NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「夢のようだ」宇佐美、芸術的ゴールで今季7点目!堂安はロッベンに並ぶ8点目!

宇佐美貴史

※追記しました
ブンデスリーガ2部第30節が15日に行われ、デュッセルドルフに所属する宇佐美貴史ゴールを決めた。

 1点ビハインド出迎えた51分、敵陣左サイドフリーで待っていた宇佐美が、ペナルティエリアすぐ外でボールを受けると、ゴールの位置とGKのポジションを確認する。右足でカーブのかかったシュートを放つと、相手GKが全く反応できずにボールはゴール右隅に吸い込まれた。宇佐美はリーグ戦4試合ぶり、7ゴール目を記録した。

 デュッセルドルフは宇佐美のゴールで同点に追いついたものの、その後2点を奪われ、最終スコア1-3で敗戦した。
https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20180415/743428.html

Heidenheim_1-[1]_Dusseldorf_Takashi_Usami

   

【ドイツの反応】「うちの日本人は最高だ」宇佐美、4試合連続ゴール!原口も躍動で現地から称賛の嵐!

宇佐美貴史

※追加しました、タイトル変更しました
シュトラッセンバーン・ダービーでデュッセルドルフ原口元気宇佐美貴史はそろって先発。2人は前節同様、ゴールに絡む活躍が期待される。

すると、デュッセルドルフ最初の枠内シュートが記録したのは、原口。左サイドから切れ込み、強烈なミドルシュートでゴールを強襲する。GKがファンブルし、あわやというシーンを作り出す。

そして40分、宇佐美と原口が抜け出したカウンターで、一度はカットされるも、再び拾って前線のローウェン・ヘニングスへボールが渡る。ヘニングスはワントラップから強烈なミドルシュートでネットを揺らし、デュッセルドルフが先制する。

後半に入っても宇佐美と原口は関係の良さを見せ、チャンスを作り出す。原口はスピードを活かしてカウンターの先鋒としてチームを引っ張る。

徐々に球際が激しくなり、プレーが止まる回数も増えていく。そして原口は84分に途中交代。デュッセルドルフは逃げ切り態勢を図る。

押し込まれて嫌な雰囲気を払拭したのは、好調宇佐美。カウンターから味方のパスに抜け出し、最後は右足でキーパーの股下を抜いてみせた。これで宇佐美は4試合連続ゴールとなっている。

直後に1点を返されたデュッセルドルフだが、辛くも逃げ切り、2-1で勝利。連勝を飾っている。goal.com

usami goal against Duisburg 0-2 Dusseldorf

   

【ドイツの反応】「ワールドクラスだ」宇佐美、1ゴール1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!

宇佐美貴史

※追記しました
現地時間4日に行われたブンデスリーガ2部第25節でデュッセルドルフはザンクト・パウリをホームに迎え、2-1の勝利を収めた。デュッセルドルフに所属する原口元気宇佐美貴史は、初めてそろって先発出場。宇佐美は終盤までプレーし1ゴール1アシストを記録、原口は61分に交代した。

 試合後、地元メディア『ライニッシェポスト』は選手の採点及び寸評を行い両選手に高評価を与えている。

 3試合連続ゴールを決めた宇佐美はチーム最高タイ評価となる「2」を受け「右サイドでプレーした彼はサイドバックとのコンビネーションが良かった。攻撃だけでなく守備面でも右サイドで貢献した。74分の2点目ゴールは見ごたえのある得点だった」と寸評している。

 一方、4試合ぶりの出場となった原口を同メディアは「ザントハウゼン戦での脳しんとう後最初の試合となったこの日本人は先発に復帰した。ピッチで生き生きとプレーしていた。スピードとドリブルは健在だった」と評価し「3」を与えた。

 独紙『ベストドイチェツァイトゥング』でも宇佐美に対し「2」と高評価を与え「チームに先制点をもたらしその後も多くの攻撃の場面に参加していた。チーム2点目のゴールはただただ素晴らしかった」と寸評している。

 また同紙は原口を「運動量が豊富でボールキープに優れていた。チームメイトとの呼吸が合わない部分があったが1部ブンデスリーガの経験はチームを大いに助けた」と評価し「3」を与えた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に評価される)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00259154-footballc-socc

Dusseldorf 2-0 StPauli - Takashi Usami

   

【ドイツの反応】「スーパーだ」原口元気、1ゴール1アシストの活躍で現地サポが絶賛!

原口元気

フォルトゥナデュッセルドルフは27日に行われたブンデスリーガ2部第20節でカイザースラウテルンに3-1と逆転勝利を収めた。初の先発出場で1ゴール1アシストを記録した日本代表MF原口元気が、ドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。

1トップで出場した原口は序盤から積極的にゴールを狙う姿勢を見せ、0-1で迎えた62分にPKを獲得すると、このPKを自ら決めて試合を振り出しに。原口へのファウルにより相手GKが退場となったことでデュッセルドルフは優勢に立ち、78分には逆転に成功。さらに86分に原口のアシストからチーム3点目が生まれている。

初先発の原口が見せたパフォーマンスに対するドイツメディアの評価は高かった。『キッカー』は原口にチーム単独最高の「1.5」を与え、MOMにも選出。「原口元気は先発デビューでそのクオリティーを見せつけた。機敏な動きとトリッキーなプレーを見せながら、2ゴールに決定的な形で関与した」と寸評した。

地元紙『WZ』ではトップタイの「2」と評価し、「彼にとって不慣れのポジションでも可能な限りベストのパフォーマンスを出し、活発に動く上、ほとんどのシーンで広い視野を保っていた」と記している。また「フォルトゥナのベストプレーヤーだった」と実質MOM同様の評価を与えた。

『ライニシェ・ポスト』での評価は「2-(マイナス)」とここでもトップタイ。プレーについては「豊富な運動量を見せ、チームも彼にボールを集めようとした。たくさんのプレーで1部での経験が明確に表れた」と評価した。

なおFW宇佐美貴史は、86分からの出場となったため、各メディアの評価対象から外れている。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000017-goal-socc

haraguchi goal assist agaisnt fc Kaiserslautern with usami

   

【ドイツの反応】「ピストルのようだ」原口元気、移籍後デビュー戦で宇佐美と共演!現地サポに好印象を与える!

原口元気

1月24日(現地時間)、ブンデスリーガ2部の第19節が行なわれ、デュッセルドルフは2-1でアウエを下した。

 首位のデュッセルドルフ(試合開始時は暫定3位)には2日前に原口元気ヘルタ・ベルリンからレンタルで加入し、このウインターブレイク明けの初戦でさっそくデビューを飾るかが注目されたが、試合開始は宇佐美貴史とともにベンチで迎えることになった。
 
 序盤は主導権をアウェーチームに握られ、その後も時折、危険な場面を迎えたデュッセルドルフだったが、15分あたりからは攻勢に立って再三相手ゴールに迫り、30分には混戦からラマンがGKの頭上を越す浮き球のシュートを決めて先制に成功する。
 
 時間の経過とともに勢いを増し、その後も30分、40分、44分と惜しい場面を迎えるなど、ホームチームが完全に試合を支配して前半を終えた。
 
 しかし、後半は立ち上がりからアウエが攻め続ける。そんななかで62分、原口がラマンに代わってピッチに登場。左サイドに入り、さっそく守備で奮闘するも、直後にスクーのクロスをスライディングで止めようとするも間に合わず、これがCBボジェクのオウンゴールを誘発し、デュッセルドルフは追い付かれた。
 
 嫌な流れになったものの、原口は気を取り直し、67分には強引なドリブルで中央に切れ込み、相手に掴まれて倒されながらも味方にパスを繋ぐなど、強さを見せる。
 
 そしてその2分後、FKからドリブルでペナルティーエリア内に侵入したMFノイハウスが倒されてPK獲得。これをヘニングスがゴールの天井に突き刺し、デュッセルドルフは勝ち越しに成功した。
 
 76分には、宇佐美がロブレンに代わって右サイドへ。これで日本人選手2人がピッチに立ち、両サイドを担うこととなった。
 
 宇佐美はピッチを幅広く動いて積極的に攻撃に絡み、CKではキッカーを務めて味方の惜しいシュートを引き出したりもした。一方の原口は、まだ初戦ということでリスクを犯すことはなく、無難なプレーに終始。ドリブルでの仕掛けも2度に止まった。
 
 90分、宇佐美はフィンクのスルーパスを受けて決定的なシュートを放つもコースが甘く、GKのセーブに遭って思わず頭を抱え込んだ。
 
 しかし、デュッセルドルフは1点のリードを守り切って後半戦白星スタート。勝点3を加えて首位をキープした。
 
 試合後は、チームメイトたちと喜びの抱擁を交わした原口と宇佐美。今後も揃ってピッチに立ち続けられるか、非常に楽しみである。彼らの次なる試合は26日、アウェーでのカイザースラウテルン戦である。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180125-00035054-sdigestw-socc

haraguchi genki debut with usami takashi

   

サッカーゲームキング 2018年 05月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 05月号 [雑誌]




Ads by amazon
2018サッカーW杯ロシア大会 SAMURAI PHOTO&戦術パーフェクトガイド (G-MOOK) 2018FIFAワールドカップロシア観戦ガイド 2018年 5/27 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
東欧サッカークロニクル 月刊フットボリスタ 2018年5月号
ロシア・ワールドカップ出場32か国「戦術&キープレーヤー」完全ガイド―選手名鑑付き (NSK MOOK) クリスティアーノ・ロナウド 生きる神話、知られざる素顔
世界のサッカー名将のイラスト戦術ガイド 吉田麻也 レジリエンス――負けない力 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
最新記事
【海外の反応】「日本か?」アーセナル退任が決まった名将ヴェンゲル監督、その気になる新天地は?
【海外の反応】「強いわ」香川欠場のドルトムント、レバークーゼンに快勝!
【海外の反応】「日本、おめでとう」なでしこ、アジア杯連覇達成!横山のスーパーゴールで豪州に勝利!
【海外の反応】「行かないで」本田圭佑、パチューカ退団報道に現地サポから残留を懇願する声が続出!
【海外の反応】「泣いていい?」香川真司、待望のチーム練習復帰!歓喜するドルトムントサポーター
外国人「あなたの国の代表チームでW杯メンバーにたぶん入らないけど、選出して欲しい選手は誰?」
【ドイツの反応】「香川、ロイス..」現地ドルトムントサポが残留を望む選手は?独メディアが選手放出の是非を問う調査を実施
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

星のカービィ スターアライズ - Switch

DARK SOULS REMASTERED 【数量限定特典】「上級騎士バストアップフィギュア」 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR