NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「目の保養だ」宇佐美、1ゴール1アシストの大活躍!大逆転負けも現地サポが称賛!

宇佐美貴史

※タイトルを変更しました
フォルトゥナデュッセルドルフは0-3からの大逆転負けを喫したものの、宇佐美貴史は実に9試合ぶりに掴んだ先発出場のチャンスで、1ゴール・1アシストとしっかり結果を残した。
 
 現地時間2月23日に行なわれたブンデスリーガ2部の24節、レーゲンスブルク戦。開始3分に幸先良く先制したデュッセルドルフは、13分に追加点を奪う。右サイドで相手DFのクリアボールをカットした宇佐美が、すかさず中央へクロス。これをベニト・ラマンがきっちり押し込んだ。さらにその2分後、今度はフロリアン・ノイハウスのロングスルーパスに呼応した宇佐美が相手選手にボールを当てながらも抜け出し、GKの頭上を越すループショットを蹴り込む。今シーズン初の2戦連続弾を決め、チームメイトの手洗い祝福を受けた。
 
 痛恨だったのは、31分のシュートミスだ。ラマンのパスを受けてふたたびGKと1対1の絶好機を迎えるもブロックされ、2点目はならず。このあとチームが不甲斐なくも4失点を献上して大逆転負けした結果を考えれば、宇佐美が引導を渡し損ねたとも言えるだろう。
 
 それでも、地元メディアの評価はすこぶる高い。デュッセルドルフの地元紙『Westdeutsche Zeitung』は5段階評価(5が最低、1が最高)の選手採点で、宇佐美にチーム内最高の「2」を付けた。「ウサミはその能力がいかほどのものであるのかを示してみせた。彼に翻弄されたマルセル・ホフラートはわずか23分で交代させられてしまったのだから。2得点に絡んだあとの失敗は手痛かったが、それでも彼がこの日のフォルトゥナでベストだったのは疑いようがない」と評した。
 
 さらにサッカー専門誌『KICKER』は「2点目のアシストに繋がったクロスは見事だった。グングンと球足が伸び、ラマンにピタリと合わせた。ゴールも冷静にシュートを浮かせ、鮮烈なパフォーマンスを披露した」と称え、スポーツ紙『BILD』は「(ゴールは)よくキーパーの位置を見極めて決めた。(フリードヘルム・)フンケル監督の(先発させた)選択は正しかったようだ」と記している。
 
 貴重な同点ゴールを挙げながらも、前節終了後には指揮官から「もっと努力しなければならない」とまさかの注文を付けられた。今節もヒーローになり切れなかったが、湿りがちなフォルトゥナの攻撃を活性化させていたのは確かだろう。入団後初のフル出場と各メディアの高評価が、それを証明している。
 
 敗れたものの、フォルトゥナは自動昇格圏内の2位をキープ。ここにきて調子が上向きの宇佐美が、チームを終盤戦のラストスパートに導くか。俄然、面白くなってきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180224-00036046-sdigestw-socc

Regensburg 4-3 Dusseldorf Takashi Usami goal

   

【ドイツの反応】「並外れている」宇佐美、豪快ボレーでゴール!現地サポが称賛!

宇佐美貴史

ブンデスリーガ2部は17日、第23節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフはホームでグロイター・フュルトと対戦し、1-1で引き分けた。第21節ザントハウゼン戦で脳震盪を起こした原口は2戦連続でメンバー外。宇佐美は後半15分から途中出場し、後半31分に同点ゴールを叩き込んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-01650646-gekisaka-socc

Fortuna - Fürth 1_1 Usami rettet Fortuna einen Punkt

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」原口元気、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

原口元気

フォルトゥナデュッセルドルフは27日に行われたブンデスリーガ2部第20節でカイザースラウテルンに3-1と逆転勝利を収めた。初の先発出場で1ゴール1アシストを記録した日本代表MF原口元気が、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

1トップで出場した原口は序盤から積極的にゴールを狙う姿勢を見せ、0-1で迎えた62分にPKを獲得すると、このPKを自ら決めて試合を振り出しに。原口へのファウルにより相手GKが退場となったことでデュッセルドルフは優勢に立ち、78分には逆転に成功。さらに86分に原口のアシストからチーム3点目が生まれている。

初先発の原口が見せたパフォーマンスに対するドイツメディアの評価は高かった。『キッカー』は原口にチーム単独最高の「1.5」を与え、MOMにも選出。「原口元気は先発デビューでそのクオリティーを見せつけた。機敏な動きとトリッキーなプレーを見せながら、2ゴールに決定的な形で関与した」と寸評した。

地元紙『WZ』ではトップタイの「2」と評価し、「彼にとって不慣れのポジションでも可能な限りベストのパフォーマンスを出し、活発に動く上、ほとんどのシーンで広い視野を保っていた」と記している。また「フォルトゥナのベストプレーヤーだった」と実質MOM同様の評価を与えた。

『ライニシェ・ポスト』での評価は「2-(マイナス)」とここでもトップタイ。プレーについては「豊富な運動量を見せ、チームも彼にボールを集めようとした。たくさんのプレーで1部での経験が明確に表れた」と評価した。

なおFW宇佐美貴史は、86分からの出場となったため、各メディアの評価対象から外れている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000017-goal-socc

haraguchi goal assist agaisnt fc Kaiserslautern with usami

   

【ドイツの反応】「ピストルのようだ」原口元気、移籍後デビュー戦で宇佐美と共演!現地サポに好印象を与える!

原口元気

1月24日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第19節が行なわれ、デュッセルドルフは2-1でアウエを下した。

 首位のデュッセルドルフ(試合開始時は暫定3位)には2日前に原口元気ヘルタ・ベルリンからレンタルで加入し、このウインターブレイク明けの初戦でさっそくデビューを飾るかが注目されたが、試合開始は宇佐美貴史とともにベンチで迎えることになった。
 
 序盤は主導権をアウェーチームに握られ、その後も時折、危険な場面を迎えたデュッセルドルフだったが、15分あたりからは攻勢に立って再三相手ゴールに迫り、30分には混戦からラマンがGKの頭上を越す浮き球のシュートを決めて先制に成功する。
 
 時間の経過とともに勢いを増し、その後も30分、40分、44分と惜しい場面を迎えるなど、ホームチームが完全に試合を支配して前半を終えた。
 
 しかし、後半は立ち上がりからアウエが攻め続ける。そんななかで62分、原口がラマンに代わってピッチに登場。左サイドに入り、さっそく守備で奮闘するも、直後にスクーのクロスをスライディングで止めようとするも間に合わず、これがCBボジェクのオウンゴールを誘発し、デュッセルドルフは追い付かれた。
 
 嫌な流れになったものの、原口は気を取り直し、67分には強引なドリブルで中央に切れ込み、相手に掴まれて倒されながらも味方にパスを繋ぐなど、強さを見せる。
 
 そしてその2分後、FKからドリブルでペナルティーエリア内に侵入したMFノイハウスが倒されてPK獲得。これをヘニングスがゴールの天井に突き刺し、デュッセルドルフは勝ち越しに成功した。
 
 76分には、宇佐美がロブレンに代わって右サイドへ。これで日本人選手2人がピッチに立ち、両サイドを担うこととなった。
 
 宇佐美はピッチを幅広く動いて積極的に攻撃に絡み、CKではキッカーを務めて味方の惜しいシュートを引き出したりもした。一方の原口は、まだ初戦ということでリスクを犯すことはなく、無難なプレーに終始。ドリブルでの仕掛けも2度に止まった。
 
 90分、宇佐美はフィンクのスルーパスを受けて決定的なシュートを放つもコースが甘く、GKのセーブに遭って思わず頭を抱え込んだ。
 
 しかし、デュッセルドルフは1点のリードを守り切って後半戦白星スタート。勝点3を加えて首位をキープした。
 
 試合後は、チームメイトたちと喜びの抱擁を交わした原口と宇佐美。今後も揃ってピッチに立ち続けられるか、非常に楽しみである。彼らの次なる試合は26日、アウェーでのカイザースラウテルン戦である。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00035054-sdigestw-socc

haraguchi genki debut with usami takashi

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」宇佐美、弾丸シュートで今季2ゴール目!デュッセルドルフの首位キープに貢献

宇佐美貴史

フォルトゥナデュッセルドルフに所属するFW宇佐美貴史が、加入後2ゴール目をマークし、勝利に大きく貢献した。

デュッセルドルフは23日、ブンデスリーガ2部第8節でザンクト・パウリと対戦。宇佐美は加入後初となる先発出場を果たした。

左サイドのアタッカーとして出場した宇佐美は、開始9分に結果を残す。右サイドからのコーナーキックのこぼれ球をペナルティーエリア内から右足を豪快に振り抜く。ボールはゴール右上に突き刺さり、デュッセルドルフ待望の先制点を生み出した。加入後2点目をマークした宇佐美は58分までプレーしている。

その後、1点を奪い合ったものの、デュッセルドルフが辛くも2-1で逃げ切り、敵地で勝ち点3を手にした。勝ち点を19としたデュッセルドルフは再び首位へと浮上している。

なお、宇佐美は途中出場が続いていた中で、加入後初の先発出場で1ゴールをマークし、今後の出場機会増加につながりそうだ。次節は10月2日、デュイスブルクと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000030-goal-socc

usami goal against st_Pauli

   
アオアシ (21) (ビッグ コミックス) アオアシ (21) (ビッグ コミックス)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 8/20 号 GIANT KILLING(55) (モーニング KC)
FIFA 21【予約特典】最大3個のレアゴールドパック(毎週1個×3週) & カバー選手のレンタルアイテム(FUT5試合) & FUTアンバサダー選手ピック(FUT3試合の選手アイテム3個から1個を選択) 同梱 eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE
【完全保存版】リバプール 2019-20 プレミアリーグ優勝記念号 (footballista(フットボリスタ) 2020年9月号増刊) サッカーダイジェスト 2020年 8/13 号
ブルーロック(10) (講談社コミックス) BE BLUES!~青になれ~ (40)
最新記事
【海外の反応】「必見だ」菅原由勢、スーパーゴール!森岡亮太、値千金のゴールでベルギー王者を下す!
【海外の反応】「日本で無双してる」柏FWオルンガ、ベジクタシュに電撃移籍の可能性!?母国ケニアでも話題に!
【海外の反応】「恥ずかしいよ」レアル、痛恨ミス連発でシティに敗れCL敗退..
【海外の反応】「日本は違うわ」三浦知良、53歳の初出場に世界のファンが仰天!
外国人「久保建英はビジャレアルでスタメンになれるの?」【海外の反応】
【海外の反応】「輝くだろう」久保建英、ビジャレアル移籍で合意!現地紙が報道!海外のファンも興奮!
【フランスの反応】「昨季は偶然の事故」酒井宏樹、バイエルンのコマンを完封!一転マルセイユ残留希望報道!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23巻 フィギュア付き同梱版

FIFA 21 ULTIMATE EDITION【限定版同梱物】最大24個のレアゴールドパック & カバー選手のレンタルアイテム(FUT5試合) & キャリアモードの地元出身選手 & FUTアンバサダー選手ピック & スペシャルエディションのFUTユニフォームとスタジアムアイテム 同梱
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR