NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「負けた気分だ」ドルトムント、痛恨PK献上で連勝が6でストップ

ドルトムント

ブンデスリーガは27日に第9節が行われ、ドルトムントヘルタ・ベルリンと対戦した。

今季開幕から公式戦12試合で10勝2分、未だ無敗を維持するドルトムント。さらに直近6試合で26ゴールと、攻撃陣が大爆発中。最高の状態で本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに、今季リーグ戦で王者バイエルンに勝利しているヘルタを迎えた。

先日のアトレティコ・マドリー戦(4-0)に続き、この試合でもゲッツェが最前線に。2列目はサンチョ、ロイス、ゲレイロが入った。なお、香川真司はベンチ外となっている。

立ち上がりから攻勢に出るドルトムントは、4分に連携からエリア内にロイスが飛び出しシュート。GKにブロックされたが、こぼれ球をサンチョが叩くなど、決定機を作っていく。16分には、サイドチェンジからハキミがミドルシュート。相手に当たって枠のわずか右に逸れていった。

主導権を握るドルトムントは、18分にネットを揺らす。ダフードがエリア内でパスコースを作ってロイスに送ると、最後はサンチョがおしゃれにヒールで流し込んだ。しかし、これはロイスの位置がオフサイドだったとして無効になった。

それでも緊張の糸が切れないドルトムントは、27分に今度こそ先制に成功する。自陣からのビルドアップで左に展開すると、飛び出したゲッツェがエリア内でGKをひきつけてラストパス。これをサンチョが押し込んだ。良い流れのまま、ホームチームが先手を取る。

ドルトムントが主導権を握る中で試合は進んでいったが、ヘルタは39分にドゥダのミドルで相手ゴールを脅かすと、41分に追いつく。ドルトムントのサイドチェンジをカットすると、カウンターを発動。左サイドのミッテルシュタットがパスを送ると、走り込んでいたカルーがトラップからネットを揺らした。試合は振り出しに戻る。前半は1-1で折り返した。

後半は互いにゴール前に迫る展開が続く。55分にはエリア内でロイスが倒されたと思われたが、ビデオ判定の結果ボックス外の判定でFKに。ロイスが直接ねらったが、枠の上に外れた。続く57分には、ヴィッツェルがドリブルで運んでハキミにパスを送ったが、シュートが枠をとらえない。

すると60分、ドルトムントは勝ち越しに成功。左サイドのワンツーでエリア手前に侵入したハキミが、ロイスにパスを送る。背番号11は触りきれなかったが、走り込んでいたサンチョ押し込んだ。

この日2ゴールを挙げたサンチョは、71分にお役御免に。プリシッチと交代した。ピッチに下がる際には、スタンドのファンはスタンディングオベーションで迎えている。攻め続けるドルトムントは、79分にゲレイロがGKとの一対一を迎える。ここはストップされた。

終盤にエリア内でヘディングを許したが、GKビュルキがファインセーブ。その後FKで飛び出したビュルキが触りきれず、ゴールは無人となったが、カルーのシュートはディアロが顔面でブロックした。

しかし、ドルトムントは90分にPKを献上。ザカドゥがゼルケを倒してしまう。キッカーのカルーは冷静にネットを揺らした。

結局試合はこのまま終了。2-2の引き分けに終わった。

この結果、ドルトムントの公式戦の連勝は「6」でストップ。決定機は数多くあったが、手痛い引き分けとなっている。なお、直近の7試合でのゴール数は28ゴールとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000026-goal-socc

Borussia Dortmund 2-2 Hertha BSC 2018

   

【ドイツの反応】「ずば抜けていた」香川がヘディングでゴール!現地サポが高評価!(ヘルタ戦)

香川真司

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第19節が19日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイで、MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦した。香川は5試合連続の先発出場で右インサイドハーフに入り、原口は後半戦開幕から2試合連続でメンバー外となった。

 スコアレスドローに終わった前節に続き、エースのFWピエール・エメリク・オーバメヤンが2試合連続で招集外となったドルトムント。先に主導権を握り、14分には香川がクリスティアン・プリシッチのクロスに頭で合わせるが、これはクロスバー上に大きく外れた。

 対するヘルタは堅い守備で流れを手繰り寄せると、セットプレーから相手ゴールに迫る。21分にマルヴィン・プラッテンハルトがエリア手前左からのFKで、30分にはヴァレンティーノ・ラザロが左サイドからのFKで直接狙うが、いずれもわずかに枠を逸れる。33分には左CKからニクラス・シュタークがヘディングシュートを打つが、これも枠を捉えられなかった。

 試合が動いたのは後半立ち上がりの46分、右サイドのラザロがオンドレイ・ドゥダとのワンツーからグラウンダークロスを送ると、ファーに流れたダヴィー・ゼルケが左足で流し込み、ヘルタが先制に成功した。

 1点を追うドルトムントは57分、プリシッチが巧みなステップでエリア内右に侵入し、強烈な右足シュートを放つが、相手GKに阻まれる。60分にはエリア内中央の香川が左サイドからのクロスを右足で叩きつけるが、シュートに威力がなく、ゴールには結びつかなかった。

 追加点を狙うヘルタは63分、サロモン・カルーがエリア内左に抜け出しシュートを放つと、ゴール前に走り込んだオンドレイ・ドゥダが押し込んでゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 ドルトムントの反撃が実ったのは71分。ジェイドン・サンチョがエリア内左に切り込み、クロスを送ると、ゴール前右でフリーの香川がダイビングヘッドで押し込み、同点ゴールを決めた。

 これで勢いに乗るドルトムントは85分にジェレミー・トリアンがエリア手前左から強烈なミドルシュート、86分には香川から絶妙なパスを受けたイサクが胸トラップからシュートを放つが、いずれもゴールには至らない。

 試合はこのまま終了し、ドルトムントは後半戦開幕から2試合連続のドロー。ヘルタも2試合連続未勝利となった。なお、香川はフル出場し、ドルトムントの新年第1号となる1ゴールを記録した。

 ヘルタは次節、27日にアウェイでブレーメンと対戦。ドルトムントは同日にフライブルクをホームに迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00704232-soccerk-socc

Kagawa header cancels out Selke strike in Berlin, but Dortmund struggle to convert chances without Aubameyang

   

【海外の反応】「デンベレは必要ない」香川途中出場のドルトムント、ヘルタに勝利で開幕2連勝!

ドルトムント

※追記しました
ブンデスリーガは26日、第2節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでFW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、2-0で快勝した。香川、原口はともに開幕から2試合連続でベンチスタートとなり、原口は後半13分から、香川は後半18分から途中出場。両選手は今後、帰国して日本代表に合流し、31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉)、9月5日の同サウジアラビア戦(ジッダ)に臨む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-01643394-gekisaka-socc

DILM6doWAAEf8gl.jpg

   

【海外の反応】「信じられない」原口元気、プレミアに電撃移籍か!?候補にブライトンが再浮上!

原口元気

ヘルタの日本代表FW原口が、代表合流前に電撃移籍する可能性が浮上した。23日付のドイツ地元紙「ベルリナー・モルゲンポスト」は具体的なクラブ名こそ挙げていないが、原口には国内外を含め3クラブほどが獲得に興味を示しており、今夏での移籍の可能性が高いと報じた。

 複数の関係者によれば、そのクラブの一つが以前から獲得に興味を持つ、今季プレミアリーグに昇格したブライトンで、電撃移籍となれば“プレミア戦士”として代表に合流することになる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000050-spnannex-socc

Genki Haraguchi celebrating the opener in the first half

   

【海外の反応】「日本人と契約したら..」原口元気、夢のプレミア移籍が濃厚に!現地ブライトンサポはどう見ているのか?

原口元気

3年間ヘルタでプレーしていた原口はイングランドへ。ヘルタもすでに代役の獲得に近づく。

日本代表FW原口元気は今夏にヘルタ・ベルリンを去ることになりそうだ。ドイツ誌『キッカー』によると、原口はプレミアリーグへの昇格を決めたブライトン&ホヴ・アルビオンと交渉に入ったという。

原口は2016-17シーズン、ヘルタで好調なスタートを切り、主力選手の1人としてチームをけん引する存在となっていた。だが昨秋以来は調子を落とし、ベンチを温める試合も増えていた。そんななか、クラブから今月上旬には2018年までとなっている現行契約の延長オファーが届いていたところだ。

そのオファーに対し、ヘルタ側は原口に10日間の期限を設けたと伝えられている。だが、新たな報道によると、原口は2021年までと見られるオファーに応じず、「イングランドへの移籍という夢見ている」(『ビルト』)とヘルタを去る決断を下したとのこと。そして、その夢が実現に迫っている模様。『キッカー』による22日付の報道によれば、原口はブライトン&ホヴ・アルビオンとの契約交渉に入っており、合意に近づいているという。

なおクラブ間の移籍交渉については明らかになっていないが、ヘルタはすでに代役としてインゴルシュタットからオーストラリア代表FWマシュー・レッキー(26)の獲得に動き出しているため、原口の退団を認めるとされている。-goal.com-

haraguchi genki scored against Stuttgart 2_1

   

サッカーゲームキング 2018年 12月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 12 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2018年 11/22 号 [雑誌] サッカークリニック2018年12月号 特集「ドリブル強化書」
月刊フットボリスタ 2018年12月号 日本代表とMr.Children
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 11/15 号 [雑誌] GIANT KILLING(49) (モーニング KC)
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ 耐心力 重圧をコントロールする術がある
最新記事
【ベルギーの反応】「凄すぎる」鎌田大地、2ゴールの大暴れ!9試合8ゴール!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「ありがとう」本田圭佑監督率いるカンボジア代表、4失点で逆転負け..カンボジア人からは感謝の声も..
【オランダの反応】「格が違う」堂安律、ビッグクラブによる争奪戦に!?クラブ幹部は移籍を容認か
【オーストリアの反応】「夢のようだ」南野拓実、3人抜きからゴール!現地サポが絶賛!(オーストリア・ウィーン戦)
【海外の反応】「ロッベンみたいだ」堂安律、スーパーゴール!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「ワールドクラスだ」本田圭佑、今季2ゴール目!4試合2G3Aの活躍!現地サポから称賛殺到!
【ドイツの反応】「スーパーだ」宇佐美貴史、ゴラッソで今季初ゴール!現地サポが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR