NO FOOTY NO LIFE



イングランド人「恥ずかしい」CLベスト8が出揃う..プレミアからはレスターだけというまさかの事態に【海外の反応】

チャンピオンズリーグ

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの2試合が15日に行われ、準々決勝進出8クラブが出揃った。

 国別で見ると、最多3クラブがベスト8に名を連ねたのはスペイン。2連覇を狙うレアル・マドリードはナポリ(イタリア)を2試合合計6-2で撃破し、危なげなく突破を決めた。バルセロナはパリ・サンジェルマン(フランス)ファーストレグで0-4と大敗を喫したが、ホームでのセカンドレグで6-1と大勝を収め、CL史上にも残る大逆転で準々決勝進出。そしてアトレティコ・マドリードは、レヴァークーゼン(ドイツ)を下して4年連続でベスト8へ駒を進めた。

 また、ドイツ勢も2クラブがベスト8進出を決めた。バイエルンはアーセナル(イングランド)にファーストレグ、セカンドレグともに5-1と大勝を収めて6年連続で準々決勝進出。日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはベンフィカ(ポルトガル)にファーストレグで敗れたものの、セカンドレグで4-0と大勝して逆転での突破を決めた。

 初の準々決勝進出を果たしたのは、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(イングランド)。敵地でのファーストレグでは1-2とセビージャ(スペイン)に敗れたが、ホームでのセカンドレグで2-0と完封勝利。初出場のCLでベスト8にまで進む快進撃を見せている。

 その他、ポルト(ポルトガル)に連勝したユヴェントス(イタリア)が準々決勝に進出。また、マンチェスター・C(イングランド)と2戦合計6-6と激しい打ち合いを演じたモナコ(フランス)はアウェイゴールの差で突破を決めた。

 なお、準々決勝は4月11日と12日にファーストレグ、同18日と19日にセカンドレグを行う予定。組み合わせ抽選会は今月17日に行われる。

 2016-17シーズンのCL準々決勝進出を決めた8クラブは以下のとおり。

バルセロナ(スペイン)
レアル・マドリード(スペイン)
アトレティコ・マドリード(スペイン)
バイエルン(ドイツ)
ドルトムント(ドイツ)
レスター(イングランド)
ユヴェントス(イタリア)
モナコ(フランス)      SOCCER KING

Champions League Quarter Finalists 2017

   

イタリア「もうそろそろだ」プレミアが4位転落寸前..UEFAリーグランキングでセリエAが迫る【海外の反応】

チャンピオンズリーグ

Coefficient Update Italy narrows the gap with England, separated by less than 0_1 point
http://jp.uefa.com/memberassociations/uefarankings/country/


   

【海外の反応】「とてつもない」吉田が完封で岡崎との日本人対決を制す!現地サウサンプトンサポーターから称賛相次ぐ!

吉田麻也

※試合後の反応を追記しました
プレミアリーグ第22節のサウサンプトンレスター・シティが22日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた。

ボトム10に沈む両チーム。レスターに至っては残留争いに巻き込まれている。なんとか現状を抜け出すためにも勝ち点3がほしい試合で、レスターの岡崎慎司サウサンプトン吉田麻也はいずれも先発出場した。

序盤からホームのサウサンプトンがリズムよく試合を進めていく中、26分に先制点が生まれた。セインツは右サイドを崩すと、グラウンダーのクロスボールにジェームズ・ウォード・プラウズが右足で合わせてゴールネットを揺さぶった。

畳み掛けるサウサンプトンは39分、左サイドで得たセットプレーでゴール前に上がったクロスに吉田が反応。相手との競り合いでこぼれたところにジェイ・ロドリゲスが詰め、2点目を決めた。

巻き返したいレスターだったが、なかなか攻撃の形を作れずに局面を打開できない。逆に59分、バックパスをカットされて決定的なピンチを招くなど、リズムを作れなかった。

ようやく71分、右サイドに開いたアメード・ムサのクロスボールをロベルト・フートが落とし、最後はウェズ・モーガンが詰めるが、うまく当てることができずにゴールは生まれなかった。

すると86分、サウサンプトンはPKを獲得すると、ドゥシャン・タディッチがしっかり決めてリードを3点に広げた。

結局、試合は3−0でサウサンプトンが勝利し、勝ち点3を積み重ねた。なお、吉田はフル出場、岡崎は63分にピッチから退いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000021-goal-socc

yoshida vs okazaki 3_0

   

【海外の反応】「一流の選手だ」インテル長友獲得報道にプレミアのバーンリーサポは期待を膨らませる

長友佑都

インテルに所属する日本代表DF長友佑都プレミアリーグのバーンリーが強い関心を抱いていることがわかった。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が18日に伝えている。

 同メディアによると、バーンリーは長友を高く評価。400万ユーロ(約4億9000万円)が一般的に見られる長友の評価額だが、バーンリーはその倍の価格である800万ユーロ(約9億8000万円)のオファーを用意していると伝えられた。

 バーンリープレミアリーグ第21節終了時点で10位に位置しており、17日に行われたFAカップではサンダーランドを2-0で下して4回戦へと駒を進めている。

 長友は今シーズン、第20節までを消化したセリエAで、わずか7試合の出場にとどまっている。また、17日に行われたコッパ・イタリア5回戦では先発出場の可能性が高いと予想されていたが、出場機会は与えられず、7シーズン目を迎えたインテルで厳しい状況に立たされている。

 なお、同選手についてはサンプドリアからの関心も伝えられており、今月31日に閉幕する移籍市場においてその動向が注視されている。-サッカーキング-

Yuto Nagatomo and his agent currently stalling on Burnleys wage offer

   

海外の反応「素晴らしい補強だ」「劣化してる」本田圭佑獲得に新たなプレミアクラブが興味を示す!現地ワトフォードサポの意見は分かれる

本田圭佑

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑プレミアリーグのワトフォードが興味を示しているようだ。イタリア『ミランニュース』が報じた。

本田の今シーズンが苦しいものとなっていることは周知の事実だ。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任し、ミランは17試合で勝ち点33と悪くない成績を残している一方、本田の出場時間はここまで96分となっている。昨シーズンまではレギュラーとしてプレーしていただけに不満を抱えていることは明らかで、冬の移籍は濃厚だ。

日本人プレーメーカーにはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のチームやサンダーランド、中国クラブが興味を示していたが、新たにワトフォードも獲得を狙い始めたようだ。ワトフォードを率いるイタリア人指揮官ワルテル・マッツァーリは本田のリーダーシップを評価し、チームに加えたいと考えているという。

ワトフォードは現在、プレミアリーグで20試合を終えて勝ち点22。14位につけているが、冬の移籍市場で本田はプレミアリーグ入りすることになるのだろうか。goal.com

january-transfers-keisuke-honda_watford.jpg

   

サッカーゲームキング 2017年 05月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 05 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 4/13 号 [雑誌] CALCiO (カルチョ) 2002 特別号『セリエA英雄の系譜』 2017年 5/21号 [雑誌] (サッカーゲームキング増刊)
選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論 月刊サッカーマガジン 2017年 05 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 4/6 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2017年4月号
サッカー批評(85) (双葉社スーパームック) 守り方を知らない日本人 日本サッカーを世界トップへ導く守備のセオリー
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR