NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「日本のメッシだ」原口元気、バイエルンをドリブルで翻弄!スーパーアシストを世界が絶賛!

原口元気

※追記しました
ブンデスリーガ第7節が10月1日に行われ、日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはバイエルンと対戦した。原口は今シーズン初の先発出場を果たした。

 現在2勝2分2敗で2試合ぶりの白星を目指すヘルタ。対するバイエルンはカルロ・アンチェロッティ監督解任後、初の試合で同じく2試合ぶりの勝利を狙う。試合はウィリー・サニョル暫定監督率いるバイエルンが先制に成功した。10分、FKの流れからペナルティエリア手前右のジェローム・ボアテングがクロスを送ると、中央でフリーのマッツ・フンメルスが頭で合わせ、ゴール左隅に流し込んだ。

 追い付きたいヘルタは17分、ウラジミール・ダリダがエリア内でハビ・マルティネスに倒されると、一度はPKが与えられたが、ビデオ判定により取り消しとなった。33分には、カルーが右サイドからドリブルでエリア内に切り込み、2人をかわしたところで潰される。そのこぼれ球に反応したダリダが右足ダイレクトシュートを放つが、相手GKにセーブされた。

 後半に入って49分、バイエルンが追加点を挙げる。コランタン・トリッソが前線にロングボールを送ると、レヴァンドフスキが競り合ったこぼれ球を拾い、エリア内左からシュートをゴール左隅に沈めて、リードを2点に広げる。

 だが、直後の51分、ヘルタは原口が反撃の一撃をお膳立てする。エリア手前中央でパスを受けた原口がドリブルでボアテング、ジョシュア・キミッヒ、フンメルスを次々とかわし、エリア内右から折り返し。これをゴール前のオンドレイ・ドゥダが合わせて1点を返した。

 勢いに乗ったヘルタは56分、エリア手前左からのFKでマルヴィン・プラッテンハルトがエリア内にボールを送ると、カリム・レキクに当たったこぼれ球をサロモン・カルーが流し込んで試合を振り出しに戻した。

 2点差を追い付かれたバイエルンにさらなるアクシデント。62分、フランク・リベリーが負傷でプレー続行不可能となり、キングスレイ・コマンとの交代を余儀なくされた。ヘルタは87分、原口を下げてアレクサンダー・エッスヴァインを送り出した。

 試合はこのまま2-2でタイムアップ。ヘルタが2点差を追い付いて貴重な勝ち点1を獲得した。なお、原口は87分までプレーし、今シーズン初アシストを記録した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00650232-soccerk-socc

Haraguchi cut through Bayerns defense like they werent even there

   

【海外の反応】香川出番なしのドルトムントがレアルに敗戦

ドルトムント

※追記しました
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、グループリーグ第2節1日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームで王者レアル・マドリー(スペイン)と対戦し、1-3で敗れた。香川は公式戦2試合連続のベンチスタートとなり、最後まで出場機会はなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-01644501-gekisaka-socc

Halbzeit in Dortmund #bvbrma 0-1

   

【海外の反応】「凄い試合だ」香川途中出場のドルトムントが6ゴールの大勝!(ボルシアMG戦)

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガは23日、第6節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでボルシアMGと対戦し、6-1で圧勝した。前節のハンブルガーSV戦(3-0)で今季初先発初ゴールを記録した香川だが、この日は2試合ぶりのベンチスタート。5-0の後半19分から途中出場したが、2試合連続ゴールはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-01644396-gekisaka-socc

bvbbmg 6-1 2017

   

【海外の反応】「日本人が絶好調だ」香川、今季初ゴール!ドルトムントがHSVに勝利!

香川真司

※追記しました
ボルシア・ドルトムントは現地時間20日に行われたブンデスリーガ第5節でハンブルガーSVに3-0で快勝。この試合で今シーズン初ゴールを挙げたMF香川真司に対するドイツメディアの評価は及第点以上となっている。

今シーズンのリーグ戦で初の先発出場を果たした香川。この試合の24分、FKからのボールをDFエメル・トプラクがゴール前に落とすと、それを押し込み、チームに貴重な先制点をもたらしている。そのほかにもFWアンドリー・ヤルモレンコにスルーパスを送るなど、66分までのプレーで攻撃においての存在感を示し、敵地での勝利に貢献した。

結果を出した香川に対する『キッカー』での評価はFWピエール=エメリク・オーバメヤンらチームメイト5人と同じく「3」と及第点。香川のゴールでは起点となり、オーバメヤンによる追加点をアシストしたヤルモレンコが単独最高の「1.5」、チーム3点目を決めたMFクリスチャン・プリシッチも「2」と高く評価された。

一方、地元メディアの『WAZ』では香川に対する評価はDFソクラティス・パパスタソプロスやトプラク、オーバメヤンと同じ「2.5」。ヤルモレンコ(「1.5」)、GKロマン・ビュルキやプリシッチ(「2」)に次ぐチーム4位タイの点数となっている。「ペナルティーエリアでトプラクからのヘディングが当たると、素早く反応し、至近距離から(相手GK)マテニアを超えるシュートを決めている。その他、たくさんのボールが彼の頭上を超えていったため、序盤は苦しんだが、試合に入り込んだ」と寸評された。
『ルールナハリヒテン』でも香川のパフォーマンスはトプラク、オーバメヤン、プリシッチに並び「2.5」。ヤルモレンコ(「1.5」)やビュルキ(「2.0」)に次ぐチーム3位タイの評価となった。同紙は香川について「今シーズン初めてスタートした彼は24分、トプラクのアシストに近距離弾で“サンキュー”。まさに正しい位置に立っていた」とコメントさらにゴールは通算37得点目で、ブンデスリーガにおける日本人最多ゴールの記録に並んだことも言及している。

HSV側ではDF酒井高徳は48分までプレー。香川と同様、今季リーグ戦初めてスタメンに名を連ねた同選手は左SBとして出場したが、『キッカー』での評価は「5.5」と両チーム最低タイと辛口。マッチレポートでは「ヤルモレンコに手を焼いた」などで苦戦を強いられたことが指摘されている。なお、HSVのU-23チームに所属するFW伊藤達哉はこの試合で初めてトップチームのベンチ入りを果たしたが、出番は訪れなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000046-goal-socc

Hamburger SV 0-1 Borussia Dortmund - 24 Shinji Kagawa Bundesliga

   

【海外の反応】香川出番なしのドルトムント、大迫ケルンに大勝!

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表FW大迫勇也の所属するケルンが対戦した。香川はリーグ戦4試合連続のベンチスタート。大迫は同3試合連続の先発出場となった。

 試合は開始直後の2分に動いた。ホームのドルトムントは、アンドリー・ヤルモレンコが右サイドからクロスを送ると、ニアに飛び込んだマキシミリアン・フィリップが頭で合わせてゴールネットを揺らした。新加入のフィリップは移籍後初ゴールとなった。

 幸先よく先制したドルトムントはその後もボールを支配。3連敗中のケルンはジョン・コルドバを残し、大迫を含む中盤5枚と4バックで2重の壁を作り応戦する。それでもドルトムントは17分、ロングボールに反応したゴンサロ・カストロの落としを、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右足シュートで狙うが、相手GKティモ・ホルンのセーブに阻まれた。

 ドルトムントは前半アディショナルタイム1分、右CKでソクラティス・パパスタソプーロスがGKホルンのキャッチミスしたこぼれ球を押し込んでネットを揺らす。一度はGKへのファールでノーゴールとなったが、ビデオ判定により得点が認められ、ドルトムントのリードは2点に広がった。

 後半に入ってケルンは大迫のポジションを上げて反撃に出る。逆にドルトムントにもチャンスが増え、58分には右サイドからのクロスに中央のフィリップがヘディングシュート。これはケルンDFルーカス・クリュンターが体を張ってブロックするが、ビデオ判定によりハンドを取られ、ドルトムントにPKが与えられた。

 59分、PKキッカーを務めたオーバメヤンがGKと逆のゴール左隅に突き刺し、追加点。さらに直後の60分にも右サイドを抜け出したウカシュ・ピシュチェクからのグラウンダークロスを、中央のオーバメヤンが右足で合わせて、リードを4点に広げた。

 ケルンは64分、マルコ・ヘーガーと大迫を下げて、ミロシュ・ヨイッチとフレデリク・ソーレンセンを投入し、5バックに変更した。ドルトムントは66分、ヤルモレンコとヌリ・シャヒンに代えて、クリスティアン・プリシッチとユリアン・ヴァイグルを送り出す。ヴァイグルは右足首骨折の離脱から4カ月ぶりに復帰を果たした。

 ドルトムントは69分、エリア手前中央のマフムド・ダフードが相手選手を1人交わしてスルーパス。エリア内左に抜け出したフィリップが飛び出したGKの頭上を越すループシュートを沈め、ダメ押しゴールを奪った。試合を決めたドルトムントは85分、オーバメヤンを下げてアレクサンデル・イサクを投入。9月21日に18歳となるイサクはブンデスリーガデビューを飾った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが5-0で完勝。開幕4戦無敗で首位をキープした。敗れたケルンは泥沼の4連敗となった。なお、大迫は64分までプレー。香川には出番が回ってこず、日本人対決は実現しなかった。

 ドルトムントは次節、20日にアウェイで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ケルンは同日に同代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトをホームに迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00643777-soccerk-socc

BVB 5_0 FC Köln 2017

   

サッカーゲームキング 2017年 12月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 12 月号 [雑誌]




Ads by amazon
SAMURAI SOCCER KING (サムライサッカーキング) 2017年 11月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊) ワールドサッカーダイジェスト 2017年 11/2 号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2017年 10/26 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 11 月号 [雑誌]
アスリート・Safari vol.18 (Safari 2017年12月増刊号) 月刊フットボリスタ 2017年11月号
技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する 長友佑都の食事革命
最新記事
【海外の反応】「日本戦は控えを..」日本代表と対戦するブラジルがネイマールら25名を招集!
【海外の反応】「予想外だ」ドルトムント、批判集まるGKビュルキとの契約延長を発表
【海外の反応】「恥を知れ」子供を抱えて選手の乱闘に加勢したエヴァートンサポに批判殺到!(動画あり)
【海外の反応】「日本だ」アジアで最も優れたサッカー選手達が揃っている国はどこ?<小ネタ>
【海外の反応】「爆笑した」アジア人のバルサファンがピケ退場を喜び話題に(動画あり)
【海外の反応】「よくやった」浦和レッズ、10年ぶりのACL決勝進出決定!フッキやオスカル擁する上海上港を撃破!
【海外の反応】「ほぼ終わった」香川、バー直撃のシュートも..ドルトムントはアポエル相手に痛恨ドロー(CL)
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱) 【Amazon.co.jp限定特典】ボトルネックストラップ 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR