NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「メッシのようだ」武藤嘉紀が圧巻の3人抜きゴール!マインツは2点差から逆転負け

武藤嘉紀

日本代表FWの武藤嘉紀は20日に行われたブンデスリーガ第5節、マインツホッフェンハイムで今季リーグ戦2ゴール目をマーク。チームは後半アディショナルタイムに失点し、2-3と逆転負けを喫するも、ドイツ2大紙は武藤のパフォーマンスに両チーム最高タイの採点をつけている。

マインツは試合開始5分にMFダニー・ラッツァがミドルシュートを決めてリードを奪うと、16分には武藤が単独突破から追加点を記録した。そのゴールの場面では、相手ペナルティーエリア左手前でMFレヴィン・エズトゥナリからヒールパスを受けた武藤は、相手DFを背負いながらゴール左前までに突破。最後には2人の相手DFをかわし左足シュートをGKの股を抜く形で突き刺した。

そんなパフォーマンスをドイツ誌『キッカー』も高く評価。ゴールシーン以外でも「力強い武藤は(チームの)高い位置でのプレスの原動力だった」と記す同誌は武藤に両チーム最高タイの「2」と、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた決勝弾を挙げたホッフェンハイムFWマルク・ウートと同様の採点をつけた。

ドイツ紙『ビルト』でも評価は「2」。マッチレポートでは特にゴールに注目し、「素晴らしいソロでホッフェンハイムのDFを突破し、追加点を決めた」と言及している。チームメイトのMFスアト・セルダル、そして相手チームのFWサンドロ・ワグナー、MFナディム・アミリと並びここでも両チーム最高タイとなっている。

一方で、地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』では武藤に対する評価は及第点の「3」と全国メディアより低めだった。ラッツァやセルダルに「2」を与えた同紙は武藤のプレーについては「2-0の前には力強いソロランを見せた。ホッフェンハイムのDF陣全体を突破し、角度がない位置からどうにかボールを押し込んだ」とコメントするも「ハーフタイム後は勢いを落とした」と続けている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010009-goal-socc
muto goal against Hoffenheim 2017 2_3

   

【ドイツの反応】「お前は神だ」武藤嘉紀がスーパーボレー弾!現地マインツサポがゴールを絶賛!

武藤嘉紀

迷うことなく左足を振り抜き、ダイレクトで豪快に。

 日本代表FW、武藤嘉紀が鮮烈ゴールだ。
 
 9月9日、ブンデスリーガ3節のマインツ対バイヤー・レバークーゼンの一戦。ホームのマインツは、22分にMFドミニク・コールに先制点を決められる苦しい展開に。3-4-2-1システムの1トップで先発した武藤は敵DFの厳しいマークに遭いながらも積極的に裏のスぺースを狙い、クサビのボールを的確なポストで捌くなど、攻撃に厚みをもたらしていく。
 
 そして迎えた44分、スーパーゴールが生まれる。
 
 左サイドを駆け上がったSBダニエル・ブロジンスキの鋭いクロスを、ファーサイドで待ち受けた武藤は巧みに身体をひねり、左足のハーフボレーで豪快にインパクト。ドイツ代表GKベルント・レノもノーチャンスな一撃を見舞い、スコアを振り出しに戻した。武藤は待望のリーグ戦初ゴールだ。
 
 後半に入って攻勢を仕掛けるマインツは、57分にリスタートからCBアブドゥ・ディアロが頭で決めて逆転に成功。さらに71分にMFズアト・ゼルダルが加点し、3-1の快勝を収めた。開幕2連敗の悪しき流れを見事に断ち切り、武藤はエースの面目躍如だ。終了間際の交代時には、ホームサポーターから喝采を浴びた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00029818-sdigestw-socc

Mainz [1]-1 Leverkusen - Yoshinori Muto

   

【ドイツの反応】「日本の怪物」武藤嘉紀、逆転ゴールとPK獲得の活躍!劇的勝利のマインツは残留が決定的に

武藤嘉紀

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、12日に行われたブンデスリーガ第33節、フランクフルト戦に後半から途中出場を果たし1ゴールを記録、4-2での勝利に貢献した。

 武藤は試合後のインタビューに応じ、ゴールシーンを振り返った。

「今日途中から入って、絶対自分で決めてやろうと思ってました。今シーズン、ドイツに来てから怪我もあって、ツラい時期もありました。でも、前を向いてひたむきに頑張った結果が、最後の最後で実ったのかなと思います」と辛い時期を乗り越え、ゴールを奪ったことを喜んだ。また「あそこから決めるのは難しいと思いましたけど、しっかりヘディングで当てることを意識しました。かなり練習してきた形だったので、練習通りのいいゴールになりました。(クロス)ボールも速かったですし、距離もあったので上を狙おうと思いました」とコメント。

 続けてPKを獲得した場面について「完璧ですね、狙ってました。相手も疲れていたので仕掛けられるのが一番嫌だと思ったので。(PKキッカーは)取られてしまいましたけど、まぁ一点取っていたので」と、PKを獲得したプレーは狙っていたことを言及した。

 最後に日本人ブンデスリーガ通算200得点目を挙げたことについて「そうなんですか、ラッキーでした。(自分のゴールが)記念すべき200点ですけど、そういうのはあんまり気にしないで、とにかく取れるだけ取らないといけないなと思います」と、もっと多くのゴールを奪うことを望んだ。

 今節の勝利で、ブンデスリーガ1部残留をほぼ手中に収めたマインツ。次節は19日、ケルンとアウェイで対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587250-soccerk-socc

Nach 0_2 noch 4_2 Note 2 für Muto und Cordoba

   

ドイツ人「武藤を先発させろ」武藤復活のゴール!監督の采配に不満を持つ現地マインツサポも【海外の反応】

武藤嘉紀

<ブンデスリーガ:マインツ2-3ライプチヒ>◇5日◇マインツ

 FW武藤嘉紀が今季3ゴール目を決めたが、マインツはホームでライプチヒに2-3で敗れた。

武藤は後半22分から出場し、FWコルドバとの2トップを形成。前線で激しくプレスをかけ、同ロスタイム、自らが得たCKからの攻撃でヘディングシュートを決めた。

 以下は武藤との一問一答。

 -約半年ぶりのゴールとなった

 武藤 やっと、ですね。非常に体の状態も良かったです。決めるべくして決められたと思います。強いて言えば、最後の失点をなくして引き分けに持ち込めればベストでした。悔しい結果になりましたけど、自分としては前向きに捉えないといけないなと思います。

 -ゴールシーンを振り返って

 武藤 感覚的に(ボールが)それて来ると思っていましたし、本当にしっかり準備ができていた。いつボールが来ても良いような準備というのは心がけていましたね。

 -後半38分にもクロスに頭を合わせた。ポスト直撃となったがきょうはボールが来ていた

 武藤 練習から呼び込めてますし、そこの信頼関係というのができていると思います。あとは、タメをつくるところで、ミスを少なくして。怪我から復帰して、大きな自信になります。やってやらなきゃいけないという気持ちでいっぱいなので。とにかく、このチャンスを生かすということは非常に大きいと思います。

 -先発じゃないのは分かっていた

 武藤 いや、分かんなかったです、きょうは。「きょう先発かな?」って思ってました、正直。けど、監督から、メンバー発表のあとに、(次節、8日の)フライブルク戦は、たぶん頭から行く、みたいなこと言われてたので。とにかく「練習から非常にいい」っていうことも、さっき声を掛けられていた。だけどきょうもファーストチョイスじゃなかった。体の状態が良いのも、見てくれれば分かると思います。後はもう、エゴイストになって。あのPKも、自分でボールを離さないくらいの気持ちになっていかないといけないなと。

 -チームは敗れたが

 武藤 いやもう、勝つしかないです。どんな形でもいいから、ここで引き分けとかに持ってこれればいいですけど、最終的に負けてしまった。とにかく最初に失点しないこと。前半何個か大きなチャンスあったんで、ああいうところで決めておかないと、やっぱりこういう強いチームになるとしっかりと決められてしまう。そうやって自分がもし最初から出たら、最初の45分で1点取れてて、チームとして落ち着いてプレーできるようにしていかないといけないのかなと思います。

 -自分が入ってチームのプレーは変わった

 武藤 勢いは出たんじゃないかなと思いますね。まあ1点目に関しては絡んでないので。けど入ってから流れが変わる、そういうゴールが生まれるというのはやっぱ非常にいいことだと思う。とにかくこれで下向いちゃうと次に繋がらないので、とにかく自分はゴールにエゴイストになって、絶対的な選手にならないといけないなと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-01803308-nksports-socc

Mainz 2X3 RB Leipzig muto goal

   

現地ドルサポ「ラッキーだ」武藤のゴールは誤審オフサイドで幻に..ドルトムントはマインツと痛恨ドロー【海外の反応】

ドルトムント

※試合後の反応を追記しました
ブンデスリーガ第18節が29日に行われ、FW武藤嘉紀所属のマインツと日本代表MF香川真司所属のドルトムントが対戦した。

 リーグ11位のマインツが、前節公式戦5試合ぶりの勝利を収めた4位ドルトムントをホームに迎えた。武藤は前節不発に終わったものの、2試合連続となる先発出場。一方の香川はベンチスタートとなった。

 試合開始からわずか3分、ドルトムントが先制する。ピッチ中央でボールを奪うと、左サイドでフリーとなったマルコ・ロイスが、アンドレ・シュールレからの斜めのパスを受けてエリア内へ進入。落ち着いてGKヨナス・レッスルとの1対1を制し、ゴール左隅を揺らした。

 23分、ドルトムントロイスがファウルを受け、ピッチ中央でFKを獲得。ラファエル・ゲレイロが左足でゴールを狙ったが、シュートはGKレッスルにキャッチされた。

 しかしその後もペースを握ったのはドルトムント。43分にはピエール・エメリク・オーバメヤンがディフェンスラインの裏へ抜け出したが、ここはGKレッスルがエリアを飛び出して対応。突破を許さず、シュートを打たせなかった。

 ドルトムントの1点リードで試合は後半に突入。迎えた55分、マインツは武藤が左サイドでソクラティス・パパスタソプーロスに倒されてFKを得る。しかしこのチャンスをシュートに結びつけることはできない。

 61分、ドルトムントが左サイドをパスワークで突破。最後はゴンサロ・カストロのクロスボールにシュールレが左足のボレーで合わせるが、シュートはポスト左へわずかに外れた。

 ドルトムントは66分にマリオ・ゲッツェ、71分にウスマン・デンベレを投入。攻撃の活性化を図る。一方のマインツも74分に武藤を下げ、パブロ・デ・ブラシスをピッチへ送り込んだ。

 すると83分、マインツは右サイドでレヴィン・エズトゥナリがボールをキープしクロスを供給。これにファーサイドへ走りこんだダニー・ラッツァがヘディングで合わせ、同点ゴールを突き刺した。

 その後スコアは動かず、試合はこのままタイムアップ。1-1で試合を終え、両チーム勝ち点1ずつを積み上げることとなった。なお、武藤は74分までプレー。香川には出場機会が無かった。

 次節、マインツは敵地でホッフェンハイムと、ドルトムントはホームでライプツィヒと対戦する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00547389-soccerk-socc

dourtmund Post Game Thread Mainz 05 (Buli #18)

   

サッカーゲームキング 2017年 11月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 11 月号 [雑誌]




Ads by amazon
完全保存版Jリーグ助っ人列伝1993ー2017―サッカーダイジェスト責任編集 (NSK MOOK) 月刊サッカーマガジン 2017年 11 月号 [雑誌]
アジアフットボール批評issue05 PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 10/5 号 [雑誌] サッカー批評(87) (双葉社スーパームック)
一流をめざすメンタル術 長友佑都の食事革命
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

FIFA 18 RONALDO EDITION 【限定版同梱物】・STANDARD EDITION(通常版)より最大3日間の早期アクセス ・5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo ・ジャンボプレミアムゴールドパック20個(1 × 20週間) ・スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】A4クリアファイル 付

ウイニングイレブン2018 (【初回限定特典】ウサインボルト+UCLエージェント (myclubモード専用) 同梱) 【Amazon.co.jp限定特典】ボトルネックストラップ 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR