NO FOOTY NO LIFE



【海外の反応】「脱帽だ」吉田麻也、リバプールを完封!現地セインツサポが絶賛!(EFL杯)

吉田麻也

EFL杯(リーグ杯)は11日、準決勝第1戦を行った。DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはホームでリバプールと対戦し、1-0で先勝した。第2戦は25日にリバプールのホームで行われる。なお、吉田は先発フル出場で完封勝利に貢献している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-01635779-gekisaka-socc

Southampton 1-0 Liverpool yoshida maya

   

【海外の反応】「吉田がいなかったら負けてた」現地サポに絶賛される吉田麻也(EFL杯サンダーランド戦)

吉田麻也

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、全選手が準備を整えていることがチームにとって重要だと語った。クラブの公式サイトが伝えている。

 吉田は26日に行われたEFLカップ4回戦のサンダーランド戦に先発出場。プレミアリーグではここまで1試合の出場にとどまっているが、今シーズンでは6試合目の出場となり、チャンスが与えられる重要性を話している。

「僕にとっても1週間でカップ戦、リーグ戦、ヨーロッパのカップ戦で出場機会を確保することはとても重要なことです。数分だったとしても、コンディションを整えられますからね。監督に良いパフォーマンスを披露して、来たチャンスを生かしたいです」

「僕らは新年に入ったら毎週2試合ありますし、チーム全体がそういう状態というのは非常に重要なことですよ。全員がフィットしてるというのは素晴らしいことですからね」

 今シーズンから就任したクロード・ピュエル監督は、選手たちに平等にチャンスを与え続けており、吉田も今後の活躍次第で序列を上げることができそうだ。-ゲキサカ

yoshida maya vs Sunderland (EFL Cup R16 2016)

   

【スペインの反応】「脱帽だ」清武1ゴール1アシストの鮮烈デビュー!現地セビージャサポが絶賛!

清武弘嗣

※追記しました
リーガ・エスパニョーラ第1節2日目が20日に行われ、MF清武弘嗣の所属するセビージャエスパニョールをホームに迎え、6-4と派手な打ち合いを制して白星スタートを切った。先発フル出場を果たした清武は前半22分にチーム2点目をアシストすると、後半29分には自らゴールを陥れ、1ゴール1アシストの鮮烈デビューを飾った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-01630499-gekisaka-socc

Kiyotake scored and assisted on his league debut for Sevilla

   

【ドイツの反応】「新たなスターだ」宮市、衝撃の2ゴール1アシスト!現地ザンクトパウリサポが絶賛!

宮市亮

※追記しました
15日に開催されたブンデスリーガ2部最終節、ザンクト・パウリ対カイザースラウテルンで、ザンクト・パウリFW宮市亮が2ゴール1アシストを記録した。大怪我を乗り越えて、ついに最終節での初先発となったこの試合、宮市のパフォーマンスはドイツ2大紙で絶賛されている。

ドイツ誌『キッカー』は、「カイザースラウテルンが5失点、宮市がずば抜けていた」と題したマッチレポートで、「なんという先発デビューだ!」と宮市の活躍を大絶賛している。

同誌はは1得点目について「空中で横の体勢になりながら左足を振り抜きゴールネットを揺らしている」「美しいゴールだ!」と、興奮気味に伝えている。その後も右サイドで活発なプレーを続けたとし、22分にクロスから演出した逆転弾については「ザンクト・パウリを妥当なリード」に導いたと続けた。

さらに後半については「止まらない勢いを見せた」とし、途中交代した時点ですでに「ピッチを降りたのはマン・オブ・ザ・デイ!」と試合を決定づけたプレーヤーとして"認定"した。

一方、ドイツ紙『ビルト』は「日本人ゴールゲッターがカイザースラウテルンにショックを与える」と題、宮市に「スシ・ゴールゲッター」といったニックネームをつけた。2点目については「パワーショット」「宮市は新シーズンに向けて楽しみにさせた」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000034-goal-socc

FCK kassiert fünf Stück - Miyaichi überragend

   

【海外の反応】「陰のヒーローだ」レスター岡崎のチームへの貢献が絶賛される!

岡崎慎司

※英紙ガーディアンの記事のコメント欄で岡崎慎司選手が絶賛されていました
 その記事の内容は↓
日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、17日に行われたプレミアリーグ第34節でウェストハムと対戦し、2-2で引き分けた。イギリス紙『ガーディアン』は試合後、59分までプレーした岡崎を絶賛している。

 レスターは18分にFWジェイミー・ヴァーディのゴールで先制に成功する。ところが後半に入った56分、すでに警告を受けていたヴァーディがシミュレーションにより2枚目のイエローカードを提示され、退場処分となってしまう。直後の59分に岡崎を下げてFWレオナルド・ウジョアを投入したレスターは、その後2点奪われて逆転を許したが、後半アディショナルタイム5分にウジョアがPKを決め、土壇場で引き分けに持ち込んだ。

 同紙は、先制点の場面について、「(エンゴロ・)カンテが前線に駆け上がり、ヴァーディが左に疾走するのを見た岡崎は、おとりとなるために右方向へ動き、DFを引きつけてカンテのためのスペースを開けた。教科書通りのインテリジェントな動きでゴールをサポートした」と述べ、「目に見えない貢献」と岡崎の動きを称賛した。

 続けて、「彼は印象的なパフォーマンスを披露したわけではない。ドリブルで相手を抜き去ることはなく、シュートも打っていない。パス成功率も50パーセント以下だった。だが、岡崎のスタイルはレスターのゲームプランに最適だ」と、個の力で状況を打開できるわけではないが、献身的なプレーがチームの戦術にフィットしていると伝えた。

 また、ヴァーディの退場により数的不利となった場面で岡崎を交代させたことについては、「驚くべきこと」だとし、「クラウディオ・ラニエリ監督は岡崎を犠牲にし、背の高いウジョアを投入した。おそらくボールを収め、セットプレーで守備の手助けとなることを求めたのだろうが、レスターは岡崎のエネルギーを失った。希望に満ちたロングボールを追いかけ、プレッシャーを軽減することのできる選手をね」と、岡崎をピッチに残しておくべきだったとの見方を示している。-サッカーキング

Shinji Okazaki holds off Michail Antonio during Leicester’s 2-2 draw at home to West Ham

   

サッカーゲームキング 2017年 02月号 SOCCER GAME KING(サッカーゲームキング) 2017年 01 月号 [雑誌]




Ads by amazon
高校サッカーダイジェスト(19) 2017年 2/25 号 [雑誌]: ワールドサッカーダイジェスト 増刊 第95回全国高校サッカー選手権大会決算号 2017年 02 月号 [雑誌]: サッカーマガジン 増刊
サッカーダイジェスト 2017年 1/26 号 [雑誌] ワールドサッカーダイジェスト 2017年 1/19 号 [雑誌]
月刊フットボリスタ 2017年2月号 サッカー批評(84) (双葉社スーパームック)
初心者の素朴な疑問に答えたサッカー観戦Q&A (どこをどう観れば面白くなるのかがよくわかる) サッカー4-4-2戦術クロニクル 守備陣形の復興と進化
最新記事
カテゴリ
 
 
 
Amazon
 
アリミノ ピース フリーズキープワックス 80g

MTG(エムティージー) ReFa ACTIVE リファ アクティブ  ホワイト

MTG(エムティージー) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック

長友佑都のヨガ友(トモ) ココロとカラダを変える新感覚トレーニング

ニーア オートマタ(初回生産特典「ポッドモデル:白の書」が使えるプロダクトコード 同梱) - PS4
 
 
 
ランキング
 
 
 
QRコード
 
QR