NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「理解できない」日本代表発表!ハリルホジッチの選考メンバーが話題に(W杯予選UAE,タイ戦)

日本代表

日本サッカー協会(JFA)は16日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が選出したメンバーには、FW本田圭佑(ミラン)やFW岡崎慎司(レスター)、MF香川真司(ドルトムント)、FW大迫勇也(ケルン)、FW久保裕也(ヘント)ら欧州組14選手が名を連ねた。本田については、ミランがインフルエンザ発症と15日の練習欠席を発表。代表メンバー発表直前にコンディション不良と伝えられたことで、招集が危ぶまれていた。

 また、センターバックではDF昌子源(鹿島アントラーズ)が、前線ではFW宇佐美貴史(アウクスブルク)が復帰。中盤ではMF今野泰幸とMF倉田秋(ともにガンバ大阪)が、2015年以来の代表選出を果たしている。さらにMF高萩洋次郎(FC東京)が2013年7月以来の代表招集となった。高萩はハリルホジッチ監督下で初招集となる。

 また、11日の明治安田生命J1リーグ第3節FC東京戦にて頬骨を骨折したGK東口順昭(ガンバ大阪)も招集外となり、GK陣は西川周作(浦和レッズ)と川島永嗣(FCメス/フランス)、林彰洋(FC東京)が選出されている。

 日本代表アジア最終予選5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」で2位となっている。第6節は3月23日、敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦。ホームでの第1節で敗れた相手との一戦に向けてハリルホジッチ監督は「選手たちは誰も、第1戦を忘れていないと思う。我々にとってのリベンジの機会でもある」とコメントしている。

 そして3月28日には、ホーム・埼玉スタジアムでタイ代表と対戦する。グループBには両国のほか、サウジアラビア、オーストラリア、イラクが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。

 発表されたメンバーは以下のとおり。

■GK
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(FCメス/フランス)
林彰洋(FC東京)

■DF
▼サイドバック
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)

▼センターバック
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

■MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
今野泰幸(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(FC東京)
倉田秋(ガンバ大阪)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セレッソ大阪)

■FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
久保裕也(ヘント/ベルギー) サッカーキング

japan_squad_for_world_cup_qualifiers_against_uae.jpg

   

【海外の反応】「日本と豪州の予選突破は保証されていない」グループBが大混戦!勝ち点1内に4チームがひしめく

ワールドカップ

15日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選の第5戦、グループBの3試合が行われた。

首位のサウジアラビアをホームに迎えた日本は、清武弘嗣のPKによるゴールで先制すると、原口元気のアジア最終予選4戦連発弾も生まれて2-1で勝利。サウジアラビアと勝ち点10で並び、得失点差はわずかに1で2位へと浮上した。

日本戦と1時間ほど遅れて行われたタイオーストラリアの対決は、実力で上回るオーストラリアがまさかの苦戦。先制しながらも後半に逆転を許したが、65分にマイル・ジェディナクのこの試合2点目となるゴールが決まって同点。彼らにとっては手痛い引き分けとなり、3位に後退した。

続いて行われたのが、UAEとイラクの一戦。前半に1点を奪ったUAEが試合を先導すると、終了間際にも1点を加えて順当に勝ち点3を手にした。

この結果、勝ち点10得失点+4のサウジアラビア、勝ち点10得失点+3の日本、勝ち点9得失点+3のオーストラリア、勝ち点9得失点+1のUAEとなり、勝ち点1内に4チームがひしめき合う。アジア最終予選はこれで折り返しとなり、年内の戦いを終えたが、2位以上に与えられるW杯出場権をめぐって、どのチームも片時も油断できない状況が続いている。goal.com

It’s incredibly tight in Group B after five matches played!


   

【海外の反応】「日本,韓国,豪州が三強だ」W杯アジア予選を突破するのはどこだと思う?(2節終了時)

ワールドカップ

※2節終了時の順位表
Matchday 2 of the FIFA World Cup Asian qualifiers group aMatchday 2 of the FIFA World Cup Asian qualifiers group b

英語のサッカーフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<スレ主(タヒチ)>
◆俺の予想

 グループA -
 1.韓国
 2.ウズベキスタン
 3.イラン
 4.中国
 5.カタール
 6.シリア

 韓国とウズベキスタンがワールドカップ出場権獲得

 グループB -
 1.オーストラリア
 2.日本
 3.UAE
 4.サウジアラビア
 5.タイ
 6.イラク

 オーストラリアと日本がワールドカップ出場権獲得

 3位のプレーオフ - イランUAE
 イランがパナマ(北中部4位)との大陸間プレーオフ出場権獲得

 パナマがプレーオフを制してワールドカップ出場権獲得
 アジアはまた4カ国だけ代表を送ることになる
 韓国、ウズベキスタン、オーストラリア、日本


   

【海外の反応】「いい加減にしろ」日本と同組のサウジ、7分間でPK2本ゲットしイラクに逆転勝利..最終予選3ゴール全てPKに非難殺到

アジア

サウジアラビアはアウェーでイラクと対戦し、前半18分に先制されたが、終盤にMFアルアビド(アルヒラル)が連続してPKを決めて2-1で逆転勝ちした。
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1706164.html

Al Abid penalty double helps Saudi Arabia edge out Iraq

   

【海外の反応】「力の差が大きすぎた」日本代表、原口と浅野のゴールでタイに勝利!W杯最終予選初白星!

日本代表

※試合後の反応を追記しました
ロシアW杯アジア最終予選の第2節が6日、行われ、日本代表タイ・バンコクのラジャマンガラスタジアムでタイ代表と対戦し、2-0で勝利した。前半18分、FW原口元気のゴールで先制。後半30分にFW浅野拓磨が追加点を決めた。日本は最終予選2戦目で初白星。1勝1敗の勝ち点3とし、タイは2連敗となった。-ゲキサカ

Japan finally get a win in the final round of FIFA World Cup qualifiers but its another painful defeat for Thailand

   

サッカーゲームキング 2017年 05月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 05 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 4/13 号 [雑誌] CALCiO (カルチョ) 2002 特別号『セリエA英雄の系譜』 2017年 5/21号 [雑誌] (サッカーゲームキング増刊)
選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論 月刊サッカーマガジン 2017年 05 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 4/6 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2017年4月号
サッカー批評(85) (双葉社スーパームック) 守り方を知らない日本人 日本サッカーを世界トップへ導く守備のセオリー
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR