NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】日本代表、韓国に逆転惨敗で優勝ならず(E-1選手権)

日本代表

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の男子が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は第3戦で韓国代表と対戦した。試合は韓国が4-1で日本を下した。日本が3点差をつけられて韓国に敗れるのは1982年3月以来35年ぶり。4失点は1979年以来38年ぶり、ホームでの4失点は初対戦の1954年以来63年ぶりのこととなった。

日本代表は来年の2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に向け、日本代表は2017年の最終戦としてE-1選手権に臨んでいる。東アジアの4カ国で行われる今大会には、日本、韓国、中国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が参加。国際Aマッチ期間ではないため、日本は国内組のみが参加している。日本は第1戦で北朝鮮を1-0で撃破。第2戦では中国を2-1で破り、2連勝でこの試合を迎えた。日本は韓国相手に引き分け以上で優勝が決まる。

日本は中国戦から3名の先発メンバーを変更。4-3-3のフォーメーションで、GK中村航輔、DF植田直通、三浦弦太、昌子源、車屋紳太郎、MF今野泰幸、井手口陽介、倉田秋、FW伊東純也、小林悠、土居聖真の11名がスターティングメンバーに名を連ねた。

試合は開始早々に動く。2分、日本がいきなりチャンスを作ると、相手DFの裏を取った伊東がペナルティエリア内でチャン・ヒョンスに倒されてPKを獲得。これをキッカーの小林が落ち着いて左下に沈め、日本が先制に成功する。

しかし、リードを許した韓国が前線からアグレッシブにいく。9分、昌子のパスミスを拾ったチュ・セジョンがペナルティエリア内に入って折り返しのパスを入れたが、ここは合わせる選手がいなかった。さらに12分、韓国が右サイドでFKを獲得。チュ・セジョンのクロスに196センチのキム・シヌクが飛び込んだが、ここはGK中村が好セーブでしのいだ。

その後も韓国の攻撃が続く。13分、左サイドのキム・ジンスがアーリー気味にクロスを上げると、昌子のマークを振り切ったキム・シヌクがヘディングシュート。これがゴール左に決まり、韓国が同点に追いついた。

なかなか攻め手がない日本に対し、韓国がセットプレーを生かす。23分、ペナルティエリア手前右でFKを獲得すると、チョン・ウヨンが強烈なシュート。ややブレたボールが壁を越えてゴール右に決まり、韓国が一気に逆転した。

その後も韓国のペースは変わらない。35分、右サイドのイ・ジェソンがドリブルで車屋を振り切ると、ペナルティエリア内左のキム・シヌクへラストパス。キム・シヌクが落ち着いてGKとの一対一を流し込み、リードを2点に広げた。このまま3-1でハーフタイムを迎える。

後半に入っても韓国が日本のゴールに迫る。53分、前線でロングボールを受けたキム・シヌクがヘディングで落とすと、ペナルティエリア手前左のキム・ミヌがシュート。DFに当たったボールが枠に飛んだが、ここはGK中村がなんとか反応した。

流れを変えたい日本は、66分に井手口を下げて三竿健斗を投入した。しかし、70分に韓国がペナルティエリア右でFKを得ると、ヨム・ギフンが左足で鋭いボールを入れる。ニアにいた小林がクリアしきれずに、コースが変わってゴールイン。オウンゴールで韓国が3点差をつけた。

日本は直後の71分に伊東を下げて川又堅碁を投入。81分には倉田を下げて阿部浩之を投入した。85分には右サイドから阿部のクロスを川又が頭で合わせたが、ここはGKチョ・ヒョヌに防がれる。このまま試合は1-4で終了。日本は韓国に歴史的大敗を喫した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000019-goal-socc

South Korea beats Japan 4-1 in Japan in the EAFF

   

【海外の反応】日本代表、小林悠と昌子源のゴールで中国に勝利!(E-1選手権)

日本代表

※追記しました(昌子源のスーパーゴールへの反応も)
【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権2017】

 12日にEAFF E-1サッカー選手権2017の試合が行われ、日本代表は味の素スタジアムでFIFAランキング60位の中国代表と対戦。

 国内組のみで臨んだ今大会初戦は、北朝鮮代表に苦戦しながらも後半アディショナルタイムに井手口陽介が値千金のゴールを決めて1-0の勝利をおさめた。今回の中国戦では鹿島アントラーズ所属のDF植田直通、DF山本脩斗、MF土居聖真やガンバ大阪所属のDF三浦弦太が代表デビューを飾っている。

 試合開始して30分、日本にアクシデント。背番号10をつけた大島僚太が左太もも裏を痛めて井手口と交代することになった。その後、44分には土居のクロスに小林悠が頭で合わせるもシュートはゴール上に外れる。続く47分にも倉田秋がシュートを放ったが得点ならず。

 すると57分にピンチを迎える。しかし、GK東口順昭が相手のシュートを防いで失点を免れた。そして84分、川又堅碁とのパス交換からDF裏に抜け出した小林悠ゴールを決めた。さらに88分には昌子源がピッチ中央付近から超ロングシュートを決めて2-0に。

 後半アディショナルタイムにPKから失点したが、結局日本が2-1の勝利。韓国代表が北朝鮮代表に1-0の勝利をおさめたが、日本が勝点6で上回りグループ首位をキープ。2大会ぶり2度目の優勝を目指し、日本は16日に韓国と対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00010005-footballc-socc

kobayashi yu goal against china

   

「なんてドラマだ」中村憲剛の涙に感動する外国人!川崎フロンターレ悲願の初優勝に海外のファンも大興奮!【海外の反応】

Jリーグ

選手続々輩出のJリーグ、感動の戴冠に各国メディア注目「日出ずる国で10番目の王者に」

 サッカー・J1最終節は2日、川崎が大宮に5-0で勝利。勝ち点72で並んだ鹿島を得失点差で交わし、逆転で悲願の初優勝を飾った。元日本代表MF中村憲剛は試合終了の瞬間、男泣きするなど、感動の戴冠。今や世界に続々と選出を輩出するJリーグの新王者誕生に対し、海外メディアも注目。「身震いするほどゾクゾクさせた結末」「日出ずる国で10番目の王者に」と反響を呼んでいる。

 日本代表MF長谷部誠らがプレーするドイツのスポーツ専門誌「キッカー」は「身震いするほどゾクゾクさせた結末だった。Jリーグの最終日に土壇場で頂に立った。ユウ・コバヤシのハットトリックが悲願となる栄光の決め手となり、ヒロユキ・アベが開始1分で新王者誕生への道を切り開いた」と紹介している。

 今季は元ドイツ代表FWポドルスキが神戸に加入し、同国のスポーツ専門メディア「ran」は「ポドルスキの神戸は無冠、川崎は初の栄冠」、「sport1」は「弱々しいポドルスキ、優勝は川崎」と見出しを打って特集。「ポドルスキフィーバーで始まった今季のJリーグは、川崎のドラマで締めくくることになった」と言及している。

 フランスのサッカー専門メディア「SO FOOT.com」は「川崎が土壇場でタイトル獲得」と特集し、「川崎は日出づる国で10番目の王者になった」と紹介。ポルトガル情報誌「RTP」は「川崎が初の優勝を勝ち取った」と伝えている。一夜にして「Kawasaki」のフレーズは、各国のメディアを賑わせている。
http://news.livedoor.com/article/detail/13975839/

Kawasaki Frontale is 2017 J1 League Champions

   

【海外の反応】「川崎は本物だ」フロンターレが3ゴールで先勝!初のACL4強入りへ前進..浦和もアウェイで1点を返す

アジアチャンピオンズリーグ

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝ファーストレグが23日に行われ、川崎フロンターレ浦和レッズが対戦した。

 ラウンド16でムアントン・ユナイテッド(タイ)を下した川崎と、済州ユナイテッド(韓国)を撃破した浦和による注目の日本勢対決。ファーストレグは川崎のホーム・等々力陸上競技場で行われた。

 川崎は大島僚太や中村憲剛、小林悠、阿部浩之といった面々が順当にスタメン入り。ここ数試合で調子を上げてきている家長昭博もスタメンに名を連ねている。クラブ史上初のACLベスト4進出へ、まずはホームで先勝したいところだ。

 対する浦和は最終ラインに新加入のマウリシオが入り、遠藤航、槙野智章と3バックを形成。中盤では阿部勇樹や矢島慎也らがスタメン入りした。なお、柏木陽介は当初スタメンに入っていたが、試合前のウォーミングアップ中に負傷。青木拓矢が代わりに先発出場している。

 序盤は両チームともに慎重な入りを見せ、なかなかチャンスシーンは訪れない。ファーストシュートは22分。川崎は左サイドからクロスを受けた小林が反転からシュートを放つが、ここは浦和DFがブロックした。26分にも川崎は小林がミドルシュートで浦和ゴールを脅かし、徐々に攻撃で流れを作り始める。

 試合が動いたのは33分だった。川崎は中村が左サイドからPA内に侵入すると、ラストパスを小林が冷静に流し込んで先制に成功する。小林は今大会5ゴール目。前半は川崎が1点リードで折り返した。

 後半も先手を取ったのは川崎だった。50分、エドゥアルド・ネットのスルーパスに抜け出した小林がシュート。浦和GK西川周作が弾いたところをエウシーニョがジャンピングボレーで決め、リードを2点に広げた。

 2点ビハインドとなった浦和も76分、青木拓矢のスルーパスに反応した武藤雄樹が落ち着いて沈めてゴール。貴重なアウェイゴールをゲットした。

 嫌なムードが漂う川崎だが、再びエースが流れを引き戻す。85分、家長が左サイドからPA内に侵入すると、クロスを小林がヘディングで決めてチームに3点目をもたらした。

 試合はこのまま終了のホイッスル。川崎が3-1で浦和を下し、準決勝進出に前進した。

 セカンドレグは9月13日に浦和のホーム・埼玉スタジアム2002で行われる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00632225-soccerk-socc

kawasaki frontale have the win but Urawa Red Diamonds have an away goal!

   

【海外の反応】「これが現実だ」川崎、タイでムアントンに逆転勝利!「ハンドだ」判定に不服のサポも一部に

アジアチャンピオンズリーグ

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第1戦が23日に行われ、川崎フロンターレは敵地でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦し、3-1で逆転勝利を飾った。公式戦5連勝を達成し、2009年大会以来8年ぶりのベスト8進出へ大きく前進。第2戦は30日に等々力陸上競技場で行われる。-ゲキサカ-

frontale_staff come from behind to defeat @MuangthongUtd and take a huge step towards the #ACL2017 quarter-finals

   
GIANT KILLING(55) (モーニング KC) GIANT KILLING(55) (モーニング KC)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 7/16 号 戦術リストランテVI ストーミングvsポジショナルプレー (footballista)
サッカーダイジェスト 2020年 7/9 号 サッカーマガジン2020年8月号 (サイドバックJ1白書2020)
フットボールクラブ哲学図鑑 (日本語) footballista(フットボリスタ) 2020年7月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) アオアシ (20) (ビッグコミックス)
最新記事
【ドイツの反応】「MVPだ」遠藤航、独誌の年間ベストイレブンに選出!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「アジア人の誇りだ」久保建英のアトレティコ戦のタッチ集を見た海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「別格だ」久保建英、圧巻プレー!世界のファンが絶賛!(アトレティコ戦)
【海外の反応】「日本が大好きだ」長友佑都、涙のガラタサライ退団!現地サポから惜別と感謝の声殺到!
【スペインの反応】「もの凄いわ」岡崎慎司が決勝ゴール!今季10点目!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「名案だとは..」久保建英争奪戦にドルトムントも参戦か!?スペイン紙が報道!海外のレアルファンの意見は分かれる
海外「Jリーグを見たい」Jリーグの海外放映国、ドイツなど9カ国追加!も海外のJリーグファンから要望続出!【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR