NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「イニエスタとモドリッチどっちが上だと思う?」

イニエスタ

Luka Modric VS Andrés Iniesta

イニエスタとモドリッチのプレー集

英語のフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<イスラエル>
◆自分のチームのCMFとしてどっちの選手を獲得する?
 彼らがジダンの以降でトップ2のミッドフィルダーと言ってよい

 イニエスタの方が少し天才的だが、
 モドリッチの方がより完成された選手だ



<アルゼンチン>
イニエスタだ、彼は決勝戦で緊張してしくじらないからな



<イギリス>
モドリッチイニエスタに匹敵すると思う人なんて
 文字通り誰もいない。◆は本当はクロアチア人で
 プロキシを使ってイスラエル人を装っているだろ。



 <イスラエル>
 ◆モドリッチの方が上だったと思う
  全盛期のモドリッチの方がパフォーマンスが安定していて
  替えが効かない選手だった

  モドリッチの方が既に多くの個人賞を獲得して
  大きな偉業を達成している

  イニエスタの全盛期は10年前だから
  懐古的な補正がかかっているんだ



  <フランス>
  ・ワールドカップ決勝で優勝決定ゴールを決めたことだけで
   イニエスタが上になるよ


   

【海外の反応】「久保に衝撃を受けた」レアルのプレシーズンで驚かされた選手は誰?

レアル・マドリー

Shocked by how good Kubo is this preseason at real

コメント欄などから海外の反応をまとめました

・今季のプレシーズンでいい意味でも悪い意味でも驚かされた選手は誰?
 
 俺はイスコのプレーを満喫しているよ
 今の彼はコンディションが良さげで痩せている
 調子を掴んでどんどん良くなっている

 あと久保の上手さとうちがフリーで獲得したことに俺は衝撃を受けたわ!



<セネガル>
・久保はとても期待できる、本当にサプライズ



・残念ながら、ヴィニシウスは右サイドでは効果的ではないようだ
 左サイドだけでプレーすべきだね
 
 良い:マルセロモドリッチ、久保、ロドリゴ
 酷い:カルバハル、ナチョ、バスケス、エルナンデス



・ほとんどに選手について語るのは早計だが
 正直、限られた時間だがマルセロモドリッチ
 見違えるプレーを見せている選手だ


   

【海外の反応】「理解できない」モドリッチ、バロンドールを初受賞!世界のファンからは賛否両論の声!

レアル・マドリー

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞した。

 現在33歳のモドリッチは昨シーズン、レアル・マドリードでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献。今夏に行われたロシア・ワールドカップでは、主将としてクロアチア代表を準優勝に導き、大会最優秀選手のゴールデンボール賞にも輝いた。この活躍からUEFA(欧州サッカー連盟)とFIFA(国際サッカー連盟)の年間最優秀選手賞もそれぞれ受賞。バロンドールとあわせて個人3冠を達成した。

 これまで同賞は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)が独占していたが、2007年以来11年ぶりに両者以外の受賞となった。メッシは2007年からトップ3を守っていたが、今回5位で12年連続のトップ3を逃した。

 “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めていたが、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。候補者は30名(旧制度では23名)となり、最終候補者の発表は廃止され、投票はジャーナリストのみによって行われる。授賞式は2019年はじめに実施される予定。

 以下、最終候補者30選手の順位。(カッコ内は現在の所属クラブ)

第01位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/クロアチア代表)
第02位 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/ポルトガル代表)
第03位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/フランス代表)
第04位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
第05位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
第06位 モハメド・サラー(ローマ/エジプト代表)
第07位 ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/フランス代表)
第08位 エデン・アザール(チェルシー/ベルギー代表)
第09位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/ベルギー代表)
第10位 ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
第11位 エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス代表)
第12位 ネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル代表)
第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表)
第14位 ティボー・クルトワ(レアル・マドリード/べルギー代表)
第15位 ポール・ポグバ(マンチェスター・U/フランス代表)
第16位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/アルゼンチン代表)
第17位 ギャレス・ベイル(レアル・マドリード/ウェールズ代表)
第17位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード/元フランス代表)
第19位 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル代表)
第19位 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/クロアチア代表)
第19位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード/スペイン代表)
第22位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ代表)
第22位 サディオ・マネ(リヴァプール/セネガル代表)
第22位 マルセロ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
第25位 アリソン(リヴァプール/ブラジル代表)
第25位 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/元クロアチア代表)
第25位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/スロヴェニア代表)
第28位 ディエゴ・ゴディン (アトレティコ・マドリード/ウルグアイ代表)
第29位 イスコ(レアル・マドリード/スペイン代表)
第29位 ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス代表)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00872243-soccerk-socc

End of an era Modric crowned worlds best player at Ballon dOr awards

   

【海外の反応】「なぜだ」W杯MVPモドリッチがインテルに電撃移籍か?!海外のファンに衝撃が走る!

レアル・マドリー

レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得を目指し、インテルが同選手の代理人と接触しているようだ。イタリアメディア『スカイ』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が7月31日に伝えている。

 報道によると、中盤の強化を目指すインテルモドリッチの代理人と接触し、同選手も移籍についてオープンな姿勢を見せているという。インテルはバイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルも補強候補に挙げており、同選手の加入に失敗した場合にモドリッチの獲得へ本腰を入れるとみられている。

 モドリッチは昨シーズン、レアル・マドリードで公式戦43試合に出場。背番号「10」を着けてプレーし、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した。そして2018 FIFAワールドカップ ロシアではクロアチア代表のキャプテンを務め、決勝進出の立役者に。優勝は逃したが、ゴールデンボール(大会最優秀選手)を受賞した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00803641-soccerk-socc

Di Marzio Luka Modric is open to a transfer to Inter Real Madrid also willing to consider the move

   

【海外の反応】「終わった」アルゼンチン、敗退の危機!!メッシ不発でクロアチアに完敗

ワールドカップ

※追記しました
2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が21日に行われ、アルゼンチン代表とクロアチア代表が対戦した。

 グループステージ突破に向けてなんとしても勝ち点3がほしいアルゼンチンはシステムを4バックから3バックに変更。ニコラス・オタメンディ、ニコラス・タグリアフィコ、ガブリエル・メルカドが最終ラインを組み、前線にはリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロらが入った。

 一方、20年ぶりの決勝トーナメント進出に王手をかけるクロアチアはルカ・モドリッチ、イヴァン・ラキティッチ、マリオ・マンジュキッチらがスターティングメンバーに名を連ねた。

 アルゼンチンは30分、左からの折り返しがペナルティエリア中央のエンソ・ペレスに渡ったが、シュートは枠の左へ。対するクロアチアは33分、右からのクロスにマンジュキッチがフリーで飛び込んだが、ヘディングシュートはゴール左へ外れた。互いに決定機を逃し、前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入り53分、意外な形でスコアが動く。バックパスを受けたアルゼンチンのGKウィリー・カバジェロがキックをミスすると、エリア内に浮いたボールをアンテ・レビッチが右足ボレーで豪快に蹴り込み、クロアチアが先制に成功した。

 追い込まれたアルゼンチンは54分にアグエロを下げてゴンサロ・イグアイン、56分にエドゥアルド・サルビオを下げてクリスティアン・パボン、68分にはペレスを下げてパウロ・ディバラを投入した。

 だが80分、クロアチアはエリア手前でボールを持ったモドリッチがキックフェイントから右足一閃。強烈なミドルシュートがゴール右に突き刺さり、価値ある2点目が決まった。

 後半アディショナルタイム1分にはラキティッチがダメ押しとなるゴールを決め、クロアチアのリードが3点に広がる。試合はこのまま3-0で終了し、2連勝を飾ったクロアチアが1998年フランス大会以来20年ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。一方、アルゼンチンは1分け1敗となり、グループステージ敗退の危機に追い込まれている。

 第3戦は26日に行われ、アルゼンチンはナイジェリア代表と、クロアチアはアイスランド代表と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00781493-soccerk-socc

It has been a frustrating night for Messi

   
アオアシ (22) アオアシ (22)




Ads by amazon
サッカー止める蹴る解剖図鑑 サッカープレーモデルの教科書 個を育て、チームを強くするフレームワークの作り方
GIANT KILLING公式コミックガイド フットボールダイジェスト ETU特集号 ワールドサッカーダイジェスト 2020年 11/19 号
サッカーダイジェスト 2020年 11/26 号 サッカーマガジン2021年1月号 (不屈のチームと選手)
さよなら私のクラマー(13) 組織的カオスフットボール教典 ユルゲン・クロップが企てる攪乱と破壊
最新記事
【海外の反応】「レアルはハーランドとエンバペ、どっちの獲得を優先すべき?」
【海外の反応】「まじかよ」久保建英、1月にビジャレアルから移籍を希望か!?現地紙の報道に海外のレアルファンから復帰を希望する声!
「久保建英はレアル首脳陣が一番信頼している若手だ」スペイン紙の報道に海外のファンからは賛否両論の声!【海外の反応】
【ベルギーの反応】「止まらない」伊東純也、圧巻の個人技からゴール!1G1Aの大活躍!現地サポから称賛続出!
【海外の反応】「もっと見たい」南野拓実、途中出場のリバプールはレスターに快勝!
外国人「日本人選手のレベルは上がっている」アジアの国はメキシコ代表を抜いて欧州・南米以外で最強になれる?【海外の反応】
【海外の反応】「バケモンだ」久保建英、レアル戦で見せ場連発!ゴールチャンスも!マドリディスタの反応は...
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR