NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本人らしい..」久保建英、熱狂的なフィーバーは「あまり好きじゃない」

久保建英

レアルマドリーでデビューを果たしたMF久保建英日本メディアに向けて“注文”を行った。スペイン『マルカ』が「久保『注目されるのはあまり好きではない』」と題した記事で伝えている。

 久保は20日、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン戦(1-3)の後半開始から投入され、レアルの選手として初出場。持ち味のドリブルやラストパスで観衆を沸かせるなど、上々のデビューを飾った。

 国内外のメディアから熱い視線を浴びる中、同紙は試合後のインタビューでの振る舞いに着目している。「彼はまだ18歳だが、マスコミの前で成熟した様子で話している。真面目な顔つき。短い答え。それでいてためらうことがなく、ベテランのようだ」とレポート。そして久保のコメントを次のように伝えた。

「いつでも負けるのは嫌いですが、レアルマドリーでデビューしたことを非常に嬉しく思います。僕が考えているのは、常にできる限りチームを助けることです」

 デビュー戦を振り返った久保は続けて「僕の国で起きていることは知っています。人々はちょっと…僕にとても多くの関心を向けていて、それはあまり好きではありません。僕はピッチの中のことを考えています」と、加熱報道について冷静な対応を呼びかけた。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?280044-280044-fl
Kubo I dont like that there is so much focus on me

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

レアルマドリーサポ>
・久保に注目するんじゃねーよ、マスコミども



<イングランド>
・それで(メディアの)反応は:
 マルカ紙:久保「注目されるのはあまり好きではないです」



スペイン
・いい子だね、彼は賢いようだ



スペイン
・謙虚だ



・ヴィニシウスと正反対だ



スペイン
・とても良いね。この子好き、彼にはスーパースターになって欲しい。



スペイン
日本人は注目が集まるのが好きではない


   

【海外の反応】「ほんとかよ」日本代表戦に臨むブラジル代表のスタメンが明らかに!

南米

すでに日本代表戦の会場となるリールに入ったブラジル代表は、水曜日の午前中にパリのパルク・デ・プランスで戦術練習に精を出した。報道陣をシャットアウトする直前、紅白戦のビブス分けで明らかになったのが、金曜日のゲームのスターティングイレブンだ。ブラジル最大メディア『GLOBO』が伝えている。

 同局の番記者がまず驚かされたのが、最終ラインの陣容である。右サイドバックにはチッチ政権下で初先発となるダニーロが入り、CBも控え要員だったチアゴ・シウバとジェメルソンのコンビに。中盤センターのトライアングルは底にカゼミーロ、左インサイドハーフに予想通りフェルナンジーニョが配され、右インサイドハーフにはジウリアーノが抜擢登用されそうだという。「レギュラーから思い切って5選手を替えるようだ。これまでチッチはほぼ固定したメンバーで戦ってきただけに、日本戦はかなりテスト色の濃いゲームになる」と記した。

 では、本来のレギュラーからどれだけ異なるのかを見てみよう。

【本来のレギュラー】→【日本戦の予想スタメン】
GK:アリソン→アリソン
右SB:ダニエウ・アウベス→ダニーロ
右CB:マルキーニョス→チアゴ・シウバ
左CB:ミランダ→ジェメルソン
左SB:マルセロ→マルセロ
アンカー:カゼミーロ→カゼミーロ
右インサイドハーフ:パウリーニョ→ジウリアーノ
左インサイドハーフ:レナト・アウグスト→フェルナンジーニョ
右ウイング:ウィリアン→ウィリアン
左ウイング:ネイマール→ネイマール
CF:ガブリエウ・ジェズス→ガブリエウ・ジェズス

 絶好のアピール機会を与えられる5選手は、天井知らずのモチベーションで臨んでくるだろう。なお、大腿部の怪我で別メニュー調整を続けていたフィリッペ・コウチーニョは順調に回復。11月14日にロンドンで行なわれるイングランド戦のスタメンが濃厚だが、日本戦もベンチには入りそうで、後半にスクランブル出場する可能性が低くない。
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=32251
Brazils lineup for the match against Japan this friday


   

【海外の反応】「各国のメディアのお気に入りの選手は誰?」

ネタ系

英語のサッカーフォーラムから海外の反応をまとめました

<サントスサポ>
・圧勝的にネイマール



<スウェーデン>
・ズラタンとグイデッティ、それから隔たりがありヴェアンブローム(?)



<メキシコ>
・チチャ・神
 ChichaDios.jpg



  <メキシコ>
  ・チチャリートはメキシコで人を殺めても何の罰も受けないで済むだろうな


   

【豪州の報道】オーストラリア紙が日本代表のアジアカップ決勝進出を予想

アジアカップ

 シドニー・モーニング・ヘラルドがアジアカップの出場国を紹介していました。
 日本代表の記事を訳しました。
asian_cup_prediction_smh_2014122715014636b.pnghonda_key_for_asian_cup.png


 如何にして予選を突破したのか
 2011年のアジアカップ優勝国なので、日本は予選突破する必要がなかった。



 (アジアカップでの)最高順位
 大会のサラブレッド、「サムライブルー」は1992年自国で初優勝した後、
 直近の6回のアジアカップで4回優勝してきた。
 68年の大会の歴史で、日本が最も成功しているチームだ。



 監督
 2010年のワールドカップでメキシコ代表を担当した中断した期間はあったが
 ラ・リーガのチームを10年に渡って指揮した後、
 ハビエル・アギーレが(日本代表の監督に)就任した。
 メキシコ代表で1986年のワールドカップを含む59回のキャップ数も持つ
 非常に経験豊かな選手でもあった。



 ステレオタイプ(固定化されたイメージ)は
 ペナルティエリア付近で複雑なプレーを織り交ぜて
 素早くて流れるような攻撃ができるシルクのようなチーム。



 現実は
 (ステレオタイプと)勝るとも劣らない。日本はタイトルを防衛する有力な優勝候補
 これまでそうだった代表チームの黄金期を引き伸ばす。

   

【海外の反応】ファンハール「1試合で私はユナイテッドの王様から悪魔になった」

マンチェスター・ユナイテッド

※英国紙テレグラフから
Louis_van_Gaal_king_to_devil.png

ファンハール
「いつもことだ。2週間前、私はマンチェスターユナイテッドの王様だったのに、
 私は今マンチェスターの悪魔だ。」

「これがサッカー界だ、特にサッカーメディアがね。
 マンチェスターのファンは理解力があると思う。
 最初の3ヶ月は選手とファンにとって難しくなると私は既に言ってある。
 こういうものだと、エド・ウッドワードとグレイザー家にも言ってある。」

「彼らは私はナイスガイだから雇ったのではなく、私の哲学を買って雇ったのだ。」
 私はナイスガイだよ、でもそれが理由でここに連れて来られたのではない。」

   
アオアシ (22) アオアシ (22)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2020年 12/10 号 サッカーマガジン2021年1月号 (不屈のチームと選手)
サッカー止める蹴る解剖図鑑 サッカープレーモデルの教科書 個を育て、チームを強くするフレームワークの作り方
GIANT KILLING公式コミックガイド フットボールダイジェスト ETU特集号 ワールドサッカーダイジェスト 2020年 11/19 号
さよなら私のクラマー(13) 組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊
最新記事
【ドイツの反応】「凄すぎる」鎌田大地、超絶パスから2アシストの活躍!現地サポが称賛!
【海外の反応】「フィジカル不足だ」南野拓実、今季プレミア初スタメンでフル出場..リバプールは土壇場PK献上でドロー
【海外の反応】「諦めないで」本田圭佑、ボタフォゴ退団も辞さない考えを公言!現地サポから賛否両論の声!
外国人「逮捕されるべきだ」FC東京、上海申花の卑劣なタックルでディエゴが負傷退場..海外のファンからも批判続出!【海外の反応】
【ドイツの反応】「夢のようだ」遠藤航、シュトゥットガルトと契約延長!現地サポから歓喜の声殺到!
【スペインの反応】「理解しがたい」久保建英、左サイドで先発も..ビジャレアルはドロー..現地サポの評価は!?
【海外の反応】「Jリーグがアジア最強だ」横浜Fマリノス、劇的ゴールで上海上港を撃破!タイ人からも関心が高く勝利に大盛りあがり!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR