月8日)も控えており、厳しい日程で試合を戦うことになるため、しっかりと連勝を飾りたいところだ。この日もFWピエール・エメリク・オーバメヤンやFWマルコ・ロイスがスタメンに入った。

 試合は前半の立ち上がりからドルトムントが攻勢にでる。13分、右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーのラファエル・ゲレイロがクロスを入れる。これをソクラティス・パパスタソプーロスがヘディングでゴール右に決め、ドルトムントが先制に成功した。

 その後もドルトムントがペースを握る。19分にはオーバメヤンとエリック・ドゥルムがチャンスを迎えたが、ボールを押し込むことができない。31分にもロイスの突破からオーバメヤンに決定機が訪れたが、ここも得点につなげることができなかった。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 後半に入ってもドルトムントのペースが続く。55分には左サイドでロングボールを受けたロイスがドリブルでエリア内左に進入。相手DFをかわして折り返すと、フリーのオーバメヤンが難なく押し込んで追加点を奪った。オーバメヤンにとってはライプツィヒ戦以来3試合ぶりの得点となった。

 さらに70分、エリア手前でボールを持ったウスマン・デンベレがエリア内右のドゥルムへスルーパスを通す。ドゥルムがダイレクトで右へ折り返すと、オーバメヤンがこれを押し込んでチーム3点目を決めた。

 3点差をつけたドルトムントは76分にデンベレを下げて香川を投入した。85分には途中出場のアンドレ・シュールレが左サイドから上げたクロスに、ファーサイドの香川がヘディングで合わせたが、ボールはわずかにポストの右に外れてしまい、得点にはつながらなかった。

 次節、フライブルクは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ドルトムントはホームでレヴァークーゼンと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00556017-soccerk-socc

scfbvb 0-1 HT Well-deserved lead indeed

   
アオアシ (20) (ビッグ コミックス) アオアシ (20) (ビッグ コミックス)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 6/4 号 GIANT KILLING(54) (モーニング KC)
サッカーマガジン2020年7月号 (「リオ組」の現在地) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 06 月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) ブルーロック(9)
Number(ナンバー)1001「創刊40周年記念特集 日本サッカー希望の1ゴール。」 サッカーダイジェスト 2020年 5/14・28 合併号
最新記事
【海外の反応】日本サッカーと韓国サッカー、どっちが上なの?
【海外の反応】「プレミア歴代最高のアジア人選手は誰?」
「何を信じればいいのか..」久保建英の去就に影響も!?ウーデゴールのレアル復帰が決定的に!?現地紙が報道!【海外の反応】
【海外の反応】「給料なしだよな?」カンテ、コロナ感染懸念で練習参加を拒否!今季残り全試合欠場か..賛否両論の声!
【ドイツの反応】「生ける伝説だ」長谷部誠、契約延長発表で現地サポから感謝と歓喜の声続出!バイエルンに大敗で待望論も!
【海外の反応】「すげぇ」原口元気、ドリブル突破からゴール!2得点に絡む活躍!現地サポが称賛!
【海外の反応】「恥ずかしいぞ」韓国で起こった珍ゴールに海外のファンが困惑!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃(20) ポストカードセット付き特装版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR