NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「深刻だ」日本代表、決定機なくスイスに完敗..西野ジャパンいまだノーゴールでW杯へ課題山積み

日本代表

※追記しました
日本代表は8日、スイス・ルガーノのコルナレード・スタジアムでスイス代表と対戦。前半42分にPKスイスに先制を許すと、後半37分に追加点を奪われて0-2の完封負けを喫した。日本は翌日にキャンプ地のオーストリアへと戻り、W杯前最後の親善試合となる12日のパラグアイ代表戦に向けて調整を進める。

 5月30日ガーナ戦(●0-2)は3-4-2-1で臨んだ日本だが、この試合は4-2-3-1を採用。ガーナ戦から先発1人を入れ替え、GKに川島永嗣、最終ラインは右からMF酒井高徳、DF吉田麻也、DF槙野智章、DF長友佑都、ボランチにMF長谷部誠とMF大島僚太を並べ、2列目は右からMF原口元気、MF本田圭佑、MF宇佐美貴史、1トップにFW大迫勇也を配置した。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合開始直後はスイスに圧力をかけられる展開となり、前半4分には細かいパスワークから中央突破を許すなどPA内まで侵入される場面も作られるが、体を張った守備で先制点を許さず。攻撃に移ると左サイドをタイミング良く駆け上がる長友のクロスから好機を伺うが、クロスの流れから放った同6分の原口のシュートは枠外に飛び、同15分の大迫のシュートは相手選手のブロックに遭う。同25分には長谷部、同33分には大島がミドルレンジから果敢に狙うも、シュートはともにGKロマン・ビュルキの守備範囲に飛んでしまった。

 前半39分には日本をアクシデントが襲い、同35分にDFファビアン・シェアと接触して腰付近を気にしていた大迫が、ピッチ上に座り込んでプレー続行不可能と判断され、FW武藤嘉紀との交代を余儀なくされた。すると同41分、右サイドをFWブレール・エンボロに突破されると、PA内で吉田がファウルを犯してしまいPKを献上。このPKをDFリカルド・ロドリゲスに蹴り込まれ、スイスに先制を許してしまった。

 0-1とスイスにリードを許したまま後半を迎えると、立ち上がりから圧倒的にスイスにボールを保持され、押し込まれる時間帯が続く。後半10分には日本ベンチが動き、宇佐美に代えてMF乾貴士、酒井高に代えてDF酒井宏樹をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。すると、徐々に流れを引き寄せる日本は、テンポ良くボールを回して敵陣深くまでボールを運ぶ場面を増やしていく。だが好機を創出できずに試合が進むと、同25分には大島に代えてMF柴崎岳を投入する。

 後半26分にはカウンターを発動させ、本田のパスを右サイドで受けた原口が中央に切れ込んで左足で狙うもビュルキの正面を突いてしまう。同31分には本田に代えてMF香川真司を投入。しかし同37分、右サイドをMFシェルダン・シャキリに突破されてクロスを上げられると、ファーサイドのDFフランソワ・ムバンジュが折り返したボールをFWハリス・セフェロビッチに蹴り込まれてリードを2点差に広げられてしまう。その後も日本には得点は生まれずに0-2の完封負けを喫した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246655-246655-fl

Switzerland 2-0 Japan nishino

   

【フランスの反応】「スーパーな守護神だ」川島永嗣、メスの月間最優秀選手に選出!現地サポが称賛!

川島永嗣

メスは3日、2月の月間MVPを発表した。2月度の月間MVPは日本代表GK川島永嗣が選ばれた。

▽川島は、昨年11月終わりからレギュラーポジションを獲得。2月はリーグ・アンで4試合に出場していた。

▽チームは第24節のマルセイユ戦(6-3で敗戦)、第25節のモンペリエ戦(0-1で敗戦)、第26節のトロワ戦(1-0で敗戦)、27節のギャンガン戦(2-2の引き分け)と白星に恵まれなかったものの、川島のパフォーマンスが評価され、ファン投票により川島が38.5%の支持を獲得していた。

▽なお、2位には37.7%の支持を受けたFWノーラン・ルーが入った。ルーは、今シーズンのリーグ・アンで11ゴールを決めているチームの得点源。2月はギャンガン戦で1ゴールを記録していた。3位は14%のMFフロラン・モレだった。

メスは厳しい戦いが続いており、現在勝ち点20の最下位。残り10試合で、リーグ・アン残留を目指す。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=306122

kawashima_eiji_Player_of_the_Month_FCMetz.jpg

   

【フランスの反応】「恥ずべきだ」川島永嗣へのレッドカード判定に現地サポから不満続出!

川島永嗣

サッカーフランス1部リーグでメッスのGK川島永嗣は21日、アウェーでのモナコ戦に先発出場し、後半5分の飛び出しで相手と接触した際にファウルをとられ、一発退場した。

 メッスの川島はレッドカードをもらって退場となった場面を「相手にはほとんど触っていない。厳しい判定だったかなと思う」と冷静に振り返った。「どんな判定であれ、チームを10人にしてしまい、自分がチームに迷惑をかけたことには変わりはない。申し訳ないと思う」と悔しさをにじませた。

 前半終了間際に失点したものの、好セーブを連発していた。「だから余計に、自分としては悔しい。カードをもらうのは自分の本意ではなかったし、0-1のまま11人で戦えていたら何か可能性があったと思わせる試合だった」と話した。
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180122/fra18012210190004-n1.html

Carton rouge pour Eiji Kawashima

   

【フランスの反応】「怪物だ」川島、ビッグセーブでMOM選出!現地サポが絶賛!酒井宏樹はベストイレブンに選出!

川島永嗣

リーグ1は13日に第20節を行い、日本代表GK川島永嗣所属のメスは敵地でディジョンと対戦し、1ー1でドローとなった。川島は公式戦4試合連続で出場となった。

 リーグ戦2試合、クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)と公式戦直近3試合で正GKの座を掴んでいる川島は、その出場した試合で3連勝を達成。残留に向けて1歩ずつ勢いに乗り始めた中で、18年のリーグ戦初戦を迎えた。

 しかしメスは試合開始早々から苦しい状況に陥る。開始30秒、ディジョンは最前線でボールを受けたMFフレデリック・サマリターノがメスの最終ラインをドリブルで強引に突破。PA内に入り込むと、川島が守るゴールの右隅を狙い、先制点を決めた。

 失点を許して序盤から追う展開になったメスだが、その後は拮抗状態になり、前半を0-1で折り返す。後半16分には再びメスにピンチが訪れる。右サイドからのクロスをファーサイドのサマリターノが豪快な右足ボレーで合わせるが、川島が好セーブ。また同30分には、右CKのこぼれ球をまたしてもサマリターノがPA手前から左足シュートで狙うが、川島が横っ飛びでボールをキャッチし、追加点を許さない。

 メスは後半40分にMFマシュー・ドセビィに代えてFWノラン・ルーを投入。すると同44分、攻め立てるルーに対し、後手に回るディジョン守備陣は中途半端なクリアでボールを宙に浮かせてしまう。ルーはそのボールを逃さず、PA手前から右足ダイレクト。鋭い弾道はゴール左隅に突き刺さり、終了間際に1-1と試合を振り出しに戻した。

 劇的な形で1-1となり、試合はそのまま終了。守備で耐え抜き、攻撃でチャンスを狙い続けたメスはフレデリック・アンツ監督の采配が的中し、貴重な勝ち点1を手にした。このドローでメスはリーグ戦4試合負けなし(2勝2分)に。入れ替え戦となる18位までも勝ち点7差とまだ厳しい状況は続くが、4試合連続で勝ち点を獲得し、勢いは少しずつ付いてきている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236096-236096-fl

Eiji #Kawashima élu lhomme du match @DFCO_Officiel - @FCMetz

   

【フランスの反応】「不可欠だ」酒井宏樹、アシストでベストイレブンに選出!現地サポが絶賛!

酒井宏樹

※追記しました、タイトルを変更しました
リーグ・アン第15節が行われ、メスマルセイユが対戦した。

メスはGK川島永嗣がリーグ戦4試合ぶりに先発出場。一方、マルセイユでも酒井宏樹が先発出場を果たし、日本人対決が実現している。

9月以来勝利がないメスを相手に、マルセイユが前半から攻め立てる。18分にフロリアン・トヴァンが先制点を挙げると、36分にはトヴァンアシストからルイス・グスタボがネットを揺らし、前半でリードを2点に広げる。

さらに、後半に入った71分には、酒井がワンツーからペナルティエリアに侵入すると、倒れ込みながらフリーのルーカス・オカンポスへラストパス。これを難なく決め、酒井のアシストからダメ押し弾が生まれる。試合はそのままマルセイユが3-0で勝利している。

いまだリーグ戦で1勝と苦しむメスは勝ち点4で最下位。一方、マルセイユは勝ち点3を積み上げて、2位に浮上している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000036-goal-socc
sakai assists @FlorianThauvin , Gustavo et @Locampos15

   

サッカーゲームキング 2018年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2018年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
Number(ナンバー)954・955・956号 日本代表 未来を懸けて。 WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 月刊フットボリスタ 2018年7月号
Number(ナンバー)953号 日本代表、全力で闘え! WORLD CUP RUSSIA 2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー)) 解説者の流儀
詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください サッカー新しい攻撃の教科書
footballista 2018 RUSSIA WORLD CUP GUIDEBOOK (月刊フットボリスタ 2018年7月号増刊) 2018FIFAワールドカップ放送をぜんぶみる! (NHKウイークリーステラ臨時増刊7月9日号)
最新記事
【海外の反応】「ヒーローだ」イングランド、“エース”ケインの劇的ゴールでチュニジアに勝利!
【海外の反応】韓国、VARに泣く..痛恨PK献上でスウェーデンに敗戦
【海外の反応】「また波乱だ」ブラジル、豪快ミドルで先制もスイスと痛恨ドロー
【海外の反応】「なんて番狂わせだ」王者ドイツが敗れる大波乱!メキシコが歴史的勝利!
外国人「日本代表のスタメンを予想してみた」【海外の反応】
【海外の反応】「欧州勢はまだ無敗」クロアチア、ナイジェリアに快勝!
【海外の反応】「番狂わせだ」メッシ、痛恨のPK失敗でアルゼンチンがアイスランドとドロー
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

イニエスタ赤白ハートワイン2本セット(750ml×2)

【PS4】Detroit: Become Human
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR