NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「なぜだ?」バルサがデンベレ獲得に本腰!?ドルトムントとの交渉は99億円からスタートか

バルセロナ

今季ボルシア・ドルトムントで大ブレイクを果たしたフランス代表FWウスマン・デンベレ(20)はバルセロナに向かうことになるのだろうか。フランス誌『レキップ』がその可能性について報じている。

デンベレの代理人を務めるムサ・シソコ氏は「ウスマンはバカンス中だ。彼の将来をめぐるすべてのうわさにコメントすることはできない」と言及。クラブ名は明かさず「彼に興味を抱いているビッグクラブが複数存在することは知っている。彼の好パフォーマンスが評価されたということだ」と続けた。

『レキップ』によると、その“ビッグクラブ”のうち、最も具体的な関心を示しているのはバルセロナだという。2015-16シーズン、フランスのレンヌでトップチームに引き上げられたデンベレをすでに注視していたことが広く知られるバルセロナだが、選手本人も当時接触したことを認め、同クラブへの憧れを度々明かしている。デンベレは当時、早い段階から獲得に乗り出し、より出場機会を見込めるとしたドルトムントを選択。1500万ユーロ程度(当時のレートで約17億6000万円)の移籍金でドイツに向かった。

しかし、そんなバルセロナがここに来てドルトムントでの初シーズンで公式戦49試合に出場し10ゴール21アシストをマークしたデンベレの獲得を再び試みるとのこと。『レキップ』によれば、ドルトムントとの移籍金交渉は8000万ユーロ(約99億円)から開始するという。1年で5倍以上にも跳ね上がった移籍金でクラブ間の取引が成立するのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000026-goal-socc

LEquipe Barcelona will go all out for Ousmane Dembele

   

【ドイツの反応】「必要ではない」香川と韓国のメッシが同僚に!?ドルトムント、イ・スンウ獲得報道に懐疑的な現地サポーター

韓国・北朝鮮

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントバルセロナ下部組織の“韓国のメッシ”ことU-20韓国代表FWイ・スンウ(19)の獲得を考えているのかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

『ビルト』によると、ドルトムントのスカウトが先日まで韓国で開催されたFIFA U-20 ワールドカップでイ・スンウの調査のためにU-20韓国代表の試合を視察。ギニア戦で1ゴール1アシスト、アルゼンチン戦でも1ゴールを記録した同選手は力強い印象を残したという。

なお同紙はイ・スンウは2011年にバルセロナのアカデミーに加わり、2016-17ではUEFAユース・リーグで2ゴール2アシストをマークしたことも紹介。バルセロナのトップチームへの昇格は難しいと指摘しつつ、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティも注目する存在だと伝えている。

だが、来月に日本で浦和レッズ(7月15日)と、中国ではミラン(同18日)と対戦するドルトムントだが、『ビルト』曰くそのメンバーに「韓国のスーパータレントも加わることになるかもしれない」とのこと。欧州クラブが注目する逸材たちを積極的に確保してきたドルトムントは、実際にイ・スンウも加えようとするのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000008-goal-socc

Borussia Dortmund are interested in Barcelona younster Lee Seung-Woo

   

【海外の反応】「ジダン・レアルは史上最強のチームなのか?」

レアル・マドリー

今季リーグ戦、チャンピオンズリーグのダブルを達成したジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードの評価が異常なほど上昇している。

ジダンが指揮を執り始めたのは昨季途中からで、まだ1年半程度しか経っていない。しかしその間にレアルはチャンピオンズリーグを2度、リーグ戦、UEFAスーパーカップ、クラブワールドカップと多くのタイトルを獲得。チャンピオンズリーグでは史上初の連覇となり、今のチームはサッカー史に名を刻む成績を残している。

そこでスペイン『MARCA』は、「歴史上最高のチームはどれか」とアンケートを取っている。今回同メディアが候補に挙げたのはアリゴ・サッキ氏が率いた80年代後半から90年代前半のミラン、ヨハン・クライフ氏が率いたアヤックスとバルセロナ、ジョゼップ・グアルディオラが率いたバルセロナ、フランツ・ベッケンバウアー氏やゲルト・ミュラー氏が活躍した1970年代のバイエルン、1950年代にチャンピオンズカップ(今のチャンピオンズリーグ)を5連覇したレアル、そしてジダン率いる現在のレアルの7チームが候補だ。

その結果、最も票を集めたのは現在のレアルで62%、2番目に多かったのが5連覇時代のレアルで18%、次いでグアルディオラ率いる黄金期バルセロナで12%、その次がサッキ氏のミランで5%だった。ジダンのチームがチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げたばかりということもあって評価が急上昇している最中なのは事実だが、それでも非常に高く評価されている。
http://www.theworldmagazine.jp/20170607/01world/spain/134946Zinedine Zidane as Real Madrid manager Champions League Club World Cup UEFA Super Cup LaLiga A trophy once every 103 days


   

【海外の反応】U20日本代表、南米王者ウルグアイに敗戦(U20WC)

日本代表

※少し追記しました
U-20日本代表は24日、U-20W杯グループリーグ第2節でU-20ウルグアイ代表と対戦した。前半38分にウルグアイに先制を許した日本は、後半に猛攻を掛けたがウルグアイゴールをこじ開けることができず。試合終了間際にダメ押しゴールを奪われ、0-2の完封負けを喫した。1勝1敗となった日本は27日にグループリーグ第3節でイタリアと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-01640087-gekisaka-socc

Uruguay enfrenta este miércoles a Japón U20 world cup 2017

   

【海外の反応】「日本のメッシだ」乾貴士、日本人初バルセロナ戦で驚愕の2ゴール!世界が絶賛!

乾貴士

リーガ・エスパニョーラは21日、第38節を行い、MF乾貴士の所属するエイバルは敵地でバルセロナと対戦し、2-4で敗れた。乾は左サイドハーフで先発すると、前半7分に左足ボレーで先制点。後半16分にも再び左足ボレーで追加点を奪ったが、チームはその後4失点し、逆転負けを喫した。逆転優勝には勝って、首位のレアル・マドリーが負けることが条件だったバルセロナ。ホーム最終節で逆転勝利を飾ったものの、レアルも勝利したため、3連覇はならず、2位でシーズンを終えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-01639975-gekisaka-socc

Japan international Inui makes history with Barcelona goal

   

サッカーゲームキング 2017年 08月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 08 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカー戦術クロニクル ゼロ トータルフットボールの源流と未来 神に愛された西独製サッカースパイク
サッカーダイジェスト 2017年 7/13 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 08 月号 [雑誌]
サッカー戦術の教科書 戦術150年の歴史を読み解く思想史 ディエゴ・シメオネ 『信念 己に勝ち続けるという挑戦』
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 7/6 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 07 月号 [雑誌]
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18 RONALDO EDITION 【限定版同梱物】・STANDARD EDITION(通常版)より最大3日間の早期アクセス ・5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo ・ジャンボプレミアムゴールドパック20個(1 × 20週間) ・スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】A4クリアファイル 付

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR