NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「日本はアジアの希望だ」日本代表をアジアの柱とFIFA公式が紹介!海外のファンに大きな反響を呼ぶ!

日本代表

日本代表は1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)に初出場して以降、6大会連続で本大会出場を果たしている。2002年、10年、18年とベスト16に3度進出するなどアジア強豪としての地位を固めつつあるが、W杯公式インスタグラムがそんな日本を特集。「象徴的な選手」6人の写真を使った画像を投稿し、話題を呼んでいる。

 W杯公式インスタグラムでは現在、10月以降に特定の国に注目したコラージュ画像を投稿している。その国の地図上に歴代の名手と名所などを散りばめたもので、王国ブラジルであればペレやジーコ、ロナウド、ロナウジーニョらとともにコルコバードのキリスト像が描かれ、イタリアではパオロ・ロッシやディノ・ゾフ、ファビオ・カンナバーロらとともにコロッセオがコラージュされている。

 そうしたなか、今回は日本が登場。日本地図とともに富士山や桜、鹿などが添えられ、そこに「日本の最も象徴的なプレーヤー」として6人の選手が登場している。最も大きな扱いとなったのは、18年ロシア大会で輝きを放ったMF香川真司で、同時代をともに駆け抜けた選手としてMF本田圭佑、FW岡崎慎司、MF長谷部誠が入っている。

 そして日本人選手の欧州進出のパイオニアとなり、02年日韓W杯で象徴的存在だった中田英寿も選出。さらに日本のオールドファンにとって感慨深いのは、W杯本大会には出場していないものの、90年代以降の日本サッカーを支え、53歳となった今も現役でプレーする“キング・カズ”ことFW三浦知良が入ったことだろう。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5696204a24c67b96747d7e2627bef39f42d97a80
公式アカウントは英語で「サムライブルー! 日が昇る国で極東サッカーの柱である日本!何十年にもわたってこの国のためにプレーしてきた、日本を代表する選手たちです」とコメントを添え、1枚のイラストを投稿。日本列島をかたどったフォルムに、新旧の代表戦士たちが描かれている。

これまでに9000件以上のコメントが寄せられるなど、話題となっている今回の1枚。日本代表の選手たちが世界のファンに残したインパクトは小さくないようだ。
https://news.livedoor.com/article/detail/19400366/
iconic Japanese players have played for the ‘Land of the Rising Sun’ at the #WorldCup

コメント欄などから海外の反応をまとめました

・前回のワールドカップで日本は本当に見ていて美しかった....日本はアジアの巨人だ ❤️



<タンザニア>
・この画像を見たら、中田英寿、鈴木、楢崎、ナマカタ、2001年のコンフェデレーションズカップを思い起こさせるわ。



・中村俊輔はどこだよ?!!🙆🏻‍♂️



<スコットランド>
・日本は断トツでアジア最強のチームだ
 世界ではとても過小評価されている



<日本?>
・ここ20年での日本代表の成長っぷりは驚異的だ 🇯🇵💪


   

【海外の反応】「茶番だ」カタール代表、W杯欧州予選参加へ!仰天プランに海外のファンが激怒!

ワールドカップ

先日、2022年のFIFAワールドカップ・カタール大会に向けたヨーロッパ予選の組み合わせが決まった。

そうしたなか、『Independent』が驚くような話を伝えている。開催国であるカタールが2022年のW杯欧州予選に参戦するというのだ。

当然ながら、ホスト国であるカタール代表はW杯出場権はすでに得ているのだが…。

カタールはアイルランド、ポルトガル、ルクセンブルク、セルビア、アゼルバイジャンと同じグループAに入る見込み。

このアイデアは同グループのバランスをとること、そして、コスト国に欠かせない試合への準備を提供するためのものだという。

ただ、カタールはグループB、D、Eに入る可能性も残されているとのこと。

カタールの欧州予選参加について、すでにAFCとUEFAは交渉済みだとか。

ただ、カタールと同組を戦う相手国はカタール戦での勝点はカウントされない可能性が高く、ややメンバーを落とすことも許されるようだ。
https://qoly.jp/2020/12/09/qatar-to-join-european-qualifying-iks-1
Qatar to join European qualifying for 2022 World Cup

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ドイツ>
・なんてことだ



<バイエルンサポ>
・今回のワールドカップなんかやめちまえ、見ていられない



・まじで頼むわ、サッカーを破壊するのをやめてくれ



<スウェーデン>
・まじで恥ずべきだわ



<パルチザンサポ>
・俺はまじで驚きもしないよ


   

【海外の反応】「恐れるべき?」アメリカ代表に黄金世代が到来か!?驚異の欧州組作れるアメリカ人の躍進!

アメリカ・MLS

今回の日本代表も海外組だけでチームを構成したことが話題となっているが、同じような盛り上がりを見せているチームがある。

最近何かと若手タレントが話題を呼ぶアメリカ代表だ。アメリカもまた、欧州組のみにこだわってスタメンを構成することが可能な段階に達しているのだ。

GKにはマンチェスター・シティの2番手を務める25歳のザック・ステッフェン、最終ラインは右サイドバックにバルセロナのセルジーニョ・デスト、左にフラムのアントニー・ロビンソン、センターバックにはヴォルフスブルクのジョン・ブルックス(27歳)、バイエルンでの成長が期待される20歳のクリス・リチャーズがいる。

中盤ではユヴェントスに加入した22歳のウェストン・マッケニー、ライプツィヒのタイラー・アダムス(21歳)、ドルトムントで早くも異彩を放つ17歳のジョバンニ・レイナ

最前線はチェルシーの10番を任されるクリスティアン・プリシッチ(22歳)、リールのティモシー・ウェア(20歳)、大迫勇也とブレーメンでチームメイトのジョシュ・サージェント(20歳)が務める。

米『Bleacher Report』も欧州組だけでスタメンを構成できるようになったことに手応えを感じているようで、今後の代表チームに大きな期待をかけている。ほとんど20代前半の選手となっていることも特徴的で、アメリカサッカー界に良い流れが生まれているのは間違いない。

GKではベルギーのクラブ・ブルージュでプレイする25歳のイーサン・ホヴァスも控えており、センターバックを含めもう少し守備陣が豪華になれば世界の強豪とも互角に渡り合えるだろう。

2022カタールワールドカップ、さらにはメキシコ、カナダ、アメリカの3国共催予定となっている2026ワールドカップでサプライズを起こすべく、アメリカは今後も続々とタレントを欧州へ送り込んでくるはずだ。6年後の2026ワールドカップを迎えた時、控え選手を含めメンバー全員が欧州クラブ所属組なんて展開になっても不思議はないだろう。
https://www.theworldmagazine.jp/20201013/02national_team/296209
Pulisic The United States have never had a team as good as they have now

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

<ナイジェリア>
・ワオ・・・本当にタレントが豊富にいる
 アメリカはアカデミーの発展に取り組んできたんだな👏



<アメリカ>
・2026年ワールドカップでアメリカは相当なチームになるだろう



<アメリカ>
・2022年W杯では準々決勝進出、2026年は優勝で決まりだ



<ドイツ>
・アメリカには黄金世代が到来してるな。2026年の優勝も全く不可能は話でもない(そのためにはもっと優れた監督が必要だけど)

 でも、他のどの強豪国にも(もっと優秀な)有望株や欧州でトップクラブでプレーしてる選手達がいることを忘れないでくれ。


   

【海外の反応】「ありなの?」カタール、W杯前にベルギー1部チームをカタール代表化か!?海外のファンから賛否両論の声!

アジア

2022年にFIFAワールドカップを開催するカタール。同国代表はW杯本大会に出場したことは一度もないが、2019年に行われたアジアカップでは日本代表を撃破して初優勝を遂げている。

そうしたなか、『DH les Sports +』が気になる話を伝えた。

それによれば、カタールはワールドカップ前年となる来季にクレイジーなプランを計画しているとか。

それはカタール代表選手の多くをベルギー1部リーグのオイペンにローン移籍させるというもの。

豊川雄太もプレーしたオイペンは、2012年にカタール財団が買収したクラブだ。カタール財団はアスパイア・アカデミー(カタール国立のスポーツ選手育成施設)を運営しており、これまでにも何人ものアカデミー出身者をオイペンに送り込んでいる。

実際、アジアカップを制したカタール代表にはオイペンのトップチームやユースに所属した経験を持つ選手が8人いた。

自国でのワールドカップに備えるために代表選手たちをオイペンに大量に送り込む可能性があるようだ。
https://news.livedoor.com/article/detail/18958028/
Paraguay 2-2 Qatar 2019 Copa America, Group B

英語のサッカーのフォーラムなどから海外の反応をまとめました

・2018年ワールドカップの前にサウジアラビアがスペインリーグのチームに金を払って契約させたのと同じぐらい駄目な案だろ



 <アーセナルサポ>
 ・(サウジは)大きく裏目に出てなかったか?サウジの選手がスペインのチームで誰もスタメンになれなかったことを考えたら


【関連記事】
サウジ選手9人がスペインへ集団移籍するも出場/ベンチ入りゼロの事態に!


・サウジアラビアはラ・リーガのクラブを所有していなくて、カタールはオイペンを所有していることが違いだ。カタール人選手は(オイペンで)出場するだろう。



<レアル・マドリーサポ>
・クソったれ案だな



<クラブ・ブルッヘサポ>
・これだからオイペンには(ベルギー)1部にいて欲しくないとみんなが思うんだ


   

【海外の反応】「軽率だ」サガン鳥栖でクラスター発生に海外のファンは..W杯2次予選は来年に再延期!

Jリーグ

詳細な経緯を目の当たりにすれば、防ぐことができた事態だったのではないかと思えてしまう。
 3日間で10人もの新型コロナウイルス感染者が出た、サガン鳥栖の竹原稔代表取締役社長が12日夜に緊急のオンライン会見を開催。Jリーグで初めてクラスター(集団感染)と指定された状況に「結果から見ると、起こるべくして起こってしまったところがあるのかもしれない」と陳謝した。

鳥栖は前日11日に金明輝監督がPCR検査で陽性判定を受けたと発表していた。10日午前中の練習を指揮した後に倦怠感を覚え、佐賀県内の病院でPCR検査を受けた結果、同日午後3時に新型コロナウイルス感染が判明。所轄保健所に濃厚接触者と判断された3人のスタッフも隔離された。
 保健所の主導でPCR検査を受けた3人のスタッフは、11日の段階で陰性が確認された。さらに鳥栖は万全を期すために、選手やスタッフらトップチームに関わる89人に独自のPCR検査を実施。12日になって9人に陽性の疑いがあることがわかり、そのなかで発熱やのどの痛みなどを訴えていた3人に結果が早くわかる抗原検査を実施したところ、選手、スタッフ一人ずつから陽性判定が出た。

鳥栖で最初の感染者となった金監督の発症日は、佐賀県によれば敵地で鹿島アントラーズ戦が行われた8日となっている。体温は朝、晩とも36度台前半の平熱だったが、昼間に「微妙な違和感」を覚えたという。リリースに当初記されていた「体調不良」から変更した理由を、発熱や倦怠感、咳、味覚や嗅覚の異常などがなかったことを含めて、竹原社長はこう説明している。

「試合当日でいろいろな感情が交錯するなかで、いつもあるような体がだるいレベルでした」

 一夜明けた9日朝も平熱だったが、空路で鳥栖に戻った後に、コーチ陣とクラブハウスで15分以上におよぶミーティングを開催している。
 このときマスクを着けていなかった金監督は初めて倦怠感を覚え、夜になって発熱。最高で38度に達したが、翌10日朝には再び平熱に戻った。体調に問題なしと判断した金監督は、前述したように午前中に行われた練習の指揮を執っている。

 PCR検査で陽性判定が出た後に実施した金監督へのヒアリングで、8日以降の経緯をクラブ側は初めて把握している。
 11日にもオンライン会見を行った竹原社長は「私どもの管理不行き届きでした」と謝罪したが、発熱があったことを10日の時点で金監督も報告しておくべきだった。

 Jリーグが策定した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」では、37.5度以上の発熱が2日続いた時点でJリーグへの報告と隔離が義務づけられている。
 しかし、一方では「体調の異変を感じたら休む勇気や、あるいは報告する勇気をもつ」とも明記されている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6956a03fe3dd005436f9049797b633868e65086e?page=2
サッカー・J1サガン鳥栖の竹原稔社長は12日夜、オンラインで会見を開き、トップチームの選手6人とスタッフ3人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにし、感染拡大防止のため、当面の間チームの活動を停止する方針を示した。

 15日に鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われるリーグ戦のガンバ大阪戦をはじめ、今後の公式戦の開催可否について、竹原社長は「Jリーグと協議する」と繰り返す一方、「感染経路が確定できていない。リスクは他のチームとは違う」と厳しい認識も示した。

 感染経路や濃厚接触者の調査は今後、保健所と協力して行う予定。竹原社長は「近距離で話をする時や、ご飯を食べた後にマスクを外している時間があったのは少なからず認識している」としつつも、「ロッカールームでマスクを外して交流した形跡はない。かなり気を遣って活動していたのは事実」と述べた。

 チームは感染者の氏名を公表しない方針で、竹原社長は「今はこの状況を乗り切ることを見守ってほしい。個人の誹謗(ひぼう)中傷にならないことをお願いしたい」とサポーターに訴えた。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/560572
COVID-19 cluster has occurred at Sagan Tosu

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<FC東京サポ>
・まじかよ、1週間前にサガン鳥栖と対戦したうちの試合が更に心配になってきたわ



<日本在住アメリカ>
・もおっ、日本。体調がすぐれないのなら自宅にいないと。



<アジア>
・これはJリーグにとってまずいぞ
 クラブ内に体調不良の人がいたら仕事を休ませて自宅隔離させるんだ!
 


<インドネシアの鹿島アントラーズサポ>
・ということはサガン鳥栖Jリーグの試合をしないってこと???


   
GIANT KILLING(57) GIANT KILLING(57)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2021年 1/28 号 中村憲剛引退記念本 (18シーズンを完全網羅)
2020 Jリーグ総集編 2021年 2/8 号 エル・ゴラッソ イヤーブック 2020 J1 ・ J2 リーグ シーズンレビュー (エルゴラッソ)
Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2020 (エルゴラッソ) NumberPLUS「永久保存版 ディエゴ・マラドーナ」
DAYS(41) (講談社コミックス) ブルーロック(12) (講談社コミックス)
最新記事
【ベルギーの反応】「ワールドクラスだ」伊東純也、芸術的ゴール!現地サポが絶賛!首位攻防戦で1G1Aの大暴れ!
【イタリアの反応】「皇帝だ」吉田麻也、セリエA初ゴール!現地サポから称賛殺到!セインツサポも祝福!
【スペインの反応】「芸術家だ」武藤嘉紀、ゴラッソを技ありアシスト!現地サポが称賛!
【海外の反応】「移籍した方が..」南野拓実、FA杯マンU戦で出番なし..海外のリバプールファンは困惑
【イタリアの反応】「本物だ」冨安健洋、Cロナウド相手に冷静な守備披露!現地サポから上々の評価!
【スペインの反応】「すげえ」レアル中井卓大、豪快ゴール!海外のレアルファンが絶賛!
【ドイツの反応】「批判されすぎだ」鎌田大地、アシストを含む4得点に絡む活躍!現地サポが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR