NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】「前代未聞だ」日本で起きた仰天の超ロングシュート2連発に世界が驚愕!

Jリーグ

J2で生まれた衝撃的ゴール2連発が世界でも伝えられている。

第38節、モンテディオ山形愛媛FC戦での驚きのゴール2連発がこれ。

山形は後半16分に中村駿、その1分後には坂元達裕が立て続けにロングシュートを決めたのだ。愛媛はGK岡本昌弘のポジションがかなり高かったが、どちらもボールロストから奪われるというもの。

『givemesport』では、「ハーフライン手前からのゴールは超レアだ。毎年数回しかない。その偉業を達成したのはルーニー、ベッカム、シャビ・アロンソらほんの一握りだ。日本の2部リーグでは1度ならず2度も自陣内からのゴールが決まった。しかも、驚くべきことに90秒以内に」とこのシーンを伝えている。

なお、試合は3-0で山形が勝利。チームのJ通算1000点目を決めた中村は「本当に力が抜けて良いキックができましたし、ちょっと出来過ぎだったかなと思います」とコメント。また、木山隆之監督は「2点目、3点目は本当に選手たちを褒めるべきだと思います。スカウティングも含めてチーム全体で取れたゴールかなと思います」と述べている。
https://qoly.jp/2019/10/28/yamagata-goal-vs-emihe-iks-1
Montedio Yamagata of J2 (Japan) score from behind the halfway line vs Ehime twice In the space of 90 seconds

ゴール動画】  【YOUTUBE

英語のサッカーのフォーラムから海外の反応をまとめました

・シュートを打った選手の視野の広さと
 あの距離から打とうする自信を褒めたいが
 ゴールキーパーは?!何をしていたんだ?!



・1点目は美しいものだった。時々起こることで何も気にすることはないが
 2点目は・・・からかっているだろ。



<レアル・マドリーサポ>
・本当に多くの疑問が浮かんでくるわ



・90分の間に2回決まったのではないからな、2分間で2回だから!
 キーパーには何がまずかったのか整理する時間がなかったのかも


   

【海外の反応】「日本、ブラボーだ」日本代表を応援するカエルの一平くんが外国人から好評!

ユニフォーム・胸スポ・エンブレム

現地時間19日にロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節の試合が行われ、日本代表はコロンビア代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。金星を挙げたことで様々な海外メディアに取り上げられている日本代表だが、米国メディア『SB Nation』は別のものに注目している。

日本が73分、大迫勇也の追加点で勝ち越した時、同メディアはツイッターを通じて「GOOOOOOOOOOAL」とつぶやくと同時に、愛媛FCの熱烈サポーターである「一平くん」の写真を掲載した。マスコットキャラクターである「一平くん」は、愛媛FCの試合だけでなく日本代表の試合にも駆けつけたことがあるが、今回はW杯開催中のロシアに飛んでいる。

 そのため、偶然にも日本代表を応援する姿が撮影された。これを発端に、今度は「what is that(あれは何ですか)」とツイートし、「frog(カエル)とgecko(ヤモリ)」の二つの選択肢を用意して、アンケートを実施している。

 これだけにとどまらず、「我々はちょうど、日本のスーパーファンタジーが一平くんであることを学んだ。そして、我々は彼を愛している」とツイート。さらには記事まで用意し、タイトルに「日本に実在するカエルのマスコットは、ワールドカップにおけるシークレットベストだ」とつけて特集している。

 また、フォロワー数200万人を超えているイングランドのヘヴィメタル・バンド『アイアン・メイデン』も一平君に注目。公式ツイッターを通じて「エディが行方不明になった。彼は少しワールドカップのことを気にしていたので、彼が変装している可能性があるのではないかと我々は心配している」とジョークを飛ばし、一平くん=エディ説を唱えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00276019-footballc-socc

Japans World Cup mascot, Ippei the frog, is our new favorite thing

   

【海外の反応】「この世界にまだ思いやりの心が」日本人元サッカー選手の活動に外国人が感動

Jリーグ

国際サッカー連盟(FIFA)公式Youtubeチャンネルは、今年2月に愛媛FCアカデミー普及部コーチに就任した末岡龍二氏を特集する動画を公開した。

末岡龍二は1979年生まれの36歳。2002年にアルビレックス新潟に加入し、2004年にシンガポールへのレンタル移籍を経験。その後アジアのリーグで活躍してきた。

2009年からはインドリーグで活動し、デンポSCやイースト・ベンガル、プネFCなどの有名クラブにも所属。昨年末に現役を引退し、その後愛媛FCの普及部コーチに就任している。

現在はその傍らでの修理業を行っており、FIFAはそのインタビューを公式チャンネルで公開した。

末岡龍二

インドの街で車を運転していて信号で止まると、物乞いがお金を求めてくる。『何をするべきなのか』と自分で考えた。これは日本で見られるものじゃない」

「スパイクの修理が必要なとき、僕はストリートの修理屋に持っていってお願いした。そしてその技術に感動したというか。

それで、この考えを日本に持って帰ろうとした。それが始まりだった」 -qoly

Japanese former soccer player fixes boots for India

   
GIANT KILLING(55) (モーニング KC) GIANT KILLING(55) (モーニング KC)




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2020年 7/16 号 戦術リストランテVI ストーミングvsポジショナルプレー (footballista)
サッカーダイジェスト 2020年 7/9 号 サッカーマガジン2020年8月号 (サイドバックJ1白書2020)
フットボールクラブ哲学図鑑 (日本語) footballista(フットボリスタ) 2020年7月号
BE BLUES!~青になれ~ (39) アオアシ (20) (ビッグコミックス)
最新記事
【ドイツの反応】「MVPだ」遠藤航、独誌の年間ベストイレブンに選出!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「アジア人の誇りだ」久保建英のアトレティコ戦のタッチ集を見た海外のファンが絶賛!
【海外の反応】「別格だ」久保建英、圧巻プレー!世界のファンが絶賛!(アトレティコ戦)
【海外の反応】「日本が大好きだ」長友佑都、涙のガラタサライ退団!現地サポから惜別と感謝の声殺到!
【スペインの反応】「もの凄いわ」岡崎慎司が決勝ゴール!今季10点目!現地サポが絶賛!
【海外の反応】「名案だとは..」久保建英争奪戦にドルトムントも参戦か!?スペイン紙が報道!海外のレアルファンの意見は分かれる
海外「Jリーグを見たい」Jリーグの海外放映国、ドイツなど9カ国追加!も海外のJリーグファンから要望続出!【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

シックスパッド アブズフィット(SIXPAD Abs Fit)MTG 【メーカー純正品 [1年保証]】

鬼滅の刃 22巻 缶バッジセット・小冊子付き同梱版

あつまれ どうぶつの森 -Switch
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR