NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「神になってる」長友佑都、優勝セレモニーでの侍パフォーマンスが外国人に大ウケ!

長友佑都

ガラタサライの日本代表DF長友佑都が、ホームスタジアムで行われた優勝セレモニーで『侍パフォーマンス』を披露した。

 ガラタサライは19日に敵地で行ったギョズテペ戦に1-0で勝利。3年ぶり21回目のトルコ1部制覇を飾った。

 一夜明けの20日、ホームスタジアムで優勝セレモニーが行われた。選手一人ひとりが紹介され、ビクトリーロードを通って登場。日の丸をマントのように結んで登場した長友は、刀を持って切りつけるようなポーズをとり、ノリノリで侍パフォーマンスを披露した。

 長友はツイッター(@YutoNagatomo5)で、現地の中継映像を紹介。現地実況は「サムライ、ナガトモ!」と興奮気味に伝え、スタジアムの観衆も大歓声を挙げている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-01654058-gekisaka-socc

Nagatomo, the Last Samurai, celebrating Galatasarays Süper Lig championship

   

【海外の反応】「なんてタックルだ」長谷部誠、決定機阻止!フランクフルトがドイツ杯優勝!絶対王者バイエルンを下す!

長谷部誠

フランクフルトのMF長谷部誠は現地時間19日、DFBポカール(ドイツカップ)決勝のバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場した。ドイツ『ビルト』は、日本代表MFの活躍を高く評価している。

 今季もブンデスリーガを圧倒的な強さで制したバイエルンと決勝で対戦したフランクフルトは、相手に主導権を握られながらも数少ないチャンスをいかして3-1で勝利した。

 『ビルト』がこの試合で最高点の「1」を付けたのは2人。2ゴールでフランクフルトを30年ぶりのカップ制覇に導いたFWアンテ・レビッチが各メディアで絶賛されており、もちろん『ビルト』でも最高評価となっている。

 そして、もう1人が長谷部だ。選手交代に合わせて最終ラインから守備的MFにポジションを変えて存在感を発揮した長谷部について同メディアは「驚異的なパフォーマンス。センターバックだけでなく守備的MFでも見事だった」と記した。

 フランクフルトは1988年以来30年ぶりのDFBポカール制覇。同時にヨーロッパリーグ出場権も手にした。出場停止でリーグ戦最後の3試合を欠場していた長谷部は、自信を取り戻して日本代表に合流する。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00270127-footballc-socc

Bayern München 1 - 3 Eintracht Frankfurt DFB-Pokal Final hasebe makoto

   

【海外の反応】「影のヒーローだ」長友佑都のガラタサライがリーグ優勝!現地サポから称賛殺到!

長友佑都

現地時間19日にスュペル・リグ第34節の試合が行われ、首位ガラタサライは6位ギョズテペSKのホームに乗り込んで対戦。

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は先発出場を果たしている。試合開始して66分、PKからバフェティンビ・ゴミスがゴールを決めてガラタサライに先制点が入った。

 その後の追加点はなかったものの、ガラタサライが1点を守りきり1-0の勝利をおさめている。この結果、ガラタサライは2014/15シーズン以来となる3年ぶり21回目のリーグ優勝を果たした。長友にとっても、ガラタサライ移籍後初のタイトル獲得となっている。
https://www.footballchannel.jp/2018/05/20/post270049/

Galatasaray crowned champions of the Turkish Süper Lig for the 21st time nagatomo

   

【ドイツの反応】宇佐美、今季8ゴール目!デュッセルドルフ、劇的優勝!現地サポ「信じられない」

宇佐美貴史

※少し追記しました
ブンデスリーガ2部は13日、最終節第34節を各地で一斉開催し、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフは首位ニュルンベルクと敵地で対戦した。すでに1部昇格が決まっており、優勝のためには勝ちが必要な一戦。後半アディショナルタイムのゴールで、3-2で勝利し、劇的な形で優勝を決めた。

 ニュルンベルクは前半6分、ゴール前約25mからのFKを味方が動かし、MFエドゥアルド・ロウベンが無回転シュート。GKラファエル・ボルフが前に弾いてしまい、DFゲオルグ・マルグリッターが流し込み、早々にスコアが動いた。

 さらにニュルンベルクは同13分、FWミカエル・イザクのクロスにDFティム・レイボルトが合わせて2-0。勝たなければならないデュッセルドルフにとって、優勝に向けて3点が必要な状況となってしまった。

 ところが、この劣勢を宇佐美が挽回する。前半37分、左サイド深くでFW原口元気がボールを持ち、中盤にバックパス。左利きのMFニコ・ギーベルマンがふんわりとしたクロスを送ると、宇佐美が高い打点のヘッドで決めた。5試合ぶりの今季8得点目で待望の1点が入った。

 1点ビハインドで迎えた後半14分、左サイドでボールを持った原口が前を向き、縦パスは相手DFがインターセプト。こぼれ球を拾ったギーベルマンが左足を振り抜くと、鋭く回転したボールはゴール左隅に突き刺さった。

 後半31分、原口はFWハーバード・ニールセンとの交代でピッチを退き、半年間を過ごしたデュッセルドルフでの今季を一足先に終えた。その後はリスクを負って攻め込むデュッセルドルフ。すると後半アディショナルタイム1分にドラマが起きた。左サイドに開いたMFダボア・ロブレンが左足アウトでクロスを送ると、MFカーン・アイハンがヘッド。これが華麗にネットを揺らし、土壇場で勝ち越しに成功した。

 その後はデュッセルドルフが守り切り、タイムアップの笛が鳴ると一斉に歓喜の輪。試合前から両サポーターが“nie mehr zweite liga(もう2部なんか嫌だ)”と合唱し、来季1部昇格を決めたチーム同士の優勝決定戦はデュッセルドルフに軍配が上がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-01653787-gekisaka-socc

Nurnberg 2- 1 Dusseldorf - Takashi Usami goal

   

【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!

なでしこジャパン

※追記しました
なでしこアジア連覇!!20日、女子アジア杯の決勝が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)がオーストラリア女子代表を1-0で下した。なでしこジャパンは14年大会に続く2連覇を達成した。

 決勝の組み合わせは2大会連続で同じ、新ライバル対決となっている日本対オーストラリアになった。オーストラリアは3大会連続の決勝。ただし2大会連続決勝進出のなでしこジャパンが連覇を目指すことになる。

 立ち上がりからなでしこは押し込まれた。前半15分にはエリア内でDF熊谷紗希がハンドを取られてPKを献上。しかしGK山下杏也加が見事な反応でMFケロンド・ナイトのシュートを弾き出し、先制点を与えない。

 粘り強く戦うなでしこは、カウンターからチャンスをうかがう。前半35分にはFW岩渕真奈のキープから斜めに走り込んだMF長谷川唯がシュート。力強いシュートが飛んだが、GKにわずかに触れられ、枠をとらえることはなかった。

 スコアレスで折り返した後半もなでしこは我慢強く耐える。1点勝負の雰囲気が漂う中で、なでしこは後半27分から準決勝の中国戦で2ゴールを決めたFW横山久美を投入。切り札を投入し、流れに変化を求める。

 すると歓喜の瞬間は後半39分にやってくる。左サイドからボールを持ち込んだ長谷川のパスを反転しながら受けた横山がディフィンだ―1人を外して右足を振り抜く。スーパーシュートがゴール右隅をとらえ、先制点になった。

 グループリーグ第3戦で対戦した際には終盤に追いつかれて引き分けに終わっていたなでしこ。決勝ではしっかり守り抜き、リベンジも果たした。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?242755-242755-fl

Japan 1-0 Australia (AFC Women’s Asian Cup 2018 Final)

   

Number PLUS ロシアW杯蹴球読本 Number PLUS ロシアW杯蹴球読本 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))




Ads by amazon
LIFE アンドレス・イニエスタ自伝 アンドレス・イニエスタはなぜ“バルサイズム”の伝導者なのか
月刊サッカーマガジン 2018年 07 月号 特集:RUSSIA WORLD CUP 2018 ロシア・ワールドカップ 2018 パーフェクトプレビュー (WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 増刊)
SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 07 月号 [雑誌] サッカーダイジェスト 2018年 6/28 号 [雑誌]
2018 FIFA WORLDCUP RUSSIA ワールドカップ直前ガイド 2018年 6/29 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊 footballista 2018 RUSSIA WORLD CUP GUIDEBOOK (月刊フットボリスタ 2018年7月号増刊)
最新記事
【海外の反応】「Jリーグが自滅する..」外国人枠撤廃報道に海外のファンから反対の声!
【海外の反応】「日本はラッキーな国だ」イニエスタ、神戸加入が正式決定!
外国人「日本史上最高の選手だ」イニエスタの神戸加入が決定的に!三木谷オーナーとツーショット!
外国人「トーレスも日本に行くの?」サガン鳥栖移籍を決断か!?アメリカ移籍が有力との報道も 【海外の反応】
【海外の反応】「なんてこった..」日本サッカー協会を提訴へ!ハリルホジッチ、慰謝料1円と謝罪広告掲載求める
【海外の反応】「期待できる」ドルトムントの新監督が決定!!ニースのファブレ監督、かつては大津祐樹を指導!
【ベルギーの反応】「久保をW杯へ!」久保裕也、値千金のゴール!現地サポが絶賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

イニエスタ赤白ハートワイン2本セット(750ml×2)

【PS4】Marvel's Spider-Man【早期購入特典】「スパイディ・スーツ」、追加スキルポイント、スパイダー・ドローン早期解放、PS4カスタムテーマ、PlayStationNetworkアバター (封入)
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR