NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「最適な後釜だ」ドルトムントがファブレと監督就任に向けた交渉を行っていると仏メディアが報道!

ドルトムント

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが今季限りでトーマス・トゥヘル監督を解任し、来季新監督としてフランスのリーグアン3位ニースのルシアン・ファブレ監督を招聘するため、交渉に突入した可能性が高まっている。フランスのラジオ局「ラジオ・モンテカルロ」が報じている。

 今季ニースを躍進に導いているスイス人のファブレ監督は、引く手数多の存在となっている。レバークーゼンから来季監督就任オファーを受けたが、これをすでに固辞。そして、ドルトムントトゥヘル監督の後任として招聘に動き、交渉を進めていると報じられている。

 昨季ユルゲン・クロップ監督の後任としてドルトムントにやってきたトゥヘル監督だが、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOと対立。対戦相手に応じてシステムを頻繁に変更し、勝ち点を失う試合も多く、ドイツ地元紙によれば戸惑いを見せる選手も出ているという。

 2018年6月まで契約を残しているトゥヘル監督だが、ドルトムント側が水面下でファブレ監督招聘に向けて交渉を進めていると報じられたことで、今季限りでチームを去るシナリオが現実味を帯びている。
バイエルンに対抗できる戦力に魅力か

 ファブレ監督の母国スイスの地元紙「トリビューン・ド・ジュネーブ」は、ファブレ監督がドルトムントからのオファーを受ける可能性を指摘。レバークーゼンのオファーは断ったが、ドルトムントには絶対王者バイエルンを撃破できる戦力が揃っており、魅力を感じているという。

 2007年から09年までヘルタ・ベルリンを、10年から15年までボルシアMGを指揮した経験を持つファブレ監督に対し、ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も慰留の方針を固めている。

 トゥヘル監督は昨季チームを2位に導き、今季はUEFAチャンピオンズリーグ8強進出に加え、リーグ戦は現在3位、DFBポカールも決勝進出を決めている。ビッグマッチで香川を先発起用しない傾向が散見するトゥヘル監督がチームを去るとなれば、ドルトムントが契約延長に動いている香川の去就問題にも大きな影響を与えそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170510-00010008-soccermzw-socc
BILD NENNT FÜNF MÖGLICHE NACHFOLGER

   

【海外の反応】「トゥヘルが退団したらドルトムントの後任監督は誰がいい?」

ドルトムント

ドイツメディアは8日、同国ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)を率いるトーマス・トゥヘル(Thomas Tuchel)監督が今季限りで退任する可能性があると報じた。

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴェツケ(Hans-Joachim Watzke)最高経営責任者(CEO)は先日、チームバスが爆発事件に遭遇した翌日に欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)準々決勝第1戦に臨んだ決断をめぐり、トゥヘル監督との関係が緊張感に包まれていると明かし、クラブ内での確執が表面化していた。

 チームが2-3でASモナコ(AS Monaco)に敗れた直後、43歳のトゥヘル監督は試合への出場に関する決断には「一切」関わっていないと主張したのに対し、ヴェツケCEOは事実ではないと反論していた。

 独紙ビルド(Bild)は8日、「ヴェツケCEOとの対立で、トゥヘル監督に勝ち目はない」と伝える一方で、地元紙WAZは、ドルトムントのラインハルト・ラウバル(Reinhard Rauball)会長が両者の対立を受けて同CEOを支持していると報道。同会長は複数メディアに対し、「ハンス・ヨアヒム・ヴェツケは、これまでずっと難しい状況に直面したときは、自分のことを考えるのではなく、クラブを第一に考えてきた」と語った。

 トゥヘル監督が2018年の契約満了を待たず、数週間のうちにクラブを離れるとみられるドルトムントは現在リーグ3位につけており、欧州チャンピオンズリーグの自動出場権獲得に近づいている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000004-jij_afp-socc
それに加え、匿名ながら、南ドイツ新聞はドルトムントの選手が「たとえ称賛を受けても、次節のベンチ外も覚悟しておかなくてはならない」と語ったことを伝えている。さらに「1試合のうちに何度もシステムを変えたり、45分の間に2度も戦術を変えたり、普通はそんなことはありえないよ」との発言も掲載。チーム内に生じる不協和音が不安視されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00585076-soccerk-socc
Should Thomas Tuchel leave Dortmund this summer, there are five potential candidates to replace him


   

【海外の反応】「トゥヘルを追い出そうとしている」ドルトムントのヴァツケCEO、トゥヘルとの衝突を試合前に認める

ドルトムント

先月11日に行われる予定だったチャンピオンズリーグ戦直前、ボルシア・ドルトムントのチームバスが爆破攻撃に遭い、試合は翌日に開催されることになった。独自でその決断を下したとし、UEFA(欧州サッカー連盟)を激しく批判したトーマス・トゥヘル監督だが、その反応にハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは戸惑いを覚えたという。

トゥヘル監督はモナコ戦後、試合が事件翌日に“延期”になったことについて「我々はまったく意見することができなかった。UEFAがスイスで決めたんだ。気分は良くないし、ただ無力感だけを覚えた」と怒りのコメントを残している。だが、そのUEFAの決断はドルトムント首脳陣側との協議に基づいて下されたものだった。その判断について問われたヴァツケCEOは、地元紙『レヴィア・シュポルト』でこのように話した。

「後から評価するのは簡単なものだよ。その時は3つの選択肢しかなかった。翌日にプレーするのか、試合を放棄し、0-3としての記録を受け入れるのか、それとも自らコンペティションから撤退するのか。後の2つの選択肢は検討したが、みんなの意見を聞かずに決めるには重すぎる決断だと考えた」

「それにそうしてほしいと誰も伝えてこなかった。翌日にもね。大会からの撤退は翌朝でも可能だった。だからこそその水曜日の午前中、私はチームと話し、彼らがプレーできないと思えば、それを午後までに伝えてほしいと言ったんだ。もちろん、監督にも同じように。それは当然のこと。しかし、そのような事態には一度も向かい合うことはなかった」

トゥヘル監督やプレーヤーたちがその翌日開催を批判したことに対し、ヴァツケCEOは戸惑ったかと聞かれると、「部分的に」と返答。さらにこの件で自身と監督との間で意見の食い違いがあったことを、「それは確かだ、イエス」と認めている。

トゥヘル監督の今以降の去就は今シーズン終了後に決められると言われてきた。ヴァツケCEOはこのインタビューで、監督に対する評価材料について「最終順位表は成績のようなもの。もちろん3位は4位より良い成績だ」「4位となれば、今シーズンの目標を達成できなかったことを意味する」とも語っている。今後の監督との話し合いでは重視するのは何かについては「公に語ることではない」としつつ、「分析的な話し合いは通常、スポーツ面に加え、戦略、コミュニケーション、信頼などに関するものだろう」とも話している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00000009-goal-socc

Antwort vom Dortmund-Trainer Tuchel-Frust nach Watzke-Interview

   

【海外の反応】「酷いレフリーだ」香川途中出場のドルトムント、疑惑の判定もありホッフェンハイムとの大一番に勝利!

ドルトムント

※追記しました
現地時間6日にブンデスリーガ第32節の試合が行われ、4位ドルトムント3位ホッフェンハイムと対戦。マルコ・ロイスなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170507-00010000-footballc-socc

C_JfpVkXcAAUELE.jpg

   

【海外の反応】「オーバメヤンの現実的な後釜って誰?」

ドルトムント

Aubameyang vor Einigung mit Paris

独紙『ビルト』は4日、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがパリ・サンジェルマン(PSG)と間もなく個人合意に達すると報じている。

 同紙によると、PSGのスポーツディレクターを務める元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏がオーバメヤンとパリ市内で会談を行い両者は合意間近であると伝えている。なお、PSGは27歳のストライカーに対し3年契約、年俸1400万ユーロ(約17億円)を提示しているようだ。

 ドルトムントには正式なオファーはまだ届いてないとのことだが、現地時間27日に行われるドイツカップ(DFBポカール)決勝の対フランクフルト戦後に交渉が行われる模様だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170505-00010011-footballc-socc
ドルトムントのフォーラム(英語)から海外の反応をまとめました

オーバメヤンがクラブから去るのなら、
 金を惜しむことなくストライカーに使う必要がある(純粋な点取り屋タイプ)
 ルカクは恐らくプレミアに残るだろう(チェルシー)
 ラカゼットはアトレティコへ行きそうだ
 次の候補はアルバロ・モラタにすべき
 (彼がドルトムントに来るのに興味があるのなら)
 
 ボビー・ウッドやモデストような選手は悲惨なことになると思う




 ・モデストなら素晴らしいよ
  ウッドの話はもう二度と持ち出すべきじゃない
  起こり得ないし、実現させるべきではない

  あと、うちは1選手に5000万ユーロも使わないだろうな
  モラタはマドリーが求めている価値には程遠い
  うちには経験と才能が必要、一挙両得だ




   ・モデストは29歳だよ・・・




    ・ジェコは31歳でカバーニは間もなくでメルテンスもだ
     遅咲きのフォワードを過小評価していけない




 ・もしドルトムントが他のクラブと争わないといけなかったら
  モラタ(加入の)可能性はとても低いよ
  クラブはすぐにタイトルを獲得するよりも
  未来へ向けてのプロジェクトを計画している

  モラタは優勝の可能性が高くて
  高給のチェルシーかユナイテッドを好むかもしれない
  あと、ロンドンとドルトムントを比較したら、
  ほとんどの人が選ぶのは分かるだろ

  あと、レアルを去ると思えない
  来季ベンゼマが放出されるかもしれないから


   

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】 ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌] フットボール批評issue16
サッカーダイジェスト 2017年 5/25 号 [雑誌] 高校サッカーダイジェスト(20) 2017年 6/23 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
月刊フットボリスタ 2017年6月号 グアルディオラ総論
サッカークリニック 2017年 06 月号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2017年 5/18 号 [雑誌]
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルメタルチャーム(イカ) 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR