NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「戦士だ」長谷部誠、大逆転でELベスト4進出に貢献!現地サポが称賛!

長谷部誠

※少し追記しました
ヨーロッパリーグEL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、フランクフルトベンフィカが対戦した。

 11日に行われたアウェイのファーストレグで2-4の敗戦を喫したフランクフルトは36分、ミヤト・ガチノヴィッチが放ったシュートのこぼれ球にフィリップ・コスティッチが反応。左足で冷静に押し込んで先制点を決めた。

 後半に入ると67分、エリア前でアンテ・レビッチのパスからセバスティアン・ローデのシュートが決まり、2点目を手にした。

 その後、ベンフィカの猛攻を凌いだフランクフルトが2-0で勝利。2戦合計スコアを4-4とし、アウェイゴール2点を奪ったフランクフルトがベスト4進出を果たした。

 準決勝ファーストレグは5月、フランクフルトはスラヴィア・プラハに勝利したチェルシーとホームで対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00929457-soccerk-socc
Hasebe Eintracht Frankfurt 2-0 SL Benfica UEFA Europa League Quarterfinals

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

フランクフルトの1点目】   【リプレイ

ベンフィカサポ>
・少しオフサイドだったぞ、少なくとも1メートルは 笑

 副審はとんでもないな



 <ヘルタ・ベルリンサポ>
 ・このステージでVARを導入していないUEFAの方が馬鹿げているよ
  


 <ハノーファーサポ>
 ・ダ・コスタがキーパーの視野を妨げたように見えた



<不明>
・明白なオフサイドだ



<スポルティング・リスボンサポ>
・ポルトガルのチームが欧州の舞台でレフリーにやられている


   

【ポルトガルの反応】「怪物だ」U18日本代表GK小久保玲央ブライアン、強豪ベンフィカ移籍!現地サポが持つ印象は..

移籍情報

柏レイソルは29日、U-18チームに所属するGK小久保玲央・ブライアンがベンフィカ(プリメイラ・リーガ/ポルトガル1部)へ加入することが決まったと発表した。

 小久保の移籍については、ベンフィカが25日に2023年までの契約締結をすでに発表していた。同選手は2001年生まれの18歳で、身長191センチメートルの長身GK。柏U-15、U-18と下部組織でプレーし、U-16、U-18日本代表メンバーにも選出されている。

 ベンフィカ移籍にあたり、小久保は柏の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「このたび、ベンフィカに加入することになりました。サッカーを始めた時からの夢であるプロサッカー選手と同時に海外でプレーしたいと思っていた夢が叶って、大変嬉しく思います」

「中学に上がると同時にレイソルでプレーすることが決まり、その時の喜びは今でも強く覚えています。小学生まではFWでしたが、レイソルには数回しか経験したことのないGKとして入団しました。当初は不慣れなポジションで、さらにハイレベルなレイソルの練習についていけず、厳しい指摘を受け、サッカーをやめたいと思った時期が何回もありました。ですが、日々自分の課題と向き合うことの大切さを学び、諦めずに毎日練習に励み、U-15時代には年代別の日本代表に選ばれ、高校生となったU-18時代にはトップチームにも二種登録され、トップチームの練習に参加する時は毎日が刺激的でした」

「レイソルでプレーした6年間は、かけがえのない時間で、選手として、一人の人間として成長させてもらいました。仲間、コーチ、ファン・サポーター、レイソルの関係者の皆様、本当にありがとうございました。いつかレイソルに戻れるような時が来たら、ファン・サポーターの皆様に喜びを届けられるように日々努力していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20190129/899321.html
Benfica sign 18 year old Japanese keeper Leo Kokubo from Kashiwa Reysol

ベンフィカのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・カタールの大会で彼を見たのを覚えている
 彼がほぼ全ての攻撃を止めてた



・彼はカタールの大会でゴールマウスに立つ怪物だった...


カタールで開催されたアルカス国際杯(U-17選手が対象)の準決勝で、ベンフィカとの対戦(3-3、PK5-4)も経験。決勝でパリSGに敗れて準優勝に終わったが、ブライアンは大会ベストGK賞を受賞した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264961-264961-fl


・小久保 対 SLベンフィカU17 (2018年1月); 【U17ベンフィカ戦のセーブ集

 昨年、彼はうちのU17を相手にとてつもないパフォーマンスをした
 それで今年のベンフィカ移籍を実現させた
 彼は素早い飛び出しができて機敏で配給もしっかりしている



 <ポルトガル
 ・(※キャプテン翼の)ミシェル山田のプレーだ 【画像



 ・(ベンフィカの)GKミル・スヴィラールよりも上だな



・動画を見る限り少なくともポテンシャルはありそうだ

   

【ポルトガルの反応】「レベルが違う」中島翔哉、ゴールを演出!称賛続出!見納めを覚悟する現地サポも!

中島翔哉

ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉は2日、ホームのベンフィカ戦で後半44分までプレー。前半38分にはゴール前へのスルーパスで2点目を演出し、2―0の勝利に貢献した。

 アジア杯に臨む代表合流前ラストゲームで存在感を示した。守備的MFで先発。前半12分に右後方へ走ってパスを引き出すと、すかさず前線へ流すプレーでリズムを生み、オウンゴールで先制した。同38分には左サイドから縦へ蹴り上げた浮き球が2点目につながった。安定した活躍で多くのクラブから移籍のオファーが殺到しているが、フォリャ監督は「彼を失いたくはないが、移籍したらチームを再構築するしかない」と覚悟を口にした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000217-sph-socc
Own Goal by Jardel Portimonense 2 Benfica 0 nakajima

ベンフィカ戦の中島翔哉のプレー集】  【ハイライト動画

コメント欄などから海外の反応をまとめました

中島のゴール演出動画

<ポルトサポ>
・これは俺が見てきた中でも最低のクリアだな



<ポルトサポ>
オウンゴールが2回?これは明らかに
 ポルティモネンセによる買収試合だわ、やれやれ【一点目動画



<ポルトサポ>
・自分達のチームのセンターバックのオウンゴール2回で
 0-2になるのを想像してくれ 笑 サッカーって最高



<スポルティングサポ>
・これってある意味前代未聞のことじゃない?



・これは八百長だわ...



ベンフィカサポ>
・選手達は監督をクビにしようとしているだけだ。
 ありがとう、マリオ・ジャルデウ。とても素晴らしいよ。



ベンフィカサポ>
・このチームは信じられない、中島の見事なパスだ


   

【ポルトガルの反応】「日本の未来だ」中島翔哉、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

中島翔哉

1月29日(現地時間)、ポルトガル1部リーグ・リーガNOSの第20節が行なわれ、ポルティモネンセは4-1でリオ・アベを下した。

 現在5位につけているリオ・アベをホームに迎えた13位のポルティモネンセ中島翔哉は、スタメンとして試合開始を迎えたが、過去数試合で担っていたトップ下ではなく、左サイドにポジションを戻した。

 試合は開始3分で動く。ファブリシオからパスを受けて抜け出した中島が、ペナルティーエリア左側からグラウンダーの強烈なシュート。これをGKヴィエラが前にこぼしたところをファブリシオが詰めて、ホームチームが早くも先制ゴールを奪う。

 これで勢いを得たポルティモネンセは、上位チーム相手に互角以上の試合を展開。そして15分、中島からパスを受けたファブリシオが、エリアの外から鮮やかな弧を描くミドルをゴール右上に叩き込んでリードを広げた。

 中島は左サイドを上下動して攻守で精力的に動く一方で、チャンスと見ればサイドを変え、またゴール前の好位置(相手にとっては嫌な位置)に入るなど、常に得点を意識した動きを見せる。そして味方は、彼を活かすために再三、DFラインの裏にパスを入れていった。

 そのひとつが30分、ゴールに結び付いた。スルーパスで左サイドを抜け出した中島は、カットインからの鋭い切り返しでDFをかわすと、すかさず右足を一閃。ニアを撃ち抜いて今シーズンのリーグ通算ゴールを8に伸ばした。

 中島は35分にもカットインから強烈なシュートを放った他、44分にはスルーパスで抜け出したファブリシオの決定機なシュートがGKにはね返されたところを、素早く頭で詰めたが、これはわずかに枠を外れた。

 3点のリードを得て後半を迎えたポルティモネンセは、50分、相手FKの後、VARによってハンドをとられてPKを献上。これをペレに決められて1点を返される。

 以降、リオ・アベが7割方ボールを支配し、幾度かポルティモネンセゴールに迫るも、決定的な場面を作るまでには至らず。試合は膠着したまま時間が進んでいき、80分、後半は自陣でボールを追いかけることの多かった中島は、ヴァレラに代わってピッチを退いた。

 90分、ポルティモネンセはPKを獲得し、これをファブリシオが決めてハットトリックを達成。間もなく試合は終了し、ホームチームは貴重な勝点3を奪った。次節(2月5日)は、敵地でマリティモと対戦する。-soccerdigestweb-

Portimonense 3-0 Rio Ave - Shoya Nakajima

   

【オランダの反応】「アジアのバルセロナだ」U-17Jリーグ選抜がユーベ,アーセナル,PSGなど強豪ひしめく大会で3位に輝く

Jリーグ

4月11日~19日の日程で、U-17Jリーグ選抜がオランダ、アヤックス主催の「FUTURE CUP」に参加。当大会はアヤックスユベントスバイエルンミュンヘン、パリサンジェルマン。ベンフィカ、アンデルレヒト、アーセナルといった欧州の強豪チームが名を連ねています。

本日第1戦目の対戦相手はアヤックス。大会のオープニングゲームとしてメイン会場で大会ホストチームとの対戦。代表戦とは違う緊張感のある試合で、前半20分ほどまでは押し込まれる。J選抜も中盤やサイドに出来たスペースを少しずつ使えるようになり、チャンスをつくるが得点にならず、アヤックスも攻勢に出て来るが、J選抜の守備陣が踏ん張り、0-0のドローとなりました。試合後は2選手が大会のプロモ用に英語で取材をうけていました。

■試合結果
第1戦目 U17 Jリーグ選抜 0-0 アヤックス

スターティングメンバー
GK大内
DF津野、岡本、藤井、桑原
MF鈴木、奥野、井川、椿
FW棚橋、上月
http://www.jsgoal.jp/photo/n-00014087/

Het deelnemersveld van de ABN AMRO Future Cup 2017 is bekend

   

そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常 そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常




Ads by amazon
サッカー・J2論 (ワニブックスPLUS新書) BE BLUES!~青になれ~ (37) (少年サンデーコミックス)
アオアシ (18) (ビッグコミックス) GIANT KILLING(53) (モーニング KC)
SOCCER KING (サッカーキング) 2019年 12 月号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2019年 11/21 号 [雑誌]
森保ジャパン 世界で勝つための条件: 日本代表監督論 (NHK出版新書) 月刊フットボリスタ 2019年12月号
最新記事
【海外の反応】「韓国に何が..」韓国代表、レバノンに痛恨の引き分け..グループHはさらなる混沌に
【海外の反応】「クビにしろ」イラン代表、イラクに敗れまさかの2連敗!W杯出場に暗雲!?イラン人から激怒の声!
【海外の反応】「不満はない」日本代表、大苦戦も南野と原口のゴールでキルギスに勝利!W杯2次予選4連勝!
【海外の反応】「久保建英は日本人初のスーパースターになれるのか?」
【海外の反応】「ありがとう」神戸のビジャが今季限りでの引退を発表!世界のファンから感謝と惜別の声続出!
【海外の反応】「楽しみだ」バルサ安部、トップチームに招集!親善試合に向けたメンバー入り!海外のバルサファンの反応は..
【海外の反応】「馬鹿げてる」大迫勇也、豪快ゴールも疑惑の判定で取り消しに..海外のファンから疑問の声続出!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

【PS4】DEATH STRANDING【早期購入特典】アバター(ねんどろいどルーデンス)/PlayStation4ダイナミックテーマ/ゲーム内アイテム(封入)

ポケットモンスター ソード -Switch &【予約者限定特典】「ポケモンひみつクラブ」のメンバーになれるシリアルコード 配信
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR