NO FOOTY NO LIFE



【ドイツの反応】「オファーが来なかったら驚く」大迫、バイエルン相手に孤軍奮闘!移籍の可能性を予感する現地ケルンサポも

大迫勇也

ケルンは4日に行われたブンデスリーガ第3節のバイエルン・ミュンヘン戦を0-3と落とした。だが、そのなかでドイツメディアはFW大迫勇也ケルンのチーム最高の評価を与えている。

大迫は19分、この一戦でケルン最大の好機を迎えるなど何度か見せ場をつくっていた。ここ最近圧倒的な強さを見せるバイエルン相手には、チームとともに守備に回ることも多かったが、ゴールを狙い続ける姿勢はメディアでも評価されたようだ。

ドイツ紙『ビルト』は、大迫、DFネヴェン・スボティッチ、FWアンソニー・モデストの3人にチームベストタイの「3」をつけている。マッチレポートでは大迫のヘディングシュートをバイエルンGKマヌエル・ノイアーが「世界級のセーブ」で阻止したと伝え、また50分にはPKを与えられるべきだとした。

地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』は大迫のパフォーマンスを「2.5」と高めに評価し、単独最高点をつけている。寸評では「前半のケルンのチャンス2本は彼によるものだったが、ノイアーに負けてしまった。彼はケルンが(バイエルンに)危険となったほぼ全場面に絡んでいる」と述べながら、「0-1の前、ハビ・マルティネスを見失ってしまった」とも指摘した。

また大迫にチーム最高タイの「3」をつけた『エクスプレス』も、失点には関与したことに言及。そのほかの場面については「彼のスーパーなヘディングシュートをノイアーが何とか阻止。PKももらえなかったが、ケルンのベストプレーヤー」と記している。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)goal.com

Manuel Neuer Pulls Off Incredible Save to Deny Cologne’s Yuya Osako

   

外国人「日本はポドルスキに夢中になるだろう」ポドルスキ、神戸移籍が正式決定!【海外の反応】

ポドルスキ

※追記しました
ヴィッセル神戸は2日、元ドイツ代表のガラタサライFWルーカス・ポドルスキ(31)が完全移籍で加入することが決定したと発表した。契約の詳細は明かされていないが、トルコ『フォトマック』によると移籍金は270万ユーロ(約3億2400万円)、年俸は500万ユーロ(約6億円)となるようだ。

 ポドルスキはケルンの下部組織を経て2003年にトップチームデビューを果たすと、2006年6月にバイエルンへ移籍。左足の強烈なシュートを武器に、ブンデスリーガ優勝など3度のタイトル獲得を経験した。その後、2009年6月にケルンへ復帰したあとはアーセナル、インテルと強豪クラブを渡り歩き、2015年7月に現所属のガラタサライに完全移籍していた。

 ドイツ代表では2004年6月にデビューを果たし、昨年8月に代表引退を表明するまで129試合に出場して48ゴールを記録。2014年のブラジルW杯では背番号10を託され、母国の24年ぶり4回目の優勝に貢献した。ポドルスキは代表を引退するまでW杯3大会を含む7つの主要国際大会でプレーし、代表歴代出場記録ではローター・マテウス氏(150試合)、ミロスラフ・クローゼ氏(137試合)に次いで3位、歴代得点記録でもクローゼ氏(71得点)、ゲルト・ミュラー氏(68得点)に次ぐ3位となっている。

 代表取締役会長の三木谷浩史氏はクラブ公式サイトを通じて「このたび、世界的なストライカーがヴィッセル神戸に加わることを大変嬉しく思います。ポドルスキ選手は ケルン、バイエルン、アーセナル、インテル、ガラタサライと欧州各国の名門クラブの主力として活躍してきました。ドイツ代表では129試合に出場し48得点を挙げ、W杯では、2006年大会で最優秀若手選手に選ばれ、2014年大会で優勝するなど数々のタイトルを獲得したワールドクラスの選手です。ヴィッセル神戸が優勝を勝ち取るために、ポドルスキ選手が大いに活躍してくれることを期待しています。先に発表した楽天とバルセロナとのパートナーシップも合わせ、Jリーグ、日本サッカー界がよりグローバルな視野を持って発展するきっかけとなることを目指します。今後もヴィッセル神戸へのご声援をよろしくお願いいたします」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWルーカス・ポドルスキ
(Lukas Podolski)
■生年月日
1985年6月4日(31歳)
■身長/体重
182cm/83kg
■出身地
ドイツ、ポーランド
■経歴
ケルン-バイエルン-ケルン-アーセナル(イングランド)-インテル(イタリア)-ガラタサライ(トルコ)
■代表歴:
2001-2002:U-17ドイツ代表
2002-2003:U-18ドイツ代表
2003:U-19ドイツ代表
2004:U-19ドイツ代表
2004-2016:ドイツ代表
※ドイツ代表通算129試合出場48得点-ゲキサカ

World Cup winner Podolski confirms move to Vissel Kobe

   

【海外の反応】「いいえ結構です」ゲッツェ獲得の噂に難色を示す現地リバプールサポーター

リバプール

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェが、恩師が指揮するリバプール移籍する可能性が浮上した。英『ミラー』が報じている。

 ドルトムントの下部組織で育ったゲッツェは、2013年4月に宿敵バイエルンに移籍したが、出場機会に恵まれず、昨夏にドルトムントに復帰した。しかし、今季ブンデスリーガでわずか9試合の先発にとどまっており、トーマス・トゥヘル監督の信頼を勝ち取ることができていない。

 同紙によると、ゲッツェに関して、ドルトムント時代の恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールが昨夏に続いて、今夏の獲得に興味を示しているとのこと。ドルトムントとしては、バイエルンからゲッツェを買い戻すために費やした2200万ユーロ(約26億円)と同額を回収することを望んでいるようだ。

 ドイツ代表の24歳MFは、アンフィールドで恩師と再会し、再び輝きを取り戻すことができるか。去就に注目が集まる。-ゲキサカ

Mario-Gotze-590238.jpg

   

【海外の反応】「驚いた奴いるの?」年俸46億円のテベスが中国脱出を早くも熱望!?代理人は噂を否定

アジア

イングランドでも生活に苦労した過去が…。

 今冬の移籍市場で、いわばトレンドとなったスター選手の相次ぐ中国移籍。この“爆買い”の中でも目玉取引として話題をさらったのが、ボカ・ジュニオルスから上海申花移籍したカルロス・テベスだろう。
 
 推定だが年俸リオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドを凌ぐ3800万ユーロ(約46億6000万円)とも言われ、テベスは世界最高給のフットボーラーになったと伝えられている。
 
 しかし、そのテベスはチーム合流から1か月弱で早くも上海申花からの退団を望んでいるという。アルゼンチンの有力紙『Ole』が報じている。
 
 同紙によれば、テベスはACLプレーオフでオーストラリアのブリズベン・ロアーに敗れた自軍のクオリティーに不満を感じたうえ、ウルグアイ人指揮官のグスタボ・ポジェとも対立しているとされ、さらに単身赴任中の中国での生活に苛立ちを募らせているという。
 
 しかし、同紙はテベスの代理人を務めるアドリアン・ルオッコが、「彼は中国からアルゼンチンに戻らない。どこからその話が出たのか分からないね。テベスと話したが、彼はどこにも行かない」と、この退団話を真っ向から否定したことも伝えた。
 
 とはいえ、テベスはプレミアリーグでプレーした時に「途方に暮れていた。ウェストハムではマスチェラーノの行くところにはどこでも付いていった。彼がトイレに行ったら僕も付いていったぐらいだ」と語るなど、慣れない国での生活に苦労した過去を持っている。イングランドと比べても言葉も生活習慣もさらにアルゼンチンとは異なる中国だけに、どうなるかは分からない。
 
 今後、このアルゼンチン人FWの動向の鍵となりそうなのが、上海申花移籍の際に契約書に盛り込んだ特別条項だ。
 
 それには「テベスが11月までに馴染めなかった場合、現役引退かボカ復帰を選択できる」というものが含まれており、その場合、テベスの移籍金1100万ユーロ(約13億5000万円)のうちの60%を支払えば、ボカがテベスを再獲得できるというのだ。
 
 ルオッコもこの条項については、「これには彼自身の幸せとボカに対する特別な感情がある」とテベスの“ボカ愛”を認めており、噂通りに中国馴染めないとなれば、愛する古巣復帰が急転直下で決まる可能性は決して低くないだろう。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00022714-sdigestw-socc

Olé reporting that Tévez is already not happy in China

   

【トルコの反応】「中国なら..」ポドルスキ、夏にヴィッセル神戸移籍で合意!トルコメディアが一斉報道..現地ガラタサライサポは移籍金に不満

ポドルスキ

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは今夏に日本へ向かうという。トルコ『ヒュリエット』が14日、所属クラブのガラタサライヴィッセル神戸からの獲得オファーを受け入れ、近日中に移籍が発表されると伝えた。

ガラタサライ側は、ポドルスキが今シーズンは同クラブに残る条件で神戸と交渉を進めており、移籍金270万ユーロ(約3億2000万円)程度で合意に達したとのこと。契約には近々サインされる見通しで発表も間近に迫っているようだ。

また、新たな報道によると、神戸はポドルスキ本人との交渉も進め、総額1500万ユーロ(約18億円)の3年契約でこちらも合意に至ったという。ポドルスキは神戸との交渉に入ったことを2週間前に報告していたそうだ。

1月に神戸が獲得に近づいていたと盛んに報じられたポドルスキだが、冬の移籍市場ではこの取引は成立せず。だが、同選手のJリーグ挑戦は今年6月1日に始まることになる可能性が高まっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000022-goal-socc
Hürriyet
hurriyet_trve-podolski-gitti-40366006.png
tr.beinsports
beinsports_comhaberlukas-podolski-vissel-kobe-ile-anlasti.png
Lig Radyoなどのトルコメディアが一斉に報道しています

Lukas Podolski Vissel Kobeye gitmek için yönetimi ikna etti

   

サッカーゲームキング 2017年 05月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 05 月号 [雑誌]




Ads by amazon
サッカーダイジェスト 2017年 4/13 号 [雑誌] CALCiO (カルチョ) 2002 特別号『セリエA英雄の系譜』 2017年 5/21号 [雑誌] (サッカーゲームキング増刊)
選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論 月刊サッカーマガジン 2017年 05 月号 [雑誌]
ワールドサッカーダイジェスト 2017年 4/6 号 [雑誌] 月刊フットボリスタ 2017年4月号
サッカー批評(85) (双葉社スーパームック) 守り方を知らない日本人 日本サッカーを世界トップへ導く守備のセオリー
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

Fire TV Stick (New モデル)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR