NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「香川の怪我が特につらい」ドルトムント、主力が続々と復帰

ドルトムント

ドルトムントの主力メンバーが続々と戦線復帰に向かっているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。

▽『キッカー』によれば、2日に行われた練習でMFマルコ・ロイス、DFエメル・トプラク、FWアンドリー・ヤルモレンコらが復帰した模様。マルコ・ロイスは先月半ばに鼠径部を負傷。トプラクは先月末、ヤルモレンコは2月頭からの離脱が続いていた。

▽マルコ・ロイストプラクに関しては8日のブンデスリーガ第29節のホームでのシュツットガルト戦の出場の可能性があるという。しかし、指揮官のペーター・シュテーガーは起用について明言を避けており「我々は待つ必要がある。だが、彼らの復帰は良いオプションになり得るだろう」とコメント。

▽前節のバイエルン戦の大敗から1週間。シュティーガー監督も衝撃的な敗戦だったことは隠せない様子だが、同監督の言う「チャンピオンズリーグ出場権の獲得」に向けて、主力の復帰は良い兆しとなるに違いない。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=309034

Yarmo,_Toprak_and_Reus_are_back_in_training_2018

   

【海外の反応】「絶好調だ」香川、新年初ゴール!チャンス演出でも攻撃を牽引!ドルトムントはデュッセルドルフに勝利!

香川真司

※追記しました
ドルトムントに所属するMF香川真司が6日、FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフ(2部)とのテストマッチで、全2得点に絡み勝利に貢献した。

 先発出場した香川は70分、FWアレクサンデル・イサクの落としを受け、素早くエリア内右にラストパス。これをFWアンドリー・ヤルモレンコがダイレクトでシュートを放つと、相手DFに当たってコースが変わったボールをファーのイサクが合わせてゴールネットを揺らした。先制点をお膳立てした香川は84分、エリア内中央でヤルモレンコからの折り返しを右足で押し込み、新年初ゴールを決めた。

 香川は2018年最初の実戦にフル出場し、2点に絡んで2-0の勝利に貢献。また、宇佐美も後半開始から途中出場し、日本人対決も実現した。

 3日からスペイン合宿をスタートしたドルトムントは、8日にベルギーの国内カップ王者ズルテ・ワレヘムとテストマッチを行う予定。そして14日にはブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦でシーズン後半戦の開幕を迎える。
https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20180107/697701.html?cx_cat=page1

Fortuna Düsseldorf 0-2 Dortmund - Shinji Kagawa

   

【海外の反応】「ボシュ、出て行け」香川先発のドルトムント、トッテナムに逆転負けでCL敗退が決定

香川真司

※追記しました
チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が21日に行われ、MF香川真司所属のドルトムントとトッテナムが対戦した。香川は公式戦4試合連続で先発出場した。

 グループHの首位に立つトッテナムはすでに決勝トーナメント進出が決定。一方のドルトムントはこの試合に勝った上で、同時刻に行われる試合でレアル・マドリードがアポエルと引き分け以下に終わらない限り、グループステージ敗退となる。

 試合はトッテナムがやや押し気味に進めたが、先制したのはドルトムントだった。31分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けたアンドリー・ヤルモレンコが右足ヒールでエリア内へ送ると、抜け出したピエール・エメリク・オーバメヤンゴール左下へ流し込んだ。

 その後は再びトッテナムが敵陣に押し込んでチャンスを作ったがゴール青奪うことはできず、このまま1-0で前半を折り返した。

 後半に入り49分、トッテナムは高い位置でボールを奪うと、エリア手前中央でパスを受けたハリー・ケインが右足でシュート。これがゴール左下に決まり、試合は振り出しに戻った。

 追い付かれたドルトムントは66分、香川を下げてゴンサロ・カストロを投入。しかし、次のゴールを奪ったのはトッテナムだった。76分、左サイドを個人技で突破したデレ・アリが折り返すと、エリア内で受けたソン・フンミンがワントラップから右足でシュート。これがゴール右上に決まった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、トッテナムが2-1で勝利。敗れたドルトムントはグループステージ敗退が決まった。

 次節は12月6日に行われ、ドルトムントはアウェイでレアル・マドリードと、トッテナムはホームでアポエルと対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00671743-soccerk-socc

Der BVB unterliegt den @SpursOfficial mit 12 und scheidet aus der @ChampionsLeague aus bvbthfc 1-2

   

【海外の反応】「ボス、やめろ!」香川途中出場のドルトムント、昇格組ハノーファーに敗れ首位陥落

香川真司

※追記しました
現地時間28日にブンデスリーガ第10節の試合が行われ、ドルトムントハノーファーのホームに乗り込んで対戦。

 ドイツ杯2回戦のFCマクデブルク戦で得点を決めたドルトムント所属の日本代表MF香川真司は、今回のリーグ戦でもベンチスタートとなった。試合開始して20分、パスに抜け出したハノーファーのフェリックス・クラウスを止めようとしたGKロマン・ビュルキが手を引っ掛けてしまい相手にPKを献上。

 主審がビデオ・アシスタント ・レフェリー(VAR)を使用して確認した後、改めてPKの判定を下した。ジョナタスがPKをしっかりと決めてハノーファーに先制点が入る。それでも28分、コーナーキックのこぼれ球をハノーファーのマルヴィン・バカロジュがクリアしようとしたところ、ドルトムントの18歳DFダン・アクセル・ザガドゥにボールが渡り同点ゴールを決めた。

 続く36分、プレッシャーをかけたクリスティアン・プリシッチが前線でボールを奪うとゴール前にいたアンドリー・ヤルモレンコにラストパス。決定的な場面を迎えたがヤルモレンコがシュートを外してしまい勝ち越しゴールとはならず。

 すると40分、ハノーファーがカウンターから一気に攻め込み、最後にイーラス・ベブがゴールを決めた。勝ち越しゴールを許したドルトムントだったが、52分にヤルモレンコが汚名返上のゴールを決めて同点に追いつく。

 しかし59分、裏に抜け出した相手を止めようとしたザガドゥがファールを犯してしまいレッドカードで1発退場。数的不利となり、さらに60分にはフリーキックからフェリックス・クラウスに直接ゴールを決められてしまう。86分にはカウンターからベブに4点目を決められた。

 結局、今季最多失点のドルトムントは2-4の敗戦を喫している。今季1部に昇格したハノーファードルトムントとの打ち合いを制した。香川はハーフタイム後にゴンサロ・カストロとの交代で途中出場を果たしている。そして今節は2位バイエルン・ミュンヘンと3位ライプツィヒの直接対決が行われるため、ドルトムントの首位陥落が決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171029-00237765-footballc-socc

Hannover 96 4_2 BVB 2017

   

【海外の反応】「日本人が絶好調だ」香川、今季初ゴール!ドルトムントがHSVに勝利!

香川真司

※追記しました
ボルシア・ドルトムントは現地時間20日に行われたブンデスリーガ第5節でハンブルガーSVに3-0で快勝。この試合で今シーズン初ゴールを挙げたMF香川真司に対するドイツメディアの評価は及第点以上となっている。

今シーズンのリーグ戦で初の先発出場を果たした香川。この試合の24分、FKからのボールをDFエメル・トプラクがゴール前に落とすと、それを押し込み、チームに貴重な先制点をもたらしている。そのほかにもFWアンドリー・ヤルモレンコにスルーパスを送るなど、66分までのプレーで攻撃においての存在感を示し、敵地での勝利に貢献した。

結果を出した香川に対する『キッカー』での評価はFWピエール=エメリク・オーバメヤンらチームメイト5人と同じく「3」と及第点。香川のゴールでは起点となり、オーバメヤンによる追加点をアシストしたヤルモレンコが単独最高の「1.5」、チーム3点目を決めたMFクリスチャン・プリシッチも「2」と高く評価された。

一方、地元メディアの『WAZ』では香川に対する評価はDFソクラティス・パパスタソプロスやトプラク、オーバメヤンと同じ「2.5」。ヤルモレンコ(「1.5」)、GKロマン・ビュルキやプリシッチ(「2」)に次ぐチーム4位タイの点数となっている。「ペナルティーエリアでトプラクからのヘディングが当たると、素早く反応し、至近距離から(相手GK)マテニアを超えるシュートを決めている。その他、たくさんのボールが彼の頭上を超えていったため、序盤は苦しんだが、試合に入り込んだ」と寸評された。
『ルールナハリヒテン』でも香川のパフォーマンスはトプラク、オーバメヤン、プリシッチに並び「2.5」。ヤルモレンコ(「1.5」)やビュルキ(「2.0」)に次ぐチーム3位タイの評価となった。同紙は香川について「今シーズン初めてスタートした彼は24分、トプラクのアシストに近距離弾で“サンキュー”。まさに正しい位置に立っていた」とコメントさらにゴールは通算37得点目で、ブンデスリーガにおける日本人最多ゴールの記録に並んだことも言及している。

HSV側ではDF酒井高徳は48分までプレー。香川と同様、今季リーグ戦初めてスタメンに名を連ねた同選手は左SBとして出場したが、『キッカー』での評価は「5.5」と両チーム最低タイと辛口。マッチレポートでは「ヤルモレンコに手を焼いた」などで苦戦を強いられたことが指摘されている。なお、HSVのU-23チームに所属するFW伊藤達哉はこの試合で初めてトップチームのベンチ入りを果たしたが、出番は訪れなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000046-goal-socc

Hamburger SV 0-1 Borussia Dortmund - 24 Shinji Kagawa Bundesliga

   
アオアシ (20) (ビッグ コミックス) アオアシ (20) (ビッグ コミックス)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 6/4 号 GIANT KILLING(54) (モーニング KC)
サッカーマガジン2020年7月号 (「リオ組」の現在地) SOCCER KING (サッカーキング) 2020年 06 月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) ブルーロック(9)
Number(ナンバー)1001「創刊40周年記念特集 日本サッカー希望の1ゴール。」 サッカーダイジェスト 2020年 5/14・28 合併号
最新記事
【海外の反応】「おめでとう」鎌田大地、待望のブンデス初ゴール!2得点に絡む活躍!ドローで連敗止める!
【海外の反応】「香川みたいだ」キミッヒの芸術的ループでバイエルンがドルトムントとの大一番を制す!
【海外の反応】日本サッカーと韓国サッカー、どっちが上なの?
【海外の反応】「プレミア歴代最高のアジア人選手は誰?」
「何を信じればいいのか..」久保建英の去就に影響も!?ウーデゴールのレアル復帰が決定的に!?現地紙が報道!【海外の反応】
【海外の反応】「給料なしだよな?」カンテ、コロナ感染懸念で練習参加を拒否!今季残り全試合欠場か..賛否両論の声!
【ドイツの反応】「生ける伝説だ」長谷部誠、契約延長発表で現地サポから感謝と歓喜の声続出!バイエルンに大敗で待望論も!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃(20) ポストカードセット付き特装版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR