NO FOOTY NO LIFE

    


【海外の反応】シャルケ内田VSインテル長友、伝説のCL準々決勝のスタメンを振り返る

チャンピオンズリーグ

nagatomo vs uchida atsuto

※ファーストレグ 【画像
インテル:1 ジュリオ・セザル、13 マイコン、15 ラノッキア、26 キヴ、4 サネッティ、5 スタンコヴィッチ(前半24分、14 カルジャ/後半18分、2 コルドバ)、8 チアーゴ・モッタ(後半31分、55 長友)、19 カンビアッソ、10 スナイデル、9 エトオ、22 ミリート

シャルケ04 :1 ノイアー、22 内田、4 ホヴェデス、14 パパドプロス、2 サルペイ、17 ファルファン、32 マティップ、11 バウムヨハン(後半31分、13 シュミッツ)、18 フラード(後半38分、31 ドラクスラー)、7 ラウール(後半42分、16 カリム)、9 エドゥ
https://www.inter.it/jp/news/42

 ※長友選手はセカンドレグで先発しました。

ファーストレグのハイライト(ニコ動)

英語のサッカーのフォーラムから海外の反応をまとめました

<ユナイテッドサポ>
・俺のお気に入りの試合の1つだ。
 本当に10回ぐらいこの試合を見ているわ。
 テレビでこの試合をやる時は毎回座って見ている。



<リバプールサポ>
・開始1分でスタンコビッチがロングシュートを決めた試合だよな?
 どうして時間が経つのはこんなに早いんだ?



 <ミランサポ>
 ・それだよ!彼はハーフライン付近から決めていた



 <ヘーレンフェーンサポ>
 ・あんなに昔のことだなんて信じられないな
  本当にとんでもないゴールだ【動画


   

【海外の反応】「至宝だ」岡崎、2ゴール1アシストの大活躍!現地サポが絶賛!(サウサンプトン戦)

岡崎慎司

※追記しました、タイトル変更しました
現地時間13日にプレミアリーグ第17節の試合が行われ、レスター・シティはサウサンプトンのホームに乗り込み対戦。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也は共に先発出場を果たした。試合開始して11分、岡崎からパスを受けたリヤド・マフレズがペナルティーエリア外から豪快なシュートを放ち先制点を決める。20分には岡崎がシュートを放ちゴールを狙うが惜しくもゴール左に外れた。

 続く24分にも岡崎がシュート。ここも相手守備陣に防がれて得点ならず。それでも32分、コーナーキックから味方がシュートを放ち、相手が弾いたボールを岡崎が押し込み追加点。岡崎にとっては今季公式戦6得点目となった。

 38分にはハリー・マグワイアがゴール前に折り返したボールをアンディ・キングが合わせて3点目。対するサウサンプトンも61分、コーナーキックからサウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がヘディングシュートを叩き込み1点を返した。吉田にとっては今季公式戦2ゴール目となっている。

 しかし69分、ジェイミー・ヴァーディがゴール前に折り返したボールに岡崎が合わせてレスター追加点。結局、岡崎の大活躍によりレスターが4-1の勝利をおさめている。監督交代によって息を吹き返したレスターは怒涛の4連勝となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00246625-footballc-socc

Southampton 0-3 Leicester City okazaki shinji goal

   

【海外の反応】「とてつもない」吉田が完封で岡崎との日本人対決を制す!現地サウサンプトンサポーターから称賛相次ぐ!

吉田麻也

※試合後の反応を追記しました
プレミアリーグ第22節のサウサンプトンレスター・シティが22日、セント・メリーズ・スタジアムで行われた。

ボトム10に沈む両チーム。レスターに至っては残留争いに巻き込まれている。なんとか現状を抜け出すためにも勝ち点3がほしい試合で、レスターの岡崎慎司サウサンプトン吉田麻也はいずれも先発出場した。

序盤からホームのサウサンプトンがリズムよく試合を進めていく中、26分に先制点が生まれた。セインツは右サイドを崩すと、グラウンダーのクロスボールにジェームズ・ウォード・プラウズが右足で合わせてゴールネットを揺さぶった。

畳み掛けるサウサンプトンは39分、左サイドで得たセットプレーでゴール前に上がったクロスに吉田が反応。相手との競り合いでこぼれたところにジェイ・ロドリゲスが詰め、2点目を決めた。

巻き返したいレスターだったが、なかなか攻撃の形を作れずに局面を打開できない。逆に59分、バックパスをカットされて決定的なピンチを招くなど、リズムを作れなかった。

ようやく71分、右サイドに開いたアメード・ムサのクロスボールをロベルト・フートが落とし、最後はウェズ・モーガンが詰めるが、うまく当てることができずにゴールは生まれなかった。

すると86分、サウサンプトンはPKを獲得すると、ドゥシャン・タディッチがしっかり決めてリードを3点に広げた。

結局、試合は3−0でサウサンプトンが勝利し、勝ち点3を積み重ねた。なお、吉田はフル出場、岡崎は63分にピッチから退いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000021-goal-socc

yoshida vs okazaki 3_0

   

【海外の反応】ミラノダービーで本田・長友出番なし..スコアレスドローで勝ち点1ずつを分け合う結果に

ミラン

セリエAは19日、第31節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、同MF本田圭佑の所属するミランと対戦し、0-0で引き分けた。1-1に終わった昨年11月の対戦以来となった今季2度目の「ミラノダービー」も、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。-ゲキサカ

   

【海外の反応】ミラノダービーで日本人対決実現!「本田は先発すべきだった」長友には及第点以上の評価!

本田圭佑

※試合後の反応を追記しました※タイトル変更しました
セリエAは23日、第12節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属するミランとDF長友佑都の所属するインテルの今季初の「ミラノダービー」は、1-1の引き分けに終わった。長友はフル出場。ベンチスタートとなった本田は、後半27分から途中出場。通算211回目となった伝統の一戦で、初の日本人対決が実現した。-ゲキサカ

   

中村俊輔式 サッカー観戦術 中村俊輔式 サッカー観戦術




Ads by amazon
ワールドサッカーダイジェスト 2019年 2/7 号 [雑誌] エル・ゴラッソ 特別編集 2019 アジアカップ 完全ガイド
GIANT KILLING(50) (モーニング KC) サッカーダイジェスト 2019年 1/24 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2019年2月号 日本サッカーを強くする観戦力
高校サッカーダイジェスト(27) 2019年 2/26 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊 第97回全国高校サッカー選手権大会 決算号 (サッカーマガジン2月号増刊)
最新記事
【海外の反応】「日本、よくやった」日本代表、冨安のゴールでサウジアラビアに辛勝!ベスト8進出決定!
外国人「日本代表がコパ・アメリカで優勝する可能性はどれくらいあると思う?」【海外の反応】
【海外の反応】「崩壊した」タイ、中国に逆転負けでベスト8進出ならず
【海外の反応】「なんて波乱だ」日本はサウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突決定!ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
【フランスの反応】「脱帽だ」昌子源、仏デビュー戦で完封勝利に貢献!現地サポが称賛!
【海外の反応】「日本対韓国の決勝だ」アジア杯決勝トーナメントの組み合わせを見て予想する海外のファン
「日本が勝つ」「負けるかも」日本代表対サウジアラビアを海外のファンはどう見ているのか?【海外の反応】
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

サッカー日本代表 2019年カレンダー

キングダム ハーツIII - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR