NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「なんてタックルだ」長谷部誠、決定機阻止!フランクフルトがドイツ杯優勝!絶対王者バイエルンを下す!

長谷部誠

フランクフルトのMF長谷部誠は現地時間19日、DFBポカール(ドイツカップ)決勝のバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場した。ドイツ『ビルト』は、日本代表MFの活躍を高く評価している。

 今季もブンデスリーガを圧倒的な強さで制したバイエルンと決勝で対戦したフランクフルトは、相手に主導権を握られながらも数少ないチャンスをいかして3-1で勝利した。

 『ビルト』がこの試合で最高点の「1」を付けたのは2人。2ゴールでフランクフルトを30年ぶりのカップ制覇に導いたFWアンテ・レビッチが各メディアで絶賛されており、もちろん『ビルト』でも最高評価となっている。

 そして、もう1人が長谷部だ。選手交代に合わせて最終ラインから守備的MFにポジションを変えて存在感を発揮した長谷部について同メディアは「驚異的なパフォーマンス。センターバックだけでなく守備的MFでも見事だった」と記した。

 フランクフルトは1988年以来30年ぶりのDFBポカール制覇。同時にヨーロッパリーグ出場権も手にした。出場停止でリーグ戦最後の3試合を欠場していた長谷部は、自信を取り戻して日本代表に合流する。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00270127-footballc-socc

Bayern München 1 - 3 Eintracht Frankfurt DFB-Pokal Final hasebe makoto

   

【海外の反応】「日本のモドリッチだ」香川、絶品クロスでアシスト!ドルトムントはバイエルンに敗れポカール敗退

香川真司

※追記しました
現地時間20日、DFBポカール3回戦が行われ、香川真司の所属するドルトムントは敵地でバイエルンと対戦し、2-1で競り勝ったバイエルンが準々決勝を果たした。フル出場した香川は左足のクロスで追い上げの1点をアシストしたが、同点に追いつくことはできなかった。

ベスト16で早くも実現した「デア・クラシカー」。ブンデスリーガでは「13」もの勝ち点差がある両者だが、ドルトムントはペーター・シュテーガー監督の下で連勝するなど復調傾向にあり、DFBポカールで最もバイエルンを敗退に追い込んでいるチームとして接戦が期待された。

しかし、エースのピエール=エメリク・オーバメヤンが負傷によりベンチ外となり、アンドリー・ヤルモレンコがトップに入ったドルトムントバイエルンは立ち上がりから容赦なく攻め立てる。

開始3分、右サイドに開いたトーマス・ミュラーのクロスを、ゴール前に飛び込んだアルトゥーロ・ビダルが頭で合わせると、これがクロスバーを直撃。6分には、左サイドで縦に仕掛けたフランク・リベリの折り返しをハメス・ロドリゲスがボレーで捉えるも、DFに当たってゴール左へと外れる。

8分には、ダヴィド・アラバの左クロスのこぼれ球をビダルがボレーで押し込み、これがゴール前でオフサイドギリギリのポジションにいたロベルト・レヴァンドフスキへと渡るが、チップキックはGKロマン・ビュルキが体に当ててブロックする。

バイエルンの猛攻をビュルキの好守もあって耐えていたドルトムントだが、12分についに決壊。左サイドからのハメスのFKを、ファーサイドでフリーのニクラス・ズーレがヘディング。これがまたもクロスバーを直撃するが、こぼれ球をジェローム・ボアテングが頭で流し込み、両センターバックが絡んで攻勢のバイエルンが先制する。

劣勢のドルトムントは34分、マルク・バルトラに代えてマハムード・ダフードを投入し、3バックから4バックへと移行。するといきなりチャンスが訪れる。左サイドからのクリスティアン・プリシッチのクロスが流れ、ファーサイドでフリーとなっていたヤルモレンコが決定機を得る。しかし、シュートはライン上まで戻ったアラバが頭でクリアし、ピンチをしのぐ。

すると今度はバイエルンに決定機。40分、右サイドに開いたミュラーが中央のレヴァンドフスキに預け、エリア内に侵入したところでリターンを受ける。GKビュルキが飛び出したところを、冷静なチップキックで沈めてバイエルンが大きな追加点を挙げた。

2点のリードを得て後半を迎えたバイエルンだが、攻撃の手は緩めない。46分、高い位置でボールを奪い、リベリの折り返しにハメスが合わせるもGKビュルキが横っ飛びでセーブ。49分には、左サイドからのアラバの折り返しを、ファーサイドのミュラーが頭で合わせる。しかし、この絶好機はGKビュルキが体を投げ出し、足に当てて切り抜けた。

劣勢の続くドルトムントは56分、ラファエル・ゲレイロに代えてアンドレ・シュールレを投入。すると直後、GKスヴェン・ウルライヒのキックミスからチャンスを得る。香川がペナルティーエリア内左に侵入し、そのまま左足でシュート。しかし、これはゴール右へと外れた。

バイエルンは62分、リベリに代えてキングスレー・コマンを投入。75分にはハメスに代えてコランタン・トリッソを投入してやや逃げ切りの意図を見せるが、ここからドルトムントが巻き返していく。

77分、ペナルティーエリア左でボールを受けた香川が、キックフェイントでDF2人を振り切り、左足で柔らかいクロス。これをファーサイドのヤルモレンコが頭で合わせ、ドルトムントが1点差に詰め寄る。

その後もなかなかボールをキープできないバイエルンを尻目に、ドルトムントが猛攻を仕掛ける。終了間際には、交代で入ったばかりのアレクサンデル・イサクがエリア内で受けて決定的なシュートを放つが、これはGKウルライヒとボアテングに当たってゴール右へとわずかに外れて万事休す。ドルトムントは後半だけで10本(前半は1本)のシュートを放ったが、一歩及ばずDFBポカール敗退を喫した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000030-goal-socc

kagawa assist Bayern Munich 2-[1] Borussia Dortmund - Yarmolenko

   

【海外の反応】「美しい」香川、1ゴール1アシストの活躍!ドルトムントはマクデブルクに快勝!

香川真司

※追記しました
ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、24日に行われたDFBポカール2回戦のマクデブルク(3部)戦で、今シーズン公式戦3点目をマークした。

 先発出場した香川は3点リードで迎えた79分、左サイドからクロスを上げ、マルク・バルトラのゴールをアシスト。すると、90分にはエリア内左でパスを受けると、鋭いキックフェイントでDFをかわし、左足シュートでダメ押しゴールを奪った。試合は直後にタイムアップを迎え、ドルトムントが5-0で完勝。フル出場した香川は1ゴール1アシストで、3回戦進出に貢献した。

 今シーズン公式戦10試合目で3ゴール目となった。香川は9月20日に行われたブンデスリーガ第5節のハンブルガーSV戦で初ゴールを記録。同30日の第7節アウクスブルク戦では鮮やかなループシュートを沈め、日本人歴代トップとなるブンデスリーガ通算38得点目をマーク。さらにその芸術的なループシュートはブンデスリーガ公式HPの月間ベストゴールにも選ばれていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00656940-soccerk-socc

Shinji Kagawa caps off the scoring! 5-0

   

【海外の反応】「真司が入ってすぐに違いが..」香川がついに復帰!ドルトムント、オバメヤンのハットでアーレンに快勝!(ポカール)

香川真司

※追記しました
DFBポカール(ドイツ国内杯)は12日、1回戦を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でリーラジンゲン・アーレン(6部)と対戦し、4-0で快勝した。左肩脱臼で離脱していたMF香川真司もベンチ入りを果たし、後半16分から途中出場した。

 ドルトムントは前半12分、右CKのセカンドボールをつないでMFヌリ・サヒンが前線に放り込むと、PA内右のスペースに抜け出した18歳のDFヤン・ニクラス・ベステがゴール前に折り返し、DFマルク・バルトラが左足で流し込んだ。

 立ち上がりの先制点でその後もゲームを支配すると、前半40分には自陣からのDFソクラティス・パパスタソプロスのロングフィードをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがワンタッチで落とし、PA内に抜け出したMFマクシミリアン・フィリップがGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが決めて追加点を奪った。

 2-0で折り返した後半10分、MFマフムード・ダフードの縦パスを受けたオーバメヤンがスピードで2人を振り切ってゴール前に抜け出し、左足で自身2得点目。3-0とリードを広げると、後半16分からはMFアンドレ・シュールレに代わって香川がピッチに入った。

 左肩を脱臼した6月7日のシリア戦以来、約2か月ぶりとなる実戦復帰を果たした香川は中盤のインサイドハーフに入り、積極的にボールに絡んだ。後半35分にはダフードのミドルシュートがディフェンスに当たってゴール前に浮き上がったこぼれ球をオーバメヤンがおさめてシュート。ハットトリック達成でダメ押しの4点目を奪い、チームを初戦突破に導いた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-01642781-gekisaka-socc

Das erste Pokaltor der Saison! #fcrbvb 0-1 Bartra

   

【海外の反応】「おめでとう」香川、復帰後初タイトルを獲得!ドルトムントがポカール優勝!

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間27日にドイツ杯(DFBポカール決勝の試合が行われ、ドルトムントはフランクフルトと対戦。ウスマン・デンベレなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。フランクフルトの長谷部誠は負傷による長期離脱のため欠場。試合開始して8分、右サイドからペナルティエリア内に侵入したデンベレが相手を交わし、角度のないところから先制ゴールを決めた。

 しかし29分、ショートカウンターからフランクフルトのアンテ・レビッチにゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。39分にもハリス・セフェロビッチにシュートを打たれピンチを迎えるが、ポストに助けられ失点には繋がらなかった。

 反対に67分、ペナルティエリア内に侵入したクリスティアン・プリシッチがGKルーカス・フラデツキーに倒されてPKのチャンスを獲得。このPKをピエール・エメリク・オーバメヤンがしっかりと決めてドルトムントが勝ち越しに成功した。

  結局、リードを守りきったドルトムントが2-1の勝利をおさめている。この結果、ドルトムントは2011/2012シーズン以来となる、5年ぶり4回目のドイツ杯優勝となった。フル出場を果たした香川にとっては、2014年にドルトムントに復帰後初タイトルとなっている。
https://www.footballchannel.jp/2017/05/28/post212853/

UNSER GANZES LEBEN, UNSER GANZER STOLZ! #immerwiederBVB

   

サッカーゲームキング 2018年 08月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 08 月号 [雑誌]




Ads by amazon
J LEAGUE SOCCER KING (Jリーグサッカーキング) 2018年 08 月号【イニエスタ特集】[雑誌] 2018FIFAWORLDCUPRUSSIAワールドカップ出場32ヶ国選手名鑑 2018年 7/24 号 [雑誌]: サッカーダイジェスト 増刊
Number(ナンバー)954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。 WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 月刊フットボリスタ 2018年7月号
Number(ナンバー)953号 日本代表、全力で闘え! WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 解説者の流儀
月刊サッカーマガジン 2018年 08 月号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2018年 7/5 号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「終わった」アルゼンチン、敗退の危機!!メッシ不発でクロアチアに完敗
【海外の反応】「勝つべきだった」オーストラリア、新星アルザニ躍動もデンマークとドロー!
【海外の反応】「アジア最強だ」イラン、大健闘も及ばず!スペインが辛勝!
【海外の反応】「日本が歴史を作った」日本代表の大金星に世界から鳴り止まない絶賛の声!
【海外の反応】「日本に驚かされた」日本代表、コロンビアに勝利!世界が絶賛!
【海外の反応】日本代表戦をコロンビア人はどう見ているのか?
【海外の反応】「ヒーローだ」イングランド、“エース”ケインの劇的ゴールでチュニジアに勝利!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

スポーツウェア 大迫半端ないTシャツ サッカー 面白Tシャツ おもしろTシャツ

Minecraft (マインクラフト) - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR