NO FOOTY NO LIFE

    


【ドイツの反応】「スーパーだ」宇佐美貴史、ゴラッソで今季初ゴール!現地サポが称賛!

宇佐美貴史

現地時間11月10日に開催されたブンデスリーガ第11節、デュッセルドルフ対ヘルタ・ベルリンの一戦は、日本代表MF宇佐美貴史が、今シーズンのブンデスリーガで初ゴールを決めた。

 公式戦3試合連続で先発出場を飾った宇佐美に最大の見せ場が訪れたのは、スコアレスで迎えた50分だった。

 ボランチのアダム・ボツェクが大きく左サイドに展開すると、このボールをオーバーラップした左SBのニコ・ギーセルマンがダイレクトでゴール前に折り返し、エリア内でフリーになっていた宇佐美へ。これを右足で落ち着いてトラップした日本代表MFは、間髪入れずに左足一閃! 完璧な軌道を描いたボールはゴール右上に突き刺さった。

 このゴールがチームに勢いを呼び込んで、デュッセルドルフは、63分、84分、92分と追加点を叩き込んで最終スコア4-1と勝利。ブンデスリーガでは実に7試合ぶりの白星にホームサポーターも大いに沸いた。

 フル出場を果たして最後まで鮮烈な輝きを放ち続けた宇佐美に対しては、現地メディアからも数多くの賛辞が寄せられている。

 ドイツ誌『Kicker』は、「ウサミに勇気づけられたデュッセルドルフが爆発」と銘打ったマッチサマリー内で、「タカシ・ウサミが試合の主役となった。この日本人はボールを自身の対角線上に完璧に突き刺した」と称賛した。

 さらにデュッセルドルフの地元紙『Rheinische Post』は、7戦ぶりの勝利に酔い知れるかのように歓喜に翻り、「フォルトゥナが待ち望んでいた大いなる勝利を祝う」とマッチレポートを掲載。その中で「素晴らしき瞬間はウサミの強烈な左足によってもたらされた」とゴールシーンを描写し、さらに宇佐美の得点がいかに意味のある一発だったかを書き綴っている。

「このデュッセルドルフ・アレーナに詰めかけた3万9743人のサポーターたちが忘れかけていた感覚をウサミは取り戻してくれた。今日という日はこの一点がすべてだった」

 さらに『Rheinische Post』は、採点記事において宇佐美になんと高得点の「-2」を付け、「左サイドでの守備では味方をサポートし、すぐさま攻撃に繋げた。彼はその強力な左足のシュートで貴重な先制点をもたらした。全体的に彼が際立った試合だった」と寸評を記した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00010000-sdigestw-socc

Dusseldorf 1-0 Hertha Takashi Usami goal

   

【ドイツの反応】「王の帰還だ」宇佐美、デュッセルドルフへ再加入決定!歓喜する現地サポーター

宇佐美貴史

双方にとって待ちに待った瞬間が訪れた。ドイツ1部のフォルトゥナ・デュッセルドルフは日本代表MF宇佐美貴史の再獲得を発表。結果的に、アウクスブルクからの期限付き移籍を1年延長する形で決着を見た。
 
 昨シーズン開幕からフォルトゥナの一員として奮闘した宇佐美は、とりわけ後半戦に調子を上げ、8得点・3アシストをマークしてチームの1部昇格に貢献。サポーターの絶大な支持を得て、選手本人も優勝セレモニーで「僕はここが大好きなのでかならず戻ってきます」と宣言していた。
 
 しかし、完全移籍で買い取りたいフォルトゥナと、宇佐美を戦力と見なしているアウクスブルクとの間で交渉は難航。買い取り額もフォルトゥナの150万ユーロ(約1億9500万円)の提示に対して、アウクスブルクが倍額を要求するなどギャップが生じていた。それでもフォルトゥナは粘り強くアプローチを続けると、宇佐美本人もアウクスブルクの練習合流を見合わせ、事態は膠着した状態に。クラブ側が「(練習不参加は)プライベートな理由」と声明を出すに至った。

 急展開を見せたのは今週に入ってからだ。交渉が最終局面に入っていることをアウクスブルクのスポーツディレクターが明かし、ついにレンタル延長で合意を見たのである。宇佐美はフォルトゥナの公式サイトで、喜びをこう表現した。
 
「僕のクラブ、僕の街に戻ってこられて本当にハッピーです。ブンデスリーガでの新シーズンは僕にとってもフォルトゥナにとってもビッグチャレンジになるでしょう。それをすごく楽しみにしています」
 
 さらにフリードヘルム・フンケル監督もコメントを寄せ、「タカをふたたび迎えられたのは喜ばしい限りだ。新シーズンもこれまで同様、タカは我々のチームにおいてスペシャルな役割を担うだろう」と断言した。
 
 そしてチームは8月4日にファン感謝デーを実施し、新体制のお披露目が盛大に行なわれた。あらためて新加入選手として紹介された宇佐美は壇上に立ち、「約束通り、僕は戻ってきたよ!」と語りかけ、拍手喝采を浴びたのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00045097-sdigestw-socc

Nurnberg 2- 1 Dusseldorf - Takashi Usami goal

   

【ドイツの反応】宇佐美、今季8ゴール目!デュッセルドルフ、劇的優勝!現地サポ「信じられない」

宇佐美貴史

※少し追記しました
ブンデスリーガ2部は13日、最終節第34節を各地で一斉開催し、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフは首位ニュルンベルクと敵地で対戦した。すでに1部昇格が決まっており、優勝のためには勝ちが必要な一戦。後半アディショナルタイムのゴールで、3-2で勝利し、劇的な形で優勝を決めた。

 ニュルンベルクは前半6分、ゴール前約25mからのFKを味方が動かし、MFエドゥアルド・ロウベンが無回転シュート。GKラファエル・ボルフが前に弾いてしまい、DFゲオルグ・マルグリッターが流し込み、早々にスコアが動いた。

 さらにニュルンベルクは同13分、FWミカエル・イザクのクロスにDFティム・レイボルトが合わせて2-0。勝たなければならないデュッセルドルフにとって、優勝に向けて3点が必要な状況となってしまった。

 ところが、この劣勢を宇佐美が挽回する。前半37分、左サイド深くでFW原口元気がボールを持ち、中盤にバックパス。左利きのMFニコ・ギーベルマンがふんわりとしたクロスを送ると、宇佐美が高い打点のヘッドで決めた。5試合ぶりの今季8得点目で待望の1点が入った。

 1点ビハインドで迎えた後半14分、左サイドでボールを持った原口が前を向き、縦パスは相手DFがインターセプト。こぼれ球を拾ったギーベルマンが左足を振り抜くと、鋭く回転したボールはゴール左隅に突き刺さった。

 後半31分、原口はFWハーバード・ニールセンとの交代でピッチを退き、半年間を過ごしたデュッセルドルフでの今季を一足先に終えた。その後はリスクを負って攻め込むデュッセルドルフ。すると後半アディショナルタイム1分にドラマが起きた。左サイドに開いたMFダボア・ロブレンが左足アウトでクロスを送ると、MFカーン・アイハンがヘッド。これが華麗にネットを揺らし、土壇場で勝ち越しに成功した。

 その後はデュッセルドルフが守り切り、タイムアップの笛が鳴ると一斉に歓喜の輪。試合前から両サポーターが“nie mehr zweite liga(もう2部なんか嫌だ)”と合唱し、来季1部昇格を決めたチーム同士の優勝決定戦はデュッセルドルフに軍配が上がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-01653787-gekisaka-socc

Nurnberg 2- 1 Dusseldorf - Takashi Usami goal

   

【ドイツの反応】「目に涙が..」宇佐美&原口の日本代表コンビが快挙!!デュッセルドルフ、劇的勝利でブンデス1部昇格決定

ブンデスリーガ/ドイツ

ブンデスリーガ2部は28日、第32節を各地で行い、FW原口元気とFW宇佐美貴史所属のデュッセルドルフが敵地でディナモ・ドレスデンと対戦した。日本人2人が両ウイングで先発し、2-1で勝利。2試合を残して3位との勝ち点差が7以上となったため、2012-13シーズン以来の1部昇格が決まった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-01653194-gekisaka-socc

usami_haraguchi_Fortuna_Düsseldorf_have_been_promoted_to_the_Bundesliga

   

【ドイツの反応】「日本人は一流だ」宇佐美と原口がアシスト!現地サポが称賛!

原口元気

ドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの日本代表FW原口元気とFW宇佐美貴史は現地時間22日のインゴルシュタット戦に揃って先発出場し、二人で全3ゴールに絡み3-0勝利に貢献した。ドイツメディアではそれぞれ高評価を受け、「ハラグチはフォルトゥナの頭脳」、「ウサミに最初の頃の面影はない」と絶賛されている。

 前半6分、デュッセルドルフはゴール正面左の約30メートルの位置でFKを獲得。ゴール前に蹴り込むと見せかけ、グラウンダーのパスを選択すると、ボールに反応した原口がペナルティーエリア内に抜け出し、マイナス気味のクロスを供給。これをヘニングスが左足のダイレクトボレーで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同40分には右サイドからのCKを獲得し、宇佐美のクロスをDFニコ・ギーセルマンが合わせて追加点を奪った。後半20分には再び宇佐美の右CKからチャンスを作ると、ギーセルマンが頭で折り返したところをDFロビン・ボルムートが押し込んだ。

 全3得点に日本人デュオが絡んだデュッセルドルフは4試合ぶりの勝利で首位の座をキープ。1試合消化の少ない2位ニュルンベルクに5差、3位ホルシュタイン・キールに7差を付けてリーグ制覇と1部昇格に一歩前進した。
最近9試合で5得点3アシストの宇佐美…活躍の要因は?

 ドイツ紙「Westdeutsche Zeitung」による選手採点では好守に献身的でフル出場した原口に最高評価の1点が付けられた。「ハラグチはフォルトゥナの頭脳だ」とチームに中心としての活躍が称えられている。

 宇佐美も2点と高評価。昨年の夏にチームに加わり、そこから2月頃までは本領発揮に至らなかった宇佐美だが、この試合を含めて最近9試合で5得点3アシストと大爆発。寸評でも「ウサミに最初の頃の面影はない」と記されるほどの成長を見せている。「彼自身のレベルの高さが素晴らしいだけではなく、同胞ハラグチからも影響を受けている」と今冬に原口が加入した恩恵を受けているとされている。

 宇佐美と原口という両翼は1部昇格を目指すデュッセルドルフを力強く牽引している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180423-00010010-soccermzw-socc

usami and haraguchi assist agaisnt FC Ingolstadt 04

   

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))




Ads by amazon
月刊フットボリスタ 2019年1月号 WORLD SOCCER KING (ワールドサッカーキング) 2019年 01 月号 [雑誌]
【保存版】川崎フロンターレ J1連覇記念号 特別付録:優勝記念両面ポスター (サッカーマガジン2018年12月号増刊) 高校サッカーダイジェスト(26) 2019年 1/17 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊
ワールドサッカーダイジェスト 2018年 12/20 号 [雑誌] UEFAチャンピオンズリーグ2018-2019 最新戦術論 (洋泉社MOOK)
逆境を超える「ポジティブマネジメント論」 西野朗165のメッセージ に・ほ・ん・も・の
最新記事
【ドイツの反応】「高すぎる」冨安健洋、争奪戦勃発!?ブレーメンが8億円のオファー!現地サポの反応は...
【海外の反応】「理想的だ」堂安律獲得にマンCが自信!オランダにレンタルの可能性も!
【海外の反応】「止めるのは不可能だ」鎌田大地、ドリブル突破からゴール!12試合10ゴールの大活躍!
【海外の反応】「優勝するよな?」ドルトムント、シャルケとのダービーに勝利!
【ポルトガルの反応】「別格だ」中島翔哉、絶妙クロスでアシスト!もチームはポルトに完敗
【海外の反応】「ベッカムってどれくらい凄かったの?」
【海外の反応】「待ちきれない」中島翔哉のウルブス移籍が80%完了!ポルティモネンセ会長が証言!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR