NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「エレガントだ」香川、絶妙ターンとパスでゴールを演出!ドルトムントはインゴルシュタットに辛勝!

香川真司

※試合後の反応を追記しました
現地時間17日、ブンデスリーガ第25節ドルトムントvsインゴルシュタットの一戦が行われた。

この日、28歳の誕生日を迎えた香川真司は先発出場を果たした。14分には香川が起点となり、左サイドのマルセル・シュメルツァーへ。シュメルツァーが入れたクロスにポール・エメリク・オーバメヤンがダイレクトで合わせてドルトムントが1-0と先制に成功する。

その後、ドルトムントは何度も好機を迎えるがインゴルシュタットから追加点を奪うことはできず。インゴルシュタットもアウェー戦ながら要所でゴールチャンスを迎えるなど、一進一退の攻防が続く中、前半は1-0で終了。

後半に入ると、インゴルシュタットドルトムント守備陣のミスもあり決定的なシーンがあったものの、フィニッシュの精度を欠いてゴールを奪うまでには至らず。

ドルトムントオーバメヤンが奪った1点を守り切ってフルタイムが終了。フル出場した香川はゴール前で決定機を演出したり、ハーフウェーラインより手前からロングカウンターの起点になるなど、要所で好プレーを見せたものの、自身のバースデーゴールを決めることはできなかった。

勝利したドルトムントは勝ち点を46に伸ばして今節での3位の座をキープ。一方の17位インゴルシュタットは勝ち点19のままで、1部残留が厳しい状態となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000033-goal-socc

Die Süd will den #Derbysieg! (Wir auch!) #bvbfci 1-0 FT

   

【ドイツの反応】「際立っていた」原口、ゴールを演出し劇的勝利に貢献!現地ヘルタサポが高評価!

原口元気

8日に行われたブンデスリーガ開幕節でヘルタ・ベルリンがフライブルクと対戦し、2−1で勝利を収めた。この試合でフル出場した日本代表FWの原口元気がドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

ホームのヘルタは昇格組のフライブルクを相手に主導権を握りながらゲームを進めたが、ゲームメークに苦戦。それでも62分、原口がボールを左サイドから前線に送ると、最後はMFヴラディミル・ダリダが決めてヘルタが先制する。

アディショナルタイムに同点に追いつかれてしまったものの、終了間際に原口のシュートのこぼれ球をFWユリアン・シーバーが押し込み、新シーズンを白星スタートで飾った。

2得点に絡んだ原口に対し、『キッカー』は両チームを通じて単独の最高点となる『2』(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)と評価。「とても熱心に動き回り、疲れ知らずのパフォーマンスを見せた」とたたえ、「ヘルタの両ゴールにおいて、起点となったのは原口元気だった」と評した。

一方、ドイツ誌『ビルト』の評価は「3」と及第点だった。『ビルト』は特に攻撃的なプレーヤーが評価の対象となる場合、ゴールやアシストを残さないと採点が伸びない傾向にあるだけに、次節以降に“目に見える結果”を出したいところだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000010-goal-socc

Hertha BSC - SC Freiburg (2_1) haraguchi genki

   

サッカーゲームキング 2017年 07月号 SOCCER GAME KING (サッカーゲームキング) 2017年 07 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 6/8 号 [雑誌] 月刊サッカーマガジン 2017年 07 月号 [雑誌]
ゲームの支配者 ヨハン・クライフ ワールドサッカーダイジェスト 2017年 6/1 号 [雑誌]
フットボール批評issue16 伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法 (教育単行本)
月刊フットボリスタ 2017年6月号 グアルディオラ総論
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ウイニングイレブン2018 【Amazon限定特典】アイテム未定 付
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR