FC2ブログ

NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本のアザールだ」中島翔哉に鳴り止まない絶賛の声!ベストイレブンに選出!

中島翔哉

It will be difficult to hold Nakajima (release clause is € 40 million)

スポルティング戦のハイライト動画

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・中島は驚異的なタレントだ



<スポルティングサポ>
・俺はスポルティングのファンだが、彼は本物でクラッキ(名手)だ。
 信じられないほど目覚ましい。最高の選手で底知れない創造性を持っていて
 芸術的なプレーをする。もっとこういう選手が見たいわ。



ポルトガル>
・中島は異常だ



<ベンフィカサポ>
・中島はスポルティングをボコボコにしたことで逮捕されるべきだな


   

【ポルトガルの反応】「優秀だけど..」中島翔哉のポルト移籍が秒読み!?クラブ間合意報道に現地サポは..

中島翔哉

ポルトガル1部のポルティモネンセで、新シーズンに向けた準備に余念がない中島翔哉。プレシーズンのテストマッチではゴールにアシストとさっそく存在感を示しており、攻撃の中軸としての期待値をさらに高めている。
 
 そんな日本代表アタッカーに、急転直下の一報が舞い込んできた。ポルトガル屈指の名門ポルトポルティモネンセが中島の移籍に関して、クラブ間合意に達したというのだ。全国スポーツ紙『Record』が伝えている。

同紙が立てた見出しは「ナカジマはセルジオの手の中にある」というもの。セルジオとはポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督だ。あとは条件面の最終的な詰めとともに、指揮官のゴーサインが出れば獲得に至ると断じているのだ。同紙はこう説明する。
 
ポルトガル・リーグの2017-18シーズンにおいて、ナカジマはメインキャストのひとりであり続けた。早くからポルトは強い関心を寄せていたが、ウイングの補強筆頭候補だったロジェル・グエデスが(パルメイラスから)中国の山東魯能に入団してしまったため、急きょ事を進めたのだ」

 
 両クラブ間は良好な関係を築いており、交渉はスムーズに行なわれているとしつつも、肝心の移籍金の額面についてはまだ折り合っていない。同紙は「ポルティモネンセがナカジマに付けた値札は2000万ユーロ(約26億円)。さすがのこの満額をポルトが支払うとは考えられないが、ひとまず第1段階の800万ユーロ(約10億4000万円)の打診は却下されている。今後どれだけ両クラブが歩み寄れるかだろう」と記した。
 
 プレシーズンがスタートして以降、移籍の噂は沈静化していたが、ここにきて一気に動き出した印象だ。兼ねてから名乗りを上げていたブンデスリーガの有力クラブや国内のライバル、スポルティングやベンフィカは指をくわえたまま見過ごすのだろうか。中島の周辺がかなり騒がしくなってきたのは確かだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00044311-sdigestw-socc

Nakajima to fc porto Marega Brahimi

   

【ポルトガルの反応】「日本の未来だ」中島翔哉、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

中島翔哉

1月29日(現地時間)、ポルトガル1部リーグ・リーガNOSの第20節が行なわれ、ポルティモネンセは4-1でリオ・アベを下した。

 現在5位につけているリオ・アベをホームに迎えた13位のポルティモネンセ中島翔哉は、スタメンとして試合開始を迎えたが、過去数試合で担っていたトップ下ではなく、左サイドにポジションを戻した。

 試合は開始3分で動く。ファブリシオからパスを受けて抜け出した中島が、ペナルティーエリア左側からグラウンダーの強烈なシュート。これをGKヴィエラが前にこぼしたところをファブリシオが詰めて、ホームチームが早くも先制ゴールを奪う。

 これで勢いを得たポルティモネンセは、上位チーム相手に互角以上の試合を展開。そして15分、中島からパスを受けたファブリシオが、エリアの外から鮮やかな弧を描くミドルをゴール右上に叩き込んでリードを広げた。

 中島は左サイドを上下動して攻守で精力的に動く一方で、チャンスと見ればサイドを変え、またゴール前の好位置(相手にとっては嫌な位置)に入るなど、常に得点を意識した動きを見せる。そして味方は、彼を活かすために再三、DFラインの裏にパスを入れていった。

 そのひとつが30分、ゴールに結び付いた。スルーパスで左サイドを抜け出した中島は、カットインからの鋭い切り返しでDFをかわすと、すかさず右足を一閃。ニアを撃ち抜いて今シーズンのリーグ通算ゴールを8に伸ばした。

 中島は35分にもカットインから強烈なシュートを放った他、44分にはスルーパスで抜け出したファブリシオの決定機なシュートがGKにはね返されたところを、素早く頭で詰めたが、これはわずかに枠を外れた。

 3点のリードを得て後半を迎えたポルティモネンセは、50分、相手FKの後、VARによってハンドをとられてPKを献上。これをペレに決められて1点を返される。

 以降、リオ・アベが7割方ボールを支配し、幾度かポルティモネンセゴールに迫るも、決定的な場面を作るまでには至らず。試合は膠着したまま時間が進んでいき、80分、後半は自陣でボールを追いかけることの多かった中島は、ヴァレラに代わってピッチを退いた。

 90分、ポルティモネンセはPKを獲得し、これをファブリシオが決めてハットトリックを達成。間もなく試合は終了し、ホームチームは貴重な勝点3を奪った。次節(2月5日)は、敵地でマリティモと対戦する。-soccerdigestweb-

Portimonense 3-0 Rio Ave - Shoya Nakajima

   

【ポルトガルの反応】「この日本人はマシーンだ」中島翔哉の争奪戦が本格化!強豪ポルトが獲得レースに参戦!

中島翔哉

日本サッカー界期待の俊英・中島翔哉の獲得レースにポルトガルの名門が本格的に乗り出した。

 現地1月11日、ポルトガル・メディア『A Bola』は、ポルトポルティモネンセに所属する中島獲得に向けて動き出したことを具体的な情報を交えて報じている。

 今シーズンから海を渡り、ポルトガルポルティモネンセでプレーする中島は、ここまで公式戦17試合に出場し、7得点・3アシストを記録。その殊勝なパフォーマンスには、他国リーグのクラブも注目しており、リーグ・アンのサンテティエンヌや、ブンデスリーガのヴォルフスブルクとフランクフルトの興味が伝えられた。

 とりわけ、長谷部誠と鎌田大地という二人の日本人を抱えるフランクフルトは、獲得に熱心で、かなりの好条件を提示する準備を進めているという。

 そんななか、ここにきて中島獲得の最有力候補に躍り出たのが、ポルトだ。

 これまでも中島の動向を追ってきた『A Bola』によれば、ポルトは今冬の獲得を画策しており、この1月に中島の保有権を買い取ったポルティモネンセが設定している移籍金1000万ユーロ(約13億円)の減額交渉を行なっているようだ。

 その交渉をスムーズに進めるためにポルトは、現在、ポルティモネンセに期限付き移籍しているブラジル人DFのイナシオを完全移籍で提供し、さらに今シーズン終わりまでブラジル人FWのガレーノを貸し出すことを提案しているという。

 同メディアは交渉の進展具合について次のように綴っている。

「ポルトとポルティモネンセは良好な関係性を築いている。さらにナカジマもポルトに興味を持っていることを考えれば、今冬に移籍が実現する可能性は十分にある。ポルト側はかなりの自信を持っている」

 仮に現在国内リーグ首位に立つポルトに加われば、自身キャリア初のリーグ優勝の美酒も味わえる可能性が高く、さらにヴォルフスブルクやフランクフルトとは異なり、チャンピオンズ・リーグ出場も叶えられる。欧州での成功を望む中島にとってはキャリアアップの絶好の機会と言えるだろう。
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=34693

FC Porto estará a pressionar o Portimonense para ter Nakajima

   

【ポルトガルの反応】「怪物だ」中島翔哉、2試合連続ゴール!名手カシージャスから技ありゴールに称賛殺到!

中島翔哉

▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは22日、ポルトガルリーグ第7節でポルトと対戦し、2-5で敗戦した。MF中島はフル出場、36分に今季3ゴール目を記録した。

▽前節、中島の2ゴールで開幕戦以来の白星を飾った11位ポルティモネンセが、開幕から無敗で首位に立つポルトのホームに乗り込んだ一戦。3試合連続のスタメン出場となった中島だが、試合は立ち上がりから王座奪還を狙うポルトが主導権を握る。

▽すると20分、ポルトは左CKのこぼれ球をボックス中央のマルカノがハーフボレーでゴール右に叩き込み、先制に成功。これで勢いづいたポルトは、ここからゴールラッシュを見せる。

▽23分、右サイドを突破したJ・コロナのクロスからゴール前のアブバカルに叩き込み、2点目。さらに26分には、J・コロナのスルーパスに抜け出したマレガがゴール前まで持ち上がり、飛び出してきた相手GKとの一対一を制した。

▽3点のリードを奪われたポルティモネンセの反撃は36分、右サイドを持ち上がったパウリーニョのパスをボックス右付近で中島が受けると、縦への切り込みからシュートに持ち込む。右アウトサイドで放たれたシュートは、左ポストの内側に当たりそのままゴールに吸い込まれた。

▽中島は開幕6試合でわずか1失点の堅守を誇る世界的名手カシージャスから見事にゴールをこじ開け、2試合連続ゴールとなった。

▽お互いに交代なしで迎えた後半も先にチャンスを作ったのはポルト。50分、ボックス右でボールを受けたアブバカルがシュートを放つと、相手ブロックのこぼれ球をマレガが繋ぎ、最後はゴール左のブラヒミがコントロールシュートをゴールに流し込んだ。

▽攻撃の手を緩めないポルトは、68分にもアブバカルとのパス交換でボックス中央からブラヒミがゴールネットを揺らし、5点目。

▽反撃に出たいポルティモネンセは74分、左CKの流れからR・フェルナンデスが1点を返すも、反撃はここまで。中島の2試合連続弾などで善戦したポルティモネンセだが、王者奪還を狙うポルトに完敗した。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=288534

Nakajima já leva 3 golos em 2 jogos

   

サッカーゲームキング 2018年 11月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 11 月号 [雑誌]




Ads by amazon
「マイペース」が引き出す可能性 ~常に自分らしくいられる簡単メソッド~ ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 11/1 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2018年 11 月号 [雑誌]
サッカーダイジェスト 2018年 10/25 号 [雑誌] 耐心力 重圧をコントロールする術がある
アジアサッカーキング 2018年 11月号 [雑誌] (WORLD SOCCER KING増刊) アジアフットボール批評issue07
最新記事
【海外の反応】「格が違う」U19日本代表、3ゴールを奪いタイに快勝!決勝T進出が決定!
【海外の反応】「日本代表、W杯過去6大会の戦いで一番好きなシーンは?」
【海外の反応】「日本サッカー史上最高の選手は中田英寿?」
「Jリーグは世界で最も類のないリーグ?」英国大手動画サイトがJリーグを特集!【海外の反応】
【海外の反応】「スペシャルだ」本田圭佑、衝撃のデビュー戦ゴール!現地サポから称賛殺到!
【海外の反応】「凄いゴールだ」久保建英のスーパーフリーキック炸裂!U19日本代表が5ゴールを奪い北朝鮮を撃破!
【海外の反応】「恥ずべきだ」広島の平和公園にサッカーチーム名の落書き、ブルガリア外務省が公式に謝罪
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 19 Champions Edition 【限定版同梱物】•ジャンボプレミアムゴールドパック最大20個 •UEFA CHAMPIONS LEAGUE GOLD PLAYER PICK •7試合FUTレンタルアイテムのNeymar •7試合FUTレンタルアイテムのCristiano Ronaldo •FIFAサウンドトラックアーティストがデザインしたスペシャルエディションのFUTユニフォーム 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】チケットホルダー 付 - PS4

ウイニングイレブン2019 (【特典】myClub用DLC 同梱) - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR