NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「真司が必要だ」香川不在のドルトムント、ダービーでシャルケに完敗

ドルトムント

※追記しました
現地時間15日に行われたブンデスリーガ第30節、シャルケ対ボルシア・ドルトムントのレヴィア・ダービーは、2-0でホームのシャルケが勝利した。ドルトムントのMF香川真司は、負傷離脱中のためベンチ入りしていない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00265545-footballc-socc

Stunning goals from Konoplyanka and Naldo seal three important points for Schalke over their rivals Dortmund in this Revierderby

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」大迫勇也、2戦連続ゴール!現地サポが絶賛!(レバークーゼン戦)

大迫勇也

※追記しました
ブンデスリーガは18日、第27節3日目を行い、FW大迫勇也が所属するケルンはホームでレバークーゼンと対戦し、2-0で勝利した。5試合連続で先発した大迫は2試合連発となる先制点を決め、今季4点目。2トップの一角でフル出場した。

 日本代表のエースストライカーが2試合連続ゴールを叩き込んだ。前半9分、左サイドを突破したMFレオナルド・ビッテンコートがクロスを入れると、大迫が巧みな左足トラップでコントロールし、強烈な左足シュートを叩き込んだ。

 前半33分にはレバークーゼンFWルーカス・アラリオが一発退場。数的優位に立ったケルンは後半24分にFWジモン・ツォラーが追加点を決め、2-0で完封勝利。3試合ぶりの勝利で勝ち点を20に伸ばしてハンブルガーSVを上回り、最下位を脱出した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-01651677-gekisaka-socc

Köln_2-0_Leverkusen_osako_goal

   

【海外の反応】「恥ずかしい」ドルトムントに悪夢、4点差を追いつかれシャルケとのダービーはドロー!

ドルトムント

※試合終了後の反応を追記しました
ブンデスリーガは25日、第13節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでシャルケと対戦し、4-4で引き分けた。ドルトムントは前半4点も後半4失点で6試合ぶりの白星を逃し、痛恨のドロー。ベンチスタートとなった香川には出番が訪れなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-01646750-gekisaka-socc

Dortmund 4-4 Schalke 2017

   

【海外の反応】「ダービーの怪物だ」浅野、2ゴールの大暴れで6戦ぶり勝利に貢献!山田との日本人対決制す

浅野拓磨

※追記しました
ブンデスリーガ2部第28節が9日に行われ、日本代表FW浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトと、MF山田大記の所属するカールスルーエが対戦した。浅野は右FWで、山田は左FWで先発出場し、同じサイドで日本人対決が実現した。

 5試合未勝利でついに首位陥落となったシュトゥットガルト。対するカールスルーエも4試合白星から遠ざかり、最下位に沈んでいる。昇格争いと残留争いで立場は違う両チームだが、勝ち点3獲得を狙う。

 ホームのシュトゥットガルトは4分、浅野の頭での折り返しを中央のシモン・テローデが落とし、クリスティアン・ゲントナーが右足ダイレクトシュートを放つが、これはGK正面。17分、カールスルーエのサポーター席から花火や発煙筒が発射され、一時試合が中断する。

 試合は再開後の27分に動いた。シュトゥットガルトはゲントナーが左サイドからのアーリークロスを入れると、相手DFの裏を上手くとった浅野が、ペナルティエリア内でヘディングシュートを叩き込んだ。今シーズン3点目を決めた浅野は直後にジャガーポーズを披露し、同じ右サイドでプレーするベンジャマン・パヴァールとはお辞儀のパフォーマンスも見せた。

 シュトゥットガルトの1点リードで折り返した試合は、後半キックオフ直前に再びカールスルーエのサポーターが花火や発煙筒を使用し、またも一時中断。両チームの選手や監督、審判団らがロッカールームに引き上げて、後半キックオフが送れる事態となった。

 数分間の中断を経て再開されると、61分にシュトゥットガルトが追加点を奪う。エリア内右に進入したアレクサンドル・マキシムが左足シュート。これは相手GKに弾き返されるが、こぼれ球を浅野が右足で押し込んで、ゴールネットを揺らした。浅野は初のドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、シュトゥットガルトが2-0で6試合ぶりの勝利。翌日に試合を行うアイントラハト・ブラウンシュヴァイクの結果次第だが、暫定で首位奪還を果たした。なお、浅野はフル出場で2ゴールを記録し、今シーズン通算4ゴールに伸ばした。

 一方、カールスルーエは解任したミルコ・スロムカ前監督の後任であるマルク・パトリック・マイスター新監督の初陣を飾ることができず、5試合未勝利。残留圏の15位とは勝ち点差「10」、昇降格プレーオフ圏内16位とは勝ち点差「8」に広がった。なお、山田もフル出場で、パスをさばいてリズムを作ろうと奮闘するが、ゴールには絡めなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00574165-soccerk-socc

asano goals Stuttgart 2-0 Karlsruher SC

   

【海外の反応】「日本に勝てる」オーストラリア人が見る日本代表戦(W杯アジア最終予選)

オーストラリア

※岡崎欠場濃厚のニュース
日本代表は9日、メルボルン市内で冒頭15分のみを公開し、戦術確認などを中心に調整した。6日のイラク戦(埼玉)で左足首を負傷したFW岡崎慎司(30)=レスター=は宿舎で別メニュー調整。11日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦の出場は絶望的になった。負傷者続出で、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、アジア杯王者を相手に想定外のゲームプランを強いられる窮地に陥った。

 スパイクを履いて次々に選手がロッカールームからピッチに出てきたが、岡崎は最後まで姿を見せなかった。6日のイラク戦で左足首を痛め、オーストラリア入り初日の8日の練習に続いて完全別メニュー。「ホテルのジムで別メニューで調整していますので、ここには来ません」と日本協会関係者。試合2日前、最も重要な意味を持つ相手を想定した非公開での戦術練習に不参加。W杯予選での対戦成績が4分け2敗と分が悪いオーストラリア戦で、エースストライカーの欠場が決定的になった。
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20161010-OHT1T50081.html

World Cup 2014 Why Japan Can Make the Quarterfinals or Better

   

サッカーゲームキング 2018年 05月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 05月号 [雑誌]




Ads by amazon
2018サッカーW杯ロシア大会 SAMURAI PHOTO&戦術パーフェクトガイド (G-MOOK) 2018FIFAワールドカップロシア観戦ガイド 2018年 5/27 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
東欧サッカークロニクル 月刊フットボリスタ 2018年5月号
ロシア・ワールドカップ出場32か国「戦術&キープレーヤー」完全ガイド―選手名鑑付き (NSK MOOK) クリスティアーノ・ロナウド 生きる神話、知られざる素顔
世界のサッカー名将のイラスト戦術ガイド 吉田麻也 レジリエンス――負けない力 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
最新記事
【ドイツの反応】「日本人は一流だ」宇佐美と原口がアシスト!現地サポが称賛!
【フランスの反応】「W杯に出て欲しい」酒井宏樹、最悪の事態は回避か!?左膝負傷で数週間離脱へ
【海外の反応】「日本か?」アーセナル退任が決まった名将ヴェンゲル監督、その気になる新天地は?
【海外の反応】「強いわ」香川欠場のドルトムント、レバークーゼンに快勝!
【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!
【海外の反応】「行かないで」本田圭佑、パチューカ退団報道に現地サポから残留を懇願する声が続出!
【海外の反応】「泣いていい?」香川真司、待望のチーム練習復帰!歓喜するドルトムントサポーター
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

星のカービィ スターアライズ - Switch

DARK SOULS REMASTERED 【数量限定特典】「上級騎士バストアップフィギュア」 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR