NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「日本人がノリにノッてる」武藤嘉紀、スーパーヘッドでゴール!現地サポが称賛!(ヴォルフスブルク戦)

武藤嘉紀

マインツの日本代表FW武藤嘉紀は9月30日のヴォルフスブルク戦(1-1)に先発出場し、右サイドからのクロスを頭で合わせて今季3ゴール目を挙げた。現地メディアは「ヘディングの怪物」、「スーパーヘッド」と賛辞を送っている。

 ヴォルフスブルクは先日アンドリース・ヨンカー前監督を更迭し、後任として元マインツのマルティン・シュミット監督を招聘。武藤はドイツに渡って2年間指導を受けた恩師の前で、難易度の高いプレーを披露した。

 0-1で迎えた後半29分、右サイドからクロスが上がると、武藤はDFの背後からニアサイドのスペースへ走り込んでヘディングシュート。ペナルティースポットの手前から上手く体を開いてファーサイドに流し込む技ありの一撃を決めた。

 このゴールが貴重な同点弾となり、試合はそのまま1-1で終了。就任から2試合連続引き分けできていたシュミット監督率いるヴォルフスブルクの初勝利はまたもお預けとなった。武藤について、ドイツ紙「ビルト」は「ヘディングの怪物・武藤」と特集。身長179センチと決して大柄ではない武藤の最近8得点のうち、半分の4得点がヘディングによるものであることを取り上げ、「マインツのストライカー、ヨシノリ・ムトウが13メートル(!)の距離からスーパーヘッドで彼(シュミット監督)の初勝利が盗まれた」としている。

 10月の2試合(ニュージーランド戦、ハイチ戦)に臨む日本代表にも招集された武藤。FW岡崎慎司(レスター・シティ)ら主軸の一部を招集外としたバヒド・ハリルホジッチ監督も、これまで出番の少なかった武藤にチャンスを与えることを明言しており、ブンデスでの好調そのままに代表戦でもアピールしたいところだ。

rzielte in Wolfsburg sein zweites Saisontor Yoshinori Muto

   

【海外の反応】「メッシのようだ」武藤嘉紀が圧巻の3人抜きゴール!マインツは2点差から逆転負け

武藤嘉紀

日本代表FWの武藤嘉紀は20日に行われたブンデスリーガ第5節、マインツホッフェンハイムで今季リーグ戦2ゴール目をマーク。チームは後半アディショナルタイムに失点し、2-3と逆転負けを喫するも、ドイツ2大紙は武藤のパフォーマンスに両チーム最高タイの採点をつけている。

マインツは試合開始5分にMFダニー・ラッツァがミドルシュートを決めてリードを奪うと、16分には武藤が単独突破から追加点を記録した。そのゴールの場面では、相手ペナルティーエリア左手前でMFレヴィン・エズトゥナリからヒールパスを受けた武藤は、相手DFを背負いながらゴール左前までに突破。最後には2人の相手DFをかわし左足シュートをGKの股を抜く形で突き刺した。

そんなパフォーマンスをドイツ誌『キッカー』も高く評価。ゴールシーン以外でも「力強い武藤は(チームの)高い位置でのプレスの原動力だった」と記す同誌は武藤に両チーム最高タイの「2」と、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた決勝弾を挙げたホッフェンハイムFWマルク・ウートと同様の採点をつけた。

ドイツ紙『ビルト』でも評価は「2」。マッチレポートでは特にゴールに注目し、「素晴らしいソロでホッフェンハイムのDFを突破し、追加点を決めた」と言及している。チームメイトのMFスアト・セルダル、そして相手チームのFWサンドロ・ワグナー、MFナディム・アミリと並びここでも両チーム最高タイとなっている。

一方で、地元紙『アルゲマイネ・ツァイトゥング』では武藤に対する評価は及第点の「3」と全国メディアより低めだった。ラッツァやセルダルに「2」を与えた同紙は武藤のプレーについては「2-0の前には力強いソロランを見せた。ホッフェンハイムのDF陣全体を突破し、角度がない位置からどうにかボールを押し込んだ」とコメントするも「ハーフタイム後は勢いを落とした」と続けている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010009-goal-socc
muto goal against Hoffenheim 2017 2_3

   

【ドイツの反応】「お前は神だ」武藤嘉紀がスーパーボレー弾!現地マインツサポがゴールを絶賛!

武藤嘉紀

迷うことなく左足を振り抜き、ダイレクトで豪快に。

 日本代表FW、武藤嘉紀が鮮烈ゴールだ。
 
 9月9日、ブンデスリーガ3節のマインツ対バイヤー・レバークーゼンの一戦。ホームのマインツは、22分にMFドミニク・コールに先制点を決められる苦しい展開に。3-4-2-1システムの1トップで先発した武藤は敵DFの厳しいマークに遭いながらも積極的に裏のスぺースを狙い、クサビのボールを的確なポストで捌くなど、攻撃に厚みをもたらしていく。
 
 そして迎えた44分、スーパーゴールが生まれる。
 
 左サイドを駆け上がったSBダニエル・ブロジンスキの鋭いクロスを、ファーサイドで待ち受けた武藤は巧みに身体をひねり、左足のハーフボレーで豪快にインパクト。ドイツ代表GKベルント・レノもノーチャンスな一撃を見舞い、スコアを振り出しに戻した。武藤は待望のリーグ戦初ゴールだ。
 
 後半に入って攻勢を仕掛けるマインツは、57分にリスタートからCBアブドゥ・ディアロが頭で決めて逆転に成功。さらに71分にMFズアト・ゼルダルが加点し、3-1の快勝を収めた。開幕2連敗の悪しき流れを見事に断ち切り、武藤はエースの面目躍如だ。終了間際の交代時には、ホームサポーターから喝采を浴びた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170910-00029818-sdigestw-socc

Mainz [1]-1 Leverkusen - Yoshinori Muto

   

【ドイツの反応】「日本の怪物」武藤嘉紀、逆転ゴールとPK獲得の活躍!劇的勝利のマインツは残留が決定的に

武藤嘉紀

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、12日に行われたブンデスリーガ第33節、フランクフルト戦に後半から途中出場を果たし1ゴールを記録、4-2での勝利に貢献した。

 武藤は試合後のインタビューに応じ、ゴールシーンを振り返った。

「今日途中から入って、絶対自分で決めてやろうと思ってました。今シーズン、ドイツに来てから怪我もあって、ツラい時期もありました。でも、前を向いてひたむきに頑張った結果が、最後の最後で実ったのかなと思います」と辛い時期を乗り越え、ゴールを奪ったことを喜んだ。また「あそこから決めるのは難しいと思いましたけど、しっかりヘディングで当てることを意識しました。かなり練習してきた形だったので、練習通りのいいゴールになりました。(クロス)ボールも速かったですし、距離もあったので上を狙おうと思いました」とコメント。

 続けてPKを獲得した場面について「完璧ですね、狙ってました。相手も疲れていたので仕掛けられるのが一番嫌だと思ったので。(PKキッカーは)取られてしまいましたけど、まぁ一点取っていたので」と、PKを獲得したプレーは狙っていたことを言及した。

 最後に日本人ブンデスリーガ通算200得点目を挙げたことについて「そうなんですか、ラッキーでした。(自分のゴールが)記念すべき200点ですけど、そういうのはあんまり気にしないで、とにかく取れるだけ取らないといけないなと思います」と、もっと多くのゴールを奪うことを望んだ。

 今節の勝利で、ブンデスリーガ1部残留をほぼ手中に収めたマインツ。次節は19日、ケルンとアウェイで対戦する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00587250-soccerk-socc

Nach 0_2 noch 4_2 Note 2 für Muto und Cordoba

   

ドイツ人「武藤を先発させろ」武藤復活のゴール!監督の采配に不満を持つ現地マインツサポも【海外の反応】

武藤嘉紀

<ブンデスリーガ:マインツ2-3ライプチヒ>◇5日◇マインツ

 FW武藤嘉紀が今季3ゴール目を決めたが、マインツはホームでライプチヒに2-3で敗れた。

武藤は後半22分から出場し、FWコルドバとの2トップを形成。前線で激しくプレスをかけ、同ロスタイム、自らが得たCKからの攻撃でヘディングシュートを決めた。

 以下は武藤との一問一答。

 -約半年ぶりのゴールとなった

 武藤 やっと、ですね。非常に体の状態も良かったです。決めるべくして決められたと思います。強いて言えば、最後の失点をなくして引き分けに持ち込めればベストでした。悔しい結果になりましたけど、自分としては前向きに捉えないといけないなと思います。

 -ゴールシーンを振り返って

 武藤 感覚的に(ボールが)それて来ると思っていましたし、本当にしっかり準備ができていた。いつボールが来ても良いような準備というのは心がけていましたね。

 -後半38分にもクロスに頭を合わせた。ポスト直撃となったがきょうはボールが来ていた

 武藤 練習から呼び込めてますし、そこの信頼関係というのができていると思います。あとは、タメをつくるところで、ミスを少なくして。怪我から復帰して、大きな自信になります。やってやらなきゃいけないという気持ちでいっぱいなので。とにかく、このチャンスを生かすということは非常に大きいと思います。

 -先発じゃないのは分かっていた

 武藤 いや、分かんなかったです、きょうは。「きょう先発かな?」って思ってました、正直。けど、監督から、メンバー発表のあとに、(次節、8日の)フライブルク戦は、たぶん頭から行く、みたいなこと言われてたので。とにかく「練習から非常にいい」っていうことも、さっき声を掛けられていた。だけどきょうもファーストチョイスじゃなかった。体の状態が良いのも、見てくれれば分かると思います。後はもう、エゴイストになって。あのPKも、自分でボールを離さないくらいの気持ちになっていかないといけないなと。

 -チームは敗れたが

 武藤 いやもう、勝つしかないです。どんな形でもいいから、ここで引き分けとかに持ってこれればいいですけど、最終的に負けてしまった。とにかく最初に失点しないこと。前半何個か大きなチャンスあったんで、ああいうところで決めておかないと、やっぱりこういう強いチームになるとしっかりと決められてしまう。そうやって自分がもし最初から出たら、最初の45分で1点取れてて、チームとして落ち着いてプレーできるようにしていかないといけないのかなと思います。

 -自分が入ってチームのプレーは変わった

 武藤 勢いは出たんじゃないかなと思いますね。まあ1点目に関しては絡んでないので。けど入ってから流れが変わる、そういうゴールが生まれるというのはやっぱ非常にいいことだと思う。とにかくこれで下向いちゃうと次に繋がらないので、とにかく自分はゴールにエゴイストになって、絶対的な選手にならないといけないなと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-01803308-nksports-socc

Mainz 2X3 RB Leipzig muto goal

   

日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖(amazon) (アディダス)adidas サッカー 日本代表 ホームレプリカユニフォーム半袖 DRN93 [メンズ]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 12/14 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2018年 01 月号 [雑誌]
セレッソ大阪 2017 ルヴァンカップ優勝記念特別号 【特別付録】優勝記念ジャンボポスター付き (サッカーマガジン12月号増刊) パリ・サンジェルマン特集号 パリは燃えているか 2017年 12月号 [雑誌] (ワールドサッカーキング増刊)
anan (アンアン)2017/11/01[アスリートに夢中! ] サッカーダイジェスト 2017年 11/23 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年12月号 ワールドサッカーダイジェスト 2017年 12/7 号 [雑誌]
最新記事
【海外の反応】「信じられない」サウジ代表、僅か2ヶ月で新監督を電撃解任!
【海外の反応】「日本戦は恥ずかしかった」オーストラリア代表監督が電撃辞任!悲喜こもごもの豪州人ファン
【海外の反応】「ボシュ、出て行け」香川先発のドルトムント、トッテナムに逆転負けでCL敗退が決定
【海外の反応】「夢だ」岡崎とタイのメッシが共演?札幌チャナティップにレスター電撃移籍急浮上!
【海外の反応】「恥を知れ」浦和ラファエルシルバへの人種差別コメントに批判の声!アルヒラルサポの言い分は..
【海外の反応】日本代表の観客動員数は世界屈指だった!
【オランダの反応】「並外れている」堂安律に拍手喝采!MOMに選出!現地サポが称賛!
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

龍が如く 極2

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR