NO FOOTY NO LIFE



【ベルギーの反応】「メッ寿司だ」久保裕也、スーパーゴール!現地サポが絶賛!

久保裕也

日本代表FW久保裕也が、リーグ戦3試合ぶりのゴールを決めた。
 
 現地時間11月24日、ベルギー・リーグ16節のヘント対ムスクロン戦が行なわれ、久保はホームチームのスタメンで登場。4-2-3-1システムのトップ下に入った。
 
 試合が動いたのは29分、ヘントはモーゼス・シモンのPKで先制点を奪う。しかし4分後に守備陣のミスから同点に追いつかれ、あっという間に1-1に。スタジアムに漂う嫌なムードを一掃したのが久保だった。
 
 38分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた久保は単独ドリブルで切れ込むと、マーカーふたりを巧みなステップで振り切ってするするとエリア内へ侵入。3人の守備者に囲まれながらも、GKの出端を突くコントロールショットを放ち、鮮やかにゴールに流し込んだのだ。圧巻のゴラッソで今シーズン5点目を決めた。
 
 ベルギー国営放送の『RTBF』は、「驚きのスーパーゴールだ! シーズンベストの候補に挙げてもいい得点で、ユウヤ・クボがあらためてそのクオリティーの高さを示した」と絶賛した。
 
 さらに久保は78分にもゴールに絡む。右サイドでボールをキープしてムスクロン守備陣の注意を引くと、鋭い切り返しから中央へパス。これをフリーで受けたディラン・ブロンが左足でスライダーショットをねじ込んだ。久保のお膳立てでヘントはリードを広げ、そのまま3-1で勝利した。
 
 1ゴール・1アシストと奮迅の働きを見せただけでなく、積極果敢にハイプレスを掛けるなど守備でも貢献した久保。コンディションの良さを窺わせ、その好調ぶりに呼応するようにヘントも上昇曲線を描いている。シーズン序盤の躓きを取り返し、リーグ戦3連勝で暫定4位に浮上した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171125-00032958-sdigestw-socc

Kubo doet monden openvallen met heerlijk doelpunt Messushi

   

【ベルギーの反応】「止められない」久保裕也、2戦連続弾はビューティフルゴール!鮮やかターンから時速111kmの衝撃弾!

久保裕也

ベルギーリーグ第13節が27日に行われ、FW久保裕也の所属するゲントは敵地でシャルルロワと対戦し、1-2で敗れた。7試合連続スタメンの久保は、0-2の後半22分に追撃のゴールを奪取。2試合連続弾で今季4得点目としたが、チームは4試合ぶりの黒星を喫した。

 4-2-3-1のトップ下で先発した久保は前半4分、PA内やや右でDFドリアン・デソレイユの守備を受けて倒れるが、ファウルの笛は鳴らず。その後、プレーが切れたタイミングで主審がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって状況を再確認するも、ノーファウルの判定は変わらなかった。

 するとゲントは前半44分、MFナナ・アクワシ・アサレから久保へのパスが相手にカットされ、ショートカウンターからMFクリスティアン・ベナベンテに先制ゴールを献上。後半18分にはポストに当たって跳ね返ったボールをベナベンテに押し込まれ、2点のビハインドを負った。

 それでも後半22分に久保が魅せる。FWママドゥ・シラがヘッドで流したボールを受けてPA内左に持ち込むと、軸足の裏を通す左足の切り返しでマークを剥がし、自らシュートコースを確保。腰をひねりながら右足をコンパクトに振り、カーブをかけてゴール右隅に突き刺す。場内表示で時速111kmと計測される強烈なシュートで1点を返した。

 久保は24日の第12節オイペン戦(3-0)に続くゴールで今季4得点目。対シャルルロワ戦では昨季の優勝プレーオフから3試合連続ゴールとなった。これで反撃ムードが高まったゲントだったが、2点目を奪うことはできず。1-2のままタイムアップを迎え、4試合ぶりに敗戦を喫した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?229435-229435-fl

kubo yuya goal agaisnt Charleroi 2017

   

【ベルギーの反応】「一流の選手だ」森岡亮太、また1ゴール1アシストの活躍!久保裕也は今季2点目を記録!

森岡亮太

ベルギーリーグ第9節が30日に行われ、MF森岡亮太の所属するベフェレンはホームでアントワープと対戦し、3-0で勝利した。トップ下で先発フル出場した森岡は1ゴール1アシストの活躍。開幕から9試合で5ゴール6アシストとし、3戦ぶりの白星をもたらした。

 この日はアントワープのマンマークに近いタイトな守備に対し、うまく攻撃の形を作れずにいたベフェレン。前半13分にミドルレンジから森岡が強引に右足で放ったシュートは枠を大きく外れ、同アディショナルタイム3分に良い位置でのFKからMFイブラヒマ・セックが左足で直接狙ったシュートも左ポストの外側を通過した。

 0-0で前半を折り返すと、意外な形でスコアが動く。後半1分、森岡が右サイドのタッチライン際で2人の相手に追い込まれながらも粘り強くキープ。ボールがラインを割った直後、アントワープの選手たちがマイボールをアピールする中、DFローラン・ヤンスが素早くスローインで始め、受けたFWアレクサンダル・ボリェビッチがPA内右に進入する。角度のない位置から右足で打ったシュートがゴール左上に突き刺さり、ベフェレンが先制した。

 ゴール後、判定に納得のいかないアントワープの選手たちが主審に抗議を行い、MFファリス・ハルンがイエローカードを受ける。確かに問題となったスローインの場面で、ボールが外に出る直前に触っていたのは森岡のようにも見えており、後味の悪い得点シーンとなった。

 相手が徐々にフラストレーションをためる一方、冷静に隙を突いてチャンスを創出していくベフェレン。後半19分にはカウンターから左サイドのMFナナ・オポク・アンポマーがパスを出し、PA手前やや左のスペースで森岡が受ける。相手GKの動きを見ながら右足で丁寧にゴール右隅へ流し込み、3試合ぶりとなる今季5得点目を挙げた。

 後半36分には左CKからキッカーの森岡が右足でファーにクロスを供給。途中出場のFWトゥール・ディールクスが胸トラップから右足でゴール右に叩き込み、さらにリードを広げる。そのまま3-0で終了し、ベフェレンが3試合ぶりに勝ち点3を手にした。-ゲキサカ-

morioka goal and assist against Royal Antwerp

   

【ベルギーの反応】「復活だ」久保裕也、待望の今季初ゴール!ヘントに今季初白星をもたらす

久保裕也

シーズン開幕からノーゴール久保裕也が、ベルギー・リーグ7節目にして、やっと長いトンネルを抜け出した。
 
 9月17日のオーステンデ戦は0対0のまま31分を迎えた。最終ラインから前線に送られたロングフィードにCFシラが鋭く反応し、ジャンプしながらダイレクトでシュートを放つ。オーステンデのGKファン・ハメルは前に飛び出しなんとかこれをブロックするも、味方のCBロンバーツと交錯して転倒。こうしてがら空きになったオーステンデのゴールに、久保がこぼれ球を丁寧に右足で蹴り込んだ。
 
 これまで多くの決定機を外し続けてきた久保は「かなり緊張しました。あんな、緊張したシュートはなかなかないです。入ったんで良かったです」と心底ホッとしていた。
 
 プレッシャーを感じていたのは久保だけではない。
 
 今シーズンのヘンクは、ヨーロッパリーグでよもやの予選敗退となり、グループリーグ進出ならず。優勝を狙うベルギー・リーグでは6試合無勝利の15位と大不振に陥っていた。そのため、ベルギー国内では「ハイン・ファン・ハーゼブルック監督更迭論」も巻き起こっていた。
 
 もし、最下位のオーステンデに負けて順位を逆転されるようなことになれば、ますます指揮官の立場は危うくなっていただろう。結局、ヘントは2対0でオーステンデを下し、12位に浮上。つまり久保のゴールは、単なる“ごっつぁんゴール”ではなく、久保本人、チーム、ファン・ハーゼブルック監督を救う価値ある一発となったのだ。
 
 昨シーズン、わずか半シーズンのプレーで久保はゴールを量産し、“スシボンバー”の異名を頂戴した。このゴールをきっかけに、久保にはあの時のフォームを取り戻してほしいもの。本人は「1点入ると、どんどんノッていける気がします」と自信を口にする。
 
 一方で、オーステンデ戦では1点を奪った後、素晴らしいロングパスを見せたかと思えば、イージーなボールロストも目についた。この1試合の中では、パフォーマンスが安定しなかった印象だ。そのことを指摘すると、久保はうなずいた。
 
「まだ、(チームが)完全に良い試合をしているわけではない。個人としてもあんまりベストパフォーマンスではないと思う。でも少しずつ、良くしていくのが今は大事かなと思います」
 
 聞けば、体調を崩していたという。
 
「今日は少し気持ち悪かったです。分かんないです。何かに当たったかもしれないです。まあ、でも大丈夫です。移るかもしれませんよ」
 
 食当たりは空気感染しないのだが……。
 
「そうですか。ああ、良かったです」
 
 スタミナが切れ、84分でベンチに下がった久保。ゴールという特効薬が効いて、体調不良をジョークに変える久保。どちらも、現在の久保裕也の姿である。
 
 今はただ、完全復調と体力回復を祈るばかりだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170918-00030108-sdigestw-socc

Yuya Kubo Ik hoop dat we door deze zege vertrokken zijn

   

【海外の反応】「ゴール数が凄いな」日本代表FW久保裕也に名門ポルトへの移籍浮上!ポルトサポも今季通算23ゴールの得点力に注目

久保裕也

ベルギーのヘントでプレーする日本代表FW久保裕也に、ポルトガルの名門から熱視線が注がれている。ポルトガル紙「ア・ボラ」は、今季の同国リーグ2位のFCポルトが久保の獲得に乗り出していると報じている。

 同紙は久保を左右と中央の3つのポジションでプレーできる攻撃的な選手として紹介。昨季はスイスのヤングボーイズと、冬の移籍市場で加入したヘントの2チーム合計で、シーズン23ゴールを挙げた得点力のある選手としている。

 ポルトはACミランに、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバを放出した。“クリスティアーノ・ロナウド二世”とも言われる逸材の後釜に、23歳の日本人ストライカーを獲得する考えだという。

 その移籍の障害となるのは、クラブ間交渉よりも久保の給与額だとしている。ヘントでの年俸は100万ユーロ(約1億2400万円)と報じられており、FCポルトはUEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー規定をクリアするために、多少の減額を久保に納得してもらう必要があるとしている。

 そして、久保がその提案にOKを出すならば、セルジオ・コンセイソン監督にとってチームが探している解決策を見つける存在になるとしている。

 ポルトは来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージから出場する権利を保有している。CL優勝2回、リーグ優勝27 回の名門は4シーズンにわたってポルトガル王者の座を逃しているが、来季久保が名門の一員に名を連ねることになるのか、動向が注目されるところだ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00010023-soccermzw-socc

kubo yuya 11th goal 2017

   

Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集 Jリーグ選手名鑑2018 J1・J2・J3 - エルゴラッソ特別編集




Ads by amazon
Number(ナンバー)946号 EUROPEAN FOOTBALL MANIACS2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) J1&J2&J3選手名鑑 2018 (NSK MOOK)
アオアシ × footballista Special Magazine (月刊フットボリスタ 2018年4月号増刊) 中村俊輔 サッカー覚書
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 3/1 号 [雑誌] WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2018年 03 月号 [雑誌]
伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション (講談社現代新書) 育成主義
最新記事
【海外の反応】「おかえり」香川欠場のドルトムント、ロイスの復活ゴールでボルシアMGに勝利!
【スペイン語の反応】「怪物だ」乾貴士、バルサ相手に奮闘!バルササポが高評価!試合後インタビューも話題に
【ドイツの反応】「必見だ」大迫勇也、鮮烈ゴール!も現地サポの評価は分かれる(ハノーファー戦)
【ドイツの反応】「並外れている」宇佐美、豪快ボレーでゴール!現地サポが称賛!
【ポルトガルの反応】「日本の宝石だ」中島翔哉、圧巻の1ゴール1アシスト!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「やめてくれ」イニエスタ、中国移籍か!?年俸46億円!
【フランスの反応】「一流のクロスだ」酒井宏樹、絶品アシスト!現地OMサポが称賛!もポジション争いが激化
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

モンスターハンター:ワールド (【数量限定特典】防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が手に入るプロダクトコード 同梱) - PS4

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR