NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「違いを作った」香川、今季初出場!ドルトムントはクラブ・ブルージュに土壇場で勝利!

香川真司

※追記しました
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が18日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでクラブ・ブルージュに1-0で勝利した。。今シーズン初のベンチ入りを果たした香川は、62分から途中出場し、トップ下でプレーした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00834007-soccerk-socc

Kagawa in action vs Club Brugge 1_0

   

【ドイツの反応】「香川とゲッツェを使ってくれ!」ドルトムントサポから待望論が噴出!

ドルトムント

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司は今季公式戦初出場となるのだろうか。
 ドルトムントは現地時間14日、ブンデスリーガ第3節で長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦する。試合に先立ちドルトムントの公式ホームページでは先発予想メンバ―を掲載し4-3-3のフォーメーション臨むことが想定されているなか香川の名前はマハムート・ダフートと共に掲載されている事からスタメンの可能性もある。
Pre Game Thread Eintracht Frankfurt (Buli #03)
一方、独誌『キッカー』は香川を先発から外している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180914-00289368-footballc-socc

Possible lineup Eintracht Frankfurt (Buli #03) 2018

   

【海外の反応】「吉田を戻すんだ!」吉田麻也のスタメン復帰待望論が現地サポから続出!

吉田麻也

プレミアリーグは18日、第2節を各地で行った。DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でエバートンと対戦し、1-2で敗れた。前節ベンチ外だった吉田はベンチスタートとなったが、出番はなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-01685547-gekisaka-socc

Southamptons Maya Yoshida and Pierre-Emile Hojbjerg

   

【海外の反応】「岡崎を出せよ」レスター指揮官の采配に現地サポから不満続出!

岡崎慎司

シーズン途中からクレイグ・シェイクスピアに代わってレスター・シティの指揮を執るクロード・ピュエルは、これまでチームの鉄板スタイルだった[4-4-2]を採用しないケースも目立つ。相手の方が格上と判断した場合には中盤を厚くした[4-1-4-1]や[4-4-1-1]を採用するケースが多く、その場合はジェイミー・バーディを最前線に1枚配することになる。その影響もあってピュエル就任以降は日本代表FW岡崎慎司のスタメン出場が1試合しかない状態となっている。

1トップで固定されると岡崎を起用しづらくなるため、2トップを採用しない場合は岡崎のベンチスタートは続くかもしれない。しかし、地元紙『Leicester Mercury』は岡崎がチームに与えるエネルギーが不足してしまうことを懸念しているようだ。

24日のウェストハム戦は前半8分にマルク・オルブライトンのゴールで幸先よく先制したが、前半終了間際に追いつかれてしまった。同メディアは後半のレスターの動きが鈍かったと捉えており、ベンチに座っていた岡崎を投入する案は存在しなかったのかと主張している。

同メディアは「ロンドン・スタジアムで後半は活力の部分で苦労した。ピュエルは岡崎のエネルギーに頼るかと思われたが、日本代表の岡崎はベンチのままだった」と伝えており、後半終了間際にイスラム・スリマニが投入されるまでアタッカーの交代がなかったことを残念に思っているようだ。

加えて岡崎のことを「レスターを滑らかに作動させるために重要な歯車」と表現しており、前線から100%のエネルギーで相手を追い回してくれる岡崎の必要性も訴えている。近年のレスターの成功は岡崎とバーディの2トップを軸にしたコンパクトなサッカーにあったのだが、ピュエルは今後岡崎をどう起用していくつもりなのか。今季の岡崎は序盤から得点も順調に重ねていただけに、今後もベンチの状態が続くならサポーターも疑問に感じるだろう。
https://www.theworldmagazine.jp/20171127/01world/england/188438

okazaki shinji no use West Ham post match 1-1

   

【海外の反応】「厳しいよ」岡崎と吉田の“驚き“の先発落ちに現地サポから同情の声

岡崎慎司

イングランド・プレミアリーグは29日に第10節が行われ、レスターはエヴァートンに2-0と勝利した。クロード・ピュエル新体制の初陣で、FW岡崎慎司ベンチスタートとなったことに、地元紙『レスター・マーキュリー』も「サプライズだ」と伝えている。

ホームにエヴァートンを迎えた一戦で、レスターは普段の4-4-2から4-2-3-1にフォーメーションを変更。MFリヤド・マフレズがトップ下に入り、サイドハーフには若手のDFベン・チルウェルとMFデマライ・グレイが入り、岡崎とMFマーク・オルブライトンはベンチスタートとなった。

ピュエル監督のこの采配は功を奏し、グレイは29分にチームの2点目となるゴール挙げるなど2ゴールに関与。チームの勝利の立役者となった。

“奇跡の優勝”メンバーで、今季も好調を維持していた岡崎とオルブライトンを先発から外したことに、『レスター・マーキュリー』も「多くの人にとって驚きだった」と伝えた。その一方で、ピュエル監督は「完璧なスタートを切った」とし、初陣で勝利を飾った新指揮官を褒め称えている。

今季ここまで、リーグ戦8試合で4ゴールを奪い、早くも昨季の記録を更新するなど絶好調を維持していた岡崎。新監督での初戦はベンチスタートとなったが、今後はどのように起用されていくのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000049-goal-socc

Puel admits leaving Shinji Okazaki and Marc Albrighton out of his first Leicester City line-up was tough

   

サッカーゲームキング 2018年 12月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 12 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2018年 11/22 号 [雑誌] サッカークリニック2018年12月号 特集「ドリブル強化書」
月刊フットボリスタ 2018年12月号 日本代表とMr.Children
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 11/15 号 [雑誌] GIANT KILLING(49) (モーニング KC)
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ 耐心力 重圧をコントロールする術がある
最新記事
【オーストリアの反応】「夢のようだ」南野拓実、3人抜きからゴール!現地サポが絶賛!(オーストリア・ウィーン戦)
【海外の反応】「ロッベンみたいだ」堂安律、スーパーゴール!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「ワールドクラスだ」本田圭佑、今季2ゴール目!4試合2G3Aの活躍!現地サポから称賛殺到!
【ドイツの反応】「スーパーだ」宇佐美貴史、ゴラッソで今季初ゴール!現地サポが称賛!
【海外の反応】「おめでとう」鹿島アントラーズ、悲願のアジア制覇達成!ACLを日本勢が連覇!
【海外の反応】「日本のワンダーキッドだ」衝撃ハットの南野、EL週間MVPとベスト11に選出!
【海外の反応】「神だ」南野拓実、圧巻のハットトリック!世界のファンが絶賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR