NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「フィジカルが..」U17日本代表、宮代のPKで1点返すもフランスに敗戦

日本代表

※追記しました
U-17W杯インド2017の第2戦が11日に行われ、U-17日本代表はインド・グワハティーの試合会場インディラ・ガンディー陸上競技場でU-17フランス代表と対戦し、1-2で敗れた。フランスは2連勝でグループステージ突破。U-17日本代表は1勝1敗で第3戦ニューカレドニア戦に臨む。

 日本は8日の第1戦ホンジュラス戦(6-1)から2人を入れ替え、MF奥野耕平(G大阪ユース)とDF馬場晴也(東京Vユース)の2人が先発入り。4-4-2のフォーメーションで、GKは谷晃生(G大阪ユース)、最終ラインは初先発となる馬場がDF小林友希(神戸U-18)とセンターバックを組み、DF菅原由勢(名古屋U-18)が右SB、MF喜田陽(C大阪U-18)が左SBに入った。福岡に代わって先発した奥野がMF平川怜(FC東京U-18)とボランチのコンビを組む。前線のユニットに入れ替えはなく、2列目は右にFW中村敬斗(三菱養和SCユース)、左にMF上月壮一郎(京都U-18)が入り、FW久保建英(FC東京U-18)とFW宮代大聖(川崎F U-18)がツートップを形成した。

 日本は立ち上がりからフランスの“大砲”9番のFWアミン・グイリ(リヨン)に苦戦し、立て続けに決定的なシュートを浴びる。守備陣は突破を止められずに後手を踏み、前半13分、カウンターから先制点を献上してしまう。ロングフィード1本で完全に裏を取ったグイリが馬場を振り切ってそのままエリア内に進入。右足を振り抜くと、至近距離でGK谷が右足にぶつけて防いだボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。

 日本はパスがつながらず、なかなか攻撃の形をつくれなかったが、後半29分、久保からのパスを受けた平川がドリブルで運び、PA手前から左足で低めのシュート。しかし、攻撃は単発でその後も守備に追われる展開が続き、グイリや10番MFマクサンス・カクレ(リヨン)の個人技からフィニッシュまで持ち込まれたが、GK谷を中心になんとか耐えしのぐ。久保や上月の果敢な突破はフランスの固いブロックに跳ね返され、セットプレーのチャンスも生かせず、0-1で前半を折り返した。

 後半開始と同時に日本は最初の交代カードを切り、馬場に代えてDF鈴木冬一(C大阪U-18)を投入。鈴木は左サイドバックに入り、喜田は右サイドバックにシフト、菅原がセンターバックに入った。久保のドリブル突破もフランスの守備網を崩せず、攻め手を欠いた日本は後半23分、2人目の交代枠で中村を下げてFW山田寛人(C大阪U-18)をピッチに送り込んだ。

 しかし、次の1点を取ったのはフランスだった。MFヤシン・アドゥリ(パリSG)とのパス交換から鮮やかに崩したグイリが右足で連続ゴール。0-2に突き放された日本だったが、このままでは終われない。後半27分、宮代が相手DFに倒され、PKのチャンスを獲得する。自らキッカーを務めると、右足で冷静にGKの逆を突いてゴール右隅に沈め、1点を返した。

 後半41分、日本は上月を下げて椿直起(横浜FMユース)を投入し、交代枠を使い切る。終了間際は現地インドのファンから盛大な「ニッポン」コールが湧いたが、スコアはそのまま動かず、1-2で敗戦。U-17日本代表は1勝1敗で第3戦ニューカレドニア戦に臨む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-01645046-gekisaka-socc

Kubo of Japan and Claudio Gomes of France battle for the ball

   

【海外の反応】「あり得ない」バルセロナがプレミア参戦!?カタルーニャ独立で仰天プランも

バルセロナ

バルセロナが、騒然としている。
 
 10月1日、以前から公言していた通り、スペイン北東部のカタルーニャ州は独立の賛否を問う住民投票を実施する。これを違憲と見なしているスペイン政府は、投票自体を阻止せんとおよそ1万人の警察官や特殊部隊を投入。各投票場の閉鎖を画策しており、すでにデモ隊との衝突がそこかしこで起こっている。
 
 国内メディアの大方の予想は、投票は結果的に実施され、独立が大勢を占めるというもの。もしそうなれば、カタルーニャ州政府は48時間以内に独立を宣言するだろう。
 
 サッカーファンにとって気になるのは、カタルーニャ州に本拠地を置くバルセロナ、エスパニョール、ジローナの3クラブが、リーガ・エスパニョーラから離脱するのか否かだ。米スポーツ専門チャンネル『ESPN』が、同州のスポーツ大臣、ジェラール・フィゲラスの見解を掲載している。
 
「どのような結果になるかは分からないが、独立に傾いた場合、プロフェッショナル・クラブは決断を迫られるだろう。とくに、バルサがそうだ。要はどのリーグでプレーしたいのかを示さなければいけない。スペインなのか、他の国なのか。イタリア、フランス、あるいはプレミアリーグなのか。すべての交渉はそこから始まる
 
 リーガのハビエル・テバス会長は、「もし独立となれば、カタルーニャの3クラブはラ・リーガに在籍することはできない」と断言。だがフィゲラス大臣は、「あくまで彼の個人的な考えだ」と反論し、「さまざまな契約事項や経済的な損失などすべてをよく吟味し、そのうえで、他のラ・リーガのクラブに意見を聞かなければならない」と語った。
 
 一連の動向を受けて『ESPN』は、「バルサはレアル・マドリーとともに莫大な収益をリーガにもたらしており、テバス会長も本心では収入の激減を望んではいない。どこかに着地点を見出すはずで、バルサもリーガにとどまれると考えているはずだ。フランスにおけるモナコ、イングランド・リーグに参戦しているウェールズのクラブのような位置づけになるのではないか」と予測した。
 
 エル・クラシコがこの世からなくなるなど、想像もしたくないが……。
 
 ちなみにカタルーニャ州は3年前にも、法的拘束力のない住民投票を実施。投票率は30%程度と低かったが、8割近くが独立を支持した。今回は法的拘束力があると主張したうえでの、即日開票となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00030551-sdigestw-socc

MAIN-Lionel-Messi-Luis-Suarez-and-the-Premier-League-logo.jpg

   

【海外の反応】「羨ましい」フランスの始球式は一味違った(動画あり)

ネタ系

リーグアン第7節、マルセイユはホームでのトゥールーズ戦に2-0で勝利した。
日本代表DF酒井宏樹もフル出場したヴェロドロームでの一戦では、珍しいシーンもあった。キックオフ前に1人のファンがピッチに現れると、ゴールまで決めたのだ。
Marseille fan (selected for the kick-off) scores a goal before Marseille-Toulouse

この方は、マルセイユファンであるカメル・ザルアルさん(36歳)。
彼はヴェロドロームで試合を見たいという夢を持つ障害を抱えた子供たちへのチャリティ資金を募るために、出身地のアルルからアミアン(先週マルセイユが試合をした相手)までを自転車で走破。さらに今度はアミアンからマルセイユまで自転車で駆け付けたそうで、その走行距離はなんと1800km!1日9~10時間も自転車をこいでいたそう…。
そして、マルセイユはそんな彼をスタジアムに招待していたというわけ。ザルアルさんはゴールを決めた後、感極まった様子で涙も浮かべていた。 qoly

   

【フランスの反応】「スーパーな試合をした」酒井宏樹、高速クロスでアシスト!現地マルセイユサポが高評価!

酒井宏樹

リーグ1は17日に第6節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でアミアンと対戦し、2ー0で勝利した。右サイドバックの酒井はリーグ戦2試合ぶりにフル出場。後半8分に今季初のアシストを記録した。

 14日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節・コンヤスポル戦(1-0)を勝利で飾ったマルセイユは、従来の4-3-3から4-2-3-1を採用。復調を見せているFWディミトリ・パイェをトップ下に配置した。前半は互いにチャンスをつくるが0-0で折り返す。すると後半に入り、酒井が得意の高速クロスからアシストを決めた。

 後半8分、パイェのスルーパスに反応した酒井が右サイドを突破。高速クロスをPA内に放つと、相手DFとともに走り込んだMFクリントン・エンジーがお腹で押し込み、先制点を決めた。酒井は3月1日のクープ・ドゥ・フランス(国内杯)ラウンド16・モナコ戦(延長3-4)以来、約半年ぶりのアシストとなった。

 均衡を破ったマルセイユは後半10分にも追加点。左サイドからパイェのパスを受けたMFフロリアン・トバンがPA中央に進入して右に走るエンジーにパスを出すと、エンジーは勢いよく右足シュートを放ち2点目を決めた。そのままリードを守ったマルセイユが2-0で勝利。連敗を脱出してリーグ戦4試合ぶりの白星となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-01644200-gekisaka-socc

Hiroki Sakais cross led to a goal assist Amiens

   

【フランスの反応】「本物のサムライだ」酒井宏樹、英メディアのELベスト11に選出!現地サポから称賛殺到!

酒井宏樹

欧州リーグ1次リーグ第1節 I組 マルセイユ1―0コンヤスポル ( 2017年9月14日 )

マルセイユの日本代表DF酒井宏が決勝点の“起点”となった。

 左サイドから中に切り込んで中央のパイエにパス。パイエのシュートから獲得した左CKで後半3分に得点が生まれた。同20分にはGKと1対1になりシュート。強さが足りずに阻まれ「凄くいいボールだったし、完璧なトラップだった。ああいうところは決めないと」と頭を抱えたが、見せ場をつくった。

 10日のレンヌ戦は先発も前半途中に交代。「今回はアシストやゴールなどでしっかり結果を出したかった」と果敢な姿勢を貫いた。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/09/16/kiji/20170915s00002028559000c.html

Hiroki Sakai est dans léquipe type dEuropa League selon les statistiques et les notes

   

サッカーゲームキング 2017年 12月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 12 月号 [雑誌]




Ads by amazon
SAMURAI SOCCER KING (サムライサッカーキング) 2017年 11月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊) ワールドサッカーダイジェスト 2017年 11/2 号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2017年 10/26 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2017年 11 月号 [雑誌]
アスリート・Safari vol.18 (Safari 2017年12月増刊号) 月刊フットボリスタ 2017年11月号
技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する 長友佑都の食事革命
最新記事
イタリア人「感動した」長友佑都、宿敵封じ現地インテルサポから称賛の嵐!【海外の反応】
【海外の反応】「日本のリネカーみたいだ」岡崎慎司、今季4ゴール目!現地レスターサポが絶賛!
【海外の反応】香川途中出場のドルトムント、フランクフルトに2点差を追いつかれ痛恨ドロー
【海外の反応】「日本戦は控えを..」日本代表と対戦するブラジルがネイマールら25名を招集!
【海外の反応】「予想外だ」ドルトムント、批判集まるGKビュルキとの契約延長を発表
【海外の反応】「恥を知れ」子供を抱えて選手の乱闘に加勢したエヴァートンサポに批判殺到!(動画あり)
【海外の反応】「日本だ」アジアで最も優れたサッカー選手達が揃っている国はどこ?<小ネタ>
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱) 【Amazon.co.jp限定特典】ボトルネックストラップ 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR