NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「怪しいと思ってた」2002年のロベルトカルロスにドーピング疑惑が浮上

2002ワールドカップ

サッカーブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。

 ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医師が存在し、ドーピングが日常的に行われていると伝えた。同医師が持久力向上に効果があるエリスロポエチン(EPO)や、筋肉増強作用などがあるクレンブテロールを勧めるシーンも流した。

 番組の中で、現役時代に攻撃的なディフェンダー(DF)として、スペインリーグ1部のレアル・マドリードなどで活躍し、左足からの強烈なシュートが代名詞だったロベルトカルロス氏にも言及した。15年にブラジルの反ドーピング機関がサンパウロの検察庁に提出したとされる関係書類に「名前が記載されていた」とした。

 詳細は定かではないが、日韓W杯のあった02年に別の代表選手と禁止薬物を使用していた疑いがあるという。また、問題の医師がやせ気味だった15歳ごろから同氏に禁止薬物を渡し「あの厚い太ももは自分がつくった」と主張する場面もあった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000069-asahi-spo

Research by ARD reveals possible connections to a doping doctor that reach far into the Brazilian football elite

   

【海外の反応】「開いた口が塞がらない」ロベルト・カルロスがレジェンズマッチで見せた驚愕のサイドチェンジ

レアル・マドリー



   
Number(ナンバー)1004「史上最強チームを語れ。 Number(ナンバー)1004「史上最強チームを語れ。




Ads by amazon
BE BLUES!~青になれ~ (39) さよなら私のクラマー(12) (講談社コミックス月刊マガジン)
footballista(フットボリスタ) 2020年7月号 サッカーダイジェスト 2020年 6/11・25 合併号
「戦術脳」を鍛える最先端トレーニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 (footballista) ワールドサッカーダイジェスト 2020年 6/4 号
アオアシ (20) (ビッグコミックス) サッカーマガジン2020年7月号 (「リオ組」の現在地)
最新記事
【海外の反応】「日本のレジェンドだ」長谷部誠、ブンデスのアジア人最多出場記録を樹立!通算309試合出場!海外のファンが称賛!
【海外の反応】「消されるぞ」中国サッカーのレジェンド、共産党を滅ぼそうと宣言!国内世論に衝撃!身を案じるファンも
【ポルトガルの反応】「理解できるが..」中島翔哉、合流拒否で契約問題にも発展か!?現地サポから賛否両論の声!
【海外の反応】「日本人がレアルで一番の有望株?」久保建英、19歳の誕生日にスペイン全国紙が特集!
【ドイツの反応】「目の保養だ」長谷部誠、圧巻プレーで大記録を飾る!現地サポが絶賛!
【イタリアの反応】「レアルが手放すとは..」久保建英がミラン移籍!?レアルに獲得を打診か!?現地ミラニスタの反応は..
【海外の反応】「正確無比だ」南野拓実、絶妙スルーパスで決定機を演出!練習試合で見せ場!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃(20) ポストカードセット付き特装版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR