NO FOOTY NO LIFE

    


外国人「逮捕されるべきだ」FC東京、上海申花の卑劣なタックルでディエゴが負傷退場..海外のファンからも批判続出!【海外の反応】

アジアチャンピオンズリーグ

目を疑うようなタイミングでのあり得ないラフプレーで、FC東京が貴重なアタッカーを失った。カタールで集中開催されているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で27日に上海申花(中国)と対戦したFC東京は、後半にFWディエゴ・オリヴェイラが負傷交代した。

 前半からファウルの多い試合展開で迎えた後半の立ち上がり、中央やや右サイドの敵陣で相手を振り切ったオリヴェイラが加速したところで、斜め後ろから上海のMFチン・ションが突進。ボールではなくまっすぐにオリヴェイラへ向かって足の裏から飛び掛かった。

 このアタックを軸足に受けたオリベイラは無念の負傷交代。モハナド・サレー主審はこの信じがたいプレーにレッドカードではなく、イエローカードを提示した。

 新型コロナウイルスの影響で中断し、今月に入ってカタールでの集中開催として再開されたACLだが、中立地の開催でも中国勢の目を追うようなラフプレーは変わらずにピッチ上に存在している。
https://www.football-zone.net/archives/295398
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は27日、グループリーグ第4節が行われ、F組に入るFC東京上海申花(中国)と対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半16分にFWレアンドロのゴールで先制したFC東京が、同37分にMF安部柊斗が加点すると、上海申花の反撃を1点に抑えて2-1の勝利を収めた。2位に浮上したFC東京は30日の第5節で、首位に立つ蔚山現代(韓国)と対戦する。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?317419-317419-fl
shocking tackle from Qin Sheng studs up into Diego Oliveiras calf

試合のハイライト動画

コメント欄などから海外の反応をまとめました

<ロンドン>
◆秦升(チン・ション)が本当に恐ろしいタックル動画】 【リプレイ
 ディエゴ・オリヴェイラにのふくらはぎに足裏が入った
 イエローカードで済んだが、最低でもレッドカードを受けるべきだった
 


・言葉がないわ、あり得ない卑劣なタックル



<スコットランド>
・これでイエローだけって😐



 <大宮アルディージャサポ>
 ・まじかよ



<ブラジルの記者>
・AFCのレフリー・・・


   

【海外の反応】「なめきってる」中国で27億円を手にして去ったテベスの発言に批判殺到!

アジア

アルゼンチン1部リーグのボカ・ジュニアーズ(Boca Juniors)へ復帰し、低調だった中国スーパーリーグ(1部)の上海申花(Shanghai Shenhua)での日々を「7か月の休暇」と表現したカルロス・テベス(Carlos Tevez)に対し、怒った中国サッカーファンが 「恥知らず」や「ネズミ」のらく印を押している。

 テベスは上海から世界最高クラスの週給73万ユーロ(約9930万円)とされる給料を受け取りながら、けがとコンディション不良に悩まされ、中国では散々な時期を過ごした。そして悪夢を早急に終わらせるべく、1月にボカ復帰を決めた。

 15日にアルゼンチンのテレビに出演したテベスは、冗談半分で「調子は良い。7か月も休暇を取っていたからね」と発言。すると、上海時代に「重度のホームシック少年」のレッテルを貼られることもあったテベスに対し、中国のSNSでは怒りがあふれていた。

 あるユーザーは、中国版ツイッター(Twitter)のウェイボー(Weibo)に「サッカー界のならず者、そのケツをしまって、二度と中国に戻ってくるな、この野郎」と書き込んだ。別のユーザーは「あいつ以上の恥知らずはいないんじゃないか」とコメントしている。

 テベスはけがやコンディション不良でスーパーリーグの半分を棒に振り、出場した試合でも高額の給料に見合うプレーは披露できず、得点はわずか4ゴールにとどまった。中国のファンは、責任はテベスだけでなく、上海申花にもあると考えている。

 ウェイボーには「テベスのインタビューを見て、中国のサッカーファンとして今回も本当に胸が痛む」や「自分たちも駆け回るネズミを追いかけるみたいにテベスを追ってきたけれど、クラブ幹部も我が身をよく振り返るべきだ」といったコメントも投稿されているが、テベス狂騒曲に早く一区切りをつけたい上海申花は、ノーコメントを貫いている。

 対照的にアルゼンチンでは、テベスの自身3回目となるボカ加入が温かく歓迎されており、国の英雄ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏からも「サンタの袋に札束を詰め込んでボカへ戻ってこれた」と支持されている。(c)AFP

How Carlos Tevez’s Chinese “vacation” made him the world’s best-paid player and infuriated a nation

   

【海外の反応】「これがサッカー?」中国人MFの悪質な踏み付け行為と厳罰処分が話題に

アジア

中国スーパーリーグの上海申花が13日、相手に対して悪質な踏み付け行為をしたチーム所属の元中国代表MFチン・シェンに対して厳罰処分を下したと発表した。英紙『デイリー・メール』によると、罰金3万5000ポンド(約490万円)に加えてチーム追放と年俸カットも課す可能性があるという。

現地時間11日に上海申花は天津権健と対戦。上海申花のコーナーキックの最中に、ペナルティエリア内にいたチン・シェンが天津権健に所属するベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルに対して”悪質な踏み付け行為”を行った。完全に足を狙った明らかに故意のファールであったため、チン・シェンはレッドカードを提示されて退場している。

 試合後にチン・シェンは自身のSNSを通じて「愚かなファールだった。個人的な行動がチーム全体に影響を与えた。ファン、クラブ、監督、ピッチで戦った選手に対して謝罪したい」とコメントした。

 一方で、上海申花はオフィシャルサイトを通じて「チン・シェンの悪質な行動は、我々のクラブ、上海のサッカー、そして中国サッカーのイメージを酷く傷つけた。他の人の努力は、彼のせいで全て水の泡だ」と怒りのコメント。「彼の態度と行動を議論し、年俸をカットするかどうかを決める」と公式声明を発表している。

 同紙によると、2013年に行われた中国FAカップ決勝戦でもチン・シェン(当時:広州恒大所属)は北京人和に所属するズラタン・ムスリモビッチの鼻を骨折させる行為を行っていたとのこと。後日、ムスリモビッチは母国のボスニア・ヘルツェゴビナに戻り手術を行ったという。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010012-footballc-socc

Witsel lets out a cry of pain and tumbles to the ground after being stamped on by Qin

   

【海外の反応】「驚いた奴いるの?」年俸46億円のテベスが中国脱出を早くも熱望!?代理人は噂を否定

アジア

イングランドでも生活に苦労した過去が…。

 今冬の移籍市場で、いわばトレンドとなったスター選手の相次ぐ中国移籍。この“爆買い”の中でも目玉取引として話題をさらったのが、ボカ・ジュニオルスから上海申花移籍したカルロス・テベスだろう。
 
 推定だが年俸リオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドを凌ぐ3800万ユーロ(約46億6000万円)とも言われ、テベスは世界最高給のフットボーラーになったと伝えられている。
 
 しかし、そのテベスはチーム合流から1か月弱で早くも上海申花からの退団を望んでいるという。アルゼンチンの有力紙『Ole』が報じている。
 
 同紙によれば、テベスはACLプレーオフでオーストラリアのブリズベン・ロアーに敗れた自軍のクオリティーに不満を感じたうえ、ウルグアイ人指揮官のグスタボ・ポジェとも対立しているとされ、さらに単身赴任中の中国での生活に苛立ちを募らせているという。
 
 しかし、同紙はテベスの代理人を務めるアドリアン・ルオッコが、「彼は中国からアルゼンチンに戻らない。どこからその話が出たのか分からないね。テベスと話したが、彼はどこにも行かない」と、この退団話を真っ向から否定したことも伝えた。
 
 とはいえ、テベスはプレミアリーグでプレーした時に「途方に暮れていた。ウェストハムではマスチェラーノの行くところにはどこでも付いていった。彼がトイレに行ったら僕も付いていったぐらいだ」と語るなど、慣れない国での生活に苦労した過去を持っている。イングランドと比べても言葉も生活習慣もさらにアルゼンチンとは異なる中国だけに、どうなるかは分からない。
 
 今後、このアルゼンチン人FWの動向の鍵となりそうなのが、上海申花移籍の際に契約書に盛り込んだ特別条項だ。
 
 それには「テベスが11月までに馴染めなかった場合、現役引退かボカ復帰を選択できる」というものが含まれており、その場合、テベスの移籍金1100万ユーロ(約13億5000万円)のうちの60%を支払えば、ボカがテベスを再獲得できるというのだ。
 
 ルオッコもこの条項については、「これには彼自身の幸せとボカに対する特別な感情がある」とテベスの“ボカ愛”を認めており、噂通りに中国馴染めないとなれば、愛する古巣復帰が急転直下で決まる可能性は決して低くないだろう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00022714-sdigestw-socc

Olé reporting that Tévez is already not happy in China

   

【海外の反応】「信じられない結果」日本の3部クラブが金星!テベス加入の'金満'上海申花に快勝でアルゼンチンメディアも驚き,ドルトムントのラモスに中国移籍合意報道

アジア

アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが加入する中国上海申花が、
日本の3部クラブに敗れたと、アルゼンチン『TyCスポーツ』が驚きをもって報じた。

中国スーパーリーグで昨季4位だった上海申花は、
MFフレディ・グアリンやMFジョバンニ・モレノ、FWオバフェミ・マルティンスらが所属し、
昨年末にはテベス獲得を発表していた。週給は76万ドル(約8900万円)とも言われている。

その上海申花は今月14日、合宿地である沖縄県でJ3のFC琉球とトレーニングマッチを行い、0-2で敗れた。

この一戦に出場したメンバーなど、詳細は明らかになっていないが、
『TyCスポーツ』によると、まだ合流していないテベスグアリン、モレノは出場していなかったようだ。

それでも、トレーニングマッチだったとはいえ、日本の3部クラブに敗れてしまったことに、
テベスの母国でも驚きをもって報じられた。

なお、上海申花は来月8日にACLプレーオフを控えており、
勝利すればJリーグ覇者の鹿島アントラーズと同組のグループEに入る。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635975-gekisaka-socc

Shanghai Shenhua, el equipo al que se incorporó Carlos Tevez, perdió hoy por 2-0 frente al FC Ryukyu, de la tercera división de Japón

   
GIANT KILLING(57) GIANT KILLING(57)




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2021年 1/28 号 中村憲剛引退記念本 (18シーズンを完全網羅)
2020 Jリーグ総集編 2021年 2/8 号 エル・ゴラッソ イヤーブック 2020 J1 ・ J2 リーグ シーズンレビュー (エルゴラッソ)
Jリーグ 「 新戦術 」 レポート 2020 (エルゴラッソ) NumberPLUS「永久保存版 ディエゴ・マラドーナ」
DAYS(41) (講談社コミックス) ブルーロック(12) (講談社コミックス)
最新記事
【ベルギーの反応】「ワールドクラスだ」伊東純也、芸術的ゴール!現地サポが絶賛!首位攻防戦で1G1Aの大暴れ!
【イタリアの反応】「皇帝だ」吉田麻也、セリエA初ゴール!現地サポから称賛殺到!セインツサポも祝福!
【スペインの反応】「芸術家だ」武藤嘉紀、ゴラッソを技ありアシスト!現地サポが称賛!
【海外の反応】「移籍した方が..」南野拓実、FA杯マンU戦で出番なし..海外のリバプールファンは困惑
【イタリアの反応】「本物だ」冨安健洋、Cロナウド相手に冷静な守備披露!現地サポから上々の評価!
【スペインの反応】「すげえ」レアル中井卓大、豪快ゴール!海外のレアルファンが絶賛!
【ドイツの反応】「批判されすぎだ」鎌田大地、アシストを含む4得点に絡む活躍!現地サポが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 23 (ジャンプコミックス)

【2021カレンダー】1921-2021歴代日本代表ベストイレブンカレンダー JFA創立100周年記念企画
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR