NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「良い後釜だ」トゥヘルにアーセナルがオファーを提示!?ドイツ紙が報道!

アーセナル

※タイトルを訂正しました

来季、ベンゲル後釜としてドルトムントトゥヘル監督に
アーセナルがオファーしたとドイツのビルト紙が報道

Thomas Tuchel leads a four-man short list to replace Wenger if he leaves

   

【海外の反応】トゥヘルがアーセナルの監督に!?ベンゲルの後釜の最有力候補として浮上か!?英紙が報道

アーセナル

今季限りで契約満了を迎えるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督の後継者問題はイングランドサッカー界の注目トピックの一つとなっているが、英国メディアでは新たに4人の指揮官が後任候補にとして挙がっている。その中には日本代表MF香川真司所属のドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督の名前も含まれているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ベンゲルの後継者として名前が上がった4人のうち、筆頭候補と見られているのがトゥヘル監督だという。昨季からドルトムントを率いる43歳のドイツ人指揮官は、複数システムを巧みに使い分け、対戦相手に応じて戦い方を変える戦術家として知られている。若手選手の起用にも積極的だ。香川だけでなく、マインツ時代にはFW岡崎慎司(レスター・シティ)も指導した。

 その他にはユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、レバークーゼンのロジャー・シュミット監督、ASモナコのレオナルド・ジャルディム監督の名が、アーセナルの“ウィッシュリスト”に乗っているという。

 アッレグリ監督の招聘ついては、このところ英メディアでも頻繁に取り上げられている話題の一つ。イタリアの智将はこの噂について「否定もしないし、認めもしない」と明言を避けたが、ACミランやユベントスで指揮を執るなどトップレベルでの経験という点では4人の中でも頭一つ抜けている。

ジャルディム監督はモナコを率いてリーグ首位を快走中で、昨季はUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でアーセナルを撃破していた。今季もベスト16に進出し、マンチェスター・シティと対戦する。今、注目を集めている42歳の若き指揮官だ。

 また、シュミット監督はレッドブル・ザルツブルクで名を上げ、レバークーゼンへステップアップした49歳の指揮官で、記事では後継者候補に名を連ねたことを「驚き」と表現されている。だが、レバークーゼンで展開している激しいプレッシングサッカーは見る者を魅了するエンターテインメント性を備えている。

 一方、前述の4人の他にボーンマスのエディ・ハウ監督などの名前も取り沙汰されている。様々な憶測を呼ぶベンゲルの後継者問題はどのような決着を見るのだろうか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00010016-soccermzw-socc
※インディペンデント紙によるとトゥヘルが最有力だそうです

Thomas Tuchel leads a four-man short list to replace Wenger if he leaves

   

【海外の反応】「なんて試合だ」ドルトムント、原口ヘルタとのPK戦に及ぶ激闘を制す!(ポカール)

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
DFBポカール3回戦が8日に行われ、ドルトムントヘルタ・ベルリンが対戦。

今シーズンはリーグ戦でも欧州カップ戦の出場権を争う両チーム。ドルトムントはこの試合で3バックを採用し、中盤にはユリアン・ヴァイグル、ラファエル・ゲレイロ、ウスマン・デンベレを起用し、前線にマルコ・ロイスとピエール=エメリク・オーバメヤンが入った。一方のヘルタは原口元気、ヴェダド・イビシェヴィッチ、サロモン・カルーなど主力が先発した。

試合は序盤からオープンで、見どころの多い試合となる。イビシェヴィッチが相手DFのボールを奪い、独走からチャンスを迎えるが、何とかソクラティス・パパスタソプーロスが戻り、フリーでシュートを打たせない。ヘルタの激しい守備に苦労するドルトムントだが、一瞬の隙からオーバメヤンが抜け出し、ビッグチャンス。キーパーをかわしにいって、倒されるがノーホイッスルで、チャンスをふいにしてしまう。

その後、コーナーキックから決定的なチャンスを得たヘルタ。イビシェヴィッチはゴール前わずか数メートルからのヘディングを外してしまったが、それでも27分、先制に成功する。原口がボールを受けて、相手DFのポジションを動かすと、ニクラス・シュタルクのアーリークロスにエースのカルーが見事なボレーで合わせて、ネットを揺らす。アウェーのヘルタが大きな1点を手にした。

40分には浮き球をダイレクトでロイスが折り返し、押し込んでドルトムントが同点に追いつくが、オフサイドの判定でノーゴール。前半はヘルタが1点をリードして折り返す。

早く追いつきたいドルトムント、後半頭からマルセル・シュメルツァー、ウカシュ・ピシュチェクに代え、クリスチャン・プリシッチ、マティアス・ギンターと攻撃的なカードを切る。すると47分、あっさりと同点に追いつく。マルク・バルトラスルーパスに抜け出したデンベレのシュートは左ポストに弾かれるも再び拾ったデンベレ、プリシッチと繋いで、最後はロイスが沈めた。

ドルトムントは同点弾以降、一気に攻め込み、次々とシュートチャンスを作っていく。オーバメヤンがクロスを押し込み、ネットを揺らすシーンがあったものの、ファウルの判定でまたも取り消しに。それでも少しずつヘルタのプレスが遅れ始め、青いユニフォームを着た選手に次々と黄色いカードが提示される。

押し込んでいた時間にゴールを奪えなかったドルトムントは、ゲレイロに代えてゴンサロ・カストロを投入。中盤にエネルギーを加えて、逆転弾を狙いに行く。

原口の走力を生かして、何とかカウンターに出たいヘルタだが、ドルトムントの圧力に屈し、防戦一方。それでもドルトムントは90分で決めきれず、延長戦へと突入する。

延長戦に入ったことで4枚目の交代カードが許され、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は愛弟子アンドレ・シュールレを投入。

そして95分に原口も途中交代。アレクサンデル・エスヴァインを入れて、何とか突破口を探す。ドルトムントもデンベレが延長前半終了間際に負傷し、一人少ない状態での戦いを余儀なくされてしまう。

結局延長後半も動きはなく、終了間際にはソクラティスが2枚目のイエローで退場処分。残り数分を10人で戦うこととなる。それでも試合に大きな影響を与えることはなく、PK戦で勝敗を決することに。

ヘルタは1、2、6人目が失敗した一方で、ドルトムントは一人の失敗に抑えて、PK戦4-3で勝利。ドルトムントが辛くも準々決勝進出を決めた。なお、ドルトムントの香川真司に出番は訪れなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000043-goal-socc

Buerki1 im Interview nach dem Spiel #bvbbsc

   

【海外の反応】「トゥヘルとクロップどっちの方がいい?」

ドルトムント

kommt-es-zum-wettstreit-zwischen-klopp-und-tuchel_59020.jpg

ドルトムントのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

ドルトムントサポ>
・ちょっと思っただけなんだけど、
 現時点でトゥヘルクロップどっちに監督をさせたい?




ドルトムントサポ>
トゥヘルだ。トゥヘルの構想を完全に実行するための機会を
 彼はまだ得ていないと思う。(完成形が)どんな感じになるか本当に見てみたい。
 最初のシーズンは素晴らしかったが、夏に移籍が多すぎて
 昨季からの積み上げが出来なかったと思う。



  <ドルトムントサポ>
  ・同じ意見だ。
   クロッポは7年間在籍していた。
   直接比較するのはまだあまり公平とは言えないな。


   

【海外の反応】ゲッツェ、痩せる(画像あり)

ドルトムント

Mario Götze is getting in better shape

   

サッカーゲームキング 2017年 05月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 05 月号 [雑誌]




Ads by amazon
放送席からみたサッカー日本代表の進化論 選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論
サッカーダイジェスト 2017年 4/13 号 [雑誌] CALCiO (カルチョ) 2002 特別号『セリエA英雄の系譜』 2017年 5/21号 [雑誌] (サッカーゲームキング増刊)
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 4/6 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2017年4月号
月刊サッカーマガジン 2017年 05 月号 [雑誌] 守り方を知らない日本人 日本サッカーを世界トップへ導く守備のセオリー
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR